【薬剤師が教える】便秘に効く漢方薬。メタボの方におすすめ

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>
 

薬剤師のおすすめ!便秘に効く漢方薬について

 

はじめまして。薬剤師の野崎です。

 

私は、東洋医学に興味を持ち、薬剤師の資格を取得した後、鍼灸師の資格を取得しました。漢方をはじめとする東洋医学は、一見するとわかりづらく、とっつきにくいかもしれません。

 

しかし、医療の現場でも東洋医学の素晴らしさが認められて、私たちにとってより身近な存在となってきました。
今回は漢方についていくつかご紹介をしようと思います。


目次:

 

漢方とは何?

 

1 :漢方薬は天然の生薬を組み合わせたもの

漢方は、中国から伝わった伝統医学をもとに、日本で独自に発展してきた医学のことです。植物、動物、鉱物などの天然素材を加工し調整した生薬を組み合わせた薬物が「漢方薬」です。先人達は、生薬を色々と組み合わせて、どういう人に、どのような症状に効果があるのかを長い歴史のなかで経験的に確かめ、体系化し、伝えてきました。

 

2 :現代医療における漢方の役割

現代医学の基本は、西洋医学です。医学の進歩によって、昔は治すことが不可能であった病気を治療できるようになりました。また、寿命も延びました。西洋医学で使われている薬のほとんどは、人工的に化学合成されたもので、ひとつの症状に対する切れ味が鋭く、即効性が高いという長所があります。しかし、一度に色々な症状を解消する力はありません。

 

また、開発されたばかりの薬は、予期せぬ副作用がでて、重篤な健康被害を起こすことがあります。

 

一方、漢方は、病気は心身のバランスが崩れたために起きるとする「心身一如(しんしんいちにょ)」という考え方で治療をします。心と体はひとつのものと考え、全体の状態や体質をとらえ、バランスを調整し、本来備わっている自然治癒力を高めることが基本です。
西洋薬に比べて即効性には欠けますが、同時にいくつもの症状を軽減することが可能です。

 

最近、漢方の良さが注目され、医療現場にも漢方治療を取り入れる動きが進んでいます。
特に、慢性的な病気の治療に用いられたり、高齢者など、体力がなく、薬の副作用が出やすい人の代わりの薬として用いられたり、すでに西洋薬を沢山服用している人に用いられたり、不定愁訴など、西洋医学では原因がわからず診断がつきにくい場合に用いられています。

 

3:漢方での病気のとらえ方 「証」

西洋医学では、詳しい検査をして病名をつけてから治療方針を決めるのに対し、漢方は、患者さんの体質、体力、性格などを含めて総合的に観察し、漢方における診断である「証(しょう)」を明らかにします。漢方薬は、その「証」に基づいて処方されます。

 

「証」をみるときに基本となるのは、「陰(いん)・陽(よう)」「虚(きょ)・実(じつ)」という考え方です。
「陰・陽」は、病気に対する体の反応の性質を表します。「陰」は反応が低下した状態で、寒さに支配された状態です。「陽」は反応が活発で、熱に支配された状態です。
「虚・実」は体力や、病気に対する抵抗力や反応を表します。「虚」は体力がなく、病気に対する抵抗力や反応も弱い状態です。「実」は体力があり、病気に対する抵抗力や反応が強い状態です。

 

<陰陽・虚実の目安>

陰証

  • 寒がりでいつも厚着をしている
  • 熱い飲み物が好き
  • 青白い顔をしている
  • 体温が低め
  • 舌の色が薄い。舌の苔が湿っている
  • 脈が弱く、遅い
  • 便の臭いが弱い
  • 消化不良で下痢をすることが多い
  • 薄い色の尿がよく出る

陽証

  • 熱がりでいつも薄着をしている
  • 冷たい飲み物が好き
  • 赤ら顔をしている
  • 体温が高い
  • 舌の色が赤い、舌の苔が乾燥している
  • 脈が強く、速い
  • 便の臭いが強い
  • しぶり腹で下痢をすることがある
  • 尿の色が濃い

 

虚証

  • きゃしゃな体格
  • 気力がない、疲れやすい
  • 目や声に力がない
  • 腹の力が軟弱
  • 下痢をしやすい がっちりした体格

実証

  • 気力がある、疲れにくい
  • 目や声に力がある
  • 腹の力がしっかりしている
  • 便秘をしやすい

「虚証」「実証」のどちらもいえない中間の証を「虚実間証(中間証)」とも言われます。

 

漢方医学では、様々な不調が現れる原因は、体内のバランスが崩れたことによるものと考えます。体内のバランスを整え、健康を維持するために働いているのは「気(き)・血(けつ)・水(すい)」です。

 

「気」は生命活動を営む、根源的な生命エネルギーのようなものです。「血」は主に、血液とその流れのことで、血液が運ぶ栄養成分やホルモン、血液の働きを指します。「水」はリンパ液や消化液、尿、汗、涙、鼻水などの体内の水分を指します。

 

4:漢方治療の考え方・進め方

漢方治療は、心身におきているゆがみを正して、バランスを整えることです。不足していれば補い、余っていれば取り去ることが治療の原則となります。

 

西洋医学とは違い、患者さんの病状が変化すれば、「証」も変わり、治療に用いる漢方薬も変わります。同じ風邪の症状でも、体力がある患者さんと体力のない患者さんで用いられる漢方薬は違います(同病異治)。さらに、症状の異なる病気に対して、同じ漢方薬で治療をしていくこともよくあります(異病同治)。

 

患者さんが、「陰・陽」「虚・実」のどれにあたるのか。「気・血・水」のどれに異常を生じているのかを把握して、「証」を決めていくために、五感をフル回転させて診察することが漢方治療において重要です。

 

5:漢方薬の効果的な飲み方

一般的に、漢方薬は1日3回、または2回服用します。西洋薬は食後に飲むことが多いのに対し、漢方薬は、食前あるいは食間に飲む方が効果的です。

 

その理由は、漢方薬は、天然成分から作られ食品に近いもののため、食べ物と一緒になると、漢方薬の吸収が阻害されて、効果が低くなってしまうからです。つい、飲み忘れてしまう方は食後でもいけないわけではありませんが、漢方薬の効き目は少し落ちます。

 

病院で処方される漢方薬は、ほとんどが生薬を煎じた汁を顆粒状や粉末状にしたエキス剤です。エキス剤は、お湯に溶いて煎じ薬のようにして飲むと効果的です。お湯で溶くと飲みにくい方は、温かいお湯で服用してもよいです。
西洋薬にも言えることですが、ジュースや牛乳、コーヒーなどに混ぜると、化学変化が生じるおそれもあるので、避けてください。

 

6:漢方薬の安全性、副作用、注意すること

漢方薬は天然成分からできているので、身体に優しく副作用はないと思われている方が多いですが、副作用は少ないとは言え、注意は必要です。

 

体質や症状に合わない漢方薬を飲んだり、決められた量よりも多く飲んだりすると、症状が悪化したり、中毒症状や発疹、下痢、食欲不振などの症状が現れることがあります。特に注意していただきたいのは、妊娠中の方です。現在用いられている漢方薬は、絶対に服用してはいけないものはありませんが、生薬の中には、子宮収縮作用をもつものもあるので、服用する場合は産婦人科の医師と相談する必要があります。

 

 

▲目次にもどる

漢方と便秘

1. 便秘の種類

便が毎日出なければ異常というものではありませんが、何日も便が出なかったり、便意はあってもスムーズに出なかったり、腹痛を伴うと、毎日が憂鬱で快調に過ごせません。日本の女性の半数以上が便秘に悩んでいると言われています。

 

便秘は、大腸がんなどの病気が原因でおこる「器質性便秘」と、腸の働きが悪くなって起こる「機能性便秘」に分けられます。機能性便秘は、さらに、大腸の緊張がゆるんで運動力が弱くなった弛緩性便秘と、大腸の蠕動運動が強すぎて腸の通りが悪くなるけいれん性便秘があります。

2. 便秘の漢方治療

漢方では、機能性便秘が対象になります。便秘は、体力のある人、虚弱な人のどちらにもみられる症状です。漢方では、からだに熱がこもっている、気が不足している、血が不足しているなど、「気血水」のさまざまなバランスの乱れから便秘が起こると考えられています。

 

治療の中心となるのは、「大黄(だいおう)」を含む生薬です。大黄は腸を刺激して蠕動運動を促進する作用があります。大黄単独で使用すると、瀉下効果がなくなり、逆に便秘を引き起こしたり、腹痛が強くなることがあるため、腸管を温めたり、潤したりする作用をもつ他の生薬を組み合わせて治療をするのが普通です。

3. 便秘に使われる漢方薬、組成生薬の特徴

便秘に使われる漢方薬は、大黄、甘草(かんぞう)、芒硝(ぼうしょう)、枳実(きじつ)、厚朴(こうぼく)を中心に構成されています。それぞれの生薬には、瀉下作用があるものや、腸に潤いを与える潤腸作用をもっています。

 

<便秘に使われる生薬の特徴>

大黄
(だいおう)
タデ科のダイオウの根茎を乾燥させたもの。
「気血」の過剰状態を解消し、「熱」を冷ます働きがあります。強い瀉下作用があります。
子宮収縮作用があるため、妊娠中の人は使用を避けます。
また、母乳中に移行して乳児が下痢を起こすことがあるので、授乳中の女性も注意が必要です。
甘草
(かんぞう)
マメ科のカンゾウの根や根茎を乾燥させたもの。
様々な生薬の働きを調和することで、胃腸が障害されないように保護をします。
また緊張を緩める働きがあります。
芒硝
(ぼうしょう)
天然の含水硫酸ナトリウム。
瀉下作用をもちます。
腸管内で水を保持して、便を軟らかくします。
枳実
(きじつ)
ミカン科のダイダイまたはナツミカンの未熟果実をそのまま又はそれを半分に横切したもの。
胃腸の蠕動を強めて、気の滞りを解消します
厚朴
(こうぼく)
モクレン科のホオノキの樹皮を乾燥させたもの。
「気」を巡らせ、緊張や痛みを和らげる作用があります。

 

 

<便秘に用いられる漢方薬の構成生薬と特徴>

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)
  • 構成生薬
    大黄・甘草
  • 特徴
    便秘に使われる代表的な漢方薬です。
    体力が中くらいの人を中心に用いられています。
    常習的な便秘や急性の便秘にも使えます。
    胃腸の弱い人や体力が低下した人が使うと、食欲不振や下痢が起こることがあります。
    さらに、大黄を長期で連用すると、身体が慣れてしまい、かえって便秘を悪化することがあるので、頼りすぎるのも良くありません。

 

調胃承気湯(ちょういじょうきとう)
  • 構成生薬
    大黄・甘草・芒硝
  • 特徴
    口や舌が渇き、お腹が張ったり、腹痛を伴う便秘に効果があります。
    比較的体力のある人に用いられます。
    芒硝の便を軟らかくする作用によって、便をより出しやすくします。

 

小承気湯(しょうじょうきとう)
  • 構成生薬
    大黄・枳実・厚朴
  • 特徴
    比較的体力のある人に用いられます。
    小承気湯に杏仁と芍薬を加えて腸内に水分量を高める効果を高めたのが、麻子仁丸です。

 

大承気湯(だいじょうきとう)
  • 構成生薬
    大黄・芒硝・枳実・厚朴
  • 特徴
    小承気湯に芒硝を加えたもので瀉下作用は、調胃承気湯<小承気湯<大承気湯の順で強くなります。

 

麻子仁丸(ましにんがん)
  • 構成生薬
    大黄・枳実・厚朴・杏仁(きょうにん)・芍薬
  • 特徴
    高齢者の便秘薬として頻繁に用いられます。
    体に潤いが不足して、便が乾燥してコロコロしている場合に効果があります。

 

潤腸湯(じゅんちょうとう)
  • 構成生薬
    大黄・甘草・枳実・厚朴・地黄(じおう)・当帰(とうき)・黄芩(おうごん)・杏仁・桃仁(とうにん)・麻子(まし)

 

大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)
  • 構成生薬
    大黄・芒硝・冬瓜子(とうがし)・桃仁・牡丹皮
  • 特徴
    体力のある人に用いられます。
    血行を促進させる桃仁が含まれているので、痔の治療にも用いられます。

 

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 構成生薬
    大黄・甘草・芒硝・桃仁・桂皮(けいひ)
  • 特徴
    体力があり、がっちり体型の人に用いられます。
    桃仁は血行をよくし、桂皮は気を巡らせる効果があります。
    胃腸が弱い人が使うと食欲不振、腹痛、下痢などが生じることがあります。

 

通導散(つうどうさん)
  • 構成生薬
    大黄・甘草・芒硝・枳実・厚朴・当帰・紅花(こうか)・陳皮(ちんぴ)・木通(もくつう)・蘇木(そぼく)
  • 特徴
    比較的体力がある人に用いられます。
    特に下腹部に圧痛のある人に効果があります。

 

 

▲目次にもどる

便秘と漢方についてのまとめ

 

今回は、便秘に効果のある漢方薬を紹介しました。
自分の症状や体質に適した漢方薬に出会えば、想像以上の効果をもたらします。
漢方の知識を少しだけ頭の中に入れておくことで、医師に自分の症状を説明しやすくなったり、自分にぴったり合う漢方薬を見つけやすくなります。


 

 

 

▲目次にもどる

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ