【薬剤師が解説】整腸剤を飲むとアトピーや花粉症などのアレルギーが治る?

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

整腸剤を飲むとアトピーや花粉症などのアレルギーが治る?

 

こんにちは 薬剤師のタカラです。

 

先日お問い合わせで、「整腸剤はアトピーや花粉症などのアレルギーに効果がありますか?」という質問をいただきました。

 

 

「乳酸菌やヨーグルトなどの腸内環境を整えるとアレルギーの軽減効果がある」というテレビ情報などもあり、整腸剤を利用することで腸内環境を整えることでアトピーや花粉症などのアレルギー反応が軽減できるのか、気になるところですね。

 

今回はこの内容について、薬剤師が調査したことを紹介していきたいと思います。


 

目次:

 

市販の整腸剤の選び方を、薬剤師が目的別に詳細解説!

【薬剤師が教える】市販の整腸剤おすすめランキングと効果別選び方

 

 

残念ながらアトピー、花粉症改善の効能・効果が記載されている整腸剤はない

いろんな整腸剤を調査してみたのですが、結論から言うと添付文書内での効果効能でアトピー、花粉症のアレルギーの改善効果の記載があるものは見つけることができませんでした

 

医薬品の効果効能を記載するには、治験をおこない科学的なエビデンス(根拠)を証明する必要があります。

 

そもそも、整腸剤で行われる治験は整腸作用を証明するための治験なので、アレルギーの軽減効果の治験をしていないのが原因だと考えられます。

 

 

もっとも、一般的に添付文書に効能効果として載っていないものでも、適応外処方という形で医療用医薬品を使うのは医療業界ではあるある的な話なので、これがすなわち整腸剤がまったくアトピーや花粉症などのアレルギーに効果がないということではありません

 

(※効果があると断定することもできないのですが)

 

個人的な見解となりますが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌を摂ることでアレルギーなどが軽減されるのであれば、整腸剤でも効果を期待することはできるのではないかと考えています。

 

 

▲目次にもどる

そもそもなぜアレルギーやアトピーがおこるのか

ちょっと難しい話にはなってしまうのですが、免疫の話をすこしだけ入れます。

 

アレルギーの発症原因には説がいろいろとあるのですが、その中でも有名なのが「ヘルパーT細胞のバランスが悪いことによりアトピーや花粉症などのアレルギーが発症する」という説です。

 

 

(参考:http://taniguchiiin.jp/blog/?p=1854

 

上図中央の『抑制』の部分に注目してください。

 

きれいな世の中になり、「除菌除菌」と叫ばれ、どろんこになって遊ぶ子供が減り、自然に触れ合う機会が減ってきている昨今、ハウスダストや花粉症に悩まされる人口が増えてきています。

 

その理由が上図の「細菌や雑菌とふれ合っていないから」という説です。

 

昔から日本人はある程度の雑菌とたわむれて生きてきたのを、キレイな世の中になり過ぎることで免疫はバランスが保つことができずアレルギーが発症する、という話です。

 

人間の体の機能は100年や200年くらいではガラッと変化することはなく、江戸時代の刀を振り回していた頃の人々と現代を生きる我々の中身にさほど変わりはありません。

 

昔の日本人がどんな環境で生活をしてきていたのかを想像すると、除菌しすぎの世の中は不自然であるといえます。

 

ある程度の雑菌は許容し、自然と触れ合う生活、落ちたものも3秒ルールで食べちゃう!など、すこし緩い菌との生活をするとよいですね。

 

 

▲目次にもどる

腸内環境を整えるとアトピーは治るのか?

続いて、腸内環境とアレルギーとの関係を調べた実験結果をもとに、腸活のアレルギーに対する有効性について検証していきましょう。

 

 

タカナシ乳業の研究で、LGG乳酸菌をアトピー性皮膚炎の妊婦さんに飲んでもらう、という実験が行われました。

 

出産予定日の2〜4週間摂取、出産後も6カ月摂取する試験内容です。

 

実験結果は、生まれてきた赤ちゃんのアトピー発症率はLGG乳酸菌を食べていた群が23%。

 

食べていなかった群は46%、という結果になりました。

 

お母さんがLGG乳酸菌を継続して食べることで、赤ちゃんへのアトピーの遺伝が半分に抑えられた、という結果となっています。

 

 

これは、腸が整うことで免疫が正常化され、免疫の暴走であるアレルギーを抑えた結果であると考えられます。

 

LGG乳酸菌はとても優秀な乳酸菌であることがわかりましたが、それ以上に腸の環境を整えることの重要性がわかる試験ですね。

 

整腸剤で毎日腸を整えることもおすすめすることができます。

 

(参考:http://lgglab.jp/sp/potential/detail03.html

 

赤ちゃんの腸内細菌はお母さんからの最初のプレゼント!妊娠中の便秘対策やその有用性についての記事はこちら

【薬剤師が教える】妊娠中の便秘対策

 

 

もうひとつ、論文の内容を紹介します。

 

ビフィズス菌をアトピーの子供に与えたところ、アレルギー症状の皮膚スコアが優位に改善したという実験結果が報告されています。

 

(参考:https://www.jstage.jst.go.jp/article/arerugi/52/1/52_KJ00000817395/_pdf

 

これらの結果から見ても、アトピーは発症が早い時期の小児から腸を整える対策を行うと優位に改善する可能性を秘めています。

 

 

▲目次にもどる

腸を整える習慣とは?

整腸剤で腸を整えるというのはとても簡単で続けやすく、コスト的な面でもメリットが多い対策です

 

整腸剤で腸を整えることもおすすめなのですが、普段からの食生活の改善も怠ってはなりません。

 

当たり前ですが、我々の体は我々が食べたものでできています。

 

腸内環境が乱れる食習慣をしながら整腸剤を飲むのでは、アトピーなどのアレルギーの改善は難しいでしょう

 

普段の食事を腸活メインのものにしながら整腸剤を服用することで、腸内環境が整い、アレルギーの症状を軽減する条件が整います。

 

腸活の食事にチェンジ

 

腸に良い食事について紹介します。

 

ステップは次の2つです。

 

  1. 発酵食品を摂り、善玉菌を増やす
  2. 善玉菌のエサを摂ることで、善玉菌を育てる

 

1.善玉菌を増やす発酵食品

 

発酵食品は動物性乳酸菌植物性乳酸菌に分かれます。

 

 

動物性乳酸菌はヨーグルトやチーズに代表され、スーパーなどで簡単に購入することができます。

 

これらは胃酸に弱く、腸に生きて届くのが難しい乳酸菌なので定期的に摂ることがおすすめです。

 

植物性乳酸菌とともに摂ることがおすすめです。

 

 

植物性乳酸菌は味噌、醤油、漬物などに代表される食品に入っています。

 

植物性乳酸菌の特徴は胃酸や熱に強く、腸に生きて届くということです。

 

植物性乳酸菌豊富な食品の多くが塩分の多い食品なので、少量を毎日摂取したいですね。

 

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌はバランスよくどちらも摂るとよいでしょう。

 

2.善玉菌のエサを摂り育てる

 

オリゴ糖水溶性食物繊維善玉菌のエサになります。

 

 

オリゴ糖は、はちみつやバナナに入っています。

 

朝ごはんに「バナナヨーグルトはちみつがけ」を毎日食べるなど、腸活食品づくしは腸が喜びます。

 

 

水溶性食物繊維海藻やネバネバした納豆おくらなどの食品に入っています。

 

海藻ねばねばサラダなどは腸内細菌のエサになるので最強の腸活サラダです。

 

 

これらの食事とともに整腸剤も摂ることで、腸内環境が整い、アレルギーへの抵抗力が生まれます

 

整腸剤をただ単に飲むことでアトピーや花粉症が軽減できる、とは言い切れませんが、普段からの食生活の見直しをしながら整腸剤も上手に使っていくとよいでしょう。

 

腸内環境の改善に有効な食材の知識を栄養士が伝授!

【栄養士と薬剤師が解説】便秘に効果的な食べ物で腸内フローラの改善を

 

 

▲目次にもどる

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

健康食品でスッキリサポート




関連ページ

整腸剤は便秘解消に効く?
即効性のある刺激性の便秘薬と違い、効き目のわかりづらい「整腸剤」について、薬剤師が解説。効き目や下剤との違いを知れば、なぜ整腸剤がおすすめなのかがわかります!
整腸剤は腹痛に効く?
つらい腹痛の症状に対して整腸剤は効果があるのかどうかを薬剤師が紹介します。併発する症状や腹痛の部位によってケースを分けて、効果の有無や対処法、疑わしい病気なども解説。
整腸剤の副作用について
整腸剤を飲む際の副作用に関する質問と回答をまとめました。腹痛、下痢、吐き気や眠気など副作用に対して不安を持っている方への情報です。
ザ・ガードコーワ整腸錠α3+
ザ・ガードコーワ整腸錠α3+は腸内フローラを改善し免疫力の向上ができ便秘改善効果もあります。ザ・ガードコーワ整腸錠α3+の飲み方や効能、注意について薬剤師が解説します。
ガスピタンa
ガスピタンの効果や効く仕組みなどを解説。おならの原因から対策も紹介します。お腹の張りやポッコリと膨らんだお腹に悩んでいる人にガスピタンはおすすめです。
新ビオフェルミンS
新ビオフェルミンSの整腸剤で便秘改善!新ビオフェルミンSの飲み方や効能、注意について薬剤師が解説。腸内フローラを改善してがん予防、花粉症予防に利用しよう。
強力わかもと
【薬剤師が教える】強力わかもとの効果効能や、副作用として太るという噂は本当なのかという疑問を解決。ダイエット中でも飲んでも良い整腸剤の強力わかもとを徹底解説します。
ヤクルトBL整腸薬
【薬剤師が徹底解説】ヤクルトBL整腸薬は整腸作用が便秘対策に効果的です。全種類の効き目や飲み方副作用や妊婦が飲んでも問題がないのかなどについて
整腸剤トルクミン
整腸剤トルクミンの納豆菌の整腸効果やナットウキナーゼの効果効能について薬剤師が解説します。その他の整腸剤との違いについても解説します。
新ラクトーンa
新ラクトーンaは便秘解消やお腹の張り、おならなどの辛い症状に効果がある整腸剤です。内容成分の乳酸菌や酵母の働きでお通じ改善に役立ちます。
ビタトレール ココアルファEX錠
ビタトレール ココアルファEX錠は、便秘解消やお腹の張り、おならなどの症状に効果がある整腸剤です。安全性と効果性がともに高く、副作用の心配をしたくないという方におすすめです。
強ミヤリサン錠
強ミヤリサン錠は、便秘解消やお腹の張り、おならなどの症状に効果がある整腸剤です。安全性が高く、また有効成分の酪酸菌は耐熱性・耐酸性に優れており、胃酸や抗生物質に強いのも特徴です。 ドラッグストアやネット通販で整腸剤を選ぶ際にお役立てください。
ラッパ整腸薬BF
ラッパ整腸薬BFは、便秘解消やお腹の張り、おならなどの症状に効果がある整腸剤です。安全性が高く、ジメチルポリシロキサンによるガスの吸収・排泄促進効果で、過剰なおならの量を減らすことが期待できるのも特徴です。
第一三共胃腸薬プラス細粒
第一三共胃腸薬プラス細粒は、便秘解消や下痢止め、胃痛・胸焼けなどの症状に効果がある胃腸薬です。副作用の心配が少なく、生薬や脂肪分解成分が胃を、乳酸菌が腸をそれぞれサポートし、弱った胃と腸からくる不調・不快感を緩和するのが特徴です。