便秘に効く牛乳の成分とその働き

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘の健康食品>

便秘に効く牛乳の成分とその働き

 

 

 

牛乳を飲むとお腹がゆるくなることはよく知られています。

 

便秘に効くともよく耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

牛乳の成分や便秘にどう働きかけるかなどをご紹介します。


 

牛乳の排便効果

 

牛乳には乳糖やオリゴ糖が多く含まれています。

 

牛乳に含まれる乳糖は消化されにくい特徴があり、そのため全て小腸で消化されず、大腸まで到達します。

 

この乳糖が固まった便に水分を与え、オリゴ糖と共に善玉菌のエサとなり、悪玉菌が増えないようにしてくれます。

 

朝一杯の牛乳で便秘解消

 

便秘解消に効果がある飲み方として、朝起きた時に1杯の牛乳を飲むこと。

 

人間の身体は起床後に食事を取ると、自然と便意を感じるようになっています。

 

その生理現象を利用し、牛乳の成分で腸を刺激し排便を促すのです。

 

牛乳が合わない人はオススメ出来ません

 

過敏性腸症候群や乳糖不耐症(体質的に乳糖を分解出来ない)の方は、下痢になってしまい、便秘解消にはなりません。

 

身体に余計な負担をかけてしまうので、別の方法にチェンジしましょう。

 

まとめ

 

 

 

牛乳の排便効果は本当。

 

ただし、身体に合わない体質の人もいるので、お腹を下すようならオススメしません。


【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

お通じ対策に健康食品でサポート