コロコロ便?カチカチ便?便の硬さと腸の動きと流れを確認

便秘の状態によって使うべき薬や食べ物について

 

コロコロ状態。
かっちかち状態。
1〜3日不調なモヤモヤ状態。

 

便や便秘の状態は、日々変わります。

 

その時々の便秘の症状に応じた、食べ物の取り方や薬の選択について考えてみましょう。


 

食べ物の流れ

食べ物は以下の順番で移動していきます。

  1. 口・食道

  2. 胃・十二指腸

  3. 小腸

  4. 大腸(結腸)

  5. 大腸(直腸)

  6. 肛門・排泄

 

大腸の役割

大腸の機能と、便の状態との関係について説明していきます。

 

大腸の役割の一つに、小腸から入ってきた液状の食べ物を滞留させ、水分を体内に吸収して固形にしていく、というものがあります。

 

食べ物が大腸を通過する時間と便の硬さについて

 

時間:短

  • ↓水様の下痢便
  • ↓泥状態、お粥のような状態の便
  • ↓普通の便
  • ↓やや硬い便
  • ↓硬い便
  • ↓コロコロの便

時間:長

 

知っておくべきポイント

大腸に便が滞留している時間が長ければ長いほど、便から水分が抜けて固くなっていきます。

 

長く大腸にとどまっていた便はコロコロ・かっちかちの状態となり、時間が経つにつれ排便がより困難になっていきます。

 

便秘がちな人は、できる限り早い段階で排泄する必要があるのです。

 

便秘解消のための考え方

※いま便秘の状態がひどくない方は、この説明を飛ばしてください。

 

 

便秘解消の方法を実践する際、一度お腹の中をリセットしてから便秘解消プロジェクトを開始することをおすすめします。

 

 

私の考え方は、「便秘薬をできる限り使わないで便秘を治していきたい」ということを基本としています。

 

しかし、肛門手前でカチカチ便が大量に存在して排便の栓をしていると状態では、すぐにおなかの中の状況が改善するのは難しい、と考えています。

 

一度、腸内水分の保持に作用する酸化マグネシウム系の便秘薬の力を借りて、お腹の中をリセットしましょう。

 

リセットされた状態からのスタートの方が、腸の流れが良い状況で行う運動や適切な食事療法の便秘解消効果が表れやすいでしょう。

 

おなかのリセットをする際の薬(下剤)について

 

センナ系の、大腸を刺激して排便を促す薬は、腸が刺激に慣れてしまう可能性があります。

 

お腹のリセットに使う薬は、できれば大腸の慣れを引き起こさない酸化マグネシウム系(通称:カマ)のものを利用することをお勧めします。

 

内科や消化器科などの病院に行ってドクターに相談して処方してもらうか、ドラッグストアに行って薬剤師に相談してみましょう。

 

 

また、肛門手前で便がふたをしている状態で不溶性の食物繊維をたくさん取ってしまうと、お腹の中の便の渋滞がさらに増大し、事態の悪化をまねく可能性があります。

 

便を軟らかくするための水溶性食物繊維と、腸内細菌を善玉菌優位に保つための乳酸菌サプリなどを取りましょう。

 

便の流れが良い状態に保つことが、便秘の根本解消には非常に重要です。

 

いまお腹の中で便がどのようになっているのかを想像して、状態に応じた便秘対策を行っていきましょう!

 

腸の流れについて理解できたら!⇒「便秘解消プロジェクト」をチェック!

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘



関連ページ

便秘で腹痛の時の対処方法※薬剤師が解説
腹痛を伴う便秘症状の、症状別・ライフステージ別に考えられる原因やその対処方法などを紹介するページです。辛くて不安な状態から脱却するきっかけとして、ぜひお役立てください!
重大な病気の兆候の可能性も!?吐き気を伴う便秘症状の状況別対処方法
吐き気を伴う便秘症状の原因と、状況別の対処方法を解説。便秘にはつきものの吐き気ですが、決して軽視はできません!
便秘が原因で頭痛や片頭痛になるの?と思う方へ。薬剤師が解説
便秘によって腸内で発生したアンモニアが頭痛の原因って本当?便秘と頭痛の関係について薬剤師が解説します。
便秘が原因?胃痛と病気との関係性を薬剤師が解説します。
胃痛と便秘の関係について薬剤師が紹介。激しい胃痛や、ストレスでの胃痛、空腹時や食後の胃痛などいろいろなパターンを検証しています。
便秘解消で口臭対策!「おなら臭」「うんこ臭」に悩んでいる方へ
冗談でなく本気で悩む口臭対策!便秘が原因でおこる口臭の解消方法について解説します。
便秘だと体重が増える?便秘を解消すると痩せる理由を薬剤師が解説
便秘症状だと太りやすくなる!薬剤師が解説する便秘と体重の関係性と便秘症の方の正しいダイエット方法について
便秘と下痢を交互に繰り返す原因は?過敏性腸症候群IBSやその他の病気について
下痢と便秘を交互に繰り返す、または同時に起こる症状に悩まされている方に向けて、疑われる原因や病気、対処方法などを薬剤師が解説します。