【薬剤師解説】今すぐ効く!コーラック坐薬の効き目や使い方、時間・副作用など

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>市販便秘薬の種類>便秘薬おすすめランキング>

コーラック坐薬の効き目や使い方、時間・副作用など

 

コーラック坐薬はお尻から入れるタイプ坐薬です。

 

入れてからすぐに効果がありますので、いますぐ便秘を解消したい人や旅先、用事で排便時間を調節したい人におすすめです。

 

コーラック坐薬商品画像
画像引用:http://www.taisho.co.jp/colac/sub06.html


コーラック坐薬の成分

主要な成分

  • 炭酸水素ナトリウム:0.5g
  • 無水リン酸二水素ナトリウム:0.68g

 

コーラック坐薬の効果・効能

肛門からコーラック坐薬を入れると炭酸ガスが発生し、腸管がガスにより刺激をうけ便意を催し排便する作用があります。
効果がある挿入から時間は10分〜30分くらいです。

 

コーラック坐薬はどんな人へおすすめ?

すぐに効果がある便秘薬なので即効性がある方に向いています。
旅行や用事などで、下剤を飲んでから数時間後のいつ便意があるかわからないと困るという場合に使用してからすぐに効果があるというメリットがあります。
しかし注意してほしいのは排便後もすこし坐薬の効果が残り、おならが出る可能性があるので密閉された空間でおならがしずらい状況になる方は使用時間を早めるなど注意が必要です。

 

コーラック坐薬の使用の仕方

  • 一回一個の使用

間違っても飲まないようにしてください。
使用方法は肛門から直腸に入れる薬です。

 

コーラック坐薬の年齢別の用量

  • 12歳未満:使用不可
  • 12歳以上:一回一個

一回入れて効果がなければさらにもう一個入れても良いですが、様子を見ながら使用しましょう。

 

コーラック坐薬の特徴

飲まない便秘薬で、効果が早いのが最大の特徴です。
浣腸が苦手な人や、どうしても今すぐ効果を発揮させたい方、下剤で腹痛を起こしたくない方などに使用することができます。

 

コーラック坐薬の副作用

下痢や残べん感があることあります。
炭酸ガスが続けて出ることでおなら(放屁)が使用後にある可能性が高いので、即効性があるとはいえ使用時間にご注意ください。

 

コーラック坐薬の保管

坐薬全体を包むアルミの袋を開けていない場合、30以下の涼しいところに保管してください。
個別に坐薬を持ち歩く際はできれば15度以下の涼しいところへ保管しましょう。
冷蔵庫保管がベストです。
しかし、旅行など持ち歩く際は仕方がありませんので、日光の当たらないできるだけ涼しい場所で持ち歩いていただき、宿泊場所など冷蔵庫がある場所では冷蔵庫で保管してください。
一度溶けても、冷やすと固まりますが、坐薬の頭が下になっていないと入れる時に形が崩れて肛門に入れずらくなります。
入口を下に向けて保管をしましょう。

 

コーラック坐薬価格比較

インターネット通販でコーラック坐薬を購入することができます。
他のコーラックよりは単価がすこし高めです。

アマゾン:コーラック坐薬

【第3類医薬品】コーラック坐薬タイプ 10個

  • 値段:¥890円

楽天市場:コーラック坐薬

【第3類医薬品】【大正製薬】コーラック坐薬タイプ 10個【P25Jan15】

  • 値段:¥780円

 

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

お通じ対策に健康食品でサポート



関連ページ

【薬剤師が解説】コーラックファーストの効き目・成分・副作用・腹痛など
初めての人におすすめのコーラックファースの飲み方や効果、効能、下痢腹痛など副作用など。 コーラックファーストのおすすめ情報や価格比較情報をお伝えします。
【薬剤師解説】早くすぐ効くコーラック2の効き目や時間・副作用・腹痛下痢など
ひどい便秘にすぐに効果がでるコーラック2。効果が強力で頑固な慢性便秘にいますぐ便秘を治したい方にはコーラック2です。その作用と副作用、下痢や腹痛などの注意点も紹介
腹痛なしの便秘薬を探している方へコーラックハーブ。効き目や時間・副作用など
コーラックハーブは穏やかに効果を期待したい人の便秘薬です。通常のコーラックではない優しい効果を期待したい方へおすすめです。飲み方や副作用などの注意点を書いていきます。
【薬剤師解説】コーラックファイバーの効き目や時間・副作用・腹痛下痢など
コーラックファイバーはダイエット中の便秘の方やお通じの硬い人におすすめの便秘薬です。自然なお通じを目指したい方にお勧めです。効果と副作用についても紹介します。
【薬剤師解説】ピンクの小粒コーラックの便秘解消効果
コーラックのお通じ改善の効果についての解説と飲み方について。副作用などについても