乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌)とは?腸内フローラ改善の効果・効能について

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘の健康食品>便秘サプリおすすめ>乳酸菌サプリ効果

乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌)とは?

ヤクルトのシロタ株について

乳酸菌シロタ株とは、株式会社ヤクルトが製造・販売している乳酸菌飲料ヤクルトに入っている乳酸菌の種類のことです。

 

「代田 稔」さんという研究者がこの乳酸菌を発見しました。

 

代田さんはヤクルトの生みの親でありこの会社の創業者でもあります。

 

代田さんの「一人でも多くの人に健康になってもらいたい」という優しい思いから、貧しい人にも手に入れてもらえる低価格での販売を基本としています。

 

現在は腸内フローラを整えることが健康につながるという情報が浸透していますが、発見した当初の1930年代から代田さんは乳酸菌の力を確信していました。

 

ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株は胃酸や胆汁酸にも耐え、生きて腸まで到達する乳酸菌として代田さんにより発見され、その菌を培養することに成功しました。

 

1935年に乳酸菌飲料として販売を開始しています。

 

 

シロタ株・腸内フローラを改善する効果・効能の基礎

シロタ株・腸内フローラ

腸内フローラを説明するときに良く使われる言葉で、善玉菌、悪玉菌、日和見菌というものがあります。

 

善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の割合が腸内細菌バランスが良いとされていますが、食生活の乱れや便秘悪化などさまざまな原因で悪玉菌が多くなるとバランスが崩れの環境が悪化してします。

 

腸内フローラを改善するには、善玉菌をそのまま摂取する方法と善玉菌のエサを摂り入れることで腸の中に住み着いている善玉菌を増やす方法の二種類があります。

 

ちなみに善玉菌を直接摂取することをプロバイオティクス、善玉菌の餌を摂ることで善玉菌を増やす食材をシンバイオティクスといいます。

 

乳酸菌シロタ株は善玉菌を直接取ることで腸内フローラの改善をしますので、前者のプロバイオティクスです。

 

シロタ株を取り続けると腸内でどんな効果があるのか?

乳酸菌シロタ株を一日100億個を1か月間摂り続けると、1gのうんちの中にビフィズス菌の量が100億個を超える実験結果となりました。

 

シロタ菌を取っていない人はビフィズス菌量が40億個というデータなので、それと比較すると倍以上のビフィズス菌を増やす働きがあることが分かります。

 

また同試験ではシロタ株を取ることによる悪玉菌の代表格の大腸菌の減少が顕著です。

 

シロタ株を続けて飲んだ人は飲まなかった人に比べ約6分の1の量に悪玉菌が減少しています。

 

このように一か月間続けて飲むことにより、腸内フローラの顕著な改善が見られることがわかりました。

 

キーワードは続けて飲むことということになりますね。

 

 

シロタ株を飲み続けることでどんな病気に効く?

ヤクルトを飲むことで腸内フローラが整いどんな病気予防になるのかについて紹介します。

 

便秘解消にヤクルトのシロタ株が良いデータ

 

先ほどの腸内フローラの話からも大腸のビフィズス菌を増やす効果より、便秘解消の効果があることが容易に想像できますが、ヤクルトを飲むことによる便秘解消の実験データもありますのでこちらの内容も簡単に紹介していきます。

 

乳酸菌「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」を6週間続けて飲む群と、飲まなかった群を比較すると便秘症状と痔の発症を減らすことができる。

 

 

上記データは40人の産後の女性に乳酸菌シロタ株を飲んでもらい、便秘解消するのか?と産後の痔症状悪化を防げたのかという実験をおこなっています。

 

妊娠中から産後までは女性ホルモンの変化や、ストレス、食事の変化などが複雑に絡みとても便秘になりやすい状況です。

 

実験結果は便秘解消、痔症状の緩和にシロタ株が優位に働いたことがわかるデータでした。

 

産後といわず、妊娠中から乳酸菌を取り便秘対策をおこなったほうが良いと個人的にも思います。

 

便秘対策にヤクルトが効果があるのか気になる人には朗報なデータですね。

 

 

風邪予防になるシロタ株

 

ヤクルトのシロタ株を飲み続けると風邪予防になります。

 

イギリスのスポーツ選手を対象に、シロタ株を飲む群と飲まない群での風邪症状の発症率を検証する実験をおこなったところ、ヤクルトを飲んだ群のほうが優位に風にかかりづらく風邪状況が出てもすぐに治るという結果が出ています。

 

 

これは腸の免疫バリアが正常化され、良好な粘膜免疫の状態が保たれたことによる結果ですが、ここでもキーポイントは継続服用です。

 

スポーツ選手を対象とした実験ですが、一般の方にも十分同じ効果がありますので、風邪のシーズンやインフルエンザシーズンなどに入る前から続けてヤクルトを飲むことをおすすめします。

 

乳酸菌シロタ株に花粉症予防の効果はある?

 

ヤクルトを飲むと花粉症予防になるのか気になる方も多いでしょう。

 

この実験もヤクルトでは行っています。

 

 

マウスの実験では花粉症の原因抗体のIgEという抗体をヤクルトのシロタ株を投与することで軽減することができ、アレルギー症状の軽減することができています。

 

人間での試験では、スギ花粉症の100名以上の方に対し実験を行いました。

 

その結果は明らかなスギ花粉症のアレルギー症状の軽減とまでは言えない状況ではあるものの一週間程度花粉症の発症を遅らせることには成功しています。

 

すこし、微妙な実験結果にはなってはいますが、全く効果がないわけではありませんので、乳酸菌シロタ株が体に合う人には効果はあるでしょう。

 

乳酸菌の効果は、各個人の腸内フローラに合うかどうかがかなり重要なので、花粉症予防を目的に飲んでみても良いと思います。

 

その際は花粉シーズンの6週間前から飲み始めるとよいでしょう。

 

乳酸菌シロタ株にダイエット効果はある?

 

ヤクルトの公式ホームページは痩せる作用があるといったデータはありません。

 

しかし、ヤクルトのシロタ株を飲むことで腸内環境が整いお通じがよくなることで、痩せやすい環境を作りだすことは可能です。

 

便秘の人は太りやすいので、お通じが改善して痩せやすくなることは事実です。

 

もともと便秘ではない人のシロタ株でのダイエット効果は未知数ですが、便秘気味の人はお通じ改善が前提ですが効果はあると個人的に思います。

 

ヤクルトにもカロリーの低い商品があるので、カロリーハーフの商品を選ぶとよいでしょう。

 

ちなみに一般的なヤクルトのカロリーは50kcalでカロリーハーフヤクルトは25kcalです。

 

 

ノロウイルスに効く?

 

ノロウイルスを抑える効果はありませんでしたが、発症してからの発熱の期間を短縮する効果があると結論づけるデータがありました。

 

 

上記のレポートではノロウイルスの感染予防になることが証明できていませんが、
腸内フローラの改善で免疫力が上がることはわかっているので、ノロウイルスが流行している時期にヤクルトを定期に飲むことはよいことだと思います。

 

まして、ウイルス感染は抗生物質では対応ができないため発症前に対策をすることがベストです。

 

手洗いうがいや、睡眠時間の確保、バランスの良い食事、それとともにヤクルトを定期的に飲むことがウイルス感染予防につながります。

 

 



関連ページ

【除菌しすぎに注意】泥んこ遊びしない子はアレルギーになる?! 乳酸菌とアレルギー、免疫について
除菌しすぎの世の中では免疫のバランスが崩れてしまい、子供のアレルギーの原因になることも?!
LG21乳酸菌ヨーグルトの効果※便秘解消やピロリ菌の除菌に効く!?
LG21ヨーグルトの乳酸菌効果について紹介します。お通じ改善や免疫力増強にLG21ヨーグルトを毎日食べよう
【大失敗】明治プロビオヨーグルトLG21をヨーグルトメーカーで作ったら・・・
LG21乳酸菌ヨーグルトを自作で作ってみたら大失敗した話。明治プロビオヨーグルトLG21は普通に購入した方がいい
KW乳酸菌(乳酸菌KW3100株)のスギ花粉症・アレルギー予防の効果がすごい
キリングループが研究した、KW乳酸菌(乳酸菌KW3100株)がアレルギーに効くという情報を解説します。
ガセリ菌SP株の乳酸菌効果がすごい!内臓脂肪を減らしメタボ対策におすすめ
メタボなポッコリお腹に効くヨーグルトはガセリ菌SP株です!内臓脂肪を減らし生活習慣病にも効果のなる機能性ヨーグルトの効果効能を紹介します。
乳酸菌PA-3
ビール好きの脅威として痛風発作や高尿酸血症があるでしょう。そんな人の対策としておすすめな乳酸菌PA-3株の紹介と食事とアルコールの付き合い方について解説します
R-1乳酸菌ヨーグルトの効果とは?/乳酸菌サプリおすすめ
明治R1乳酸菌ヨーグルトの効果効能についての解説ページです。便秘解消、免疫力増強、花粉症予防などどの症状について効果を発揮するのか解説していきます。