乳酸菌などの善玉菌を取ると免疫力が上がり病気にかかりづらくなるという薬剤師の話

善玉菌と免疫力についての薬剤師の勉強会

 

腸内フローラを改善することで免疫力が上がり、インフルエンザ予防になる!風邪の予防になる!がんの予防にもなる!

 

など、テレビでもいわれるようになってきました。

 

しかし、「なぜ腸内フローラの改善がなぜ免疫力の増強効果につながるのか?」という話は、すこし難しい部分だと思います。

 

そこで簡単に知ってもらうために薬剤師同士で善玉菌と免疫力をテーマの座談会を行い、その内容を会話形式で紹介することにしました。

 

善玉菌が免疫にどのような影響を与えているのかのイメージが伝われば幸いです!

 


 

免疫力と善玉菌についての座談会スタート

 

 

便秘を我慢してしまうタイプのお客さんが来た時に、よく言うんだけどね。

 

便秘の状況をイメージしやすいようにこう想像してもらうんだ。

 

 

「腸の中の温度は大体36〜38度です。

 

これは気温に置き換えると真夏の炎天下状態です。

 

そんな暑い最中に、ご飯を3日間置いてたらどうなるでしょう?

 

完全に、腐ったり、発酵したりしてしまいますよね。

 

38度の中に炊いたご飯を置いておいたら、3日後にはとにかくひどい臭いがするでしょう。

 

食べた物を長く腸の中に留めておくということも、真夏の炎天下にご飯をずっと置いておくのとイメージは一緒ということになります。」

 

 

便秘を3日間我慢している場合も同じことが言えるから、漫然と放置すべきではないということと、便秘薬に頼らない根本的な便秘を解消方法を知ってほしいんだよね。

 


 

そうだよね。

 

腐っているお弁当ならまだ、ゴミ箱に捨ててふたをすればいいけど、

 

便秘の場合、腸の中で腐敗が進んでいるものが数日間放置されているという状態だから、それなりの腸管へのダメージが出てくるよね。

 

そこからまた、血中にまでその腐敗したガスの成分がのってしまうから、全身へのダメージも大きくなってしまう。


 

 

結局、腸内環境が悪くなると、吹き出物や肌荒れ、肩こりとかだけではなくて、免疫にも悪影響が出てくるんだよね。


 

便秘で悪玉菌優位になっていると、腸の中の状態がアルカリ性になっちゃうからね。

 

腸の中がアルカリ性だと、病原菌や雑菌がどんどん繁殖しやすい環境になってしまうわけで。


 

 

腸管がアルカリ性になることで病気にかかりやすくなる、というのもそうなんだけど、腸内環境が悪くなると腸内の免疫細胞の元気がなくなるんだよね。

 

これはただ単純に腸の中の環境が酸性・アルカリと言う問題だけではなくて、

 

人間の免疫細胞の約6割以上に集中してることが関係してくる。

 

腸内環境が良い時というのは、しっかり免疫が働く状態。
腸内環境が悪くなると、免疫がちゃんと働かなくなる。

 

だから風邪引きやすいっていうのも腸内環境が原因になるし、アレルギーも腸内環境が引き金になることもある。

 

 

今テレビCMなどでよく見る、腸内の免疫細胞を活性化するR-1ヨーグルトとか流行ってるでしょ?

 

明治R-1ヨーグルトは、腸内環境を改善することで免疫細胞を元気にさせているわけ。

 

 

今はエビデンスがしっかりしているのがR-1乳酸菌だけなんだけど、R-1でないほかの乳酸菌がダメというわけではないよ。

 

乳酸菌とか糖化菌とか酪酸菌とか、基本的に善玉菌と呼ばれている物を取れば、免疫力はちゃんと上がってくる。

 


 

 

僕が免疫の上がる理論として勉強したのは、

 

「善玉菌優位になると腸の中が弱酸性になる。

 

それで、腸の中が弱酸性になると、病原菌などが抑えられ発生しづらい環境ができる。」

 

ということで、「病気にかかりづらいという意味で免疫力が上がる」という風に思ってたんだけど、それ以外に何か免疫力が上がるっていうロジックはあるの?

 


 

 

乳酸菌などの善玉菌が免疫細胞に働きかけることが知られているよね。


 

なるほど!
ナチュラルキラー細胞(NK細胞)とかを善玉菌が活性化させるということなのかな?


 

 

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)もそうなんだけど、善玉菌はその他の免疫細胞、例えばT細胞とかB細胞などにも良い効果を出すことによって免疫力が上がることが知られているよね。

 


免疫力と腸内細菌の関係についてのまとめ

 

いかがでしたか?

 

腸内フローラを改善し、善玉菌を優位にしておくことが病気になりづらい環境を作る、ということがおわかりいただけたと思います。

 

インフルエンザや風邪の流行時期などの予防にもよいですし、

 

どうしても体調を崩せない受験生や社会人・妊婦さんなども、善玉菌を積極的にとることで腸内をケアしておきたいですね。

 

乳酸菌サプリやヨーグルトなどをしっかりとり、病気にかからないよう予防に努めるようにしましょう!

 

合わせて読んでほしいのはこちら

 乳酸菌サプリを飲んでほしい理由


 

免疫と善玉菌を理解したら⇒「便秘解消プロジェクト」

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘



関連ページ

痔の原因と種類
肛門科の病院勤めをしていた看護師に聞いた「痔」の病院での診察や、手術になるまでの期間や方法について
大腸ポリープは大腸ガンになる?
大腸ポリープの検査で引っ掛かりガンになってしまうのではないか?と不安な方へ手術の方法や治療方法、原因について記載します。
大腸がんの基礎
現役看護師が教える、大腸がんの基礎情報や治療方法など、現場にいた人だからこそ分かる情報を交えて紹介します。
潰瘍性大腸炎の原因と症状
看護師さんが教える、潰瘍性大腸炎の基礎情報から原因と入院、治療、手術の方法などについて詳しく説明してもらいます。
過敏性腸症候群の症状と治療、薬について
過敏性腸症候群でお腹がすぐに緩くなったり、痛くなったり、お腹が鳴ることが悩みの方。またはストレスで便秘になってしまったりというかたに薬や対処方法の紹介です
腸閉塞の症状から治療
消化器科の看護師が教える腸閉塞の基礎情報。腸閉そくになった時の初期症状から薬の治療、病院での手術や術後の予防まで
大腸内視鏡検査する方へ
消化器科、肛門科の看護師が解説!大腸内視鏡検査の病院内ですることや注意点、流れを説明します。