薬剤師が教える!麻子仁丸の便秘解消効果と副作用

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

薬剤師が教える!麻子仁丸の便秘解消効果と副作用

 

 

 

こんにちは!薬剤師の植松です。
「麻子仁丸」という漢字を読めるでしょうか?
麻子仁丸と書いて、「ましにんがん」と読みます。

 

なんとなくデザートのようなイメージの漢字ですが、決してデザートではありません。
麻子仁丸は、便秘に用いる漢方薬の中ではメジャーな漢方薬なのです!


 

麻子仁丸の効果について

麻子仁丸は便秘の改善が期待できる漢方薬です。

 

便秘の中でも水分不足でみられるコロッとしたタイプの便が続いているような方や水分不足が原因で便秘になってしまっている方の便秘改善に効果が期待できます。

 

麻子仁丸が向いている人

麻子仁丸の使用が向いている人は、「体力が低下気味」の方です。
慢性的な疾患を患っていたり、高齢者だったり、出産直後の妊婦さんだったりが使用に適しています。

 

副作用について

麻子仁丸の服用でみられる主な副作用としては、下記のような副作用が挙げられます。

 

・漢方の味による食欲不振
・大黄の薬効による腹痛
・大黄が効きすぎることによる下痢

 

麻子仁丸に限らず、多くの漢方で食欲不振の副作用がみられることがあります。

 

漢方の味そのものに苦手意識があると余計症状が強く出てしまうかもしれません。

 

また、麻子仁丸を構成している生薬成分である大黄は、薬効の発現に個人差が大きいと言われています。

 

そのため、薬効が強く現れすぎてしまうと、腹痛や下痢といった症状を引き起こしてしまう可能性が考えられます。

 

飲み方について

麻子仁丸の飲み方も他の漢方薬と同じです。例えばツムラの麻子仁丸であれば、1包が2.5gでそれを1日2〜3包、毎食前または食間に飲みます。

 

空腹時であった方が漢方の吸収率が高いと考えられていますが、高齢者は特に飲み忘れが心配です。

 

そのような場合は、飲み忘れを防ぐことを第一とし、食後に漢方を飲むように指導されることもあります。

 

妊婦は飲んでいい?

麻子仁丸の構成生薬である大黄には子宮の収縮作用が報告されています。そのため、早産や流産の可能性を考え、妊婦さんには投与しないことが一般的です。

 

麻子仁丸は市販薬としても手に入りますが、妊婦さんであれば自己判断で飲まない方がイイと言えます。

 

薬剤師からのまとめ

 

 

 

麻子仁丸という薬は医療現場でもよく用いられており、特に高齢者の便秘に対してはメジャーな漢方薬です。

 

私自身もよく高齢者の方に麻子仁丸の飲み方を説明しますが、漢方特有の臭いや味を気にする方が多い印象です。

 

また、水分摂取が少ない方に用いるのもポイントで、水分摂取を指導した方の中で便秘が治ったという方もいます。

 

もし、麻子仁丸を飲んでみて効いた!のであれば、日常的な水分摂取を見直してみると便秘を根本から解決できるかもしれません。


性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ