≪ケールの栄養素≫効果・効能がすごい!便秘解消・高血圧・糖尿病など

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘の健康食品>

ケールの栄養素はすごい効果!動脈硬化、高血圧、白内障などなど

 

青汁といったらケールというぐらい認知度が上がったケールですが、実際の効果について詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?

 

ケールの効能点効果は健康にいい!とひとくくりにできないくらい優れた作用があり、それが理由で青汁として商品化されたくらいです。

 

そのケールの驚くべき効果について紹介していきます。


 

ケールとは

  • 和名:リョクヨウカンラン(緑葉甘藍)
  • 科:アブラナ科

ケールとは地中海が原産のキャベツの仲間の野菜です。
昔から日本で栽培されている野菜ではありませんでしたが、「まずい!もう一杯」でおなじみの青汁が人気となりケールの名前が日本で有名になりマイsた。

 

ケールに入っている栄養素

ビタミン、β-カロテン、ルテイン、ゼアキサンチン、ビタミンA、チアミン (B1)、リボフラビン (B2)、ナイアシン (B3)、パントテン酸 (B5)、ビタミンB6、葉酸 (B9)、ビタミンB12、コリン、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ミネラル、カルシウム、鉄分、マグネシウム、マンガン、リン、カリウム、ナトリウム、亜鉛

 

ケールの効能・効果

ケールに入っている栄養素を見ていただきましたがそれぞれの栄養素がどのような効能効果があるのか分解して紹介していきましょう。

 

食物繊維の効果

ケールに入っている食物繊維は、ケール100g当たり水溶性食物繊維0.5g、不溶性食物繊維3.2gという比率で入っています。
青汁などではケールそのものを粉砕している物や、水溶性食物繊維を抽出しているものなど様々です。

 

水溶性食物繊維は食事とともに摂ると、胃腸で食べ物と混ざり血糖値の急激な上昇を抑え、脂肪の吸収もゆっくりにしてくれるため、糖尿病などで血糖値が気になる方や、メタボ体質で体重が気になる方などは食事とともにケール入りの青汁を飲むと効果的です。

 

また不溶性食物繊維は便のかさを多くしてくれることにより、腸壁を適度に刺激し、便秘解消にも効果的です。
水溶性食物繊維の便秘解消効果は、便の水分量を増やすことで、硬い便を軟らかくする作用があります。

 

便秘に悩んでいる方はケール入り青汁がおすすめです。

 

β-カロテンの効果

ケールに入っているβ-カロテンは抗酸化作用が強力で、β-カロテンが体内でビタミンAに変化することで効果を発揮ます。
夜盲症、加齢黄斑変性などの目の病気の予防や治療に利用されます。
また粘膜を健康にし外部からの病原菌、雑菌、ウイルスの侵入を防ぐため免疫力が増加します。
肌を美しく保つ美肌作用や、肌の新陳代謝を促進するため、ニキビや肌荒れの方にも効果があります。
遺伝子の損傷が原因で起こるがん細胞を抗酸化作用により予防することができます。

 

ビタミンB、D、Eは「ビタミンA(βーカロテン)」が十分にないと効果が発揮されないため、その他のビタミンを活性化させる重要な役割があります。

 

ルテインの効能・効果

ルテインは体の中では主に目の中や皮膚、大腸、乳房に存在しています。
ルテインの効果は抗酸化作用が強い物質です。
目に良い物質として有名で、天然のサングラスと言われるほどの目を守る力があります。
紫外線やブルーライトなどの目を傷つける有害物質から守ってくれます。
黄斑変性症や白内障予防や改善、目のピント調整機能を改善するなどの効果が期待でき舞うs。

 

ゼアキサンチンの効能・効果

 

ゼアキサンチンも抗酸化作用があり、目の中の黄斑部にあります。
目の健康を保つために重要な役割を果たしています。

 

ゼアキサンチンは体の中から作り出すことができない物質であるため食事から摂るしかありません。
ケールにはたくさん入っているケール入りの青汁などを飲むと、目の健康を保つためにはよいでしょう。
黄斑変性症や白内障が気になる方におすすめです。

 

ビタミンAの効能・効果

 

ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、摂りすぎると過剰症がありますが、なくてはならない重要なビタミンの一つです。

 

効果は皮膚を健康に保ち、目の見え方にも重要な役割を果たします。
夜盲症などの予防にも利用されるため子供ころに肝油ドロップを食べたことがある方も多いでしょう。

 

カルシウムの効果効能

カルシウムの効能効果は言わずと知れた骨や歯への形成だけであはありません。
体の生理機能の調整役を果たし個々のの安定させる働きや、筋肉の収縮、弛緩に関わる神経伝達物質に関わります。

 

カルシウムが不足すると骨粗しょう症という骨がスカスカにになってしまう病気になる可能性があります。
女性に多い病気ですが、閉経後に骨が作られる骨形成と骨が壊れる壊骨のバランスが崩れ一気に骨が弱くなり、人によっては腰が曲がってきたり、骨折しやすくなります。
また脊髄圧迫骨折の原因にもなり、カルシウム不足が将来の寝たきり生活の引き金になる可能性もあります。

 

カルシウム不足は骨だけの問題ではありません。
「カルシウムパラドックス」という言葉をご存知でしょうか?

 

カルシウムパラドックスとはカルシウム不足の血中の状態が続くことで、骨からカルシウムが供給されます。
そうすることで緊急的なカルシウム不足は補うことができ、生体反射としてすばらしい機能なのですが、その後血中カルシウム濃度が逆に上がりすぎ、行き場を失ったカルシウムが血管壁に吸収されます。

 

血管壁に入ったカルシウムは壁を収縮させ、動脈硬化を起こし、結果として血圧上昇につながります。

 

ケールの中にあるカルシウムは牛乳と同じかそれ以上の吸収率があるということがわかっています。

 

定期的にも飲みやすいケール入り青汁が動脈硬化や高血圧が気になる方に飲んでほしい商品です。

 

メラトニンの効果効能

ケールには睡眠に入りやすくなるメラトニンという物質がはいいています。
メラトニンは夜寝る前に松果体という場所から分泌される睡眠誘導をするホルモンの一種です。
メラトニンの効果は体温を下げることで眠気を誘導しスムーズな睡眠に入ることができます。

 

夜寝付きが悪いという方はケール入りの青汁を寝る数時間前に飲むと、睡眠障害を克服できる可能性があります。

 

ケールの効能・効果のまとめ

 

 

いかがでしたか?

 

ケールのさまざまな効果をご紹介しました。 野菜の王様と言われるのも納得です。

 

老化による目の疾患や、生活習慣による血管障害、動脈硬化などにも効果的な野菜です。

 

毎日ケールを食事で摂ることはなかなか困難ですが、粉末になっている青汁であれば自由に摂ることができるので健康増進のためにも、病気予防のためにもおすすめです。

 

お通じが気になる方には便秘に特化した青汁の商品の選び方を解説しています。

 

便秘におすすめの青汁比較ページをご覧ください。


健康食品でサポート

≪ケールの栄養素≫効果・効能がすごい!便秘解消・高血圧・糖尿病などエントリー一覧

ケール入りの青汁と薬の飲み合わせは大丈夫?ワーファリンとかは?

体に良い成分がたくさん入っているケールですが、その有効成分がまれに医療用の薬剤と飲み合わせがあるい事があるので注意をしてください。※薬との飲み合わせ情報としてこれから紹介していきますが「私は本当に大丈夫?」と、不安に思う方は必ず処方医か調剤した薬局に問い合わせてください。ケールなどの青汁と医薬品の基...

続きを読む

【薬剤師が選ぶ】ケールサプリ※おすすめランキング!

ケールの栄養成分を十分に摂っていただきたいのと、値段も安く購入していただきたいので、価格比較ランキングを見てみましょう。アマゾンで購入できるケールサプリランキング商品名メーカー何日分?一日の費用トータルコストDHC パーフェクト野菜DHC 60日分 240粒 9.6円576円ケール粒 3か月分?3か...

続きを読む