薬剤師が教える!大建中湯(だいけんちゅうとう)のおなら・腹部膨満感への効果と副作用

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

薬剤師が教える『大建中湯』

目次:

 

大建中湯(だいけんちゅうとう)

 

1. 成分

  • 山椒 2.0g
  • 乾姜 4.0g
  • 人参 3.0g
  • 膠飴 20.0g

 

山椒(さんしょう)

ミカン科のサンショウの成熟した果皮で、種子をできるだけ取り除いたもの。

 

主要成分は、サンショオール。

 

主な薬効は、駆虫、鎮痛、抗菌作用です

 

漢方では、鎮痛、鎮痙、駆虫のために用いられてきました。

 

日本を含む東アジアに分布し、香辛料として幅広く用いられています。

 

若葉は「木の芽」と呼ばれており、お吸い物に浮かべたり、和風料理の添え物としてよく用いられています。

 

乾姜(かんきょう)

ショウガの根茎を湯通し、または蒸したもので日本独特の生薬です。

 

主要成分は、ジンゲロール。

 

主な薬効は、健胃作用、矯味作用です。

 

漢方では、健胃作用として用いられたり、独特の臭いで矯味作用として用いられています。

 

生姜は昔から広く料理や薬用に用いられてきました。

 

生姜を料理に使えば、肉や魚の臭い消しや、殺菌作用に役立ちます。

 

また、風邪の引き始めや冷え性、食欲不振の時に、すりおろした生姜をはちみつや黒砂糖と一緒にお湯に溶かして飲むなど、昔から民間薬として用いられてきました。

 

人参(にんじん)

ウコギ科のオタネニンジンの細根を除いた根、またはこれを軽く湯通ししたもの。

 

主要成分は、ジンセノシド。

 

主な薬効は、補精、強壮、鎮静、抗糖尿病作用です。

 

漢方では、健胃整腸、止瀉、強精など、多くの処方に配合されています。

 

一般には朝鮮人参の名前で知られています。

 

消化機能を高め「気」の生成を増やすことにより、体力を回復させる作用があり、新陳代謝を盛んにし、免疫機能を高める働きがあり、「補剤の王」とも呼ばれます。

 

膠飴(こうい)

トウモロコシ、キャッサバ、ジャガイモ、サツマイモ、イネのデンプン、またはイネの種子を加水分解し、糖化したもの。

 

主要成分は、マルトース。

 

主な薬効は、滋養、緩和、止痛、止咳作用があります。

 

漢方では、胃腸の状態を整えるために用いられています。

 

 

▲目次にもどる

2. 適応

  • 腹部膨満感
  • 腹痛
  • 冷え
  • 胃アトニー
  • 過敏性腸症候群

 

 

▲目次にもどる

3. 正しい飲み方・用法・用量

成人の場合、1日15gを2〜3回に分けて食前または食間に服用します。

 

水よりもお湯で服用すると良いでしょう。

 

症状によって、量は増減可能です。

 

 

▲目次にもどる

4. 大建中湯の腹部膨満、イレウスへの効果と注意点

腹部の手術後などで腸が閉塞する症状(イレウス)に対する効果があることが最近注目されています。

 

腸閉塞による再手術を減らす効果や、腹痛、嘔吐などの症状も減らすとの報告があり、予防的に大建中湯を用いることが増えています。

 

また、臨床実験では、腸管の血流を増やし消化管運動を促進することが明らかとなっています。

 

従って、お腹が冷えて痛み、腹部や腸にガスが溜まって脹れるような腹部膨満感の状態に対して、大建中湯はお腹を温め、胃腸の働きを活発にすることで症状を改善します。

 

 

ただし、胃の不快感、腹痛、悪心嘔吐、下痢などの症状が出た場合は、服用を中止する必要があります。

 

 

▲目次にもどる

5. 大建中湯が向いている人

  • 比較的体力が低下している人
  • お腹が冷える人
  • 腹部膨満感がある人
  • 下腹部に圧痛がある人

 

 

▲目次にもどる

6. 大建中湯の副作用

配合生薬では、特に深刻な副作用を及ぼすものはありませんが、まれに胃の不快感、腹痛、下痢、悪心嘔吐などの症状が出る場合があります。

 

そのような場合は、服用を中止し医療機関へ受診してください。

 

 

▲目次にもどる

 

おなら対策

>>>正しいおなら対策・原因と解決法はこちら<<<

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ




関連ページ

当帰湯
腹部膨満感(おなかの張り)や腹痛、肋間神経痛などの症状に使われることが多い漢方薬である当帰湯(とうきとう)の構成生薬や飲み方、効能、注意点について薬剤師が解説します。
桂枝加芍薬湯
腹部膨満感(おなかの張り)をはじめ、下痢型の過敏性腸症候群(IBS)などの症状に使われることの多い漢方薬である桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)の構成生薬や飲み方、効能、注意点について薬剤師が解説します。
桂枝加芍薬大黄湯
腹部膨満感(おなかの張り)や腹痛、便秘型の過敏性腸症候群(IBS)に処方されることが多い漢方薬である桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)の構成生薬や飲み方、効能、注意点について薬剤師が解説します。
加味逍遥散
腹痛をはじめ、のぼせや発汗、不定愁訴などの女性特有の症状に処方されることの多い漢方薬である加味逍遥散(かみしょうようさん)の構成生薬や飲み方、効能、注意点について薬剤師が解説します。