ケール入りの青汁と薬の飲み合わせは大丈夫?ワーファリンとかは?

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘の健康食品>

ケール青汁の薬との飲み合わせについて

 

体に良い成分がたくさん入っているケールですが、その有効成分がまれに医療用の薬剤と飲み合わせがあるい事があるので注意をしてください。

 

※薬との飲み合わせ情報としてこれから紹介していきますが
「私は本当に大丈夫?」と、不安に思う方は
必ず処方医か調剤した薬局に問い合わせてください


 

ケールなどの青汁と医薬品の基本の考え方

基本的には青汁は健康食品ですし、ケールは食用の野菜なので大量摂取などを行わなければ、そこまで体への影響を心配をしなくてもよい食品です。

 

しかし中には飲み合わせがよくない医薬品もあるのでご注意ください。

 

ワーファリン(ワルファリンカリウム)を飲んでいる方!青汁STOP

 

脳卒中、心筋梗塞なので血液をさらさらにするために病院から処方されるワーファリンという薬を飲んでいる方はケールの中に入っているビタミンKとの飲み合わせが悪いため、青汁の服用を中止しましょう。

 

ワーファリンは先発品の商品名ですが、ジェネリック(後発品)の名前はワルファリンK錠と書いていある場合もありますが同じ薬です。

 

ワーファリンの剤形

  • ワーファリン錠0.5mg
  • ワーファリン錠1mg
  • ワーファリン錠5mg

どの薬も量が違うだけですべて同じ成分なので、青汁の服用は中止してください。

 

ワーファリンとケールの飲み合わせが悪い理由

ケールに入っているビタミンKの作用は、出血がおこった部分の止血をする作用があります。

 

出血している部分の血を固めるという作用は、人間にとって生きていくうえでとても重要な作用です。
血が固まる事ができなくなると、傷口からいつまでたっても血が出続けることになります。

 

ところが心筋梗塞や脳出血などの血栓病になってしまった方や、その予防の必要のある方は血管の中で血が固まることを抑えておかなくてはなりません。
原因は様々ですが、そのような場合にビタミンKの血液凝固作用に対抗した形でワーファリンの投与をします。

 

ワーファリン投与中の方はビタミンKの作用を抑えているのにも関わらずケール青汁でビタミンKを追加してしまうと、血液が固まるのを助けてしまうため飲んではいけないというわけです。

 

ビタミンKが多い食材はケールだけではない

納豆、パセリ、シソ、モロヘイヤ、かぶの葉、おかひじき、大根菜、小松菜、ホウレンソウなどはケールよりもビタミンKが多い食品ですのでワーファリン服用中の方は注意しましょう。

 

ワーファリン以外の血液さらさら系の薬「バイアスピリン、バファリン配合錠A81」などは大丈夫?

 

これらのワーファリンではないアスピリン系の血液をさらさらにする薬はビタミンkの血液凝固に関わることなく、血が固まりにくくする作用を発揮するためケールなどの青汁との飲み合わせに問題はありません。

 

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

お通じ対策に健康食品でサポート



関連ページ

【薬剤師が選ぶ】ケールサプリ※おすすめランキング!
ケールの栄養素をサプリで毎日摂りたい方にケールサプリの比較情報です。おすすめランキングにして紹介します。