【薬剤師が教える】市販の整腸剤おすすめランキングと効果別選び方

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

薬剤師が教える!整腸剤おすすめランキング

 

こんにちは。薬剤師のタカラです。

 

こちらのページではドラッグストアや通販で購入できる整腸剤のおすすめと、便秘解消や腸内フローラ改善のための正しい飲み方や考え方について紹介します。


 

整腸剤とは?

整腸剤とは?整腸剤の基礎について
整腸剤とは漢字の意味通りですが腸を整える薬です。

 

腸に働きかける消化酵素剤も整腸剤に分類されますし、間接的に胃腸の運動を助け、消化液の分泌を助ける薬も整腸剤に入ることがあります。

 

整腸剤には主に乳酸菌が配合されており、腸の中で善玉菌として働き腸内環境を改善します。

 

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3分類の菌が住み着いており、食べた物や便の排泄の状態により、菌のバランスが日々変動しています。

 

暴飲暴食、ストレス、食習慣、生活習慣の乱れなどの原因で腸内細菌のバランスが悪くなります。

 

その結果、胃腸の不調、便秘、下痢などの症状が現れた時、対策として整腸剤を飲み腸内環境バランスを整えます。

 

整腸剤以外の薬は、症状が出た時のみ利用することが多いのに比べ、整腸剤は普段から飲むことで腸内フローラのバランスを整え、胃腸の不調や便秘、下痢を予防する効果があります

 

調子が悪くなってから飲む以外にも、普段から体調を整えるために利用すると良いでしょう。

 

整腸剤の効果は即効性があまり期待できませんので、体質的に飲んでおいた方が良いと感じる方は調子が良くても毎日飲む習慣をつけるとよいでしょう。

 

整腸剤はどんな症状に良いの?

整腸剤はどんな効果があるのか
腸内フローラの乱れから起こる便秘症下痢症はもとより、お腹の気持ち悪さ、お腹の張りおならが気になる方に整腸剤は効果的です。

 

便秘と下痢は逆の症状ですが、これらの原因の一つに腸内細菌のバランスが悪いことがあげられるため、便秘、下痢共に整腸剤の利用をおすすめします。

 

また腸内フローラのバランスは免疫力に大きく関与し、感染予防にも効果的です。

 

人間の免疫力の60%は腸の中にあると言われており、体外から入ってくる病原菌、雑菌、ウイルスをシャットアウトします。

 

腸内環境を整えることで、免疫力を増強させ感染症や病気にならないように抵抗力をつけることができます。

 

また、表だって効果効能をうたう整腸剤は見たことがありませんが、花粉症アトピーじんましんなどのアレルギー症状の原因が免疫と深い関連性があるため、これらのアレルギー予防に整腸剤を飲んでいるケースもあります。

 

※アレルギー予防の効能効果があると断言するものではなく、自己判断で利用されているケースについての情報です。

 

整腸剤は便秘対策のメインの薬となるべき!

辛い便秘には整腸剤が効く
お通じを良くするための条件は、便の原料となる食物繊維、適度な水分、元気に腸が動くための腸内環境の3つの条件が整うことです。

 

腸の中では菌の縄張り争いが常にあり、善玉菌が強い時に「酸性」、悪玉菌が強い時に「アルカリ性」に傾きます。

 

腸が酸性に傾いた時は、適度な刺激が腸壁にあり蠕動運動(ぜんどううんどう)という腸の動きが活発になります。

 

健康な腸の状態になったところに適量の便の材料水分があれば、バナナのようなするりとした便を出すことができ、すっきりとした排泄をすることができます。

 

整腸剤だけを飲めば便秘は解消するというわけではないのですが、腸内環境を整えることは便秘解消に非常に重要な要素であることに間違いはありません。

 

便秘薬が手放せない方へ

 

苦しく辛くなってから便秘解消方法を考える方がとても多いのですが、正しい便秘対策をするには対処方法の選択とタイミングが重要です。

 

即効性のある便秘薬は効果が高い半面、刺激が強くだんだんと腸がその刺激に慣れてしまうことが問題です。

 

また、刺激系の便秘薬は便秘の原因を治すわけではないため、その場限りの効果しかありません。

 

たまった便を無理に排泄するだけなので、いずれまた便秘が悪化し、また強い便秘薬を飲むという無限ループが問題です。

 

いま困った方には便秘薬は有効ですが、便秘の原因を改善し体質を改善したい方には、整腸剤などの腸内フローラから考える対策がおすすめです。

 

整腸剤の正しい飲み方で安全に対策しよう

 

整腸剤の飲み方は、不調時のみの使用するのではなく、定期的な服用で常に腸の中の環境を整えておきましょう。

 

即効効果がないため整腸剤は飲んでも意味がないと思っている方もいるのですが、すこし考え直してほしいです。

 

整腸剤での便秘対策は一時の不調を取り除く方法と違い、根本的な腸内環境の改善による対策なので、便秘体質を改善することができます。

 

刺激が強い即効性のある便秘薬とは効き方が異なります。

 

整腸剤を便秘対策のメインの薬として利用してみましょう。 

 

※辛い時は刺激系の便秘薬と併用しても大丈夫ですよ。
例:ビオフェルミン×コーラック

 

整腸剤を利用しながらの便秘対策をするコツ

便秘の根本的な解決には「整腸剤」だけの対策より、基本の対策と合わせて行った方がより効果的です。
以下の5つのポイントをチェックし、効果的な便秘対策を行ってみましょう。

便秘を完全に治すための定期ケア

  • 直接善玉菌を増やす:発酵食品、整腸剤、乳酸菌サプリ
  • 間接的に善玉菌を増やす:食物繊維、オリゴ糖
  • 腸を動かす環境・刺激:食物繊維、有酸素運動、腸のマッサージ
  • 便の水分保持:適度な水分摂取
  • 悪化時のみ、刺激系やその他の便秘薬を頼る

基本に忠実な便秘対策を続けることで、徐々に元気な腸に変化していき、よい排便習慣がついていきます。

 

問題なのは毎日このような地道な腸内ケアを続けなくてはいけないところです。

 

効果があっても途中でやめてしまうのが・・・とても残念でなりません。

 

生まれてすぐに便秘の人は少なく、のちの習慣で便秘になる方がほとんどです。

 

良い習慣を取り戻せば、本当はどなたでも快便習慣がつくはずだと考えています。

 

しかし、いままでの生活習慣を直し、便秘対策の習慣に変更することは大変です。

 

最初はいいのですが、途中で忘れたり、面倒になったりと、便秘対策の熱が冷めてしまうこともありますよね。

 

そこで食事に関する対応は、基本食事での摂取を目標としますが、薬や健康食品も合わせて行うことで途中の離脱をさけることができるかもしれません。

 

毎日快便でスッキリしたい!とすこしでも思う方は、健康食品も検討してみてもよいでしょう。 

 

※無料の便秘対策は途中でやめてしまいがちですが、お金を使うとなぜかまじめに続けられるものです。

 

便通に効果的な食事と健康食品を紹介します。

乳酸菌

食事で毎日対策:ヨーグルト、チーズ、味噌、醤油など
⇒置き換えるには「整腸剤」「乳酸菌サプリ

 

食物繊維

食事で毎日対策:野菜、果物、穀物など
⇒置き換えるには「繊維の多い青汁」「スムージー」「便秘茶

 

オリゴ糖

食事で毎日対策:きな粉、はちみつ、バナナなど
⇒置き換えるには「オリゴ糖サプリ

 

これらの健康食品を利用し、食事で足りない時には置き換えながら上手に腸内環境を整えていくと対策の継続がしやすいですよ。

 

おすすめは便通改善の機能性表示がとれている「乳酸菌サプリです。

 

便秘の時は、どの整腸剤を選ぶとよいか?

便秘に効果的な整腸剤のおすすめ
整腸剤には腸内フローラを改善し、善玉菌が増えることで自然排便を助ける作用があります。

 

しかし、世の中には整腸剤といわれる商品がたくさんあり、どの整腸剤が便秘に良いのか迷うこともあるでしょう。

 

そこで便秘の時におすすめな3種類の整腸剤を紹介します。

 

▽新ビオフェルミンS錠の成分

  • ビフィズス菌末
  • フェーカリス菌末
  • アシドフィルス菌

 

▽強力わかもとの成分

  • アスペルギルス・オリゼーNK菌(消化酵素産生菌)培養末
  • 乳酸菌培養末
  • 乾燥酵母(ビール酵母)など

 

▽ファスコン整腸錠プラスの成分

  • フェリカス菌
  • アシドフィルス菌
  • ビフィズス菌
  • 納豆菌

 

 

 

上記の3つが便秘対策におすすめです。

 

3つの中でも乳酸菌の多様性があり、便通改善に良いと考えられるのは「新ビオフェルミンS」と「ファスコン整腸錠プラス」です。

 

胃腸が重苦しかったり、お腹の違和感があったりなど、胃腸が疲れているような時は「強力わかもと」を選ぶとよいでしょう。

ただ、便通にひどく悩んでいる場合は整腸剤ではありませんが乳酸菌サプリも検討してみてはいかがでしょうか。

 

なぜかというと、乳酸菌サプリの商品の中には便通改善効果が研究され、その結果が出ている「ビフィズス菌ロンガム種」が入っているものがあります。

 

この「ビフィズス菌ロンガム種」というのは、医療用医薬品の整腸剤にも入っている成分で、その薬の研究データを見ると以下の改善報告があります。

 

  • 成人便秘:79.2%改善
  • 慢性便秘:68.2%改善
  • 妊婦便秘:92.0%改善

 

整腸剤での便秘対応も悪くはありませんが、上記の便秘改善データを見ると辛い便秘の方に乳酸菌サプリもおすすめできます。

サプリについては、こちらのページに詳細があります。

薬剤師が教える!「便通改善の乳酸菌サプリ」

ぜひ合わせてご覧ください。


▲整腸剤選び方のおすすめへ戻る

下痢の時の整腸剤のおすすめ


下痢に効く整腸剤の選び方
一時的な下痢の原因は、体質、ストレスや緊張、食事バランスの乱れ、生活習慣の乱れなどが考えられます。

 

整腸剤の下痢改善効果は、腸内細菌のバランスが崩れ下痢になってしまう状態を緩和し、過敏に反応する腸の動きを整える働きがあります。

 

下痢止めと整腸剤をよく同じものとして考える人がいるのですが、薬の働き方が全く違うため利用用途を間違わないようにしましょう。

 

いわゆる下痢止めの効果は便を硬くしたり、腸の過敏な動きを抑えたり、正常にしたり、腸壁の炎症止めることで下痢を止めたりと腸の動きに直接的に働きかけ即効性がある特徴があります。

 

一方整腸剤の効果は、腸内フローラを整えることで腸内環境のバランスを正常にし、穏やかに下痢体質の改善をする薬で、即効性はありません。

 

ひどい下痢の際は、下痢止めと整腸剤が一緒に処方されるケースがありますが、下痢止めを使ってはいけない場合があるので注意しましょう。

 

下痢止めを使ってはいけないケース

ウイルス・病原菌・食中毒の下痢は下痢止めを使ってはいけない
整腸剤と下痢についての話からすこし離れてしまうのですが、非常に重要なことなので紹介させていただきます。

 

下痢の原因が、ウイルスや食中毒、病原性の大腸菌などの場合は下痢止めを使ってはいけません。

 

生体反射で体の外に毒素を出すために、下痢がおこっている時に下痢止めの薬の力で無理に止めてしまうと毒素が体中に回り大変危険です。

 

数年前に生のユッケの肉を食べた際、病原大腸菌(腸管出血性大腸菌)O157で食あたりがあり、この際に下痢をしていた人が下痢止めを飲み死亡したケースがあります。

 

このように下痢といっても下痢の原因によっては対処の仕方、薬の使い方に注意が必要です。

 

すこしでもおかしい場合は、自己判断で下痢止めや整腸剤を利用せず、内科、消化器科などの専門医のいる病院を受診することをお勧めします。

 

下痢の原因がストレスの方へ

 

ストレスが下痢原因の場合、ストレスがなくなれば薬なしで症状が緩和されることがあります。

 

例えば、会議で重要なプレゼン、一年に一回の試験の当日、絶対に失敗できない試合当日など、その日限りのストレスで下痢になってしまうことがあります。

 

このような場合は即効性がある下痢対策の方が効果的なので、整腸剤よりは下痢止めを選択した方がよいでしょう。

 

継続した下痢もストレスに原因ががあることがあり、根本を解決できれば下痢が治ってしまうことがあります。

 

多くの人はストレスの原因は分かっても、完全に排除することができない方が多いと思いますので、ストレス対策や息抜きの方法とともに整腸剤を利用しましょう。

 

また、体質的に下痢をしやすい方は下痢止めを無理に利用するよりは、整腸剤で腸内フローラの改善を考えたほうが体には優しい対処方法です。

 

通常は整腸剤で整え、悪化時に下痢止めを使用するという二段構えが対応としてはよいでしょう。

 

下痢が止まらない。整腸剤が効かないという方へ

過敏性腸症候群という病気をご存知でしょうか?

 

この過敏性腸症候群で下痢症状に悩んでいる方が非常に多いのも事実です。

 

男性は下痢、女性は便秘症状になりやすいのが過敏性腸症候群の特徴で、病気の原因はストレスにあると言われています。

 

整腸剤を飲んでもなかなか治らない下痢症状の際は、胃腸科や消化器科の腸の専門医にかかり一度カウンセリングを受けてみるのもよいでしょう。

 

過敏性腸症候群の専門の薬剤もありますので、ひどい下痢や繰り返す下痢の方は一度病院の検討をしてみましょう。

 

下痢の原因がお酒や刺激物・辛い物などの方へ

下痢の原因がお酒や辛い物の方へ
お酒や辛い物を食べると下痢になってしまう方は、下痢の状況によって下痢止めと整腸剤を使い分けましょう。
あまりにもひどい時には下痢止めを使用しても良いですが、基本は整腸剤を利用する方が優しいですね。

 

できることならアルコールを控え、食べる物を刺激の少ないものに変更すると良いですが、無理な場合は整腸剤や胃薬を服用してから食べるとよりよいですね。

 

抗生物質を飲んで下痢をしている方へ

抗生物質で下痢方は専用の整腸剤があります。
感染症などが原因で病院にかかり、処方される抗生物質は菌を殺す作用があります。

 

病原菌などの悪さをする菌を殺すことで体調を元に戻すのですが、同時に腸内細菌をも殺してしまうため腸内環境が悪化する原因になります。

 

抗生物質を飲むことで下痢になってしまう方も多く、病院の処方では抗生物質と整腸剤がセットで処方される場合が多くあります。

 

まれに抗生物質のみで処方され、整腸剤がない場合に下痢をしてしまう方が、市販の整腸剤をお探しになる場合には整腸剤の選択を間違うと効果がないので注意をしてください。

 

抗生物質は先ほどもお話ししましたが、菌を殺す作用があるため整腸剤に入っている菌も殺菌してしまいます。

 

抗生物質専用の整腸剤でないと整腸効果が出ません。 病院の処方の際はこのことから○○Rと書かれた、抗生物質にも対応できる整腸剤が処方されますが、市販の物の中で抗生物質に耐性がある菌は「宮入菌」という菌を選ばないとなりません。

 

病院の処方薬の名前で言うと「ミヤBM」、市販品の整腸剤の名前は「ミヤリンサン」です。

 

抗生物質を飲んでいる方は「ミヤリンサン」を選ぶようにしましょう。

 

整腸剤の飲み方について

整腸剤の正しい飲み方について

 

整腸剤の飲み方は最低一週間続け、配合成分がご自分の体質とあっているのかを確かめてみましょう。

 

人により腸内細菌の菌そうが異なり、誰にでも合う整腸剤はありません。

 

例えば体質に合う整腸剤を探すのは、調子のいいヨーグルトを探すのにも似ています。

 

ビオフェルミンやファスコン、ミヤイリサンなどいろいろな整腸剤がありますので、試してみるほかはありません。

 

そんな中でも下痢の方が一番最初に選んでみるといい整腸剤はファスコン整腸剤プラスです。

 

この整腸剤には納豆菌、フェリカス菌、アシドフィルス菌、ビフィズス菌という4種の乳酸菌が入っており多様性とバランスが良い配合です。

 

また乳酸菌が生きて腸に届くよう、胃酸を中和する成分も入っており、全体の配合バランスが良く一般的な下痢症状の方におすすめすることができますよ。

 

▲整腸剤選び方のおすすめへ戻る

胃もたれ・食欲不振の時の整腸剤

胃もたれや胃痛の時の整腸剤

 

胃が疲れていて食欲がない、胃が重いという方は、整腸剤を服用する前に、胃腸をいたわる食事に配慮をしましょう。

 

刺激物、油もの、甘いもの、冷たいもの、ジャンクフードなどをできるだけ減らし、消化の良い胃腸に優しい食べ物を選びましょう。

 

アルコールもできるだけ減らす事が重要ですが、季節や仕事がらどうしても難しい場合は、胃薬や整腸剤を飲んで対応しましょう。

 

胃腸の調子が悪い方におすすめの整腸剤は、ファスコン整腸剤プラスです。

 

この整腸剤は、整腸成分の乳酸菌が4種類入っていることともに、消化酵素「ビオヂアスターゼ2000」が入っているのが特徴です。

 

ビオヂアスターゼ2000の効果は、食事から摂ったでんぷんの成分を消化しやすいよう分解し、胃の中の負担を軽るくし、消化吸収を促進します。

 

胃腸が疲れ気味の方の胃と腸のサポートに効果を発揮します。

 

▲整腸剤選び方のおすすめへ戻る

赤ちゃんに使える整腸剤


赤ちゃんの便秘や下痢症状に整腸剤を利用することがありますが、基本的にお腹の不調は小児科を受診することをおすすめします。

 

下痢の原因が病気であることもあり、便の状態を細かく記録し小児科を受診しましょう。

 

市販のお薬で赤ちゃんでも飲める整腸剤は、生後3カ月以降であれば新ビオフェルミンS細粒を飲むことは可能です。

 

▲整腸剤選び方のおすすめへ戻る

妊婦・授乳中の整腸剤


妊娠中の妊婦さんはホルモンバランスの変化や、食生活の変化、つわり、運動不足などが重なり便秘になりやすい状態です。

 

便秘の改善を目的に、妊婦でも飲める安全な整腸剤をお探しの事も多いでしょう。

 

妊婦さんにおすすめな整腸剤は新ビオフェルミンS錠です。

 

ビオフェルミンに配合されている乳酸菌はヒト由来の乳酸菌なので、妊娠中でも安心して利用することができます。

 

また産後の授乳中でも利用することができます。

 

妊婦さんが腸内細菌を整えておくことで、産前、産後も赤ちゃんに良い影響が報告されています。
整腸剤だけでなく、乳酸菌飲料のヤクルトやヨーグルトとともに定期的に摂取するとよいでしょう。

 

妊娠中の便秘対策については専門ページを作りましたのでこちらをご覧ください。

 

▲整腸剤選び方のおすすめへ戻る

お腹の張り・おなら対策の整腸剤とは?

お腹の張り、おならの対策におすすめの整腸剤
お腹の張りやおならの対策の整腸剤として、テレビCMでもおなじみのガスピタンが有名です。

 

ガスピタンの効果は、腸の中のガスを出しやすくすることでお腹の張りをとる薬です。

 

この薬の効果は、腸の中で食べ物が便に変わっていく過程で「お粥状」の状態になり、そのおかゆ状態の際に無数の小さなガスが便の中に点在します。

 

ガスピタンの成分が小さなガスの滑りを良くし、ガスが動きやすくなることで一か所に集まり大きな塊となることでガスが排泄しやすくなり、お腹の張りを改善するという作用です。

 

たまにガスピタンを、おならを減らす作用があると勘違いされる方がいますが、小さなガスを集めて出しやすくするため、おならは増えてしまうことがあります

 

おならの量を減らしたいのであれば、腸内フローラの改善でお通じを良くし、
悪玉菌が出すガスを減らすことが近道です。

 

便通改善には乳酸菌サプリを利用することをおすすめです。
その理由を以下のページで紹介ます。

【薬剤師が解説】便通改善の乳酸菌サプリ

 

▲整腸剤選び方のおすすめへ戻る

ダイエット中の整腸剤

ダイエット中の整腸剤はダイエットの成功に導く
ダイエット中に便秘がおこると、太りやすい体質となりダイエットの成功を妨げる原因になります。
ダイエットを行う際は、整腸剤などを利用し腸内フローラを整えながら行うのが効果的です。

 

便秘が原因で太り体質になる流れ
▽ダイエットのため食事制限の開始
⇒穀物の摂取量が減り
⇒食物繊維不足
便秘になり
⇒太りやすい体質になる。

 

実は、日本人の食物繊維摂取量が一番多い食品は「炭水化物」です。

 

ダイエット中はごはんを食べず、おかずだけにする「炭水化物抜きダイエット」をする人が多いですよね。

 

炭水化物抜きは摂取カロリーを減らすのにはいいのですが、食物繊維量が少なくなりすぎ便秘悪化につながります

 

ダイエットには雑穀、海藻などのご飯を食べ腸内フローラ改善を
繊維不足にならないようにするには、雑穀ご飯、麦ごはん、ひじきご飯、海藻混ぜご飯などの食物繊維が多い穀物を、小さなおにぎり程度の量でよいので食べましょう。

 

繊維質の多い小さなおにぎりを食べることで、ダイエット中の空腹対策にもなりますし、食物繊維不足の対策にもなるので一石二鳥です。

 

また、繊維質を取りながら整腸剤を利用する方法も、便秘対策にもなりダイエット効果増進によいでしょう。

 

便通が良い状態はカロリーの源である食物を、腸の中から早く出すことで老廃物を除去し血流が良くなり、結果としてダイエットの助けになります。

 

(※下剤をダイエット目的で利用するのは危険なので絶対にやめましょう。)

 

ダイエットに整腸剤を利用するのもいいですが、便通に悩んでいる方には「乳酸菌サプリ」がおすすめします。

 

乳酸菌サプリの中の「ビフィズス菌ロンガム種」入りのサプリは排便回数の増加が臨床試験の結果として出ています。

 

排便回数の増加ということは、腸の中の滞りが減り、ダイエットにもプラス効果ですよね。

 

お腹の中からキレイになり、体重も落ちやすい体質になるということが、美しく痩せる秘訣です。

 

整腸剤や乳酸菌サプリを上手に利用して、体の中から美しく痩せられるように工夫し、リバウンドしづらいダイエット方法を行いましょう。

 

ダイエットの成功には、適切な運動、食物繊維食材、発酵食品などの総合的な対策をお忘れなく。

 

▲整腸剤選び方のおすすめへ戻る

整腸剤の売上・ネット検索ランキング

ネットで選ばれている整腸剤の売り上げランキングをこちらに記載していきます。

 

アマゾン整腸剤売り上げランキング(2016/10月現在)

1位:ミヤリサン錠 630錠 [指定医薬部外品]
2位:新ビオフェルミンS錠 540錠 [指定医薬部外品]
3位:強ミヤリサン 錠 330錠 [指定医薬部外品]
4位:強力わかもと 1000錠 [指定医薬部外品]
5位:新ラクトーンA 1080錠 [指定医薬部外品]

 

楽天週間売り上げランキング(2016/10月現在)

1位:【日水製薬】整腸薬トルクミン 800錠(指定医薬部外品)
2位:【第3類医薬品】ビタトレール 整腸・消化薬ココアルファEX錠 360錠
3位:【第2類医薬品】薬)第一三共/第一三共胃腸薬プラス細粒 52包
4位:【第3類医薬品】薬)ミヤリサン製薬/新ミヤリサンアイジ 整腸薬70g
5位:【第2類医薬品】薬)小林製薬/クレンジル 60カプセル

 

月間検索ボリューム(2016/3月現在)

1位:ビオフェルミン 49500
2位:ミヤリサン 8100
3位:強力わかもと 5400
4位:ビタトレール 480
5位:新ラクトーン 70
6位:ベストールファイバー 20

売れている整腸剤の商品情報

新ビオフェルミンS

新ビオフェルミンSの特徴

腸内フローラの改善には乳酸菌を摂ることが良いと言われていますが、腸内に善玉菌が定着せず流れてしまうと、継続的な整腸効果を得られません。
新ビオフェルミンSは人由来の乳酸菌を利用することにより、人間の腸の中に定着して住み着きやすい菌を配合している特徴があります。
また、生後三カ月から飲める整腸剤で、赤ちゃんから成人、高齢者にまで飲むことができる薬です。
配合成分もビフィズス菌(G9-1)、フェリカス菌(129BIO3B)、アシドフィルス菌(KS-13)の三種類が配合され、善玉菌の多様性があります。
一種類のみの菌よりも、複数の菌を飲むことで腸内のバランスも良くなるため、菌の種類の多様性がある整腸剤がおすすめです。
商品の認知度が高く、内容成分もすばらしい新ビオフェルミンSは便秘、下痢、腹部ぼうまん感、お腹の張りなどの胃腸の不調に効果的です。
整腸剤を初めて試す場合のファーストチョイスによい薬と言えます。

新ビオフェルミンSについて詳しくはこちら

 

ファスコン整腸錠プラス

ファスコン整腸錠プラスの特徴

ファスコン整腸錠プラスはビオナットミン(納豆菌)、コンクビオゼニン(フェカリス菌)、ラクトミン(アシドフィルス菌)、ビフィズス菌、ビオヂアスターゼ2000という善玉菌と消化に良い成分が複数入っている整腸剤です。
単体で乳酸菌が入っている商品よりも腸に良い善玉菌が複数入ることで腸内細菌の多様性の面からも良い影響があります。
個別の乳酸菌の働きについて以下に紹介します。
ビオナットミン(納豆菌)は胃酸や胆汁酸で死滅することなく腸に届き整腸作用を発揮します。
フェカリス菌は最近話題になっている乳酸菌で、整腸作用で便秘に効果を発揮し、小腸でパイエル板から吸収され免疫力増強の作用があります。
インフルエンザの感染を予防したり、風邪やウイルス感染に効果を発揮します。
また小腸で免疫に効果を発揮するため、花粉症や蕁麻疹、アトピーの予防作用、緩和作用にも期待ができます。
悪玉コレステロールの低下する作用もフェカリス菌にはあり、複数の良い作用から注目されています。
ファスコン整腸錠プラスはそのほかにもビオヂアスターゼ2000という胃腸薬にも配合されている消化を助ける成分があり、胃腸の疲れやむかつき、腹部ぼうまん感、食べ過ぎ、飲みすぎなどの方に効果を発揮します。
飲み方は胃腸の不調や便秘、下痢になってからではなく症状が出る前から飲むことで腸内フローラを整えましょう。

 

ザ・ガードコーワ整腸錠PC

ザ・ガードコーワ整腸錠PCの特徴

ザ・ガードコーワ整腸錠PCの特徴は善玉菌がバランスよく配合されていることにあります。
腸内フローラの改善にはビフィズス菌が効果的で、特に大腸に住み着く善玉菌はビフィズス菌が90%以上と言われています。
そのビフィズス菌の増殖をより効率的にするために「パントテン酸カルシウム」というビタミンBを配合しています。
また、納豆菌が入っており納豆菌の特徴として胃酸、胆汁酸に非常に強く腸まで生きて届き腸内環境を整え整腸作用を発揮します。
ラクトミンという乳酸菌の働きにより腸内の悪玉菌の増殖を抑制し、善玉菌が働きやすい環境にします。
またセンブリやケイヒ、ウイキョウといった胃の動きをサポートする漢方の成分や、胃酸の中和し胃酸過多による胃痛や胸やけを抑える沈降炭酸カルシウムも配合されており、胃から小腸、大腸までを一つの薬でカバーする守備範囲の広い整腸剤です。

 

ミヤリサン錠

ミヤリサン錠の特徴

ミヤリンサンに入っている菌は「宮入菌」という善玉菌です。
宮入菌は腸の中で育ち、酢酸や酪酸といわれる酸性の物質を作り出し腸の中を酸性に保つ効果があります。
酸性に傾いた腸内は善玉菌が育ちやすく、悪玉菌が少なくなる環境のため腸内フローラを良い状態に整えることができます。
また宮入菌はビタミンB群を腸内で作りだすため、美容や健康にも効果的な整腸剤です。
ミヤリンサン(宮入菌)の最大の特徴は抗生物質にも死滅しない菌であることです。
医療用の医薬品としてもミヤBMとして流通されており、抗生物質とセットで処方することで腸内環境を整え下痢や便秘を防ぐことができるので、医療用整腸剤として売り上げを伸ばしている商品です。

 

強ミヤリサンとミヤリサンの二種類がありますがこの違いは、一錠あたりに入っている宮入菌の量の違いです。

  • ミヤリサン錠:宮入菌10mg/一錠
  • 強ミヤリンサン錠:宮入菌30mg/一錠

一回に飲む量を減らしたい時には強ミヤリンサン錠を選ぶ良いでしょう。

 

強力わかもと錠

強力わかもと錠の特徴

強力わかもとはアスペルギルス・オリゼーNK菌と乳酸菌培養末、乾燥酵母(ビール酵母)が主な成分です。
アスペルギルス・オリゼーNK菌は麹菌の一種で、日本古来から伝わる菌です。
このアスペルギルス・オリゼーNK菌が腸内に入ると消化酵素ができ、胃腸で消化しきれなかった食材の消化を助ける働きがあります。
また、乳酸菌も配合されているため腸内フローラを整え、ビール酵母に含まれるアミノ酸、ミネラル、食物繊維、ビタミンなどを補給することができます。
弱った胃腸の働きをサポートしながら腸内フローラを改善し、不足している栄養の補給ができるという3役がそろっているのが強力わかもとの特徴です。

 

新ラクトーンA錠

新ラクトーンAの特徴

新ラクトーンAに入っている乳酸菌の種類はビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌の三種類です。
またビール酵母も入っているため先ほど紹介した強力わかもとににた成分です。
強力わかもととの違いはアスペルギルス・オリゼーNK菌という麹菌がないため、消化酵素が配合されていません。
三種類の乳酸菌の成分を見ると、新ビオフェルミンSと同じ菌が配合されています。
新ラクトーンAは新ビオフェルミンSの乳酸菌に乾燥酵母(ビール酵母)が入っている商品として考えるとよいでしょう。
便秘解消、軟便、下痢、お腹の張り、栄養補給などに効果があります。

 

【日水製薬】整腸薬トルクミン

【日水製薬】整腸薬トルクミンの特徴

整腸薬トルクミンの成分は納豆菌であるビオナットミンと、フェカリス乳酸菌、消化酵素が配合された整腸剤です。
納豆菌の特徴は自然界でも安定した芽胞という菌の周りに外皮を持つ善玉菌です。
ビオナットミン(納豆菌)は胃酸に強く、腸の中まで届くことにより腸内フローラを改善する効果があります。
消化が悪く胃腸が疲れている時や、下痢、便秘などの症状に効果的です。

 

ビタトレール 整腸・消化薬ココアルファEX錠

ビタトレール 整腸・消化薬ココアルファEX錠の特徴

ビタトレール 整腸・消化薬ココアルファEX錠はラクトミン(フェリカス菌)、納豆菌、ビオヂアスターゼの配合されている整腸消化薬です。
特徴はフェリカス菌と納豆菌が腸内環境を整え、ビオヂアスターゼがα−アミラーゼ作用により消化を促進します。
暴飲暴食が続き、胃腸が疲れている時などに飲みたい整腸剤です。
飲み会やお付き合いの多いサラリーマンやOLの方や、忘年会、新年会などの食生活の乱れある際には、不調になる前からビタトレール 整腸・消化薬ココアルファEX錠を飲み、胃腸を整えながら利用するとよいでしょう。

 

第一三共胃腸薬プラス細粒

第一三共胃腸薬プラス細粒の特徴

第一三共胃腸薬プラス細粒は整腸剤というよりは胃腸薬としての効果が前にある薬です。
内容成分の「リパーゼAP12」が脂っこい食べ物や揚げ物などの脂肪を分解し、「タカヂアスターゼN1」が穀物や肉類の糖質とタンパクするを分解します。
また数種類配合されている生薬に健胃作用があり、胃の荒れている部分の修復や、胃酸の出すぎている時に抑えてくれる働きがあります。
有胞子性乳酸菌(ラクボン原末)も配合されており、有胞子の乳酸菌が胃酸に強く、腸まで生きて届き善玉菌の働きをします。
生薬が入っているのですこし匂いが他の整腸剤よりもありますが、胃が弱っている時や、疲れている時に飲むと正常な状態に戻してくれる作用があります。

 

小林製薬/クレンジル

小林製薬/クレンジルの特徴

小林製薬/クレンジルは薬用の炭を配合している生薬入りの便秘薬です。
なぜ楽天ランキングの整腸剤部門にランクインしているのかは不明ですが、整腸剤というよりはどちらかというと便秘薬の分類です。
薬用炭の効果は、腸の中にたまっているガス(おなら)を炭の表面に空いている無数の穴に吸着し体外に排泄する働きがあります。
お腹の中でガスが異常発酵した際のお腹のゴロゴロ、張りなどに効果があります。
薬用炭以外にはカメガシワエキス、ゲンノショウコエキス、アロエ末、ダイオウエキスが配合されています。
整腸作用のある漢方成分と、下剤作用のある漢方成分が配合されています。
アロエとダイオウは続けて飲むと腸が慣れてしまうような強力な下剤作用があるため、連用することは避けましょう。
こちらで紹介している整腸剤のように毎日飲んではいけないお薬です。

 

ヤクルトBL整腸薬

ヤクルトBL整腸薬の特徴

ヤクルトBL整腸薬の特徴は配合成分の善玉菌が二種類入っていることです。
ビフィズス菌とカゼイ菌の二種類で、カゼイ菌は小腸で働き、ビフィズス菌は大腸で酸性物質を作り出し腸内フローラの改善をします。
小腸で効果的に働くカゼイ菌は小腸特有の免疫機関(パイエル板)に良い影響を与え、感染予防やアレルギーなどの免疫疾患に効果を発揮します。
また大腸で効果的に働くビフィズス菌は腸管を刺激し、便を運ぶ能力を高め、悪玉菌の繁殖を抑えることで腸内フローラを改善します。
大腸、小腸ともにカバーするタイプの整腸剤ですのでヤクルトBL整腸薬は便秘、下痢、花粉症、アトピー、お腹の張りなどさまざまな悩みに対応できる良い商品です。

 

整腸剤のまとめ

 

いかがでしたか?

 

整腸剤の使い方から、選び方、おすすめの商品などのすべての紹介をさせていただきました。

 

即効性は期待できませんが腸内の環境を整えることで、便秘、下痢、風邪などの感染症予防、アレルギー、花粉症、アトピーなどの免疫反応の予防効果など効果は多岐にわたります。

 

腸内環境を普段から整えておくことで、生活の質があがることは間違いありません。

 

この機会にご自身にあう整腸剤を見つけていただき、腸の中から元気になってくださいね。


【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

お通じ対策に健康食品でサポート

【薬剤師が教える】市販の整腸剤おすすめランキングと効果別選び方エントリー一覧

薬剤師が教える!整腸剤は便秘解消効果に効く?効かない?

便秘がつらい方に、ぜひとも定期的に飲んでほしいのが整腸剤です。いまさら整腸剤なんて・・・以前、整腸剤を飲んだけどきかなかった・・・などと、過去あまり効果を実感できなかった方もいることは事実です。これらの効かなかったという方の多くは、整腸剤を飲む期間を二週間継続して服用するなど、定期服用をしていない人...

続きを読む

【薬剤師の解説】ザ・ガードコーワ整腸錠PCの便秘解消効果と副作用

こんにちは!薬剤師のタカラです。「ザ・ガードコーワ整腸錠PC」という整腸剤について紹介していきます。TVCMでもよく見かけるので名前を知っているという方は多いでしょう。ザ・ガードコーワの購入前に知っておきたい効果や、購入後の正しい飲み方や注意点などを知りたい方に対し、当ページでは中立に分かりやすく紹...

続きを読む

【薬剤師解説】ガスピタンa※おなら対策に効く?効果・効能など

「ガスピタンa」はこんな時に利用されています。お腹が張って辛い時おならが出そうで我慢してしまう時おならが臭い時薬のネーミングからしてお腹のガスをピタッと止めてくれるイメージがあり、不調の時に思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。このページでは、そのガスピタンについてどんな人に、どのように利用すべき...

続きを読む

【薬剤師が教える】新ビオフェルミンSで腸内フローラ改善※便秘解消

こんにちは!薬剤師のタカラです。CMでもおなじみの「新ビオフェルミンS」についてのページです。ビオフェルミンはとても有名な薬なので、便秘の悩みのある方なら一度は飲んでみるか検討されることがあるのではないでしょうか?本当に効くのかな?すぐ効果ある?などの疑問をお持ちの方もいるでしょう。新ビオフェルミン...

続きを読む

【薬剤師が徹底解説】強力わかもとの効果と副作用※便秘解消や体重増加の噂

便秘で悩んでいる方の中には胃の調子もあまりよくないという方が少なくありません。そのようなときに薬剤師だったらこれを選ぶ!という市販薬は何でしょうか?今回は強力わかもとについて薬剤師の植松がご紹介します。【強力わかもとの効果効能と飲み方について】≪強力わかもととは≫強力わかもとは、もともと「わかもと」...

続きを読む

【薬剤師が解説】ヤクルトBL整腸薬の効果・副作用まとめ/便秘解消にも

乳酸菌飲料で有名なヤクルトはだれでも知っている馴染み深いブランドです。一方、ヤクルトが整腸剤も販売していることはあまり馴染みがないかもしれません。今回はそのヤクルトBL整腸薬について薬剤師の植松が解説します。【ヤクルトBL整腸薬シリーズについて】≪ヤクルト本社が販売する乳酸菌・ビフィズス菌製剤≫ヤク...

続きを読む

【薬剤師が解説】日水製薬・整腸剤トルクミンの便秘解消効果や副作用について

こんにちは!薬剤師の植松です。当ページは整腸剤のトルクミンについての詳細情報を解説していきます。【整腸剤トルクミン錠の特徴と効果効能】≪納豆菌を配合した消化整腸薬≫整腸剤トルクミンは乳酸菌と納豆菌を配合した整腸剤です。有効成分にビオヂアスターゼという胃薬の成分を配合しているのも特徴的で、整腸効果だけ...

続きを読む

【薬剤師が解説】新ラクトーンaの便秘解消効果やおなら対策とは

こんにちは薬剤師の植松です!便秘に悩む方に乳酸菌を配合した新ラクトーンaというお薬を紹介したいと思います。新ラクトーンaは各種の善玉菌をメインとした製品です。【新ラクトーンaはなぜ便秘に効果があるのか】≪4つの菌が便秘解消の秘訣≫新ラクトーンaの成分の特徴は4つの菌が配合されていることです。これらが...

続きを読む

【薬剤師が解説】ビタトレール ココアルファEX錠の便秘解消など整腸剤の効果

整腸剤を使う人の中には、安全性を重視する方もいるかもしれません。安全性を重視する人におすすめなのがビタトレールココアルファEX錠。いったいどんな薬なのか、薬剤師の植松が解説します。ビタトレール ココアルファEX錠はなぜ便秘に効果があるのか消化酵素を配合した整腸薬ビタトレールココアルファEX錠は、第3...

続きを読む

【薬剤師が解説】ミヤリサン錠の便秘解消効果や下痢改善について

便秘にも下痢にも整腸剤が効果を発揮するのはなぜなのか?便秘で悩む人にとって、整腸剤の説明書にある「下痢にも効果がある」旨の記述は不思議ではないでしょうか。その答えはミヤリサンが教えてくれます。今回は、ミヤリサンについて薬剤師の植松が解説します。ミヤリサン錠と何なのかミヤリサン製薬が販売している医薬品...

続きを読む

【薬剤師が解説】ラッパ整腸薬BFの便秘解消効果やおなら対策とは

ラッパのマークでおなじみの大幸薬品。正露丸のイメージが強いですが、ラッパ整腸薬BFという整腸剤も販売しています。ラッパ整腸薬BFにはどのような特徴があるのか?薬剤師の植松がご紹介します。ラッパ整腸薬BFとはどのような薬か大幸薬品が販売する3種の乳酸菌製剤ラッパ整腸薬BFは、大幸薬品が販売する、3種の...

続きを読む

【薬剤師が解説】第一三共胃腸薬プラス細粒の便秘解消効果や胃痛・胸焼け効果

第一三共胃腸薬プラス細粒はCMでもおなじみの医薬品です。どちらかというと胃薬として使用するイメージの強い製品ではないでしょうか。『胃腸薬』という名前の通り、胃薬だけでなく便秘や下痢などの整腸剤としても使用することができます。名前はよく聞くけど中身は詳しく知らない…そんな人に向け、薬剤師の植松が解説し...

続きを読む