便秘だと体重が増える?便秘を解消すると痩せる理由を薬剤師が解説

便秘だと体重が増える?便秘を解消すると痩せる理由を薬剤師が解説

 

 

こんにちは。薬剤師のタカラです。

 

ダイエット中なのに便秘になってしまい、なかなか体重が落ちないなど、便秘と体重の悩みを抱える人は多いですよね。

 

このページでは便秘と体重に関しての関係性、便秘を解消して痩せやすい体になる方法、やってはいけない便秘のダイエット方法などに、その他妊婦の便秘と体重についてなどを紹介していきます。


 

ひどい便秘のときはどのくらいの体重増加があるの?

最初に、便秘の状態だと便の重さはどのくらいの重さになるのかについて解説します。

 

 

5日間〜一週間程度の頑固な便秘状態の時、腸の中にたまっている便の重量は1キロ〜1.5キロと言われています。

 

すこし昔、ビートたけしの健康系のテレビ番組の中で、ひどい便秘の方のMRIを撮り、推定での重さをはかることで上記の重さを出しています。

 

便秘を解消することで、体重を1キロ減らすことができることが分かります。

 

しかし、あくまでも溜まっていた便の分の1キロが減っただけで、根本的に痩せているわけではありませんので、健康的に痩せる努力が必要です。

 

便秘を解消すると痩せる理由

本題はここからです。

 

便秘を解消すると痩せる、便秘になると体重が増えるということがよく言われますが、その理由についてここで紹介していきます。

 

便秘と体重には、肝臓機能が密接な関係

そもそも便秘状態は、便などの老廃物が腸の中で渋滞を起こしている状態です。

 

何日も便が腸の中にある状態は、悪玉菌が腸内で多く発生し、有毒なガスを大量に産生することになります。

 

その有毒なガスが問題となります。

 

 

アンモニアなどの主成分の悪玉菌由来の有毒ガスは、おならとして外部に出ると悪臭の原因となります。

 

おならで体の外に出てしまう分には問題はないのですが、多くのガスが腸の血管から体の中に吸収されます。

 

体内に入ったアンモニアなどは門脈を通り、肝臓に入ります。

 

肝臓の機能を使い「解毒」が行われ、体の中に毒素が巡らないように除去します。

 

ですので、アンモニアが体の中に充満しすぎないため、便秘状態でも健康でいることができます。

 

 

このように肝臓は、生きていくうえでなくてならないすばらしい働きをしてくれます。

 

大量の血液が循環する肝臓は、カロリー代謝の大部分である「基礎代謝」の割合も大きい臓器です。

 

その割合は体の中で一番多くの比率があります。

 

 

▽基礎代謝の内訳

  • 肝臓:27%
  • 脳:19%
  • 筋肉:18%
  • 腎臓:10%
  • 心臓:7%
  • その他:19%

 

便秘状態がひどいと、常に有毒ガスが発生し、解毒のために肝臓の機能を使うことになります。

 

便秘状態が続き、長期間肝機能を使うことで肝臓が疲弊し、代謝が悪くなり太りやすくなります。

 

 

逆に、便秘が解消でき、肝臓がガスを解毒する必要が減ると肝臓が元気になり代謝が良くなり痩せやすくなります。

 

基礎代謝が上がるというわけです。

 

肝臓の代謝以外にも、便通が良い状態は腸の中に食べ物が滞留している時間が減ります。このことで、早く外に食べ物が出てしまい、カロリーの吸収率が下がります。

 

 

このことを想像するのに容易なのが、下痢がひどい場合を考えてみてください。

 

食べてすぐに下してしまう場合、腸から栄養を吸収する暇がないので、同じ量を食べても食べ物のカロリーの吸収率が相当違いますよね。

 

ひどい下痢は病的なのであまり参考にはなりませんが、便通がよいということは同じ量を食べても太りづらいと言えるでしょう。

 

便秘になりやすい方におすすめのダイエット方法

もともと便秘体質な方は、ダイエットをすることでさらに便秘症状が悪化する方が多いでしょう。

 

基本的なダイエットの方法として多くの方が食事制限をする、又は運動などと併用する方が多いですよね。

 

食事制限を行い、入ってくるカロリーを減らすことはダイエットのセオリーとして間違ってはいません。

 

 

しかし、食事量を減らすことで便の材料が極端に少なくなることで、腸の刺激が減り、動きが悪くなることで便秘が悪化します。

 

便秘が悪化することで先にお伝えしている悪玉菌が増え、有毒ガスが増え、肝臓がつかれ太りやすい体質になります。

 

 

この対策としては、食物繊維中心の食事に変更することがベストです。

 

不溶性食物繊維、水溶性食物繊維の割合をできるだけ2:1などにします。

 

さらに野菜を多く取ることで便の材料を増やしましょう。

 

 

野菜などの便の材料は毎日定期的に取らなくてはならないため、食事をうまくコントロールできない方は、食物繊維サプリを摂ると良いでしょう。

 

また乳酸菌などの発酵食品も重要です。

 

ヨーグルト、納豆、漬物、キムチなどです。

 

これらの食品は腸の中を酸性に保ち、元気に動く環境を作ります。

 

また善玉菌が増えることで、悪玉菌の増殖を抑えます。

 

 

ダイエッターが毎日ヨーグルトを大量に取ることはコスト的にも、カロリー的にも問題が発生することがあるので、乳酸菌サプリで毎日取ることも考えましょう。

 

一日100円前後とヨーグルト費用くらいです。

 

ダイエットには食事、運動のコントロールが定番ですが、ライザップのような高額な費用を払わない限り、毎日完璧にコントロールするのは難しいでしょう。

 

そこで少しドーピング的な話にはなりますが、食物繊維サプリ、乳酸菌サプリで腸の中をコントロールすることが、実は健康的に痩せるためにものすごい近道だと考えています。

 

コストは一日200円程度です。※余談ですが。

 

ダイエットのために便秘薬は飲まないで!

便秘を解消すると痩せるのであれば、コーラックみたいな下剤を使えば簡単に痩せるのではないかと考える方が、少数ではありますがいらっしゃいます。

 

この方法は非常に危険ですのでやめましょう。

 

コーラックや武田漢方便秘薬、ビューラックやスルーラック、たくさんありすぎて全部は出せませんが、薬の後ろの成分表に「センナ」「センノシド」などのセンナ成分が書いてある薬は、大腸を刺激して無理に排泄するタイプの便秘薬です。

 

 

刺激には体が慣れます。

 

慣れてしまうと、その刺激がないとうまく便が出なくなります。

 

便が出ないとスッキリしないですし、本来のダイエットの目的が達成できなくなります。

 

そこで、どんどん薬の飲む量が増えます。

 

便秘薬が手放せない「下剤依存症」になってしまう危険性があります。

 

このように、安易に下剤を使うことは非常に危険性が高いですので、痩せるために便秘薬を使うということは絶対にやめましょう。

 

妊婦の便秘と体重について

妊娠中はホルモンの変化で腸の動きが悪くなり、便秘になりやすいですよね。

 

普段は便秘症でなくても、妊娠がきっかけで便秘になる方が多いのが現実です。

 

さらに妊娠中は、体重の増加にも気をつけなくてはなりません。

 

 

ひどい便秘と体重増加、薬もあまり飲みたくないという状況で不安を覚える妊婦さんも多いことでしょう。

 

あまりにもひどい便秘の場合は妊婦が飲んでも安心な便秘薬がありますので産婦人科医に相談するのが安心です。

 

間違っても市販の便秘薬は使わないでくださいね。

 

 

余談ですが、妊婦さんにすこし聞いてほしいことがあります。

 

出産時には無菌状態の赤ちゃんがはじめて外部の生物と接触します。

 

産道を通り、膣の中でビフィズス菌や乳酸菌を摂取し、始めの腸内細菌を手に入れることになります。

 

帝王切開などで菌を摂取できない赤ちゃんには、乳酸菌飲料を赤ちゃんに飲ませる病院があるくらい赤ちゃんにとっては最初の腸内細菌は重要です。

 

お母さんの免疫力向上のため、お子さんの初めての腸内細菌摂取のため、母乳の中の免疫物質増加のために出産前には乳酸菌を多く取るようにしましょう。

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘



関連ページ

便秘で腹痛の時の対処方法※薬剤師が解説
腹痛を伴う便秘症状の、症状別・ライフステージ別に考えられる原因やその対処方法などを紹介するページです。辛くて不安な状態から脱却するきっかけとして、ぜひお役立てください!
重大な病気の兆候の可能性も!?吐き気を伴う便秘症状の状況別対処方法
吐き気を伴う便秘症状の原因と、状況別の対処方法を解説。便秘にはつきものの吐き気ですが、決して軽視はできません!
便秘が原因で頭痛や片頭痛になるの?と思う方へ。薬剤師が解説
便秘によって腸内で発生したアンモニアが頭痛の原因って本当?便秘と頭痛の関係について薬剤師が解説します。
便秘が原因?胃痛と病気との関係性を薬剤師が解説します。
胃痛と便秘の関係について薬剤師が紹介。激しい胃痛や、ストレスでの胃痛、空腹時や食後の胃痛などいろいろなパターンを検証しています。
便秘解消で口臭対策!「おなら臭」「うんこ臭」に悩んでいる方へ
冗談でなく本気で悩む口臭対策!便秘が原因でおこる口臭の解消方法について解説します。
便秘と下痢を交互に繰り返す原因は?過敏性腸症候群IBSやその他の病気について
下痢と便秘を交互に繰り返す、または同時に起こる症状に悩まされている方に向けて、疑われる原因や病気、対処方法などを薬剤師が解説します。
便の硬さと腸内の流れを知ろう
便秘で便が堅くなり、うさぎのフンのような便や、カチカチの状態で使うべき薬と初期で使うべき薬についての話