【薬剤師が解説】強力わかもとの効果と副作用※便秘解消や体重増加の噂

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

強力わかもとを徹底解説

 

便秘で悩んでいる方の中には胃の調子もあまりよくないという方が少なくありません。

 

そのようなとき、「薬剤師だったらこれを選ぶ!」という市販薬は何でしょうか?

 

今回は強力わかもとについて薬剤師の植松がご紹介します。


強力わかもとの効果効能と飲み方について

 

強力わかもと

画像引用:わかもと製薬

強力わかもととは

 

強力わかもとは、もともと「わかもと」として販売されていた製品です。

 

わかもとの歴史は古く、開発の始まりは今から約90年前の大正時代と言われています。

 

時代の経過とともに、旧来のわかもとにビタミンB群を配合したり乳酸菌を増量させたりといった改良が施されたものが強力わかもと。

 

「強力」というネーミングのように、わかもとの効果を高めバージョンアップさせた製品です。

 

強力わかもとの効果について

 

強力わかもとが効果を発揮する上で欠かせない成分が3つあります。

  • 乳酸菌
  • 麹菌
  • ビール酵母

 

これらの相乗効果により各種の効果を発揮します。

 

強力わかもとの効果についてそれぞれ詳しく見てみましょう。

 

整腸作用

強力わかもとの効果を語る上で欠かせないのが、便秘や下痢を改善させる整腸作用です。

 

強力わかもとの成分である乳酸菌には、便秘の原因となる腸内環境そのものを改善させる効果があります。

 

そのため、一時的な便秘改善ではなく、便秘の根本解決が期待できます。

 

便秘だけでなく下痢にも効果があるのは、腸内環境そのものを改善させるところに起因します。

 

便秘や下痢は腸内環境が悪化することで生じるため、腸内環境を改善させることで便秘も下痢も改善することができるのです。

 

消化促進

強力わかもとには、消化酵素と呼ばれる成分を産生する麹菌が含有されています。

 

消化酵素は食べたものを細かく分解するために必要な成分で、胃や腸から分泌されます。

 

この消化酵素が不足してしまうと、消化がうまくできなくなります。

 

消化の不順は、結果として腸内の悪玉菌増加をまねいてしまい、腸内環境が乱れて便秘を引き起こしてしまいます。

 

食べたものをきちんと消化することは、便秘の改善にもとても大切なことなのです。

 

滋養強壮

強力わかもとに含有されているビール酵母は、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を豊富に含んでいる成分です。

 

これらの成分は健康な体を維持するために欠かせない成分です。

 

特に、ビタミンの中でもビタミンB群は、あらゆる酵素をサポートするため消費が激しく、不足しがちなビタミンといわれています。

 

下記のような症状があれば、それはビタミンB群が不足しているのかもしれません。

 

  • なんだか疲れが抜けない
  • すぐに疲れてしまう

 

ビタミンB群は単独で摂るよりもビタミンB群としてまとめて補った方が効果的といわれています。

 

ビタミンB群は、それぞれがベルトコンベアの歯車のような働きをしているため、一つでも欠けるとうまく機能しなくなってしまうためです。

 

また、特に女性はミネラルである鉄分を消費しやすく、意識的に補給をする必要があります。

 

さらに、アミノ酸の中には食事から摂取しなければ補えない成分も多いのですが、強力わかもとを飲むことでこれらも補うことができます。

 

強力わかもとの飲み方について

 

強力わかもとは、成人であれば1日3回食後に飲む製品です。

 

「食後に飲む」というのもポイントで、食前に飲むよりもより効果を発揮できる飲み方になります。

 

食前など空腹時の胃は酸性度が高く、強力わかもとのような菌を成分の主体とする製品を飲むと菌が死滅してしまいます。

 

そのため、食前に飲むと効果が得られにくいと考えられています。

 

強力わかもとの気になる噂や副作用

 

副作用について

強力わかもとは体に有益な菌を成分の主体とする製品のため、安全性が高く目立った副作用の報告はありません。

 

ただし、副作用とは無関係に、アレルギーを持っている方が該当するものを摂取し症状を発現する、ということは考えられます。

 

強力わかもとは小麦由来の菌を使用している旨の記載があるので、小麦にアレルギーのある方は注意が必要です。

 

強力わかもとを飲むと太るという噂

ネットで強力わかもとを調べると、強力わかもとを飲むと太るという記事が散見されます。

 

記事を読んでみると、消化酵素により吸収がアップするので太るというような内容です。

 

また強力わかもとの副作用で太るといった記事もあります。

 

医療従事者の視点でこれらの記事を読むと、少々乱暴な印象を持ちます。

 

胃腸を改善することで太るのか

なぜ太るのかは2通りの考え方ができると思います。

 

  1. 必要なエネルギーを上回って過剰に摂取することで起こるもの
  2. 余分に摂取したエネルギーを消費することなく蓄えてしまう

 

これらから考えてもわかるように、太ることは消化吸収機能が正常に整うことで起こるものではありません。

 

運動不足だけど食べ過ぎてしまう場合など、消費エネルギーよりも摂取エネルギーが上回る場合に、余剰エネルギーが体重増加という形で表出し、太ってしまうのです。

 

消化吸収がうまくできていなかった人にとって、消化吸収を正しく行えるようになるのは歓迎すべきこと。

 

消化吸収機能という胃腸の改善が直接の原因で太るわけではないので、意味を履き違えてはいけません。

 

強力わかもとが原因で太るのではない

消化吸収機能の正常化が太ることに直接は結びつきません。

 

しかし、強力わかもとを服用することで消化吸収機能が整い、その結果食欲が増進して、食べ過ぎて太ってしまうことは考えられます。

 

このとき勘違いしてはいけないのは、強力わかもとの効果が原因で太るわけではない、ということです。

 

筋トレのために太りたくて強力わかもとを飲む方もいるようですが、強力わかもとを飲むことで太るわけではありませんので、正しい情報の選択が必要です。

 

強力わかもとの副作用で太るわけでもない

強力わかもとの副作用で太るという記述も見受けられますが、強力わかもとに太る副作用はありません。

 

よく薬で太ることを心配する方もいますが、これらの根底にあるものも『食欲が出ること』に由来するものです。

 

このような場合に大切なことは、『増加した食欲をコントロールすること』です。

 

食べたいものを思うがまま食べていては、太ってしまうのは当然の結果といえます。

 

エビオス錠や新ビオフェルミンSと強力わかもとの製品特性の違い

 

構成要素の違いについて

強力わかもとを検討している人にとって特に気になるのが、他の製品との効果の違いなど、製品特性の違いではないでしょうか。

 

整腸剤はたくさんありますが、強力わかもととよく比較されるエビオス錠と新ビオフェルミンSの違いについて検討してみたいと思います。

 

エビオスはビール酵母の塊

エビオス錠はビールでおなじみのアサヒが販売している整腸剤です。

 

成分もビールで有名なアサヒならでは。

 

ビール酵母と、錠剤を固めるために必要な添加物のみ、というシンプルな成分で構成されています。

 

エビオス錠の効果

エビオス錠の効果はビール酵母が担っています。ビール酵母に含まれる主な成分は下記の3点です。

 

  • ビタミン
  • ミネラル
  • アミノ酸

 

これらの栄養成分が豊富に含まれ、体内で効果を発揮します。

 

また、ビール酵母自体にも腸内の善玉菌を増やす働きがあり、便秘や下痢の改善といった整腸効果を発揮します。

 

さらに、ビール酵母はビール大麦由来であるため、食物繊維も含有しています。

 

食物繊維はそれ自体に便秘改善効果がありますが、現代人の食生活では必要量の摂取が難しいといわれています。

 

そのため、食事とは別に食物繊維を補うことは、現代社会を生きる上で大切なことなのです。

 

ビオフェルミンは整腸作用に特化

ビオフェルミンは医療用の便秘改善医薬品として、医療現場でも多用される整腸剤です。

 

医療用も一般用も有効成分に大きな違いはなく、市販薬として販売されている新ビオフェルミンSも主成分は3種の乳酸菌です。

 

使用している乳酸菌に特徴があり、腸内への定着性が高く、小腸から大腸まで広く腸内を整えられるような設計になっています。

 

強力わかもとは3つの要素から構成される

強力わかもとはビール酵母と乳酸菌に麹菌を加えた製品です。

 

エビオス錠と新ビオフェルミンSのいいとこ取りでありながら、さらに麹菌で効果を高めた製品といえます。

 

麹菌は食べ物の消化吸収に必要な成分である消化酵素産生のもととなるものです。

 

栄養豊富であり、便秘改善効果も消化改善効果も期待できる整腸剤の中のマルチプレーヤーといえるでしょう。

 

どの製品がおすすめか

強力わかもとかエビオス錠か新ビオフェルミンSか…

 

どれをおすすめするかは、目的によって異なります。

 

強力わかもとはマルチプレーヤーではありますが、エビオス錠や新ビオフェルミンSなど特定成分に特化した製品とは成分の配合量も種類も異なるため、どのような場合においても強力わかもとがおすすめ、とはいえません。

 

エビオス錠がおすすめの場合

例えば、ビール酵母に特化したエビオス錠に比べて、強力わかもとのビール酵母の配合量は約1/3と、特化した製品に比べて劣ります。

 

このため、胃もたれや食欲不振が主症状で便秘も伴うのであれば、強力わかもとよりもエビオス錠がおすすめです。

 

新ビオフェルミンSがおすすめの場合

新ビオフェルミンSは乳酸菌にこだわりがあり、乳酸菌の中でも質の高い種類の菌を配合した製品といえます。

 

胃の症状は特になく、とにかく便秘に悩んでいるのであれば新ビオフェルミンSをまず試してみるといいでしょう。

 

強力わかもとがおすすめの場合

胃もたれがあり食生活も乱れがちで、便秘にも悩んでいるのであれば、マルチプレーヤーとして優秀な強力わかもとをおすすめします。

 

このように、今の自分の状態によって、整腸剤は使い分けることが大切です。

 

整腸剤は似通った成分を配合する製品が多く、選択肢も多いので、自分で選ぶのは大変。

 

このようなときこそ、ドラッグストアで薬剤師に相談してみましょう。

 

強力わかもとで腸内フローラの改善も期待できるか

効果は人それぞれ

強力わかもとは腸内環境の改善を謳っています。

 

実際に自分にも効果があるのか気になると思います。

 

整腸剤を選ぶうえで大切な考え方は、『効果の発現は人それぞれ』ということです。

 

 

各種いろいろな整腸剤が発売されており、表示されている成分が同じである場合も、その成分の種類までも同じであるとは限りません。

 

例えば、強力わかもとの乳酸菌と新ビオフェルミンSの乳酸菌では、表示成分こそ同じでも乳酸菌自体の種類は異なります。

 

腸内細菌の構成も人それぞれ

腸内細菌は『100人いたら100通り』といわれており、菌の種類や構成は人それぞれです。

 

そのため、同じ整腸剤でも効果のある人と効果がない人が出てきます。

 

また、効果発現も即効性は期待できないため、だいたい1週間くらいは飲み続けて様子をみるといいでしょう。

 

腸内フローラ改善も期待できる

腸内フローラとは、腸内細菌が住んでいる腸内の様子のことを指しています。

 

腸内細菌の中でも、善玉菌と悪玉菌のバランスで腸内フローラの状態は異なり、このバランスの状態を表す言葉として「腸内環境」という言葉が使われます。

 

善玉菌が優位な状態を『腸内環境が整っている』と呼ぶわけです。

 

 

強力わかもとは、善玉菌の働きや増殖をサポートすることで腸内環境を整えます。

 

腸内環境は人それぞれで、効果の発現は人によって異なりますが、腸内フローラの改善は十分に期待できます。

 

口コミについて

 

強力わかもとの口コミをネットで検索してみました。

 

ネットで得られた口コミを、薬剤師植松の口コミ情報として解説してみたいと思います。

 

胃の状態改善に関する口コミ

ネットの口コミで多くみられたのが、胃の状態改善を訴えるものでした。

 

記事の中でも解説しましたが、強力わかもとのビール酵母と消化酵素の産生菌である麹菌の相乗効果が得られている様子が伺えます。

 

1日の摂取量が多いという口コミ

『1日に飲む量が多過ぎる』という口コミもありました。

 

強力わかもとの1日服用量は27錠なので、確かに多いです。

 

これはエビオス錠でも同様のことが言え、エビオス錠は1日30錠が服用量です。

 

 

なぜこんなに飲む必要があるのかは、公式ホームページに記載があります。

 

強力わかもともエビオス錠も、天然由来成分と、それを錠剤状に固めるために必要な添加物のみで作られています。

 

天然由来の原料を無駄なく、全細胞の成分を1錠に詰めるため、1日に飲む量が多くなってしまうようです。

 

つまり、1日に飲む量が多いということは、化学的に凝縮したり合成したりしておらず、天然由来にこだわって製品化された証である、と言えるでしょう。

 

製品によって効果が違ったという口コミ

『エビオス錠は効かなかったけど強力わかもとは効果があった』という口コミもありました。

 

記事内で解説したように、そのときの症状によって適切な製品を選択することが、効果を得るためには大切だ、ということが言えると思います。

 

まとめ

 

強力わかもとは、整腸剤の中でもいいとこ取りのマルチプレーヤーで、便秘もあるけれど胃の症状もあるようなときに使うと効果的です。

 

強力わかもとを使うと副作用で太るという記述もネット上では見られますが、医学的に正しいとは言えません。

 

ネットの情報は玉石混交のため、自分が探している情報が正しい情報か見極めることも大切です。

 

ネットの情報を鵜呑みにせず、気になる情報や製品を購入する際には薬剤師に相談してもよいと思います。


【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

健康食品でスッキリサポート




関連ページ

整腸剤は便秘解消効果に効く?
即効性のある刺激性の便秘薬と違い、効き目のわかりづらい「整腸剤」について、薬剤師が解説。効き目や下剤との違いを知れば、なぜ整腸剤がおすすめなのかがわかります!
ザ・ガードコーワ整腸錠PC
ザ・ガードコーワ整腸錠PCは腸内フローラを改善し免疫力の向上ができ便秘改善効果もあります。ザ・ガードコーワ整腸錠PCの飲み方や効能、注意について薬剤師が解説します。
ガスピタンa
ガスピタンの効果や効く仕組みなどを解説。おならの原因から対策も紹介します。お腹の張りやポッコリと膨らんだお腹に悩んでいる人にガスピタンはおすすめです。
新ビオフェルミンS
新ビオフェルミンSの整腸剤で便秘改善!新ビオフェルミンSの飲み方や効能、注意について薬剤師が解説。腸内フローラを改善してがん予防、花粉症予防に利用しよう。
ヤクルトBL整腸薬
【薬剤師が徹底解説】ヤクルトBL整腸薬は整腸作用が便秘対策に効果的です。全種類の効き目や飲み方副作用や妊婦が飲んでも問題がないのかなどについて
整腸剤トルクミン
整腸剤トルクミンの納豆菌の整腸効果やナットウキナーゼの効果効能について薬剤師が解説します。その他の整腸剤との違いについても解説します。
新ラクトーンa
新ラクトーンaは便秘解消やお腹の張り、おならなどの辛い症状に効果がある整腸剤です。内容成分の乳酸菌や酵母の働きでお通じ改善に役立ちます。
ビタトレール ココアルファEX錠
ビタトレール ココアルファEX錠は、便秘解消やお腹の張り、おならなどの症状に効果がある整腸剤です。安全性と効果性がともに高く、副作用の心配をしたくないという方におすすめです。
ミヤリサン
ミヤリサン錠は、便秘解消やお腹の張り、おならなどの症状に効果がある整腸剤です。安全性が高く、また有効成分の酪酸菌は耐熱性・耐酸性に優れており、胃酸や抗生物質に強いのも特徴です。 ドラッグストアやネット通販で整腸剤を選ぶ際にお役立てください。
ラッパ整腸薬BF
ラッパ整腸薬BFは、便秘解消やお腹の張り、おならなどの症状に効果がある整腸剤です。安全性が高く、ジメチルポリシロキサンによるガスの吸収・排泄促進効果で、過剰なおならの量を減らすことが期待できるのも特徴です。
第一三共胃腸薬プラス細粒
第一三共胃腸薬プラス細粒は、便秘解消や下痢止め、胃痛・胸焼けなどの症状に効果がある胃腸薬です。副作用の心配が少なく、生薬や脂肪分解成分が胃を、乳酸菌が腸をそれぞれサポートし、弱った胃と腸からくる不調・不快感を緩和するのが特徴です。