便意を我慢する危険性

便意が起こるメカニズム

 

便意を感じても、ギリギリまでガマンをしてしまう。
忙しいから、ついついトイレは後回し。

 

そんな癖がついてしまっている方はいませんか?

 

このページでは、便意を我慢することで引き起こされる便秘の悪化や体への悪影響について説明していきます。

 

健全な排便サイクルのためにも、できるだけガマンをしないでトイレに行くことを心がけましょう!

 


便意を感じるまで

まずは、食事をしてから便意が起こるまでの流れを簡単に紹介していきます。

 

口から体内に入った食べ物は、胃を通り、小腸、大腸へと運ばれていきます。
この食べ物の移動には、自律神経が大きく関わってきます。

 

自律神経は運動神経と違い、自分の意思でコントロールすることができません。
便を排出へと導く大腸の蠕動運動も、無意識の自律神経に制御されています。

 

そして、便が肛門へ届けられると、脊髄を伝って脳への反射が起こり、「便意」を感じます。

 

 

便意を感じてから

 

便意を感じた時に、人は排便をするのか我慢するのかの意思決定をすることができます。

 

肛門を「ぎゅーっと」閉じると肛門括約筋という筋肉が縮まり、排便を我慢することができますよね。

 

この排便を我慢するという機構はもちろん、体の重要な機能です。

 

しかし、便意を我慢しすぎると大変なことが起こる、ということをご存知ですか?

 

便意を我慢する危険性

 

水分がドンドン体内に吸収される

 

トイレを我慢しすぎると、肛門手前の直腸に便がたまり、渋滞を起こしてしまいます。

 

渋滞した便が長い時間大腸に滞留すると、便の水分がどんどん体内に吸収されコロコロやカチカチ状態となってしまい、スムーズな排便がしづらくなります。

 

便意を感じづらくなる

 

さらに、便意を感じるメカニズムである脳の排便反射が混乱を起します。

 

通常、便がたまり直腸が太くなると、脳への反射が起こります。

 

しかし、慢性的に便意を我慢している状態が続くと、その状態に脳が慣れてしまい、我慢を重ねて限界に近い太さにまで直腸が膨らまないと便意を感じなくなってしまいます。

 

便意を我慢。思い当たりはありませんか?

 

小学校・中学校など多感な時期に、学校で「大のほう」をするのが恥ずかしくてガマンしてしまった。

 

仕事が忙しくて、トイレに行く時間が惜しい。

 

おならが出そうだけど、状況的に出せないのでガマンすることが多い。

 

このような、肛門括約筋に力を入れて意識的に便意やおならをガマンすることが多い人は、便意を感じる反射が鈍っている可能性があります。

 

もちろん、ガマンが必要な状況もあるかとは思いますが、できる限り我慢をせずトイレに行って、排便やお腹のガスを抜くようにしてください。

 

便意を感じにくい方におすすめ⇒「便秘解消プロジェクト」をチェック!

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘



関連ページ

便秘に悪い姿勢・良い姿勢について
便秘症の方の取るべき姿勢についての知識編です。
便秘になりやすい人の性格
便秘になりやすい性格と考え方について。その性格から関わる腸の動きを交感神経、副交感神経の関係性において説明します。
睡眠不足や不眠が便秘を悪化させる?
寝つきが悪い、睡眠の質が悪いなどの睡眠悩みと、便秘の関係性についての説明と、その入浴のタイミングで改善する方法をご紹介
食事制限しすぎのダイエットは便秘の原因
食事制限ダイエットは便秘悪化につながります。食物繊維を多く取ること、運動を適切にすること、オリーブオイルなどの脂質も少しはダイエット中も取りましょう。
旅行中の便秘対処方法は?
薬剤師の便秘解消方法を伝授!旅行中の一過性便秘に対する対応方法など薬を使わない便秘解消について紹介します。
【薬剤師が教える】便秘の原因になる食べ物5種類※便秘悪化を防ごう!
便秘の悪化原因となる食品、食べ物について知ってください。肉、糖分、タンニン、冷たい食べ物、食物繊維などの摂り方に注意を!
座りっぱなしのデスクワークは便秘の原因に!さらに病気のリスクも!対策を急げ
毎日仕事で座りっぱなしの人は便秘の原因になります。便秘だけでなくそのほかの糖尿病や心臓病のリスクも上がります。早急に対策をしましょう。
便秘原因の一因は「運動不足」※運動嫌いでも簡単にできる便秘の体操を紹介
運動不足が原因の方に向け、便秘解消の簡単な運動の方法について紹介します。
便秘の原因【加齢・老化】高齢者になると便秘が悪化する理由
年をとると便秘になりやすくなる理由について薬剤師が解説します。筋力の低下や腸内細菌の減少により高齢者の便秘は増えています。