腸内フローラとは

腸内フローラとは

最近、テレビ番組やCMで良く腸内フローラという言葉。

 

しかし、腸内環境を良くする上で必要なものであるという漠然としたイメージは持たれていてもそれがどのようなものなのかを正確に捉えている人は少ないのではないでしょうか?

 

そこで今回は「腸内フローラ」について紹介させていただきます。

 

腸内フローラとは?

 

私たちの腸内には数多くの細菌が存在しています。

 

その数は総数で100種類以上、約100兆個にもなると言われているのですが、これらの細菌は体内で種類ごとにまとまっている状態になっているとされていますね。

 

その状態は見様によっては植物などがまとまってお花畑を作っている様にも見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれるようになったと言われています。

 

「フローラ」とは「お花畑」のことを指して言われる言葉ですので、腸内にお花畑ができているような状態を指して「腸内フローラ」と呼ばれるという解釈でいいでしょう!

 

 

腸内フローラの効果とは?

 

では、「腸内フローラが持つ効果とはどのようなものなのか?」が気になるところだと思われますが、腸内フローラは前述の通り、お花畑のように細菌がまとまっている状態の総称ですので、言い換えれば腸内に住む細菌全体のバランスによる効果であると定義できます。

 

例えば、腸内には体に良い影響を与える善玉菌と悪影響を与える悪玉菌、さらにそのどちらにも属さずにその時優勢である方に味方する日和見菌に分類されますが、これらのバランスとして理想的とされる「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」という割合だと健康状態は良好であると言えるわけですね!

 

この例を見るとお分かり頂けるかと思いますが、善玉菌の方が悪玉菌よりも優勢の状況であれば、最も多いとされている日和見菌も善玉菌に味方しますから、実質、「善玉菌9:悪玉菌1」と同じであるとも言えるでしょう。

 

このように細菌全体のバランスを踏まえて改善を行うのが腸内フローラを掲げている商品の特徴と言えるわけですが、腸内フローラのバランスはほんの些細なことでも変化してしまいます。

 

例を挙げるとストレス、生活習慣、食生活、年齢などのような要素も腸内細菌の増減に関わってきますので、サプリメントや乳酸飲料を始めとした健康食品を利用しなくてはいけないと言われるのはこの為ですね!

 

ストレスなどによる自律神経からの問題や加齢に伴う変化は食生活や生活習慣と違って、容易に変えられないものですから、状況に応じて乳酸菌を摂り入れたりする工夫も必要になってくるのではないかと思います。

 

それから、腸内フローラについてもう一つ押さえておかなくてはならないのは個人差があるということでしょう!

 

腸内フローラは確かに乳酸菌等を摂り入れることやストレスなどの要因によっても変化していくのですが、元からある腸内環境は人それぞれであり、その比率は誰もが同じであるというわけではありません。

 

誰もが同じような生活をしていれば似てくる可能性はあるかもしれませんが、食べ物の好みも人それぞれですし、ストレスを始めとした環境要因も異なるのが一般的です。

 

その意味では異なっていて当然ですし、併せて対処法も異なってくると思われますね。
当然ですが、様々な要因で悪玉菌が優勢になってしまうと体には悪影響が出てきますので、健康のためには常に善玉菌を優位にしておくことが求められるでしょう。

 

とはいえ、理想の比率を見ればお分かりになるでしょうが、善玉菌と悪玉菌が体内で占める比率は日和見菌に比べて少なく、容易にひっくり返る可能性があることも覚えておく必要があります。

 

まとめると善玉菌が優勢であれば健康を保つことができ、悪玉菌が優勢の状況では健康面で悪影響が出ること、そして、日和見菌が多く存在する以上、そのバランスは容易にひっくり返る可能性があるということになってきますね。

 

腸内フローラは腸内全体のバランスから健康を考えていくという考え方ですから、ただ善玉菌を増やせばいいというよりも如何にして先程ご紹介したような理想的なバランスに近づけていくかを目指す方法だと言っていいと思います。

 

 

腸内フローラの変化について

 

腸内フローラは赤ちゃんの時、正確には離乳食を摂れる頃にその人が持つ固有の腸内フローラが決まるとされています。

 

その後、年齢を重ねていく毎に悪玉菌が増加していく傾向にあり、老年期に入ると腸内に最も多く留まると言われるビフィズス菌が減少することが確認されていますね。

 

つまり、年齢を重ねていく毎に悪玉菌が優勢になる状態へと変化していくことになりますので、腸内フローラとして見てもバランスが悪くなるということができるでしょう!

 

よって、高齢になるにつれて乳酸菌などを摂り入れて善玉菌を増やす意識を強めていく必要が出てくるかと思われます。

 

 

腸内フローラを構成する成分は?

 

腸内フローラを構成する成分とは言い換えれば善玉菌や悪玉菌を作る成分とも言えますね。

 

善玉菌で言えばエサとなるオリゴ糖や食物繊維等が増やしていく上で有効ですし、逆に肉などの脂質の多い食品は適量であれば問題は無く、むしろ健康として良い面も多いですが、過剰摂取してしまうと悪玉菌の増殖を促してしまう恐れも出てきますから、腸内環境の悪化に繋がってしまいます。

 

こうした成分を摂り入れることでも腸内フローラのバランスは変化しますので、腸内フローラから健康を考えるのであれば、食事に関しても気を配ることが必要になってくるかと思いますよ!

 

 

腸内フローラの研究

 

腸内フローラの研究は1681年にオランダのレーウェンフックが行ったのが始まりです。

 

その後、1970年以降に日本人であり、東大の名誉教授でもある光岡知足教授が「腸内細菌学」という学問を樹立するなど、その存在は徐々に注目を集めるようになっていきました。

 

近年で言えば、肥満に関係することが2006年の科学雑誌「ネイチャー」の中で発表されています。

 

研究が始まった当初はそれほど注目されていなかった腸内フローラですが、今では多くの可能性を秘めたものとして研究が進んでいますね。

 

未だ発展途上であるのは確かだとしても腸内環境を考える際に役立つものとして認知されてきているのは間違いありません。

 

 

まとめ

 

以上、腸内フローラについてでした。

 

研究を見てもまだ歴史の浅さは否定できない分野ではあるのですが、より腸内環境の事を把握する上で非常に役立つのも確かであり、事実、多くの人が腸内フローラを意識して作られた商品を試して効果を実感してもいますので、腸内環境の改善を試みる上では外せない言葉になりつつあるのではないでしょうか?

 

言葉としては知られてきたとはいえ、まだ正確に意味を捉えている方はそれほど多くないと思われますので、今回ご紹介した腸内フローラについてのことがこの言葉を理解する上での一助となっていただければとてもうれしく思います。

 

便秘解消はもちろんの事として美容面での効果、がんや糖尿病、現代病の最たる症状であるうつ病にも効くとされているぐらい、幅広い可能性を持っていますので、これから先、もっと研究が進むことで私たちの生活に大いに役立ってくれることを願いたいですね!

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘



関連ページ

腸内洗浄とは
腸内洗浄とはの意味と基礎講座。腸内洗浄の効果と危険性など行う前に知りたい事を紹介します。
オリゴ糖とは
オリゴ糖とはの意味と基礎講座。オリゴ糖の意味と、効果について紹介します。またオリゴ糖の種類についても基礎知識として知っておきましょう。
プロバイオティクスとは
プロバイオティクスとはの意味と基礎講座。プロバイオティクスの効果についても紹介します。
プレバイオティクスとは
プレバイオティクスとはの意味と基礎講座。プレバイオティクスの腸内環境への良い影響についても紹介します。
シンバイオティクスとは
シンバイオティクスとはの意味と基礎講座。シンバイオティクスの整腸作用など善玉菌への良い働きを紹介します。
水溶性食物繊維とは
水溶性食物繊維とはの意味と基礎講座。水溶性食物繊維の特徴である便の水分量の保持などについて紹介します。
不溶性食物繊維とは
不溶性食物繊維とはの意味と基礎講座。不溶性食物繊維の便の量を増加する作用について紹介します。
腸管免疫とは
腸管免疫について詳しく紹介します。腸の免疫システムの重要な機能でウイルス感染、細菌感染の防御をしています。