市販で買える便秘薬(下剤・整腸剤・浣腸)の種類と効果を薬剤師が解説!

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>
 

市販の便秘薬の種類と効果

 

このページでは市販で購入できる便秘薬の選び方のおすすめや、症状や状況に合わせた便秘対策について紹介していきます。

 

便秘薬の使用方法はすこし注意が必要です。

 

市販の便秘薬は手軽に薬局やネットで購入でき、テレビCMも多く、安心なイメージがあるため安易に使いがちです。

 

しかし、間違った利用の仕方をすると、便秘から抜け出せなくなる可能性があります。

 

もちろん辛い時には便秘薬を使わないといけない時もあるので、使用自体は否定をするわけではないのですが、間違った使用方法は症状を悪化させます。

 

安心安全に便秘を治してほしいので、ちょっとだけ説明させてくださいね。


 

市販の便秘薬の種類

市販の便秘薬の種類を大きく分類すると

  • 「大腸を刺激する下剤」
  • 「便を軟らかくする便秘薬」
  • 「腸の調子を整える整腸剤」
  • 「即効性のある浣腸
  • 「生薬が効く漢方薬

などが売られています。

 

どんな種類の便秘薬が薬剤師的におすすめなのについてはこちら

市販の便秘薬おすすめランキング

 

市販の便秘薬の効果

便秘薬の効果は、大腸を刺激し排便を起こす作用、便の水分を十分に保持しするっと排便できるようにする作用など商品によって効果の強さや効果発現の時間は様々です。

 

よくテレビCMで流れている「ピンクの小粒コーラック」「タケダ漢方便秘薬・ハーブインタケダ」などは腸への刺激の強い薬です。

 

効果は高く、即効性がある半面、連用・常用・乱用はできません。

 

一方、「新ビオフェルミン」や「ザ・ガードコーワ」などの整腸剤は即効性の期待できませんが、体に優しく慣れのない薬です。

 

便を軟らかくする薬はあまり有名ではありませんが、腸に刺激がなく便の水分量のコントロールをすることができるので、安全面から見てもおすすめできる便秘薬です。

 

 

整腸剤で優しく便秘解消をしたい方

市販の整腸剤おすすめ

 

市販の便秘薬の使用の注意

 

医師や薬剤師への相談をしなくても簡単に利用できる市販の便秘薬は購入しやすく、消費者にとって利用しやすい商品ですね。

 

しかし簡単に手に入るからこそ注意してほしいことがあります。

 

それは、自己判断で便秘薬を使いすぎることによる「下剤依存症」です。

 

腸への刺激が強い薬を連用、常用することで腸が刺激に慣れてしまい、通常量では便秘状態を治すことができなくなり、徐々に飲む量が増えていきます

 

ひどいケースになると、便秘薬を1日100錠飲まないと気が済まない、という人も実際にいるくらいです。

 

このような依存の方はまれですが、下剤がないと便秘が解消できないという方も多くいるのではないでしょうか?

 

 

短期の便秘薬使用なら問題はありませんが、慢性的に便秘症の症状がある方には便秘薬を使用して一時の改善をするのではなく、根本的な便秘改善の方法を考える必要があります。

 

少しずつでいいので下剤を飲む機会、量を減らし、自然にスッキリと排便できるようにしましょう。

 

便秘を治すには「当サイトの薬剤師が教える便秘解消6ステップ」を行い、腸の中の環境を整え、体が毎日排便する癖をつけるためのルーティンを行いましょう。

 

便秘の基礎知識

便秘を治す方法

便秘に効くトクホ商品・健康食品

こちらも合わせてご覧ください。

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

お通じ対策に健康食品でサポート