乳酸菌サプリの効果

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘の健康食品>

乳酸菌サプリの効果とは?

 

このページでは「乳酸菌サプリってどんな効果があるの?」と、興味のある方に向けて効果を紹介していきます。

 

乳酸菌サプリは「一石二鳥」どころか、一石三鳥、四鳥とも言えるようなとても興味深い効果があるんですよ!

 

それでは、どんな効果が期待できるのかを見ていきましょう。


効果に合わせた乳酸菌サプリのおすすめはこちらをご覧ください。

 

善玉菌は腸の中でどんな動きをしているのか?

腸の中で善玉菌が糖分をエサに繁殖し、たくさんの酸性物質を作り出します。

 

乳酸菌からは乳酸、ビフィズス菌からは乳酸と酢酸を作り、腸の中を弱酸性に保ち、さまざまな良い影響を与えます。

 

便秘解消の効果

腸の中が酸性という条件は、腸管が非常に動きやすい条件で、便を輸送する運動の蠕動運動(ぜんどううんどう)という動きが活発になります。

 

腸はトンネルのような管状ですので、動きは締めつけたり、開いたりする動きをしながら便を肛門へ運びます。

 

酸性条件下でこの動きが活発になることで、便秘を解消することができます。

 

便通改善の菌は圧倒的にビフィズス菌!

大腸には乳酸菌よりもビフィズス菌が住みつきます。

 

逆に、小腸には乳酸菌が住みつきます。

 

 

大腸に住みついた菌の数を糞便中の菌の割合で見ると、乳酸菌1個に対し、ビフィズス菌が100〜10000個とビフィズス菌の存在が大きく影響していることが分かります。

 

ビフィズス菌の中でも便通効果を発揮する菌と、なにも効果のない菌が存在するため、有用なビフィズス菌の選択的な摂取が、便通改善効果を最大限受けることができる方法です。

 

便秘の方に摂ってほしいビフィズス菌の種類は「ビフィズス菌ロンガム種」です。

 

免疫力向上の効果

腸の中は、外部から食事で食べたものがたくさん入ってきます。

 

人は食事を摂らないと生きてはいけませんが、食事から様々な雑菌やウイルスも同時に食べてしまいます。

 

食事から入ってくる異物や菌、ウイルスを除去し、必要な栄養素を吸収する機能を腸が行っているわけです。

 

 

腸の中では善玉菌が元気な状態であれば、乳酸菌やビフィズス菌から発生する酢酸や乳酸の酸の力で殺菌をし、体に有害なウイルスや雑菌が繁殖しづらい環境を作ることができます。

 

また小腸に6割が存在する免疫細胞に対し乳酸菌が働きかけることで、免疫細胞のバランスが良くなり、また免疫細胞の活性化が起こり、外部からの侵入してくるウイルス、菌に対するセキュリティー機能があがることで、体の中の免疫力が増進します。

 

アトピーの改善

アトピーは、免疫細胞の過剰反応が原因でアレルギー症状おこり、かゆみなどの症状が発症します。

 

難しい話をここで書くつもりはないので、すごく噛み砕いて簡単に説明します。

 

 

乳酸菌を摂ることで腸のバリア機能が弱くなっている部分を強くし、アレルギーを発症する物質が体内に侵入することを防ぎます。

 

また乳酸菌の作用は、過剰に起きてしまった免疫反応のバランスを整え、過剰反応を抑える働きがあるため、アトピー症状を緩和することが期待できます。

 

この二つの作用があるためアレルギー症状の緩和を目的に乳酸菌を摂りましょう!という、メディアの放送やネットのニュースがあるわけです。

 

 

この時に摂りたい菌はビフィズス菌ではなく乳酸菌です。

 

アトピーの方に摂ってほしい乳酸菌の種類は「L-92乳酸菌」「乳酸菌KW3110」「ビフィズス菌LKM512」「植物性ラクトバチルス乳酸菌」です。

 

花粉症の改善

花粉症のアレルギー症状も、アトピーの部分で説明したアレルギーの過剰反応と同じことが起こります。
※詳細はアトピーの部分を読んでみてください。

 

乳酸菌やビフィズス菌の一部の菌が、過剰に反応したIgE細胞や、過剰な免疫を抑える作用のある物質を活性化させ、免疫力のバランスを取る働きをします。

 

花粉症の方に摂ってほしい乳酸菌の種類

「フェカリス菌」「L-92乳酸菌」「KW乳酸菌」「ビフィズス菌bb536」などの花粉症患者のアレルギー症状の緩和のデータがある特定の菌の入っている乳酸菌サプリを服用することで、より効果が期待できますよ。

 

美肌・肌荒れ改善効果

 

美肌と血行

最初に血流が悪くなるループをご覧ください。

便秘⇒イライラ⇒自律神経の乱れ(血行が悪化)⇒便秘

便秘が原因となり血行不良がおこり、肌に栄養がいきわたらなくなることで肌荒れ、吹き出物、ニキビ、乾燥などが起こります。

 

 

原因として便秘が先か、血行不良が先かは別として、自律神経の乱れによる血流の悪化は肌にとっては大敵です。

 

また全身の血流が悪い状態を放置することで、末端の冷え(冷え性)、むくみ、だるさ、肩こり、腰痛などさまざまな問題が発生します。

 

美肌とビタミン

腸の中で善玉菌はビタミンを作る作用があります。

 

おもにビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンKを作り、美容に重要な存在です。

 

 

便秘状態では腸の中で善玉菌が抑えられ、これらの美容に重要なビタミンを元気に作りだせない状態です。

 

美容の本によく腸をきれいにすると美容に良いと言われる理由はこのような理由があるのです。

 

お通じの悪い女性は特に、便通効果のある「ビフィズス菌ロンガム種」を積極的に摂ることで、お腹の中から美人になってください。

 

ダイエット効果

 

血流と栄養素の受け渡しが重要な「ダイエットの話」

便秘をすると全身の血行・血流が悪くなります。

 

血流が悪いと、一部の細胞に栄養が偏り脂肪として蓄えられてしまいます。

 

 

例えば血流が正常の場合、体の中を血流が一回転すると100個の細胞に一つずつ栄養を配り、合計100の栄養を細胞に配れるとしましょう。

 

血流が悪くなると、30個の細胞に栄養が行き届かなくなるとします。

 

しかし30個の栄養素が血中に残るので、すでに栄養をもらった近くの細胞に無理に栄養を入れようとします。

 

これは余分な栄養として扱われ、細胞は脂肪細胞として蓄えます。

 

 

これが便秘になると太りやすい体質となる原因です。

 

さらに便秘は太りやすいだけでなく、血流が行き届かない細胞は、栄養が受け取れず、不健康な状態となります。

 

これらが原因となり、肌荒れ、しみ、くすみ、肩こり、腰痛などの悪化要因となります。

 

便通が良いとカロリーの吸収率が少ない

単純に、便通が良いことで、食べ物の排泄速度が上がり、小腸での栄養の吸収を行う時間が減ることが考えられます。

 

通常、食べ物は100%栄養を吸収せず排泄される分があります。

 

便秘状態で腸の動きが悪いことで、小腸の滞留時間が増えると余計に栄養を吸収してしまうことがあるでしょう。

 

乳酸菌の効果のまとめ

 

いかがでしたか?

 

乳酸菌サプリは美容、ダイエット、便秘解消、免疫力向上と、まさに一石四鳥の働きをします。

 

本当はさらにもっといろいろ良い効果があるのですが、長くなるのでこれくらいにしておきますね。

 

是非、ご自身にあった乳酸菌サプリを選び、健康に、そしてきれいになってください!

 


 

症状に合わせた乳酸菌サプリ選び方のおすすめはこちらをご覧ください。

お通じ対策に健康食品でサポート

乳酸菌サプリ(ビフィズス菌)の効果とは!便秘解消、免疫力、ダイエットなどエントリー一覧