大麦若葉の効果・効能※薬剤師が解説

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘の健康食品>

大麦若葉の効果・効能

 

大麦若葉は青汁の成分としてよく入っています。

 

青汁は健康に良い飲み物として知られていますが、大麦若葉の効果を詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?

 

ここでは大麦若葉を飲むとどんなよい効果があるのかについて紹介しています。

 


 

大麦若葉の抗酸化作用が健康に良い

 

体が酸化していくことで人間は臓器や血管、皮膚などの機能が落ちていきます。

 

たとえば物に例えても新品のものは劣化していない状態ですが、長年使い古すと酸化し錆びてしまったり動きが悪くなったりします。

 

老いというのは酸化することを意味しますが、大麦若葉の特徴的な効果・効能が抗酸化作用です。

 

抗酸化作用というのは漢字の通りですが、酸化に対抗することを意味します。

 

巷でよく言うアンチエイジングということで錆びてしまったものを元に戻したり、錆びずらく予防する作用があります。

 

具体的に大麦若葉の抗酸化作用がどのように良いのか紹介していきます。

 

生活習慣病が気になる方は大麦若葉の青汁がおすすめです

 

大麦若葉のどの成分が抗酸化作用があるのかというと、SOD酵素という成分です。

 

SODはスーパー・オキサイド・ディスムスターゼの略です。

 

この酵素は活性酸素を除去する働きがあります。

 

活性酸素は本来は体にとって必要なものですが、メディアで取り上げられるときはまるで悪者のように言われています。

 

活性酸素の働きは酸化させることによる殺菌作用です。

 

体外から侵入してきた細菌やウイルスを酸化させ死滅させることで病気になりづらい状態を作るために体内に存在しています。

 

しかしこの活性酸素が体内で増えすぎると、酸化させる能力が高すぎてしまい自分の細胞をも傷つけてしまいます。

 

傷ついた細胞が増えれば増えるほど、体内は老化していき、表面化するときには肌荒れ、しみ、しわ、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などという生活習慣病から肌トラブルまで至るところに悪影響を与えてしまいます。

 

この状態を元に戻すのが大麦若葉のSOD酵素の力です。

 

それでは具体的にSOD酵素の抗酸化作用について具体的な症例を元に紹介していきます。

 

大麦若葉が高血圧の予防・改善をする

 

高血圧の引き金になる動脈硬化。

 

動脈硬化ができる原因は様々ですが、血管の壁が血圧が高いことや、血糖が高いこと、LDLコレステロールが多いことなどで傷がついてしまい、何度も血管壁に傷がつき治りを繰り返していくことで、手にまめができるように血管壁も硬くなっていきます。

 

これが動脈硬化です。

 

SOD酵素の抗酸化作用で血中の活性酸素量が少なくなることで血管壁への刺激が少なくなり動脈硬化に効果があるとされています。

 

大麦若葉が糖尿病の予防・改善をする

 

糖尿病状態とは、過度な糖分の摂取によりインスリンが過剰に分泌されすぎ、膵臓が疲れ必要なインスリンが分泌できなくなり、血管内で行き場を失った大量の糖分が尿の中に排泄される状態をいいます。

 

糖分などは普段の生活では我々の栄養となるので尿から排泄されてしまってはならないものですが、あまりにもインスリンの分泌が悪くなることでこのような状態がおこります。

 

糖尿病状態の体内はSOD酵素が少ない状況で、このような状態のマウスにSOD酵素を投与した実験で、マウスの血糖値が優位に低下したという実験結果があります。

 

血糖値の元となる食事や甘味を抑えるのは当然ですが、大麦若葉の青汁を定期的に飲むことも糖尿病予防の一環になるでしょう。

 

大麦若葉が食物繊維が便秘を解消する

 

大麦若葉に入っている食物繊維は大腸まで届き、便の量を増やし、腸壁に適度な刺激が伝わり排泄を助けます。

 

食が細くなってきた老人や、ダイエット中で食物を制限している方などは不足した食物繊維が原因で便秘が悪化することがありますので、必要なミネラルやビタミンを取りつつ適正な食物繊維がとれる大麦若葉の青汁は便秘解消の強い見方になるでしょう。

 

その他、βカロテンが疲れ目やや夜盲症に効果があったり、乳酸を排泄する効果があるため筋肉痛の改善や疲労回復効果があります。

 

大麦若葉はビタミンCも多く、ストレス耐性を強めたり、コラーゲンの生成を助けるため肌がきれいになったり、しみ、しわの予防になったりと美肌効果もあります。

 

あげたらきりがない大麦若葉の効果・効能です。

 

毎日の健康維持に大麦若葉の青汁を飲んでみてはいかがでしょう?

 

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

お通じ対策に健康食品でサポート