【ビオフェルミン便秘薬の副作用】下痢・腹痛・吐き気の薬剤師解説

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

【薬剤師が解説】ビオフェルミン便秘薬の効果と副作用について

 

軟便や便秘で悩む人におなじみのビオフェルミン。

 

ビオフェルミンといえば医療用医薬品のビオフェルミン錠や市販の整腸剤である新ビオフェルミンS錠がよく知られていますが、実はビオフェルミンにはビオフェルミン便秘薬という薬もあるんです。

 

ビオフェルミン便秘薬が適した人や他のビオフェルミンとの違いなどについて、便秘で悩む人へ薬剤師の植松がお届けします。


 

目次:

 

下剤や整腸剤などの市販便秘薬総合おすすめランキングを薬剤師が監修!

【薬剤師が解説】便秘薬おすすめランキング!6つの市販薬からベストを選ぶ

 

市販整腸剤『新ビオフェルミンS錠』についての薬剤師解説記事はこちら

【薬剤師が教える】新ビオフェルミンS錠の便秘解消効果と副作用

病院で処方されるタイプの整腸剤『ビオフェルミン』についてはこちら

【薬剤師が教える】医療用ビオフェルミンの便秘解消効果と副作用

 

  • 商品名:ビオフェルミン便秘薬
  • メーカー:ビオフェルミン製薬
  • 希望小売価格:60錠1,000円(税抜き)

(製品情報ページ:http://www.biofermin.co.jp/products/benpiyaku/

 

 

ビオフェルミン便秘薬の副作用

副作用の心配が少ない便秘薬

 

ビオフェルミン便秘薬はリスクの面でも安心な便秘薬で、目立った副作用があまりありません。

 

それでも何か副作用を挙げるなら……ビオフェルミン便秘薬に限らずですが、腸を刺激するような便秘薬は腹痛を生じることがあります。

 

この腹痛が嫌で「腸を刺激する便秘薬は使いたくない!」なんて人も実際には多いんですよ。

 

 

副作用として出る可能性がある症状として、添付文書に書かれているのは腹痛の他、吐き気や嘔吐、お腹の張りやゴロゴロなどの不調。

 

他に、発疹や肌が赤くなってかゆみが出る症状が挙げられています。

 

決して頻度が多いものではないですが、これらの症状が出たら使用を止めてお医者さんや薬剤師さんに相談してください。

 

使いすぎによる耐性に注意

 

副作用よりも、長期連用による耐性や習慣性を意識的に注意すべき便秘薬だと私は思います。

 

 

▲目次にもどる

ビオフェルミン便秘薬を使用した人の体験談・口コミ

 

飲んだ翌日に苦しい便秘が解消

 

  • Y.H.さん
  • 30代女性

 

過敏性腸症候群の、混合型です。

 

便秘は吐き気なども起こるし、会議や電車などの時に急に下りそうになると、便秘で溜まっていた分大変な思いをしそうなのが怖くて外出できなくなりイライラしてしまいます。

 

 

便秘に傾いたり下痢に傾いたり交互になったりするのですが、この時はどんなに水分を摂ったり刺激物を食べたり食物繊維に気をつけたり…と自然排便を意識しても出ず、お腹も張って苦しく気分も悪く、左下腹部が痛くなっていました

 

ビオフェルミン便秘薬は、近隣の大手のドラッグストアで購入できました。

 

昔から「便秘や下痢など、胃の症状にはビオフェルミン」というのが母の教えというか我が家の鉄則であったため、「ビオフェルミンのものなら下剤でも安心して飲めるかな?」と思い安心して購入できました。

 

 

15歳以上は1回につき3〜5錠ということでしたが、はじめてなので3錠を飲んでみました。

 

寝る前に服用し、翌朝の効果に期待しました。

 

夜中に少し胃が動くような違和感を感じてトイレに行きましたが出ず、しかしおならがたくさん出て少しお腹の張りがおさまったように思いました。

 

翌朝いつも以上に多めに水分を摂ってみると、食後1時間以内にお腹がぐるぐるなりだし、はじめは固くだんだんゆるい便が2回に分けて出ました

 

外出予定のない日にしておいて良かったです。

 

詰まっていたのが取れたからか、少し便秘症状は落ち着きましたが、念のため寝る前に1錠数日飲みました。

 

何日も便秘なことはなくなりました

 

 

今現在は、朝冷たい水を飲む、イージーファイバー等食物繊維のものを摂取するなどの対策を行っています。

 

 

過敏性腸症候群ということなので、ストレス対策や自律神経ケアを主軸に対策を行いましょう。

 

現在は朝の水やイージーファイバーなどの食物繊維で落ち着いているようなので、お薬の対策は不要ですね。

 

 

食事のとり方は『朝かるめ、昼しっかり、夜かるめ』が理想です。

 

和食を中心に胃腸が疲れてしまう重たい揚げ物や高カロリーな食べ物は控えましょう。

 

寝る時間は夕食後3時間は間を空け、11時くらいには就寝するのが理想です。

 

 

生活リズムをストレスなしにすることで自律神経が整い、過敏性腸症候群の症状が落ち着いてくると思います。

 

便秘がひどい場合はビオフェルミン便秘薬でも良いのですが、もう1ランク優しい便秘薬の酸化マグネシウム便秘薬に切り替えることをおすすめします。

 

市販の酸化マグネシウム便秘薬についてはこちら

 

一週間飲み続けたけど効果が感じられない

 

  • T.T.さん
  • 30代女性

 

子どもの頃から重度の便秘症で薬を飲まないと排便が出来ないので様々な便秘薬を試しています。

 

放っておくとガスも出ない状態でお腹がパンパンに張って食欲もなくなり、便がカチカチになってさらに便秘が悪化する…という悪循環を繰り返しています。

 

センナ系の薬は身体への負担が大きいし耐性がつきやすいので、身体に優しい便秘薬を探していたところ、ドラッグストアの薬剤師さんにビオフェルミン便秘薬を勧めてもらいました。

 

子どもでも飲めるくらい穏やかな効き目とのことでしたし、センナも入っていなくて副作用もなさそうなので購入してみました。

 

 

最初、最低量の3錠を就寝前に服用したのですが何も起こらなかったので翌日から5錠に増やしてみました。

 

錠剤は厚みも薄くて小さめなので飲み込みやすいです。

 

匂いも気にならず、錠剤が舌に触れた時に少し甘さを感じました。

 

激しい腹痛や吐き気などの副作用もなくとても飲みやすいお薬なのですが、肝心な便秘解消効果が私には全く実感出来ませんでした

 

便秘薬ではなくて間違ってサプリメントを飲んだのかと思うくらい、服用しても何も変化が起こりませんでした。

 

1週間以上飲み続けましたが、ガスも出ないしお腹の張りも解消されず、便意も感じませんでした。

 

かなり頑固な便秘なので効き目が穏やか過ぎたのだと思います。

 

重度な便秘症の方だと判断できます。

 

便秘薬だけの対策よりも総合的な便秘対策を行うことをおすすめします

 

食事はネバネバした食べ物や海藻類の水溶性食物繊維を多く摂り、毎日有酸素運動をしましょう。

 

水分はこまめにとり1.5リットルは最低でも摂ります。睡眠時間と睡眠の質の確保も忘れてはなりません。

 

そこに発酵食品や食物繊維を追加していき、腸内環境を整えたうえで便秘薬を利用していきましょう。

 

 

便秘薬の使い方については別ページで解説しますが、重度の便秘症の場合はすぐに解決することは難しいため月単位の対策を続ける努力は必要です。

 

一度体質が改善すると正しい便意が起こるようになり便秘薬もほぼ使わないでも排泄できるようになるので、長期計画で便秘対策に取り組んでください。

 

薬剤師が教える便秘薬の使い方についての記事はこちら

 

飲み続けて3週間ほどで便秘が解消

 

  • S.T.さん
  • 30代男性

 

当時の状況は酷い便秘状態であり、約1週間程度全くお通じが無いという状況でした。

 

さらに元々体質として過敏性腸症候群を患っていることもあり、一度便秘が始まると長引いてしまうという苦しい状況でした。

 

実際にかなりの腹部膨張感に見舞われた他、気持ち悪さや吐き気なども併発していました。

 

 

そのような便秘状況が続いたので、いよいよまずいと思い便秘薬を利用してみようと決心しました。

 

ただ日頃から薬などを服用することが嫌いで機会に恵まれなかったこともあり、便秘薬を選ぶ際にはネットなどで情報を集めて慎重に薬を選んでいました。

 

そのような情報収集を続けていると、お腹に優しく作用するビオフェルミン便秘薬という存在を知り、早速大手の製薬会社の通販サイトで購入するに至りました。

 

 

ビオフェルミン便秘薬を使用していた期間としては1ヶ月程度利用しており、一気に効果をもたらそうとせず徐々に服用量を増やしていきました。

 

まずは、就寝前の一日一回、三錠程度から服用しました。

 

そうすると1週間程度服用した後に徐々に便が出始めてきた他、腹部膨張感が解消されてくるのを実感しました。

 

ただ、完調とまではいかずまだ便が体に残っている状況は続いていましたので、3週間目に1回5錠まで服用量を増やすことにしました。

 

そうすると今まで溜まっていた便が一気に出てくるようになり、朝は必ずお通じが来るという状況にまで改善しました。

 

ただ、あまりに効果があったのでこれ以上は服用するのは怖いなと感じ1ヶ月で服用を終えました。

 

 

ビオフェルミン便秘薬は一気に効果を期待するものではなく、徐々に便通を改善するものだと感じました。

 

ただ少し難点を挙げるならば、独特の臭みが存在しており薬というか漢方のような匂いがするので服用する際には注意が必要だと思います。

 

 

ビオフェルミン便秘薬は整腸剤とは違い下剤成分が含まれます

 

量の調整をしながらご自身にあった量で飲まれると良いかと思います。

 

 

過敏性腸症候群ということなので、普段からの腸内環境を整えることは忘れないようにしましょう。

 

食物繊維、発酵食品は毎日食べてください。

 

ストレスをためすぎるのもよくないので、週末好きなことを行う時間を作ることや軽い運動をするなど、普段の生活とは別な気分転換も過敏性腸症候群予防には効果的です。

 

薬を飲まないとスッキリ出ない

 

  • T.Y.さん
  • 40代女性

 

20代後半頃から便秘に悩まされてきました。

 

便意が全くなく、しかし、お腹が張ってオナラがよく出ることが多かったです。

 

何も対策をしなかったら一週間以上出ないことも多々ありました。

 

市販のコーラックを4日以上便が出ない時に使用していたのですが、必ず腹痛がするので、あまり使用したくありませんでした。

 

 

便秘薬にあまり頼りたくなかったので、食物繊維を多く摂るようにしたり、ヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べたり、ヤクルトを飲んたりしましたが、あまり改善しませんでした。

 

そんなときにドラッグストアでビオフェルミン便秘薬を見つけ、試しに購入しました。

 

 

便秘気味なので、4日便が出なかったら夜に服用しています。

 

使用量は説明に書いてある通りにしています。

 

粒が小さく飲みやすいです。

 

匂いも気になりません。

 

 

お腹の痛みも気にするような痛みではないので、以前飲んでいた便秘薬よりもいいです。

 

服用し始めた頃は、やはり痛みがありましたが、今は全く痛みはないわけではありませんが、気にはならないくらいになっています。

 

 

腹痛をあまり感じなくなってきたためか、便が出なかったら便秘薬、という感じで、薬に頼りすぎてしまったせいなのか、薬を飲まないと便がスッキリと出ないように感じてきました

 

 

今は朝、コップ1杯の水を飲むようにしています。

 

朝水を飲むと便意があるので、そうしています。

 

その時に出る便は、コロコロとした状態のものですが、出ないよりはマシだと思い、毎朝続けています。

 

 

ビオフェルミン便秘薬も刺激性便秘薬の一種なので、継続して利用すると効果が少なくなる可能性があります。

 

非刺激性便秘薬の酸化マグネシウム配合の薬に変更することをおすすめします。

 

3Aマグネシアや酸化マグネシウムE便秘薬といったお薬です。

 

ドラッグストアでも入手できる酸化マグネシウム配合の薬についてはこちら

 

これらの薬は腸を刺激せず、腸管に水分を増やすことでお通じの流れを良くする作用があります。

 

酸化マグネシウムを利用して毎日排泄する癖をつけていき、やがて便秘薬を利用しなくても出る体質にすることが理想です。

 

薬の変更とともに食事、運動の対策を続けて体質改善に取り組んでみましょう。

 

 

▲目次にもどる

ビオフェルミン便秘薬の便秘への効果

3つの有効成分が便秘を改善

 

ビオフェルミン便秘薬は3つの有効成分が特徴的な便秘薬です。

 

それぞれどのような特徴があるのか?

 

簡単にみてみましょう。

 

連用は避けたいピコスルファートナトリウム水和物

 

ビオフェルミン便秘薬の「出す」役割を担うのが、このピコスルファートナトリウム水和物

 

様々な便秘薬にも配合されている成分で、その働きは腸を直接刺激して便を強制的に出すイメージです。

 

連用してしまうと習慣性が出たり、「もっと多くの量じゃないと効かない!」といった耐性が出たりするので、長期連用は避けたいところです。

 

便秘にも下痢にも有効なビフィズス菌

 

ビオフェルミン便秘薬の「整える」役割を担うのがビフィズス菌

 

ビフィズス菌は腸内環境を整えて便秘を改善してくれるサポート成分です。

 

善玉菌の良質なエサとなるラクトミン

 

ラクトミンもビオフェルミン便秘薬の「整える」役割を担う成分。

 

ラクトミンは乳酸菌の一種で、腸内環境のバランスが崩れたときにバランスを整えて腸内環境を改善させる働きがあります。

 

一時的な便秘に使いたいビオフェルミン便秘薬

 

ビフィズス菌やラクトミンは一時的な摂取でなく、連用して摂取したい成分。

 

でも、ビオフェルミン便秘薬にはピコスルファートナトリウム水和物が配合されていることは忘れてはいけないポイントです。

 

ビオフェルミンの名を冠しているため体に優しそうなイメージが先行するかもしれませんが、ビオフェルミン便秘薬は一時的な便秘に使う薬だということは必ず覚えておきましょう。

 

 

▲目次にもどる

ビオフェルミン便秘薬が適している人や飲み方は?

はじめての便秘で悩んでいる方におすすめ

 

そんなビオフェルミン便秘薬は、はじめて便秘で悩んでいるという人におすすめです。

 

「普段便秘ってならないんだけど、たくさんある便秘薬の中で何がおすすめなの?」という人におすすめできる便秘薬です。

 

11歳から使える!子供の便秘にビオフェルミン便秘薬

 

大人の便秘だけでなく、子供の便秘にもビオフェルミン便秘薬は使えます。

 

子供に使える便秘薬は限られているので、何を飲ませたらいいか迷ったときにビオフェルミン便秘薬を検討してみてもいいでしょう。

 

夜飲んで朝の排便を促す

 

ビオフェルミン便秘薬の効果発現の目安は服用から7〜12時間後。

 

もちろん個人差はありますが、夜寝る前に飲めば朝の排便が期待できます。

 

服用目安は1週間

 

長期連用はダメ!と前述したように、服用目安は1週間です。

 

1週間飲み続けても便秘が改善しない場合は、医療機関の受診や他の種類の便秘薬への切り替えを検討しましょう。

 

他の便秘薬へ切り替える場合は、『ビサコジル』や『センノシド』が含有されている製品を検討してみるといいと思います。

 

 

▲目次にもどる

ビオフェルミン便秘薬と他のビオフェルミンとの違い

ピコスルファートナトリウム水和物の含有が特徴

 

『ビオフェルミン』という名前がつく便秘薬はシリーズでいくつかありますが、ピコスルファートナトリウム水和物が入っているのはビオフェルミン便秘薬だけ。

 

腸を刺激する成分が入っているのがビオフェルミン便秘薬と覚えましょう。

 

新ビオフェルミンSと併用してもOK

 

ビオフェルミンといえば、なじみ深いのが新ビオフェルミンS

 

こちらは整腸効果を目的とした整腸剤で、乳酸菌が有効成分。

 

軟便や便秘など症状があるときはもちろん、普段から腸内環境を整える目的で飲むこともできます。

 

また、新ビオフェルミンS錠はビオフェルミン便秘薬との併用も問題ありません。

 

 

▲目次にもどる

『ビオフェルミン』と『ビオフェルミン便秘薬』は別物

 

ビオフェルミンというと優しいイメージがありますが、ビオフェルミン便秘薬の連用は禁物

 

腸内環境を整える目的で飲む、整腸剤とは目的が違うのです。

 

  • ビオフェルミン便秘薬:便秘薬
  • 新ビオフェルミンS:整腸剤

 

同じビオフェルミンの名前を冠していますが、目的が違うことは覚えておきたいですね。


 

ビオフェルミン便秘薬も対象商品!市販薬の購入費用に応じて所得控除が受けられる『セルフメディケーション税制』についての記事はこちら

便秘薬をお得に!セルフメディケーション税制とは

 

 

▲目次にもどる

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

健康食品でスッキリサポート




関連ページ

【薬剤師がおすすめ】正しい下剤の選び方で体質改善!副作用や危険性も知ろう
薬剤師が教える!下剤の正しい選び方。下剤の種類、効果、使用方法や副作用の下痢、腹痛まで。間違った下剤の利用方法としてダイエット利用などの危険性なども知ってほしい
セルフメディケーション税制利用で便秘薬をお得に!
セルフメディケーション税制とは、年額12,000円以上、指定の市販薬を購入すると確定申告で控除が受けられる制度です。制度の詳細や対象となる便秘薬の商品一覧などを薬剤師がご紹介します。
子供の便秘薬の選び方
子供が辛い便秘の時に利用すべき便秘薬や下剤の選び方について安全性を考えて書いていきます。
【薬剤師解説】妊婦の便秘薬|酸化マグネシウム(マグミット)は安心?市販は?
妊婦さんの便秘薬の使用について、薬剤師が解説します。実際に妊娠中に便秘薬を使用した経験を持つ方の口コミ集も。
下剤ダイエットがおすすめできない理由
【危険!】下剤ダイエットは安全ではありません!絶対にやめましょう。下剤ダイエットで痩せたい方へのやり方や注意点などをまとめます。
市販の酸化マグネシウム便秘薬おすすめ3選
市販の酸化マグネシウム便秘薬のラインナップやおすすめ商品を、他の便秘薬との違いや効き目のメカニズム、注意点、副作用などとあわせて薬剤師が解説します。
種類別・便秘薬の副作用について
便秘薬の気になる副作用を、便秘薬の種類別に薬剤師が詳細解説します。副作用のリスクが少ない便秘薬の選び方や、副作用Q&A、実際便秘薬を使用して副作用に苦しんだ人の体験談も。
便秘薬で下痢になるのはなぜ?
便秘薬を飲んで下痢になってしまう原因についてや、便秘薬の副作用で下痢になってしまった時の対処法、下痢や腹痛になりにくい便秘薬の選び方・使い方について薬剤師が解説します。便秘薬で実際に下痢になってしまった人の体験談も。
刺激性便秘薬と非刺激性便秘薬の違い
テレビで連用の危険性が紹介され話題となった刺激性便秘薬と、腸を刺激しない非刺激性便秘薬について、その違いや使い方の注意、便秘体質を改善するための上手な便秘薬の利用法などを薬剤師が解説します。
4種類のスルーラックまとめ
スルーラックは即効効果のある便秘薬です。エスエス製薬のスルーラックの飲み方や効能、腹痛や下痢・おならなど副作用情報、注意点について解説。種類が多いので選び方を知りましょう。
オイルデル
オイルデルは便に水分を集め柔らかくする働きと便が腸内を移動する潤滑剤の働きを併せ持った便秘薬で、腹痛や慣れ(耐性)の起きづらいのが特徴です。薬剤師がオイルデルの有効成分や効果、腹痛や下痢・吐き気・嘔吐などの副作用情報、注意点などについて解説します。
クレンジル
小林製薬のクレンジルは薬用炭を配合した異色の便秘薬です。下痢や腹痛、発疹などの気になる副作用情報を中心に、クレンジルの効果メカニズムや配合成分、注意点などについて薬剤師が解説します。
スラーリア便秘薬
ロート製薬のスラーリア便秘薬は、酸化マグネシウムを主成分とした『機械性下剤』に分類される便秘薬です。腸への刺激が少なく比較的安全性が高いことが特徴のスラーリア便秘薬について、薬剤師が効果や注意点などを解説します。
ビスラットゴールドEX
ビスラットゴールドEXは更年期の女性をターゲットとした代謝改善、便秘改善の薬です。大柴胡湯という漢方薬が主原料のビスラットゴールドEXの便秘解消効果についてや更年期女性以外に男性にも効果が期待できるかなどについて、薬剤師が分析、解説します。
錠剤ミルマグLX/ミルマグ内服液/ミルマグ液
ミルマグはエムジーファーマ株式会社が販売する水酸化マグネシウムを主成分とした便秘薬・制酸剤のシリーズ。錠剤のミルマグLX、液剤のミルマグ内服液・ミルマグ液のラインナップを揃えるミルマグのそれぞれの違いや効果、副作用などについて薬剤師が解説します。
新ウィズワン
新ウィズワンはゼリア新薬が販売する「植物性便秘薬」を謳う便秘薬。安心なイメージが先行しますが、安全性はどうなのか?また、ダイエットに効くという噂はどうなのか?成分や効果、副作用などについて薬剤師が解説します。
イオナミン・イオナミンZ
ゼットイオン薬品が販売するイオナミン・イオナミンZは、酸化マグネシウムを主成分とした便秘薬。下剤の中では比較的安全性が高いとされるイオナミンについて、薬剤師が効果や副作用を中心に解説します。
ウエストンサラ
小林薬品工業株式会社が販売するウエストンサラは、生薬と乳酸菌のダブルの効果で、今辛い便秘を解消しつつ腸内環境の改善も見込める便秘薬です。可愛いパッケージで体に優しそうなイメージが先行しがちなウエストンサラの効果や副作用、注意点について薬剤師が解説します。
カイベールC
株式会社アラクスが販売する刺激系便秘薬カイベールCの効果や副作用、注意点について薬剤師が解説します。
スイマグエース
三保製薬研究所が販売する液状の塩類下剤スイマグエースは、水酸化マグネシウムを主成分としたマイルドな効き目が特徴の便秘薬。スイマグエースの効果や副作用、注意点について、薬剤師が解説します。
ナイシトールZ/ナイシトールG/ナイシトール85a
ナイシトールシリーズは小林製薬が販売する肥満症の改善のための薬です。実は便秘解消効果もあるナイシトールについて、ラインナップごとの違いや効果、注意点などを薬剤師が解説します。
ハーブイン「タケダ」
武田コンシューマーヘルスケア株式会社が販売するハーブイン「タケダ」は有効成分DSSを配合した浸潤性下剤に分類される便秘薬です。その効果や効き目のメカニズム、副作用、注意点などについて薬剤師が解説します。
リリーシェハーブ便秘薬
翠松堂製薬が販売するリリーシェハーブ便秘薬はからだへの負担が少ないことを前面に押し出した便秘薬です。はたして本当に体に優しい便秘薬のか、薬剤師が成分などから効果と副作用、注意点などについて分析、解説します。
オイレスA
大木製薬株式会社が販売する坐薬『オイレスA』は、早ければ3〜5分で効果を発揮するという即効性が特長の薬です。その成分や効果と、副作用をはじめとした注意点を薬剤師が解説します。
ビーマス配合錠/ビーマスs速溶錠
日本臓器製薬株式会社が販売する医療用便秘薬『ビーマス配合錠』と市販便秘薬『ビーマスs速溶錠』の違いや効果、副作用などについて薬剤師が解説。同じ『ビーマス』を冠していても、全く違う性質の薬なので要注意です。
酸化マグネシウムE便秘薬
酸化マグネシウムE便秘薬は健栄製薬株式会社が販売する酸化マグネシウムが主成分の市販便秘薬。非刺激性便秘薬に分類され、安全性が特長である本製品の効果や副作用、注意点などを薬剤師が解説します。
アロエ便秘薬
アロエ便秘薬は株式会社ヤクルト本社が販売する市販便秘薬。名前やパッケージのイメージとは異なり、刺激性便秘薬に分類される強い効き目を持つ本製品の効果や副作用、注意点などについて薬剤師が解説します。
ビューラックA便秘薬
ビューラックAはすぐ出したい人向け!ビューラックの飲み方や効能、腹痛や下痢、嘔吐など副作用情報、注意点について解説。副作用の下痢、腹痛などに注意しながら服用しましょう。
3Aマグネシア
3Aマグネシアは便を軟らかくし、腸の慣れ(耐性)が起きづらい薬なので安心して利用することができます。3Aマグネシアの飲み方や効能や注意点、腹痛や下痢・おならなど副作用情報について薬剤師が解説します。実際に3Aマグネシアを利用した人の体験談と、それに対する薬剤師のアドバイスのコンテンツもあり。
タケダ漢方便秘薬まとめ
タケダ漢方便秘薬は慣れるので注意が必要?!タケダ漢方便秘薬の飲み方や効能、注意について解説
コーラック・タケダ漢方便秘薬・スルーラック・ビューラックの違いと飲み合わせ
売れている人気の便秘薬の内容成分の比較と飲み合わせや飲み方の注意を薬剤師が解説します。