【薬剤師のホンネ】花粉症対策と乳酸菌による予防「腸内フローラお守り論」

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘の健康食品>便秘サプリおすすめ>乳酸菌サプリ効果

「腸内フローラお守り論」

 

新年度もはじまり、花粉症の話題を出すにはすこし季節外れの時期となりました。

 

とはいえ、花粉症はスギ花粉の季節だけでなく、ほぼ一年中存在します。

 

これからであれば、シラカバやイネ科の植物のカモガヤなどの季節です。

 

また、通年性のアレルギー性鼻炎は、ハウスダストやダニ、犬猫などの動物などによって引き起こされるものもありますね。

 

少々季節外れではありますが、最近勉強していてみなさんにも知っていただきたい花粉症やアレルギーについての話題がありますので紹介していきたいと思います。

 

来年のスギ花粉症予防にもお役立ていただければ幸いです。

 

それでは、まずは基礎情報からいきましょう。


そもそも花粉症とは

花粉症を非常に簡単に言うと、「免疫の暴走」です。

 

花粉症の基礎情報

画像引用:http://www.ssp.co.jp/alesion/hayfever

 

体内に入ってきた花粉が異物と判断されると、体内で「IgE抗体」という抗体が作られ(上図ではYの形状)、肥満細胞という細胞に「IgE抗体」がくっつきます。

 

「IgE抗体」がたくさんついた肥満細胞は、花粉を吸着することができるようになります。

 

ところが、アレルゲン(花粉)が多すぎると、肥満細胞にたくさんの花粉がくっつき表面がやぶれ、中からヒスタミンなどのアレルギーを誘発する物質が放出されます。

 

このヒスタミンが、体の各所で炎症を起こし、鼻水、鼻つまり、くしゃみ、目のかゆみなどを引き起こします。

 

本来の免疫の役割は、自分以外の病原菌やウイルスなどの体に悪さをする異物を排除するための「防御システム」です。

 

ところが、花粉などの体に大きな悪影響のないアレルゲンに対して抗体を作り、過剰に排除しようとしてしまった結果、免疫の暴走が起こる、というのが花粉症のメカニズムです。

 

花粉症の原因

花粉症の原因はスギの花粉

花粉症の原因はアレルゲンである花粉なのですが、その引き金となっている理由は様々です。

 

遺伝的な要素もあれば、生活習慣、食習慣、生活環境、過去の薬剤使用などにもよるといわれています。

 

すこし話が飛びますが、調剤薬局の現場で働いていると、花粉症に悩まされている高齢者はそれほど多くはいないことに気付かされます。

 

同じ地域、環境に住んでいるのにも関わらず、ある一定の年齢層以上になると、とたんに花粉症の患者さんはいなくなります。

 

逆に、花粉症が多いと感じるのは子供、若い方、中年の方です。

 

特に若い方の花粉症が非常に多いと感じます。
(2月あたりから急に普段来ない年代が増えるからそう感じるのかもしれませんが。)

 

この現実から、遺伝要素や生活環境だけが花粉症の原因となるという考えには疑問を感じずにはいられません。

 

アレルギーが遺伝するのであれば、なぜお爺ちゃん、お婆ちゃんに花粉症患者が少ないのでしょうか。

 

なぞが深まりますね。

 

それでは次に、花粉の季節について紹介します。

 

花粉症の原因植物と季節

花粉症の季節一年間と原因植物の図

上図をみていただければ一目瞭然ですが、花粉症の原因植物はほぼ一年中存在します。

 

現場で感じるのは、スギの花粉症患者が圧倒的に多いのですが、ブタクサ、ヨモギなどの季節である秋に不調になる方も少なくないということです。

 

また、年中ハウスダストに悩まれている方もいます。

 

病院でアレルギーテストを受けると
「スギだけだと思っていたのに、ハウスダストやカモガヤにも反応してしまった。」
など、一つだけではなく複数のアレルゲンに注意しなくてはならないという方も良く見受けられます。

 

この免疫の暴走をどのように止めるべきなのか、対策について話を進めます。

 

花粉症対策について

抗アレルギー薬の強さの比較

皆さんご存知の通り、アレルギー・花粉症対策の基本は、アレルギー薬などの「医薬品」に頼る方法です。

 

抗アレルギー薬は即効性があり、厚生労働省の認可もあるお墨付きの対策です。

 

花粉症の症状を軽減する効果が高いため、本当に辛い時には状況や季節に応じて上手に利用してください。

 

また、アレルギー薬は、花粉症の時期になる2週間程度前から服用すると予防効果もあると言われていますので、早めの受診を奨励する病院が多いですね。

 

主な病院で処方されるアレルギー薬の種類と強弱イメージ

 

  • 1. アレロック
  • 2. ジルテック
  • 3. ザイザル
  • 4. アレジオン
  • 5. タリオン
  • 6. エバステル
  • 7. アレグラ
  • 8. クラリチン

※上記は先発品の商品名なので、ジェネリックを飲んでいる方は『薬の名前』で検索し先発品の名前を確認しましょう。

 

上の1から順に薬効が強く、下に行くほどに効き目がマイルドになっていきます。
効き目がマイルドになるにつれ、眠気などの副作用が出にくくなるのも特徴です。

 

アレルギー薬のチョイスは、ドクターの経験値や患者さんの体質にもよりますので、上記の薬の強弱は目安としてください。
私の知る限り、現場ではこのようなイメージで処方がされていました。

 

アレルギー薬のメリット
医薬品は、すぐに効果があり、強力に花粉症の症状を抑え、生活の質を向上させます。

 

アレルギー薬のデメリット
効果が出すぎたり、体質に合わなかったりする場合「眠気」や「喉の渇き」などの副作用が出ることがあります。

 

また、薬を保険適応でもらうには、病院に行き医師の診断がないとなりません。
この際、健康保険が適応されても、アレルギー薬自体の薬価がそこそこ高額のため、調剤薬局での費用もコスト高となり、病院の診察料も合わせると安いものではありません。

 

コスト対策としては、調剤薬局でジェネリック医薬品を選ぶ方法や、ネット通販やドラッグストアで安いものを購入するなどの手段も視野に入れるとよいでしょう。

 

しかし、強めの抗アレルギー薬は市販されていないため、アレルギー症状がひどい方は病院を受診する方がよいですね。

 

アマゾンでかなり安くジェネリック医薬品が購入できますのでご紹介します。

【第2類医薬品】フェキソフェナジン錠「ST」 30錠×3箱

※薬をドラッグストアで購入する場合、健康保険の適応がないため値段が相当高くなります。
こちらは「アレグラ」のジェネリックなのですが、病院に行って保険適応の薬を処方してもらう時のコストと比べても安い可能性があります。

 

フェキソフェナジン錠「ST」 30錠 ×3箱=90錠で2609円

 

病院処方の『アレグラ錠60mg』の薬価は1錠64.9円なので、90錠で5841円。
健康保険を使い3割負担で1752円です。(※薬の値段のみ)

 

薬の費用以外にも病院でかかる費用や薬局でかかる基本的な費用を合わせると、ネットで購入した方がお得になる可能性がありますし、時間の短縮にもなりますね。

 

また、アレルギー薬の効果はアレルギーの体質を改善するのではなく、薬でアレルギー症状を抑え込むことです。

 

効果が切れれば花粉症の症状が出るため、花粉の季節には常に薬を飲んでいる必要があるという点もデメリットとして数えられるでしょう。

 

その他の花粉症対策について

厚生労働省 花粉症の民間医療
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/okamoto.html

 

厚生労働省からの通知ですので、『厚生労働省の認可外は敵』という感じの書かれ方がされていて、とても役人的だなと感じてしまいますね。

 

昨今ではヨーグルトなどの乳酸菌研究が進み、アレルギーを軽減する菌の特定などで乳業メーカーがしのぎを削っています。

 

それらの乳酸菌の効果を体感している人も多い中、お役人様のこの文章はすこし冷たいと感じます。

 

また、多くの病院や診療所でも取り入れられている漢方や鼻スチームまでもが民間医療扱いとなっており、お役所の評価基準は良くわからない…というのが正直なところです。

 

※とはいえ、本当に効果があるのかわからないものも無数に存在しているため、ディフェンスを強めるためにこのような書き方をしている、というのは理解できなくもありませんが...

 

花粉症に効果が期待できる乳酸菌の種類は

 

先ほどの厚生労働省の見解の話の中にも出てきましたが、花粉症対策としての民間療法で、いま一番注目されているのが乳酸菌ジャンルなのではないでしょうか。

 

各社よりいろんなデータが出ているので、どんな種類の乳酸菌がおすすめなのかを見ていきましょう。

 

ヨーグルト・乳酸菌飲料・乳酸菌サプリの紹介

●カルピス L92乳酸菌
花粉シーズンにL92乳酸菌の摂取を6週間続けると、摂取をしなかったプラセボ群と比べ、目の症状のスコアが非常に改善したという結果が出ています。
また、花粉シーズン8週間前から飲むと、目の症状・鼻の症状の改善ともに花粉症そのものの予防効果があったという結果が出ています。

 

カルピスL92乳酸菌入りの商品は、「アレルケア」というサプリメントです。

 

●フェカリス菌
フェリカス菌の摂取による、スギ花粉症の鼻かみ回数および鼻つまり、目のかゆみの減弱効果が確認されています。
また、ハウスダストなどの通年性アレルギーに対しても改善効果が見られます。

 

フェリカス菌入りの商品は、「伊藤園 朝のYoo」という乳酸飲料が有名です。

 

●L-55乳酸菌
マウスでの鼻かき行動、くしゃみの実験を行っています。
マウスを3つのグループに分けて、水、L-55乳酸菌、抗アレルギー薬をそれぞれ4週間投与した結果、抗アレルギー薬を投与したグループよりもL-55乳酸菌を投与したグループの方がより良い成績が出ています。

 

L-55乳酸菌入りの商品は、「オハヨー乳業 たっぷり生乳ヨーグルト」です。

 

●LGG乳酸菌
LGG乳酸菌を9〜10週間摂ることにより、「花粉症の鼻つまり」の改善効果が確認されています。

 

LGG乳酸菌入りの商品は、「タカナシヨーグルト おなかへGG!」です。

 

●ビフィズス菌BB536
花粉が飛ぶ1カ月前からビフィズス菌BB536を飲み、花粉症の症状の改善に関するデータをとっています。
くしゃみ、鼻水、鼻つまり、鼻のかゆみ、目、喉の症状などアレルギー症状の多岐にわたり症状の緩和が見られ、血中の炎症マーカーも減っています。

 

ビフィズス菌BB536入りの商品は、「ビヒダス BB536 森永乳業」というサプリメントがあります。

 

その他にも複数、花粉症への改善効果の確認されている乳酸菌がありますが、なにしろ数が多いので、紹介はこの辺までにしておきます。

 

乳酸菌が花粉症に効果がある仕組み

これらの乳酸菌が花粉症を抑える仕組みについて考えられているのは、乳酸菌を摂取することで腸内フローラが整い免疫系が正常化し、免疫の暴走が抑制されるという考え方です。

 

各乳業メーカーが行っているのは、その中で効果が高い乳酸菌を特定し、裏付けデータをとり、それを商品化するという流れなのでしょう。

 

乳酸菌が特定されている点とデータが出ている点から、上記の乳酸菌を摂ることが花粉症の予防、改善の効果につながる期待値は高いのですが、いずれも腸内環境が整うまで数週間の時間がかかることに注意が必要です。

 

また、本音で言うと、これらの特定されている乳酸菌や各種サプリメントに頼らなくても、ご自身の腸内が良い状態になるような食生活にすれば花粉症の軽減効果はある、というのが私の持論です。

 

食事を見直すと花粉症の症状が減少する

 

冒頭の話題に戻ります。

 

同じ地域で暮らしているのにも関わらず、お爺ちゃんお婆ちゃんよりも若者や子供、中年の方が圧倒的に花粉症の症状が出ている理由には、「食生活」が大きく関与しているように思います。

 

 

具体的には、「食品添加物の多い食事」と「食物繊維・発酵食品の摂取減少」です。

 

我々のご先祖様やお爺ちゃんお婆ちゃんの時代には、添加物で食べ物が腐らないようにする技術も未熟で、また冷蔵・冷凍庫もありません。

 

食べ物を腐らせずにおいしく食べる方法として、食品を発酵させて保管するなどの加工をすることで生き抜いてきました。

 

近年になり、冷蔵庫の登場、物流の進化、食品添加物の技術向上などがあり、発酵をさせなくても新鮮な食品を腐らせずに食べることができるようになりましたね。

 

そして、食品にはさまざまな添加物が入り、安定的においしいものを食べることができるようになりました。

 

 

おいしい食品を腐らさずに食べられるのはとても素晴らしい技術です。

 

しかし、裏を返すと、食品が腐らないということは菌の繁殖をさせないということです。

 

 

われわれの腸内には100兆個、1.5kgもの腸内細菌が住んでいて、それらの細菌は消化吸収に大きな役割を果たし、また免疫の60%は腸内細菌が関与しています。

 

江戸時代・明治・大正にはなかったであろう食品添加物の多い食品を食べ続けていると、善玉菌や日和見菌といった体に良い影響を与え免疫に関与する細菌が繁殖しづらいような方向に働くのは容易に想像ができます。

 

もちろん食品添加物自体を悪だと言いたいわけではなく、安全においしいものを食卓に届けるために厳しい基準があり、その基準以内で添加物を入れているので安全だというのが国や添加物メーカーの立場です。

 

このこと自体は否定しませんが、では自分の子供にはどういう食事をしてほしいのかというと話が変わります。

 

コンビニやファーストフード、冷凍食品など加工している食品より、自炊し添加物をできるだけ少なくする努力をし、子供のアレルギーの原因になりそうなものは排除するというのが親の本音でしょう。

 

自分の子供に対してだけでなく、花粉症やアレルギーで苦しむ方に対しても同じことが言えるというのが私の本音です。

 

私たちの体そのものは、ちょんまげを結って「御用だ!御用だ!」と言っている時代となんら変わりはありません。

 

体の構造や機能はほぼ変わらないにも関わらず、ここ50年で食生活は劇的変化がありました。

 

肉や魚といったタンパク源が豊富に食べられるようになったため、以前の日本人がよく食べていた食物繊維の摂取量低下が顕著です。

 

おいしい肉や魚をたくさん食べられる現在は本当に幸せなことです。

 

私もおいしいものが大好きなので、このこと自体を否定する気は1ミリたりともありません。

 

焼き肉、ステーキ、ハンバーグ、滴る肉汁….たまには食べたい!

 

すこし話が脱線気味なので元に戻し、肉の消費量の変化について見ていきましょう。

 

日本人の肉の消費量

 

50年前の肉の消費量と現在を比べると、1960年の年間3.5kgから2013年には年間30kgの消費となり、約8.5倍の肉を日本人は食べるようになりました。

 

参考:独立行政法人農畜産業振興機構

 

おいしい肉や魚などのタンパク源を摂る機会が増えたため、日本人の栄養状態は良くなり、平均寿命は飛躍的に伸び、日本は世界にも誇れる長寿国となりました。

 

その一方で、昔と比べ日本人の「食物繊維の摂取量」は低下しました。

 

肉や魚が食卓に並ぶ機会が増えたため、相対的に野菜や穀類の量が減り、日々の食事で摂れる食物繊維の量が少なくなってしまったのです。

 

腸内での「食物繊維の働き」は、腸内細菌のエサとなり、善玉菌、日和見菌の増殖を助けることです。

 

対して、「」などの高タンパク、高脂肪の食事は、腸内の悪玉菌の増殖を助けます。

 

おいしさと便利さを手に入れた代わりに、腸内フローラは食事内容の変化を受けて、50年前の日本人のものとは違うものになっているでしょう。

 

 

しかし、だからといって「肉、魚を食べずに野菜だけ食べよう!」というのでは、せっかくのおいしく楽しい食事が台無しです。

 

私が思うのは、「おいしいお肉を食べるのであれば、その分食物繊維も摂ればよい」、ということです。

 

食物繊維は満腹中枢にも働き、食べ過ぎを防いでくれ、腸内フローラを整える方向に働きます。

 

食物繊維を摂ることさえ意識すれば、おいしい料理を食べながらも、腸内フローラが整えられ、免疫力も高められるため、まさに一石二鳥です。

 

花粉症に効果的な食事にするために「意識」から変えてみよう

 

近年は乳酸菌、ヨーグルトなどの研究がすすみ、腸内の健康が注目されてきています。

 

このことは、花粉症などのアレルギーに悩まされている方にとってはとても良い流れと言えるでしょう。

 

しかし、単独で乳酸菌を摂るより、食生活全体を見直した方が腸内フローラに与える良いインパクトは大きく、アレルギーに悩まされる人を少なくするのではないでしょうか。

 

そのためには

 

  • 添加物の少ない自然な食べ物への意識
  • 食物繊維を多く摂る意識
  • 発酵食品を毎日摂る意識

 

これらの意識が必要です。

 

この条件を満たし、さらにそこに乳業メーカーの研究している効果的な乳酸菌の摂取をプラスすれば、効果も相乗的に働くことでしょう。

 

もちろん、アレルギーの軽減には食生活だけではなく、毎日の生活習慣の乱れやストレス、睡眠の質などの原因、遺伝的な要素なども複雑に絡んでいます。

 

一概に食事だけを改善すればよいとするのは浅はかですが、花粉症の根本的な対策としての突破口になる、と私は考えています。

 

【まとめ】腸内フローラ整えよう!

 

このように、花粉症などのアレルギー症状と腸内フローラとは密接に絡んでいます。

 

腸内細菌は私たちの食べた物をエサに生きています。

 

腸内細菌が元気になるのも、腸内フローラが乱れるのも、普段の私たちの食事にかかっています。

 

体調が悪い時には胸に手を当てて考えるのではなく「お腹に手を当てて考える」のも一つのアイデアです。

 

最近、腸内細菌ちゃんに悪いことをしていないだろうか?
善玉菌くんは元気にしているだろうか?

 

このように考えてみてはいかがでしょう。

 

  • 100兆個、1.5kgの腸内細菌は、あなたを守る「味方」です。
  • 一緒に暮らししている「相棒」です。
  •  

  • 母や父、兄弟、姉妹、お爺ちゃん、お婆ちゃんたちからもらった「お守り」です。
  •  

  • お爺ちゃん、お婆ちゃんもまたご先祖様から受け継いできている「伝統」です。

 

一緒に暮らしたり、触れ合あったり、共同のトイレを利用することで、身近な人との腸内細菌の共有が行われます。

 

また、出産の際に、母から子に腸内細菌が受け継がれます。

 

結婚すると夫婦の体型や表情(性格)が似てくることや、同じ釜の飯を食べ仲間の士気を高める、と言ったことも、腸内細菌の共有や類似性が関与していそうですよね。

 

一人の人間を構成する細胞の数が37兆個であるに対し、その腸内に棲む細菌だけでも100兆個、皮膚に存在する表在菌まで数えるととんでもない数の菌とともに、私たちは暮らしています。

 

細胞の数だけで比較するならば、実は私たちは個体であるというより、細菌の受け皿であると言ってもいいくらいの存在でしかありません。

 

菌というと汚いイメージを持つ方もいるかもしれませんが、人とともに菌は寄り添い、人生をよりよくするための仲間というイメージに変えてみるのはいかがでしょう?

 

自分一人で生きているのではなく、100兆個の仲間に守られて生きていて、その仲間はお爺ちゃんお婆ちゃん、ご先祖様たちをも守ってきた仲間でもある、と考えると、お腹の底から勇気が出ますね!

 

そして、仲間とともに快調な日々を過ごせば、アレルギーなどの不調に悩まされる日は少なくなり、人生がより楽しくなるはずです。






関連ページ

【除菌しすぎに注意】泥んこ遊びしない子はアレルギーになる?! 乳酸菌とアレルギー、免疫について
除菌しすぎの世の中では免疫のバランスが崩れてしまい、子供のアレルギーの原因になることも?!
シールド乳酸菌「たべるマスク」ってどんな効果があるの?花粉症や風邪に効く?
森永製菓のシールド乳酸菌の効果についての解説です。花粉症予防や風邪などのウイルス感染に効果があるのか調べてみた。
LG21乳酸菌ヨーグルトの効果※便秘解消やピロリ菌の除菌に効く!?
LG21ヨーグルトの乳酸菌効果について紹介します。お通じ改善や免疫力増強にLG21ヨーグルトを毎日食べよう
【大失敗】明治プロビオヨーグルトLG21をヨーグルトメーカーで作ったら・・・
LG21乳酸菌ヨーグルトを自作で作ってみたら大失敗した話。明治プロビオヨーグルトLG21は普通に購入した方がいい
乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌)とは?腸内フローラ改善の効果・効能について
乳酸菌シロタ株の基礎!便秘解消、花粉症予防、風邪対策などヤクルトを飲むとどんな効果があるのかについても紹介します。
KW乳酸菌(乳酸菌KW3100株)のスギ花粉症・アレルギー予防の効果がすごい
キリングループが研究した、KW乳酸菌(乳酸菌KW3100株)がアレルギーに効くという情報を解説します。
ガセリ菌SP株の乳酸菌効果がすごい!内臓脂肪を減らしメタボ対策におすすめ
メタボなポッコリお腹に効くヨーグルトはガセリ菌SP株です!内臓脂肪を減らし生活習慣病にも効果のなる機能性ヨーグルトの効果効能を紹介します。
すべてのお酒好きへ【全ビール・プリン体一覧表】痛風・尿酸値対策に乳酸菌PA-3も
ビール好きの脅威として痛風発作や高尿酸血症があるでしょう。そんな人の対策としておすすめな乳酸菌PA-3株の紹介と食事とアルコールの付き合い方について解説します
R-1乳酸菌ヨーグルトの効果とは?/乳酸菌サプリおすすめ
明治R1乳酸菌ヨーグルトの効果効能についての解説ページです。便秘解消、免疫力増強、花粉症予防などどの症状について効果を発揮するのか解説していきます。