便秘で腹痛の時の対処方法※薬剤師が解説

便秘で腹痛の時の対処方法※薬剤師が解説

 

こんにちは。薬剤師のタカラです。

 

このページでは便秘に伴う腹痛について詳しく紹介していきます。

 

腹痛がひどいとなにかの病気なのでは?と不安になりますよね。

 

ほとんどの場合は便秘によるガスの発生などが考えられますが、それぞれの症状や状態、原因について探っていきましょう。


 

便秘と腹痛の原因と症状について

お腹が張って腹痛がある場合

便秘状態は腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌がたくさん腸の中にいる状態です。

 

この状態の場合、悪玉菌が生成するアンモニアとインドール、スカトールなどの有毒ガスが発生することによって腸の中にたくさんのガスが充満します。

 

これらのガスによって腸が圧迫され、腹痛が発生ます。

 

 

多くの便秘での腹痛はガスの大量発生が原因と考えられます。

 

ガス以外の原因には、締め付けの強い矯正下着などをつけることにより、物理的にお腹が締め付けられることによって腹痛を発生することがあります。

 

矯正下着や、しめつけのきつい衣服や下着は避けましょう。

 

ガスの対処方法

ガスが発生することによりお腹が痛くなる症状の対処法として、お腹のマッサージをすることをおすすめします。

 

おへその周りを「のの字マッサージ」すると、大腸が動きガスを排泄する助けになります。

 

また、お腹周りをねじる運動すると大腸が動きやすくなるので、この運動もガスを排泄することに役立ちます。

 

腹痛と吐き気を伴う便秘について

便秘の症状とともに吐き気が出ている状態にはいくつかの原因が考えられますが、そのうちの一つに病気が原因となり便秘と吐き気が併発している状態というものがあります。

 

内臓疾患が原因の、腸閉塞や腹膜炎、腸捻転といったような病気が考えられます。

 

激しい腹痛や吐き気がある場合、少ない確率ではありますが、病気の場合も考えられますので、症状がひどい場合はすぐに病院にかかりましょう

 

激しい腹痛がある場合

腸閉塞の場合、症状として激しい腹痛や、膨満感、吐き気などを伴う便秘症状が見られます。

 

腸閉塞は最悪の場合、腸に穴が空いてしまう病気です。

 

あまりにもひどい腹痛がある場合は、すぐに病院を受診しましょう。

 

血便がある場合

血便のある便秘の場合は、痔の可能性があります。

 

便秘になると、便の硬さが硬くなりスムーズに排便することができなくなります。

 

また、便座に座る時間が長くなったり、いきむ回数が増えたりすることが原因で、痔になってしまう場合があります。

 

ひどい鮮血の出血がある場合は、一度肛門科を受診すると良いでしょう。

 

 

肛門科に行くのは恥ずかしいと言う方も多いと思いますので、ひどくない場合は近くのドラッグストアでボラギノールなどの塗り薬で対応しても良いかと思います。

 

しかし、便秘が原因の痔の場合、便秘が改善しないと痔を根治することができません

 

食事、運動など自身でできる対策をとりましょう。

 

腹痛で下痢と便秘を繰り返す場合

下痢と便秘を繰り返す方は、IBSの可能性があります。

 

IBSとは過敏性腸症候群の略称名です。

 

主にストレスが原因として起こる病気です。

 

日本人の10パーセントから20パーセントの人に当てはまると推測されています。

 

 

この病気は、生活習慣の改善や脳の中のセロトニンをコントロールする投薬治療で症状を抑えることができます。

 

思い当たる節がある場合は、近くの消化器科、内科等に受診すると良いでしょう。

 

便秘薬を飲んで腹痛が起きている場合

刺激の強い便秘薬を飲むことにより、腸の動きが活発すぎて腹痛を招くことがあります。

 

この場合は便秘薬が効きすぎている可能性が考えられます。

 

 

市販薬でよく売られている便秘薬のコーラックや、タケダ漢方便秘薬といったセンナ成分が入っている便秘薬の場合、効果が出すぎると腹痛を伴う場合があります。

 

飲む量を減らすか、もう少しマイルドな薬を選ぶと良いでしょう。

 

ドラッグストアの場合は薬剤師が常駐していますので、近くにいる薬剤師に相談すると良いでしょう。

 

子供の便秘で腹痛を伴う場合

子供の腹痛原因の多くは便秘が原因であると言われています。

 

 

赤ちゃんの場合の対処法は、ベビーオイルをつけた綿棒で肛門周りを刺激してあげるとよいでしょう。

 

 

小児の場合は、ストレスが原因の便秘の可能性があります。

 

あまりお母さんが便秘のことを気にしすぎ、子供にプレッシャーを与えるのも良くありません。

 

食物繊維の多い食べ物や、乳酸菌などの発酵食品を食べさせてあげましょう。

 

 

また子供の便秘の場合は、以前固いうんちをすることによりお尻が痛いと言う恐怖心からトイレに行くことが怖いと思っているお子さんがいます。

 

このような場合もトイレに行かないことを、お母さんが怒ると逆効果になります。

 

トイレで柔らかいうんちをすると、スッキリして気持ちが良いと思えるような状況を作ってあげてください。

 

 

具体的な対応策は、便秘がひどい場合は病院に行って薬をもらって対処する方法。

 

自宅で対処する場合は、便を柔らかくするように水溶性食物繊維の多い食べ物を食事としてとるようにしましょう。

 

妊娠中の腹痛で便秘を伴う場合

妊婦の腹痛はとても心配になりますよね。

 

妊娠初期の場合は子宮自体が大きくなろうとすることにより腹痛が起こることがあります。

 

また女性ホルモンのプロゲステロンが増えるためにお腹が痛む場合もあります。

 

症状がひどい場合は産婦人科医などの専門家のアドバイスを受けましょう。

 

 

妊婦の便秘に安全で効果的な、基本的な便秘解消方法を簡単に紹介します。

  • 食物繊維を多くとる
  • 乳酸菌などの発酵食品を多くとる
  • オリゴ糖などの善玉菌を支援するような食品を取る
  • 水分を多くとることによって便を柔らかくする
  • ウォーキングなどの軽い運動をする
  • ゆっくりと入浴をすることによってストレスを発散する

などの一般的な便秘解消方法が有効です。

 

あまりにもお腹が張るような便秘症状がある場合は、産婦人科ドクターに相談して便秘の解消をしてみましょう。

 

 

以上、便秘と腹痛の詳細情報でした。

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘



関連ページ

重大な病気の兆候の可能性も!?吐き気を伴う便秘症状の状況別対処方法
吐き気を伴う便秘症状の原因と、状況別の対処方法を解説。便秘にはつきものの吐き気ですが、決して軽視はできません!
便秘が原因で頭痛や片頭痛になるの?と思う方へ。薬剤師が解説
便秘によって腸内で発生したアンモニアが頭痛の原因って本当?便秘と頭痛の関係について薬剤師が解説します。
便秘が原因?胃痛と病気との関係性を薬剤師が解説します。
胃痛と便秘の関係について薬剤師が紹介。激しい胃痛や、ストレスでの胃痛、空腹時や食後の胃痛などいろいろなパターンを検証しています。
便秘解消で口臭対策!「おなら臭」「うんこ臭」に悩んでいる方へ
冗談でなく本気で悩む口臭対策!便秘が原因でおこる口臭の解消方法について解説します。
便秘だと体重が増える?便秘を解消すると痩せる理由を薬剤師が解説
便秘症状だと太りやすくなる!薬剤師が解説する便秘と体重の関係性と便秘症の方の正しいダイエット方法について
便秘と下痢を交互に繰り返す原因は?過敏性腸症候群IBSやその他の病気について
下痢と便秘を交互に繰り返す、または同時に起こる症状に悩まされている方に向けて、疑われる原因や病気、対処方法などを薬剤師が解説します。
便の硬さと腸内の流れを知ろう
便秘で便が堅くなり、うさぎのフンのような便や、カチカチの状態で使うべき薬と初期で使うべき薬についての話