コーヒーの便秘改善効果※カフェインとコーヒーオリゴ糖!1日2〜3杯飲もう

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘の健康食品>

コーヒーで便秘解消

 

 

コーヒーのカフェインには胃液の分泌を活発にし、大腸の収縮、弛緩を助ける働きがあります。

 

適量を飲むことで便秘改善効果も期待できるので、便秘に悩んでいる方は、この「オイシイ話」にのってみてはいかがでしょう。


コーヒーの便秘解消効果

コーヒーのカフェインが便秘解消に効く

カフェインが胃液の分泌を促進するため、胃の働きが元気になり消化を進めるのに役立ちます。

 

コーヒーに含まれるカフェインは、自律神経に作用して腸の収縮を促す神経を刺激します。

 

その結果腸のぜん動運動が活発になり、便意をもよおす効果が期待できます。

 

コーヒーオリゴ糖がすごい!

コーヒーには「コーヒーオリゴ糖」と呼ばれるオリゴ糖が含まれており、このオリゴ糖には腸内環境を整える作用があり便秘を解消する効果があります。

 

コーヒーオリゴ糖とはコーヒー豆の中に入っており、抽出した際の液体の中に入ります。

 

コーヒーオリゴ糖は砂糖と比較しカロリー半分、甘味も五分の一と少ないのが特徴です。

 

オリゴ糖の仲間なので、小腸で吸収される確率が低く大腸に糖分が到達します。

 

大腸に届いたコーヒーオリゴ糖はビフィズス菌、乳酸菌のエサとなり腸内フローラを改善する働きがあります。

 

善玉菌が元気になり腸内細菌のバランスが整うと、便通が良くなり便秘解消の役に立つというわけです。

 

AGFのコーヒーオリゴ糖の便秘解消効果の臨床実験

コーヒーオリゴ糖の便秘解消実験画像

画像引用」:http://www.agf.co.jp/coffee_oligo/oligo/

 

コーヒーで有名な会社AGFはオリゴ糖による便通改善効果を実験しています。
実験内容は、コーヒーオリゴ糖を一日1グラム、ニ週間続けて摂るという内容です。

 

図でもわかりますが、排便回数が増えていることがわかります。
実験前に、便の中のビフィズス菌の量を調べたところ9%だったのが、ニ週間コーヒーオリゴ糖の摂取で31%に増えていることわかりました。

 

この事よりコーヒーを飲むことで、整腸作用を発揮し、腸の動きを助け、腸内フローラの改善に役立ちます。

 

便秘の方はコーヒーを積極的に飲むことで、改善効果を期待することができるでしょう。

 

便秘解消の意外にもコーヒーオリゴ糖にはダイエット効果もある

 

このオリゴ糖は腸の動きを助けてくれる作用のほかに、体に脂肪がつきづらくなる作用があり、便秘に悩んでいる男性・女性のダイエットにも良い効果を発揮します。

 

コーヒーオリゴ糖は体に取り込まれる脂肪を減らし、現在ある脂肪の代謝を良くすることでダイエット効果を発揮します。

 

一日一回一週間コーヒーオリゴ糖入りのコーヒーを飲むことで血中の中性脂肪が減ることが分かっています。

 

また三か月間飲むことで内臓脂肪を軽減させる効果も確認されました。

 

メタボリック体質でぽっこりお腹で困っている中年女性、中年男性、太り気味の方にコーヒーはおすすめできます。

 

コーヒーに牛乳やコーヒーフレッシュなどの乳製品を用いると、腸の動きが活発になります。

 

しかし、ミルクなどをたくさん入れ過ぎるとカロリー過多になることもありますので、十分注意しましょう。

 

便秘解消のための効果的な飲み方

 

便秘で悩んでいる人は朝食後にコーヒーを飲むようにすると、朝から腸の働きが活発になります。

 

便秘対策の水分摂取の方法は、以下のステップで行いましょう。

  1. 朝一番にうがいをし口腔内の雑菌を出します。
  2. その後、冷たい水をコップ一杯飲むことで腸の反射を促進し、消化管が動き始めます。
  3. 朝食をしっかりと取りましょう。
  4. 胃に入った食物が胃の動きを活発化させ腸に押し出す動きが生まれ、大腸もうごきが活発になります。
  5. 食後に2〜3杯のホットコーヒーを取ることで、温かい液体とカフェインが消化を助け、胃腸の動きを促進します。

 

定期的に続けることで、コーヒーオリゴ糖が腸内細菌を整え整腸作用があることから便秘解消の効果があります。

 

 

 

さて、ここでコーヒーは何杯飲めば健康に良いのか?
何杯飲むと体に悪いのか論争がすこし気になりますよね。

 

これらの議論は、心臓に良い、がんが少なかった、呼吸器科系の疾患が減った、早死にするなどコーヒーによるいろんな説が出すぎていて、何杯以上飲むとダメなどというのが難しいところです。

 

カフェインの代謝する量を考えると数杯にとどめたほうがよいでしょう。

 

便秘改善効果を期待して10杯など大量に飲むことはお勧めしません。 

 

薬を服用する時も同じことが言えますが、良い効果のある物でも度を越して飲むことは副作用や弊害に直結します。

 

何事もやりすぎ、飲みすぎ、食べ過ぎなどは避け、適量で体が調子いい量をご自身で見つけ続けるようにしましょう。


【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

お通じ対策に健康食品でサポート