便秘と下痢を交互に繰り返す原因は?過敏性腸症候群IBSやその他の病気について

便秘と下痢を交互に繰り返す原因

 

こんにちは。薬剤師のタカラです。

 

今回は便秘と下痢を交互に繰り返してしまう方や、同時に起こってしまい困っている方に対して、病気や原因について可能性があるものを紹介していきます。


 

 

症状が慢性的に繰り返している方は「過敏性腸症候群」かもしれません

過敏性腸症候群(IBS)とはストレスが原因で下痢や便秘が起こる病気です。

 

症状は、お腹の張り、腹痛、下痢、便秘、ガスの発生、お腹がゴロゴロとなる、排便をしたのにまだ残っているような感じなどです。

 

場合によっては、吐き気や食欲がなくなったり、精神的に鬱状態になったり、疲れ、頭痛、めまいを起こす方もいます。

 

ひどい方になると仕事に支障をきたしたり、週末遊びに行く時も腸の調子が不調で集中できなくなったり、ご飯がおいしく食べられなくなったりと、生活の質が著しく下がります

 

過敏性腸症候群の便秘と下痢を繰り返すかたの便の状態は、下痢の際は水溶性の水のような下痢で、便秘の時は硬いうさぎのフンのようなコロコロした便がでます。

 

通勤、通学中の電車や車、徒歩や自転車にのっていて、突然お腹が痛くなり大きい方我慢できなくなりトイレに駆け込んだり、学校の授業中や会議中に便意を我慢できなくなったりしたことはありませんか?

 

過敏性腸症候群の食事療法

刺激の強いものはできるだけ避け、アルコール、コーヒー、炭酸、辛い物などは控えましょう。

 

暴飲暴食はやめましょう。

 

腸が冷えないように冷たいものを突然食べたりせず、すこし温めたり、常温に戻すなどの注意が必要です。
冷たいジュースやお酒などは特に注意しましょう。

 

ストレスケア

原因がストレスによる場合もあり、過敏性腸症候群の原因となるものを排除しないと便秘や下痢症状が治らないというケースもあります。

 

自身の生活の中でどの行動や環境がストレスになっているのかを考え、できるだけ排除するように工夫しましょう。

 

どうしてもストレス源が排除できない場合は、ストレスの発散方法を工夫するのも一つの手段です。

 

医療用医薬品で治療

胃腸科、消化器科、肛門科などを受診することで「ポリフル」「コロネル」といった過敏性腸症候群の薬を処方してもらうことができますので、症状がひどい場合は医師に相談してみましょう。

 

生理周期が原因の「便秘と下痢」

生理前になると便秘を起こし、生理中になると下痢になるパターンは生理による女性ホルモンが原因の可能性があります。

 

プロゲステロンというホルモンが生理前に増え、腸の動きが弱くなることにより便秘になり、生理が始まるとプロゲステロンが減るため腸が活発に動き下痢になりやすくなるということがあります。

 

 

生理周期に合わせてこのような状態になる方は、タイミングをしっかりと見ながら食事のコントロールをすると良いでしょう。

 

生理前には食物繊維、乳酸菌などをしっかりととりお通じをよくする食生活を心掛け、生理中は刺激物や暴飲暴食を避けお腹に優しい食事を摂ることで対策が可能です。

 

どちらの状況でも、腸内細菌のバランスを崩さないようにビフィズス菌をとることが重要ですので、ヨーグルトを毎日食べることや、カロリーの少ない乳酸菌サプリを服用するなどの対策をとるとよいでしょう。

便秘と下痢が続き血便や下血がある場合

 

便を出した後に下血や血便が出て、便秘が血の色に染まると不安になる方も多いでしょう。

 

痔、潰瘍性大腸炎、大腸憩室炎、大腸ポリープ、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がんなど様々な病気の可能性があります。

 

あまり脅かすようなことは書きたくはありませんが、出血や便に血が混じるような時にはすぐに病院に行って大腸内視鏡の検査を行ってください。

 

病院は普通の内科だと専門医ではない可能性があるので、できるだけ消化器科、消化器内科、胃腸科、肛門科などを受診するようにしましょう。

 

 

(※できるだけ早く病院には行くべきですが・・・)

 

すぐに病院にいけない場合や、様子をどうしても見たい場合は腸内フローラの改善を行いましょう。

  • 乳酸菌・発酵食品の多い食事を心がけましょう
  • 野菜や海藻など食物繊維を多く摂りましょう
  • 高脂肪・高タンパク食をできるだけ避けましょう
  • アルコールの量はできるだけ控えましょう

疾患的な問題でなければ腸内フローラの改善をすることで症状が落ち着く可能性もあります。

 

腸内フローラの改善には『乳酸菌サプリ』がおすすめです。

薬剤師が教える!乳酸菌サプリのおすすめページも合わせてご覧ください。

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘



関連ページ

便秘で腹痛の時の対処方法※薬剤師が解説
腹痛を伴う便秘症状の、症状別・ライフステージ別に考えられる原因やその対処方法などを紹介するページです。辛くて不安な状態から脱却するきっかけとして、ぜひお役立てください!
重大な病気の兆候の可能性も!?吐き気を伴う便秘症状の状況別対処方法
吐き気を伴う便秘症状の原因と、状況別の対処方法を解説。便秘にはつきものの吐き気ですが、決して軽視はできません!
便秘が原因で頭痛や片頭痛になるの?と思う方へ。薬剤師が解説
便秘によって腸内で発生したアンモニアが頭痛の原因って本当?便秘と頭痛の関係について薬剤師が解説します。
便秘が原因?胃痛と病気との関係性を薬剤師が解説します。
胃痛と便秘の関係について薬剤師が紹介。激しい胃痛や、ストレスでの胃痛、空腹時や食後の胃痛などいろいろなパターンを検証しています。
便秘解消で口臭対策!「おなら臭」「うんこ臭」に悩んでいる方へ
冗談でなく本気で悩む口臭対策!便秘が原因でおこる口臭の解消方法について解説します。
便秘だと体重が増える?便秘を解消すると痩せる理由を薬剤師が解説
便秘症状だと太りやすくなる!薬剤師が解説する便秘と体重の関係性と便秘症の方の正しいダイエット方法について
便の硬さと腸内の流れを知ろう
便秘で便が堅くなり、うさぎのフンのような便や、カチカチの状態で使うべき薬と初期で使うべき薬についての話