腸管免疫とは

腸管免疫とは

腸管免疫とは

 

腸管免疫とは主に小腸の粘膜あるリンパ組織で体に取って重要な免疫システムです。

 

リンパ組織にあるリンパ球は体外から入ってきた異物を除去するための重要な働きがあります。

 

腸管免疫の働き

 

腸にある特有の免疫システムであるリンパは「腸関連リンパ組織(GALT)」と呼ばれ、腸の中の25%の容積を占めるとても大きなリンパ組織です。

 

食べ物や異物を口から食べ、胃酸で殺菌、殺ウイルスされなかった危険な外部からの侵入者をこの免疫システムのバリアで守っています。

 

食べ物を食べないと人間は生きることができませんが、食事には必要な栄養素以外にも不必要な雑菌やばい菌、ウイルスを体内に取り入れてしまうので、こういった小腸にある免疫システムが守ってくれます。

 

領内フローラと腸管免疫

 

腸内フローラの乱れはこのような腸管免疫を弱くすることで免疫力の低下を招きます。

 

悪玉菌が増殖することで、小腸内の環境が悪化し、免疫機能が正常の働かなくなります。

 

とくに便秘症状が悪化していくと、悪玉菌が増え、善玉菌の量が少なくなるため、免疫上よい状態であるとはいません。

 

便秘というはお腹が苦しい、つらい、気持ちが悪いといった体感的な症状以外にも病気にならない健康な状態を保つために治しておくことが必要です。

 

腸内フローラの改善は一回の食事や一日の改善でよくなるものではありません。

 

いくらよい善玉菌でも腸の中に住みつけなければ、そのままトイレに流れていきます。

 

毎日すこしずつ良い善玉菌を摂取し、腸内フローラを常によい状態にするという食事療法があなたの健康を守ります。

 

腸管免疫を高めるための善玉菌はどんな種類なのかは、人それぞれ違いがあります。

 

善玉菌を代表する菌種の乳酸菌とビフィズス菌では小腸に住み着くという意味で乳酸菌をおすすめします。

 

 

いまではたくさんの乳酸菌飲料やヨーグルトが販売されていますので、スーパーでご自身にあう乳酸菌を見つけてみましょう。

 

食べる期間は二週間ほど毎日食べることで体調がよいと感じることができる商品がよいでしょう。

 

また、便秘症で腸内フローラが乱れがちの方はビフィズス菌がおすすめです。

 

乳酸菌より大腸に住みやすい特徴があるのがビフィズス菌です。

 

腸内フローラを改善し、便通がよくなることで小腸のなかの腸内フローラもよくなるので便秘症の方はビフィズス菌を定期的に取ることをおすすめします。

 

サプリメントもたくさんの種類が出ていますので、手軽に摂りたい方は検討してみるとよいでしょう。

 

ヨーグルトも毎日食べるとなるとコスト的にはサプリとほぼ買わりがありません。

 

買い忘れ、食べ忘れなどのメリットからサプリで腸管免疫のケアをすることをおすすめします。

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘



関連ページ

腸内フローラとは
腸内フローラとはの意味と基礎講座。腸内フローラの語彙について詳しく説明します。
腸内洗浄とは
腸内洗浄とはの意味と基礎講座。腸内洗浄の効果と危険性など行う前に知りたい事を紹介します。
オリゴ糖とは
オリゴ糖とはの意味と基礎講座。オリゴ糖の意味と、効果について紹介します。またオリゴ糖の種類についても基礎知識として知っておきましょう。
プロバイオティクスとは
プロバイオティクスとはの意味と基礎講座。プロバイオティクスの効果についても紹介します。
プレバイオティクスとは
プレバイオティクスとはの意味と基礎講座。プレバイオティクスの腸内環境への良い影響についても紹介します。
シンバイオティクスとは
シンバイオティクスとはの意味と基礎講座。シンバイオティクスの整腸作用など善玉菌への良い働きを紹介します。
水溶性食物繊維とは
水溶性食物繊維とはの意味と基礎講座。水溶性食物繊維の特徴である便の水分量の保持などについて紹介します。
不溶性食物繊維とは
不溶性食物繊維とはの意味と基礎講座。不溶性食物繊維の便の量を増加する作用について紹介します。