【薬剤師解説】効能多数!ルイボスティーは便秘にも効果アリ?

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘の健康食品>

効能多数!ルイボスティーは便秘にも効果アリ?

 

ルイボスティーは美容やお通じに効果アリといわれていますが、はたして本当でしょうか。

 

妊活中や不妊治療中の方の間でも話題になっています。

 

ルイボスティーの噂されている効果と安全性について、薬剤師の斉藤が調べてみました。


 

目次:

 

 

ルイボスティー(ルイボス茶)とは

ルイボスティーは紅茶に似た赤茶色のお茶です。

 

ルイボスというアフリカ原産であるマメ科の植物から作られます。

 

ルイボスは南アフリカのケープタウン北に広がる山脈に自生し、その周辺以外では栽培が難しい貴重な植物です。

 

 

収穫した茶葉を発酵させると鮮やかな赤茶色になります。

 

紅茶と同じですね。

 

現地では昔からよく飲まれているお茶なのだそうです。

 

 

ルイボスティーは紅茶より渋みの少ないスッキリとした味が特徴です。

 

その味は、麦茶、ほうじ茶のような味と例えられることもあります。

 

煮出すタイプの製品は、好みの濃さで飲むことができます。

 

 

ルイボスティーの抗酸化作用、SOD作用とは?

 

ルイボスティーには抗酸化作用のあるフラボノイド類が含まれています。

 

主にケルセチン、ルチンというフラボノイド類です。

 

 

抗酸化作用は、活性酸素をつかまえて無効化する働きです。

 

活性酸素は体中で毎日発生していて、細胞やDNAを傷つけることがあります。

 

まだはっきり分かっていませんが、過剰な活性酸素ががん、動脈硬化、老化などの原因とする見方があります。

 

 

SOD様作用、SOD様活性という言葉はルイボスティー関連Webサイトでよく見かけられます。

 

これは一体どういう意味なのでしょうか?

 

結論から言うと、SOD作用とは抗酸化作用と同じです。

 

SODは「Super Oxide Dismutase」の略で、体の中にある活性酸素を無効化する酵素の一種です。

 

SOD様作用はその働きのことを指します。

 

SOD様活性は、食品中の成分が活性酸素を減らす力をSODの量に換算したものです。

 

数値が高いほど強力ですが、その数値を計測するのはあくまで試験管の中。

 

体内で働くかどうかは分かっていません。

 

注意してほしいのは、SOD様作用=酵素が入っている、というわけではないことです。

 

 

ルイボス特有の成分アスパラシンもフラボノイド類で、未発酵、いわゆる緑茶のルイボスティーに多く含まれることが最近になって分かってきています。

 

 

ルイボスティーの成分、ミネラル分は意外にも少ない?タンニンとカフェインは?

 

ルイボスティーはミネラル分たっぷり、と言われていますが、お湯に溶けだす量はわずかで他のお茶と大差はありません。

 

緑茶、紅茶と比較するとナトリウム分は若干多いですが、ルイボスティーだけでのミネラル補給は難しいです。

 

 

ルイボスティーのタンニンは他のお茶よりも少なく、少ないと言われる麦茶と同じ程度です。

 

カフェインは含まれていません。

 

 

ルイボスティーの効果、効能は?噂を検証

ルイボスティーには様々な効果が噂されています。

 

そのうち、よく見かけるものについて真偽を調べてみました。

 

その多くは、フラボノイド類の持つ抗酸化作用から期待されているもののようです。

 

 

美容、健康

 

ルイボスティーに美容と健康効果を期待している方は多いと思います。

 

アンチエイジングに効果あり、と謳う商品もよく見られます。

 

 

紫外線や刺激を受けると体内で活性酸素がたくさん発生すると言われています。

 

活性酸素は肌の組織を作るコラーゲンを傷つけます。

 

コラーゲンが傷つくと肌の構造を保てなくなり、弾力やハリが失われしわやたるみの原因になります。

 

抗酸化作用をもつ成分によって体内の活性酸素を減らすことができれば、お肌と体の健康を保てるかもしれませんね。

 

ただ、ルイボスティーなどの抗酸化作用のあるお茶を飲んだ場合の効果はまだわかっていません。

 

 

便秘

 

便秘にはマグネシウムが有効ですが、ルイボスティーに含まれる量はごくわずかなので、便秘解消効果を実感できるかは微妙なところです。

 

もっとも、ルイボスティーで水分をこまめに摂ることで、固くなった便に水分がゆきわたってお通じが促される可能性はあります。

 

 

カフェインやアルコールには利尿効果があるので、飲んでも水分が体から出て行ってしまいます。

 

そういった飲み物を、カフェインレスの飲み物(例えばルイボスティー)に替えることで、水分補給効果がアップしてお通じは期待できますね。

 

 

ダイエット

 

お茶の時間の甘いコーヒーやジュースをルイボスティーに置き換えればカロリーダウンにつながります。

 

しかし、ルイボスティーを飲むだけではダイエット効果は表れません。

 

過剰な期待は禁物です。

 

 

妊活、不妊治療

 

卵子の質の向上や子宮内の環境をととのえると妊活に話題のルイボスティーですが、効果は証明されていません。

 

不妊症の原因の一つとしてストレスや加齢によるダメージが取り上げられているので、抗酸化作用の強いイメージがあるルイボスティーが流行していると考えられます。

 

 

ルイボスティーはノンカフェインなので妊娠の可能性がある時でも飲めるのが大きなポイントです。

 

 

ルイボスティーには女性ホルモンのエストラジオールに似た作用のある成分が最近発見されています。

 

しかし、大豆のイソフラボンより効果が弱いこと、ごく微量なことからお茶として飲む分には働かないと言われています。

 

 

花粉症、アトピー、アレルギー

 

花粉症などの各種アレルギーもルイボスティーの抗酸化作用で改善が期待されていますが、効果が実証されているというわけではありません。

 

ルイボスティーに含まれるケルセチンに抗ヒスタミン作用があると言われていますがその量はごくわずかです。

 

ケルセチンはそばやたまねぎの茶色の皮にも含まれていますが、効果を期待しようと思うと何kgも食べないといけないほどです。

 

 

アトピー対策に紹介されているルイボスティー風呂は個人的におすすめしません。

 

アレルギーの心配があるためです。

 

食物アレルギーの原因の一つに、その食物の成分が皮膚から吸収されたためということが最近分かりました。

 

アトピーで肌のバリア機能が弱っているとアレルギー成分が体により入りやすくなってしまいます。

 

 

ストレス・不眠

 

ルイボスティーにはビテキシン、イソビテキシンというフラボノイド類も微量ですが存在します。

 

ビテキシンとイソビテキシンはストレスや不眠時に使われるハーブのパッションフラワーに含まれています。

 

このことからルイボスティーもストレスや不眠に効果があると言われているのかもしれません。

 

しかしこちらも効果は分かっていません。

 

 

二日酔い

 

ルイボスティーは二日酔いに効くかどうかは不明です。

 

しかし、「お酒を飲むときは飲んだ量以上の水分をとるとよい」と言われています。

 

(私も実践していますがなかなか快調です。)

 

お酒を飲んだ後にルイボスティーを飲むと水分補給ができるので、それが理由かもしれませんね。

 

 

体を冷やす?

 

東洋医学では、暑い場所の食べ物は体を冷やすといういわれがあります。

 

ルイボスティーはアフリカ原産なので気になるところですね。

 

根拠があるわけではありませんが、冷え性の方は少し注意して試してみてください。

 

 

ペットに与えてもいい?

 

健康に良さそうなルイボスティーですが、ペットに飲ませてはいけません。

 

ルイボスティーにはグアヤコールという消炎鎮痛成分がわずかに含まれています。

 

ペット、特に犬や猫は人と違って体内でグアヤコールをうまく分解できないため危険です。

 

体に蓄積して体調が悪くなる恐れがあります。

 

 

噂についてまとめ

 

ルイボスティーに関する真偽の不明瞭な噂は、抗酸化作用を持つことに対する過剰な期待が一因と思います。

 

全体的に根拠は見当たらなかったので、挙げられる健康効果に過剰な期待はせず、体にやさしいお茶として楽しむくらいが良いと思います。

 

 

▲目次にもどる

飲むだけではないルイボスティーの活用法

ルイボスティーは飲むだけでなく、お風呂や料理などにも活用できるのでしょうか。

 

 

アトピー対策として、ルイボスティーのティーバッグをお風呂に数個浮かべるという方法がネットなどで紹介されています。

 

しかし、個人的にこのルイボスティー風呂はおすすめできません

 

アレルギーの恐れがあるためです。

 

皮膚から食物の成分が吸収されると、次にその食物を食べた時にアレルギーを起こす可能性があることが分かっています。

 

『茶のしずく石鹸事件』が有名です。

 

(詳しくは検索してみてください。)

 

 

料理での活用については、検索してみると煮込み料理やデザートに使うレシピが多く見つかります。

 

クセがないので応用が効きそうですが、味の好みには個人差があるので、試すときは少量から試してみてください。

 

 

▲目次にもどる

ルイボスティーの選び方

ルイボスティーの製品はスーパー、ドラッグストア、ネット通販で気軽に購入できます。

 

しかし、種類がたくさんあってどれを選べばいいか迷いますよね。

 

 

初めての方は手軽に手に入るものから試してみてください。

 

手軽さ、持ち運びやすさはペットボトル製品が一番です。

 

コスパが良く自分で濃さを調節できるのは茶葉タイプです。

 

 

注意点は、他のハーブティーや砂糖等とブレンドしたものが多いことです。

 

ルイボスティーを選ぶ際には原材料と成分はよく見るようにしてください。

 

 

実際に試してみて良いなと思ったら、そのまま続けてもいいですし、こだわっている茶葉の製品や高級品を購入してみるのもいいかもしれません。

 

高価なものほどおいしいといわれますが、緑茶や紅茶と同じで好みは人それぞれです。

 

 

ここからは、選び方で気になる方が多いであろう点についてまとめました。

 

購入の際の参考にしてみてください。

 

 

普通のルイボスティーとグリーンルイボスティーどちらがいいのか

 

普通の赤いルイボスティーは発酵済み、グリーンルイボスティーは未発酵のお茶です。

 

紅茶と緑茶の関係と同じです。

 

グリーンルイボスティーはさわやかな香りがしてあっさりした味といわれています。

 

また、抗酸化作用のある成分アスパラシンを多く含む特徴があります。

 

未発酵で流通させるのは最近になってからなので、グリーンルイボスティーの方が希少で値段が高い傾向です。

 

アスパラシンの効果はまだよくわかっていないので、好みで選んでいいと思います。

 

 

茶葉に等級(グレード)がある

 

ルイボスティーの茶葉にはグレードがあります。

 

調べていて驚きましたが、グレードは輸出規定でつけているだけで、高級さや品質と全く関係ないそうです。

 

あくまで部位と味の違いだけです。

 

品質は鮮度と保管方法で決まるそうなので、商品の回転の良い店で買うのがおすすめです。

 

クラシック:
ふるいにかけた茶葉。
葉のみ。
生産量が少ない。

 

スーパー(スーペリア):
葉と茎を配合。
色と味は濃い

 

チョイス:
茎が多め。
色と味は薄い

 

生産業者によっては、スーパー、チョイス、スタンダード・・・など他の標記で呼ばれることもあります。

 

葉が多いものが高級扱いされる傾向ですが、生産量が少ないだけで質はどのグレードでも同じだそうです。

 

 

有機JAS認定の製品を選んだ方が良い?

 

有機とオーガニックは同じ意味で、「有機栽培で育てられた」というような意味あいで使われます。

 

有機栽培は化学的に合成された肥料及び農薬を使わずに育てることです。

 

堆肥などの有機肥料は使いますし、一部の農薬は許可されています。

 

 

JASは『Japanese Agricultural Standard』の略で、法律に基づく品質保証の規格です。

 

肥料、農薬、栽培などの一定の基準を満たして初めて有機JASの認定を受けられます。

 

外国からの輸入品も、日本の基準を満たしていると認められれば有機JAS認定マークを付けることができます。

 

 

有機栽培だから安全というわけではありませんが、有機JAS認定を受けたルイボスティーは限られた農薬だけ使われているという安心感はあります。

 

 

▲目次にもどる

注意点

ルイボスティーの安全性はまだ研究しつくされていません。

 

適量を楽しむ分には問題ないと言われています。

 

妊娠中・授乳中の方でも安心というのは、ノンカフェインなので安心という意味です。

 

飲みすぎないように注意してくださいね。

 

 

副作用は肝障害などが報告されています。

 

誰にでも合うわけではなく、体に合わない方もいます。

 

体がおかしいと思ったら飲むのは止めましょう。

 

 

▲目次にもどる

まとめ

 

いろいろな効果が話題のルイボスティー、調べてみると抗酸化作用が主なもので便秘への効果はあまり期待できないかもしれません。

 

抗酸化作用の体への効果はわかっていないことが多いので、飲みすぎないようにしましょう。

 

ノンカフェインのハーブティーとして適量を楽しむには良いと思います。


 

参考

 

 

▲目次にもどる

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

健康食品でスッキリサポート




関連ページ

アボカド種茶で便秘解消
アボカドの種を使ったお茶のレシピを紹介します。テレビのダイエット特番ナイナイアンサーでやっていたレシピです
【薬剤師解説】毎日スッキリ茶は本当にスッキリ効果あり?成分から分析
便秘に悩む人やダイエッターを中心に人気の健康茶『毎日スッキリ茶』。本当にスッキリ効果はあるのか、有効成分は何なのか、安全性はどうなのかなどについて、薬剤師が解説します。
【薬剤師が解説】センナ茶の効果・副作用とダイエットなどの危険な飲み方まとめ
便秘薬としても使われるセンナ。 健康食品としてもセンナ茶がドラッグストアで売っていますが本当に安全なのかについて薬剤師が解説していきます。
【薬剤師解説】サラシア茶は便秘解消に効果あり?商品の選び方や安全性などについて詳しく解説
血糖値の急激な上昇を抑える効果で一躍注目を浴びたサラシア茶。便秘や腸内環境改善の効果についても期待されるサラシア茶について、本当に効果があるのかを成分などから薬剤師が分析、解説します。
【薬剤師解説】なかったコトに!するっ茶は便秘改善に効果あり?
健康食品を扱うグラフィコ社の商品で、ダイエット食品シリーズのお茶『なかったコトに!するっ茶』について、薬剤師が成分などから分析し、効果や危険性について解説します。
【薬剤師解説】冬葵葉茶(トンギュヨプ茶)は美容と便秘に効果あり?効果や注意点について解説
美容大国韓国で人気の健康茶『冬葵葉茶(トンギュヨプ茶)』の効果について薬剤師が調査、実際に期待できる効果や注意点、商品の選び方などについて解説します。
【薬剤師解説】ケツメイシ茶は便秘に効果あり?成分や効果について解説
便秘解消や疲れ目、二日酔いに良いとされるケツメイシ茶(ハブ茶)。果たして本当に効果があるのか、成分などから薬剤師が分析、解説します。
【薬剤師解説】美容効果抜群のローズヒップティーは便秘にも効果アリ?
ビタミンC豊富でデトックス効果に優れるとされて人気のローズヒップティーは、便秘にも効果あり?含まれる有効成分などから、ローズヒップティーの便秘解消効果や他の健康効果、美容効果について薬剤師が解説します。