【体験談】妊娠中に飲んでいた酸化マグネシウム。産後便秘に3Aマグネシアで便秘対策

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

3Aマグネシアの口コミ|産後の便秘対策で服用

妊娠中〜産後も続く便秘が改善

 

  • T.K.さん
  • 30代女性

 

今から9年前に妊娠した途端、それまでなったことのなかった便秘に悩まされるようになりました

 

妊娠中はかかりつけの産婦人科から酸化マグネシウムを処方されていたのですが、産後も便秘が全く解消されずに困っていました

 

酸化マグネシウムを処方してもらうためだけに医療機関を受診するにも当時乳児を抱えて受診するのは大変だと思ったことから、市販でいい便秘薬がないかどうかを探していました。

 

そして酸化マグネシウムと同じ薬である3Aマグネシアをスーパーの医薬品売り場で見つけたためこれでも効くのではないかと思って服用してみました。

 

 

産後すぐから服用し始めて現在で9年目になり、現在も服用しています。

 

使用方法としては就寝前に服用をするのですが、飲む量についてはきちんと適量を守っています

 

いちばん多いときでは6錠飲んでいたこともありましたが、産後から時間が経過するとともに便秘の症状は少しずつ落ち着いてきていることから現在では4錠もしくは3錠で調整しています。

 

3Aマグネシアを使用すると朝すっきり出るようになったので、昼間や夜などトイレに行きづらい時間帯に行かなくてよくなったのでよかったと思っています。

 

ただしプラスチックの瓶に入った状態になっていることから、持ち運びはしづらくて宿泊する際には別のケースに移動させて持ち歩くようにしています。

 

 

妊娠中は非常に便秘になりやすくなりますよね。

 

3Aマグネシアは妊婦でも安心に飲める酸化マグネシウム便秘薬で、市販薬のため手軽に購入できるので手に入りやすく便利です。

 

現状は3Aマグネシアでお通じも問題ないようなので特段新しい対策は不要だと思いますが、お子さんにもご両親の腸内フローラは影響があります

 

腸活をすることで、病気になりづらく健康な日々を送ることや、勉強や仕事への集中力の増加にもつながります。

 

ぜひ、家族みんなで腸活へ意識を向けて、腸内環境を整えましょう。

 

 

3Aマグネシアとともに、発酵食品を毎日とるか、整腸剤乳酸菌サプリを飲むことをおすすめします。

 

 

発酵食品はヨーグルト、チーズなどの動物性乳酸菌と、漬物やみそ、しょうゆ、塩麹、甘酒などの植物性乳酸菌があります。

 

日本人が昔からとってきたのは植物性乳酸菌です。

 

塩分が多いものが多いので、塩分過多には注意していただきながら定期的に摂っていきましょう。

 

 

ほかにも、水溶性食物繊維豊富なネバネバした食材も善玉菌を増やす働きがあるため、慢性便秘の方にお勧めです。

 

これらのお食事の工夫に、便秘に効果的な運動習慣とを合わせていただき、3Aマグネシアの量も徐々に減らしていけるといいですね。

 

 

基本の便秘対策は当ページ下部のリンク先に詳しくご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてください。

 

妊娠中・授乳中の便秘にも使える市販の酸化マグネシウム系便秘薬、3Aマグネシアの薬剤師による解説記事はこちら

【薬剤師が教える】3Aマグネシア便秘薬の効果・副作用・飲み方のコツなど

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

健康食品でスッキリサポート




関連ページ

【体験談】5日出ない便秘・固い便で切れ痔に。対策として3Aマグネシアで正解!
昔からの便秘体質で、硬くなった便が原因の切れ痔に悩まされているという40代男性が3Aマグネシアを利用した時の体験談。薬剤師によるアドバイスあり。
【体験談】カチカチの固い便で3〜4日の便秘症|3Aマグネシアで便秘解消
3〜4日便が出ないことが当たり前、便もカチカチで出すのに時間がかかり、出ても残便感が強く気持ちが悪いという20代女性が、3Aマグネシアを利用した体験談。薬剤師によるアドバイスも。
【体験談】ひどい便秘で肌荒れ、吐き気、食欲がなかった|3Aマグネシアで便秘解消成功
5日に1回くらいの頻度でしかお通じがなく、肌荒れやのどが詰まっている感覚で悩まされていたという30代女性が、3Aマグネシアを利用した時の体験談。薬剤師によるアドバイスあり。