【オイルデルの副作用】下痢・腹痛・嘔吐の薬剤師解説

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

オイルデルの便秘解消効果と飲み方・副作用などを薬剤師が解説!

 

『オイルデル』というネーミングが特徴的な便秘薬。

 

商品名に入っているオイルっていったい何でしょうか?

 

薬剤師の植松がオイルデルの便秘への効果や特徴を掘り下げます!


 

目次:

 

ドラッグストアやネット通販で手軽に手に入る便秘薬を、効果・即効性・安全性の面からランク付け!

【薬剤師が解説】便秘薬おすすめランキング!6つの市販薬からベストを選ぶ

 

  • 商品名:オイルデル
  • メーカー:小林製薬
  • 希望小売価格:24カプセル1,000円(税抜き)

(製品情報ページ:https://www.kobayashi.co.jp/brand/oilderu/

 

 

オイルデルの副作用

オイルデルは腹痛が起こりにくい


(出典:小林製薬公式HP)

 

オイルデルのような便秘薬で訴えの多い、腹痛の副作用

 

小林製薬が調査した便秘薬の不満点でも70%の回答者が腹痛を不満点として挙げるほど。

 

不満の多い副作用である様子が伺えます。

 

 

便秘薬に多い腹痛の副作用は、腸を直接刺激するような成分が含まれていることが原因。

 

オイルデルには腸を刺激する成分が含まれていないため、腹痛の副作用が起きにくいのです。

 

「便秘薬を使いたいけど、腹痛が嫌!」という方には朗報ですよね。

 

気をつけたいオイルデルの副作用の症状

 

オイルデルには目立った副作用が特にありません。

 

ただ、便秘薬の特性上、服用量が多いために起こる下痢や軟便には注意が必要です。

 

オイルデルを飲んでいて便がゆるくなったり下痢が発現したりした場合は、量を調節してみましょう。

 

また、まれながら吐き気や嘔吐の副作用が出ることも示唆されていますので、症状が出た場合は服用を中止して病院へ行くことをおすすめします。

 

その際には、薬や添付文書を持って行くとよいでしょう。

 

 

▲目次にもどる

オイルデルを使用した人の体験談・口コミ

 

穏やかな効果あり でもスッキリしない

 

  • M.S.さん
  • 50代女性

 

食生活に気をつけていても便秘になりがちな体質なので、3〜4日続けてお通じがないときは便秘薬やセンナ茶などを服用していました。

 

ただ薬もセンナ茶も効き目が強すぎることが多く、量を調節しても脂汗をかくほどお腹が痛くなるので自分に合うものを探していました。

 

便秘が続くとお腹がとても張ってしまい苦しくなり顔には吹き出物ができてしまうので、食生活を見直したりサプリメントを摂るようにしていたのですがあまり効き目がなかったです。

 

CMでたまたまこのオイルデルを見て試してみたくなり自宅の近くの大型スーパーで見つけたので購入しました。

 

 

試用期間は2ヶ月くらいでした。

 

説明書には1回3〜4錠とありましたが、効き過ぎるのが不安だったので2錠から始めました。

 

夜就寝前にたっぷりの水と一緒に飲みました

 

 

飲み始めてからは毎日お通じがありましたが何となくスッキリしないというか、まだ残っている感じはありました。

 

ただ飲む前と比べて便が柔らかくなったので出やすくなったとは思います。

 

オイルの効果というよりは水分を含んだ便が出やすくなったという感じです。

 

市販のほとんどの便秘薬で感じた腹痛はこのオイルデルでは全く起こりませんでした

 

普段は3錠で飲んでいますが、1度試しに4錠飲んでみましたが腹痛はなし、便の量も変わらなかったです。

 

 

今も常にお腹がはる、重たい感じがしてスッキリしないです。

 

まだオイルデルは残っているのですが効き目が穏やかなのでコーラックと併用しています。

 

 

オイルデル以前には薬としてはコーラック、ナチュラル便秘薬(ハピコム)、EX-LAX(海外製)、新ビオフェルミンを使用していました。

 

食べ物はごぼうやセロリなどの野菜、豆などを積極的に摂るようにしていましたがあまり効果はなかったです。

 

 

オイルデルは第2類医薬品ですので薬剤師か登録販売者のいる実店舗、もしくはインターネット通販で購入できます。

 

スーパーの医薬品コーナーでも見られるかもしれませんね。

 

M.S.さんが以前使っていた薬を詳しく見てみると、刺激性下剤(センナ茶・コーラック・EX-LAX)、酸化マグネシウム(ハピコムナチュラル便秘薬)、整腸剤(新ビオフェルミン)・・・と便秘の悩みから多くの薬を試されているのが分かりました。

 

 

オイルデルはセンナ茶やコーラックより腹痛や下痢が起こりにくい便秘薬ですが、効果は穏やかです。

 

注意点として、オイルデルには便に水分を含ませるDSSという成分が入っているので便が緩くなる可能性があります。

 

ただ、他の便秘薬を使っていた方はもしかするとオイルデルで効果を感じにくいかもしれません。

 

しかし、オイルデルが効かなかったからといって他の便秘薬と併用はしないでください

 

両方の効果が出すぎて腹痛などの副作用が起こりやすくなります。

 

そこで、オイルデルがいまひとつ効かないときにできるプラスアルファの対処法を紹介しますね。

 

それは、整腸剤の服用、水分補給、運動、食物繊維の摂取です。

 

また、食事は野菜や豆などの食物繊維を多く含む食品だけでなく主食や副菜をバランスよく摂ることが大切です。

 

食事をしっかりとることで便のかさが増えるので腸が活発に働き出しやすくなりますよ。

 

水分は便秘対策に大事ですのでたっぷりでなくてもかまいませんが積極的に摂りましょう。

 

 

なお、オイルデルの飲み方は1回3〜4カプセルを1日2回服用です。

 

以前便秘薬を飲んだら腹痛や下痢が起こって不安、便秘薬が全く初めてで心配、という方はM.S.さんのように最初は少なめの量で試してみても良いでしょう。

 

また、オイルデルの服用は空腹時となっています。

 

食後2時間経っていれば寝る前のタイミングでもかまいません。

 

他便秘薬と併用も効果はナシ

 

  • N.N.さん
  • 20代女性

 

オイルデルは家の近くのドラッグストアで購入しました。

 

もともと私は慢性的な便秘体質ではありましたが、購入当時特に頑固な便秘に悩まされていました。

 

藁をもすがる思いで購入しました。

 

ストレスがきつい時に水分が抜けて硬くなってしまうので、大腸に油が行き渡れば、少々便秘の改善に繋がるかと思い、購入し、服用しました。

 

購入したドラックストアにも大々的に広告していたので、若干期待を持って購入しました。

 

便秘薬は既にタケダ漢方便秘薬を使用していましたので、これ以上薬剤は増やせないと思い、オイルデルが薬剤というよりも、食品に近いイメージだったので、購入を決意しました。

 

 

使用した期間は短かったです。

 

1日2回、4〜5日にわたり使用しましたが、便秘の症状は特に改善されませんでした

 

副作用はありませんでした。

 

味、匂いも特にはなく服用はしやすかったです。

 

箱も比較的小さく他の場所には困りませんでした。

 

オイルデルという名前はかなり強烈に印象与えますが、私の場合はあまり目立った効果を得る事は出来ませんでした。

 

短期間での改善は難しかったのかもしれないので、もう少し服用してみてもよかったのかもしれないと現在思っております。

 

使用可能期間が長いので、現在も保持しております。

 

機会があれば再度の使用を考えております。

 

 

オイル、という名前から食品を連想するかもしれませんが、オイルデルは医薬品です。

 

主成分の麻子仁が油分を含むために名づけられました。

 

N.N.さんの体験談からタケダ漢方便秘薬とオイルデルを併用したように思われますが、複数の便秘薬を併用するのは大変危険です。

 

N.N.さんの場合は幸い何事もありませんでしたが、体質によっては複数の便秘薬が効きすぎて下痢や腹痛が起こる恐れがあります。

 

オイルデルは他の便秘薬と一緒に飲まないようにしましょう。

 

 

オイルデルは固くなった便に水分を行き渡せ、さらに油分の潤滑作用で出しやすくします。

 

お腹が痛くなりにくい便秘薬ですが、下剤としての強さは穏やかな方です。

 

N.N.さんのように普段から便秘薬を使っている方はオイルデルで思ったような効果を感じないかもしれません。

 

便秘が改善しないときは服用をいったん止めて別の方法を試しましょう。

 

なお、オイルデルは効いても効かなくても、飲み続けるのは1週間までにしてくださいね。

 

 

もし、他の市販の便秘薬を試してみたければ酸化マグネシウムの便秘薬を検討してみてください。

 

酸化マグネシウムは便に水分を含ませる成分でお腹が痛くなりにくいのが特徴です。

 

また、これ以上薬を増やしたくないとのことですのでウォーキングなどの続けやすい運動食事の見直しも行ってみてはいかがでしょうか。

 

いずれも腸の動きをよくすることで便秘の改善が期待できますよ。

 

食事で大切なのは乳酸菌などが含まれる発酵食品水溶性の食物繊維を摂ることです。

 

あわせて水分も積極的に摂りましょう。

 

他の便秘薬に比べて腹痛が少ない

 

  • K.S.さん
  • 30代女性

 

オイルデルはテレビCMで見てドラッグストアで購入しました。

 

今までは腸を刺激するタイプや漢方で効くタイプの便秘薬を使用していました。

 

 

高校生のころから便秘に悩んでいて昔から便秘にきくお茶やコーラック、タケダ便秘薬などの薬などに頼っていて飲めばお腹が痛くなり水分化した便を出すのが習慣になっていました。

 

自力で出そうとすると一週間は平気で出ないので常にお腹が張っていて痩せていますがお腹はポッコリです。

 

 

出産してからは体質が改善したのか3〜4日に一回は出る日が多くなりましたがお腹の張りがひどいときは便秘薬に頼る感じです。

 

便秘薬でもスッキリ出しきった感はないのでお腹の中がスッキリしてなおかつ痛くなりにくい、出しやすそうなオイルデルにひかれました。

 

 

効果がわからなかったのでまずは就寝前に2錠のみました。

 

あと水分はいつもよりかなり多めにとりました

 

(説明書を読んだわけでなく自分の勝手な判断です)
翌朝も起きてからすぐに水分をとりました

 

朝食まえには便意がきて水分に近い便がでました

 

お腹は少しキリキリした感じです。

 

朝食をとった一時間後ぐらいにまた便意がきてこんどはまとまった量の便が出ました。

 

お腹は違和感はありましたが朝のような痛みはありませんでした。

 

他の便秘薬に比べると痛みが少なかったのと、お腹の違和感があったのは午前中のみで後はなかったです。

 

(一日中お腹が痛くトイレにこもる便秘薬もあったので)

 

 

オイルデルの用法は1日2回、空腹時に1回3〜4カプセル服用です。

 

薬の量はその日の調子によって少し減らしてもかまいません。

 

もしも寝る前に服用する場合は食事から最低2時間はあけてくださいね。

 

 

オイルデルには便に水分をしみこませるDSSと、油分を含む麻子仁という成分が含まれています。

 

便は緩すぎても固すぎても腸に刺激をおよぼすので痛みや違和感が出てきます。

 

つまりオイルデルで便が緩くなった結果、腸の刺激から腹痛や違和感の副作用が起こることがあります。

 

しかし、オイルデルは他の便秘薬(特に腸を刺激するタイプ)よりも腹痛の副作用が起こりにくい薬です。

 

ですが、オイルデルは他の便秘薬と同様にお腹の張りなどの便秘の症状がひどいときだけに服用するようにしましょう。

 

また、オイルデルで2回お通じがあったのが気になりますね。

 

おそらく、直腸付近で固く蓋をしていた便がオイルデルの効果で出て、次に蓋のせいで出られず溜まっていた便が一気に出たと考えられます。

 

朝一番の水分補給も腸の動きを活発にさせるので、関係があったかもしれませんね。

 

 

K.S.さんのずっと前から便秘薬を使っていてスッキリ出し切った気がしない、というのはもしかすると腸を刺激する便秘薬の効果に耐性がついてきているからかもしれません。

 

普段は薬に頼らない便秘対策で腸を休ませ、便秘が続いたときだけ腸を刺激しないタイプの便秘薬であるオイルデル酸化マグネシウムを試してみてはいかがでしょうか。

 

対策としては水溶性の食物繊維バランスの良い食事を摂り入れる方法があります。

 

水分補給はいつもしっかりされていますのでぜひ続けていきましょう。

 

スルーラックほどの効果は感じられず

 

  • K.H.さん
  • 30代女性

 

私は、妊娠中から、出産後ひどい便秘症になり、現在、3日に1回は、定期的に便秘薬など使い便を出しています。

 

便秘薬の利用頻度が高い為、基本、比較的安価なスルーラックなどを飲んでいますが、以前、便秘外来で、自然に近い便意に戻すよう医者から指導されており、市販で買える自然に近い薬なども、日々試しています。

 

体に負担を与えない、自然に近い便意の薬として、漢方などがありますが、漢方や植物繊維がたくさん含まれているものは味などが苦手で飲むのを控えています。

 

CMなどで、「オイルデル」を知っており、一度は使ってみたいと考えていました。

 

 

「オイルデル」は、24カプセル入っており、1回の3〜4カプセルとの指示があり、私は、朝、夕ともに、3カプセルを4日間続けました。

 

漢方などと違い、「オイルデル」は、無味無臭で、飲みやすかったのを覚えています。

 

私の場合は、すぐに「オイルデル」の効果を感じられませんでした

 

オイルデル」だけを飲んで、3日目にでたので、通常の便秘薬と同じ感覚で便がでました。

 

「オイルデル」に関しては、便に水分が少ない方に対して効果がでると購入時に相談した薬剤師さんにお話をされたので、私の腸に対しての効果的な効果はなかったのかもしれません。

 

 

現在は、飲まないと便秘になるので、安価なスルーラックを飲んでいます。

 

オイルデル以前には、お尻歩きやヨーグルトのビオなどの便秘対策を試したことがありますが、やはり一番の解消につながるのは、便秘薬でした。

 

 

オイルデルはカプセルの中に有効成分が入っているので、嫌なにおいや味はなく飲みやすいと思います。

 

K.H.さんは1回3カプセルを朝夕飲み続けてお通じがあったのが3日目、ということで効果が出たのが少し遅めかなと思いました。

 

もしかすると、オイルデルが効く便秘のタイプとK.H.さんの便秘のタイプが違ったのかもしれませんね。

 

オイルデルは直腸付近で便が固まる直腸性便秘の方向けの便秘薬です。

 

直腸性便秘ではない方が服用すると効果がいまひとつ実感できないかもしれません

 


自然な便意に戻すため便秘薬の選び方に注意しましょう。

 

K.H.さんがお使いの薬はお話しからは分かりかねますが、スルーラックと名の付く便秘薬は4種類あります。

 

ここでは一番シンプルな名前のスルーラックSと仮定してお話ししますね。

 

スルーラックSにはセンナが入っています。

 

センナは腸を刺激して便を出す作用があるので、目指すべき自然な便意とは遠くなってしまいます。

 

また、漢方薬にも腸を刺激するセンナやダイオウが配合されているものがあるので注意が必要です。

 

K.H.さんが希望するような市販の便秘薬で自然な便意に近い薬、には整腸剤酸化マグネシウムの便秘薬があります。

 

両方とも便が緩くなることがありますが本来のお通じに近くなるので試してみてはいかがでしょうか。

 

なお、スルーラックシリーズならスルーラックデルジェンヌ酸化マグネシウム配合です。

 

 

また、ヨーグルトなどの発酵食品整腸剤に含まれる菌は人によって相性があります。

 

合うものと合わないものがあるので2週間程度試してみて合わないかな?と思ったら変えてみるのがおすすめです。

 

じわじわと効いてくる感じ

 

  • M.T.さん
  • 20代女性

 

1週間程便秘が続き、激しい腹部の痛みと倦怠感に襲われました。

 

また常にお腹が張っている状態でした。

 

便秘ぐらいで病院に行くのは、と戸惑っていましたがあまりの痛みに友人に相談したところ、彼女が愛用していた「オイルデル」を分けて頂くことが出来ました。

 

便秘薬にあまりいい経験が無かったので半信半疑でしたが、その後調子が良くなり、便秘のたびに服用するようになりました。

 

今ではインターネットで販売しているサイトで定期的に購入しています。

 

身体がとても楽になったので、同じように便秘気味だった母に勧めたところ、かなり効果があったようで今も愛飲しています。

 

 

1ヵ月間夕食後2錠服用しました。

 

腹痛などの副作用がないぶん成分が優しいのか、即効性はありませんがじわじわと効いてくる感じがします。

 

効き目が出てきたと感じるまでの期間が 若干あるので効果がないと思う方もいるかもしれません。

 

しかし、使用前に比べると格段にお腹の張りや痛みは減っていますし、排便もスムーズになったと思います。

 

すぐには効果が出ないにも関わらず、コスパが悪いので継続して使用しづらい所が難点です。

 

私は味や匂いに関しては気になるところは特にありませんでした。

 

また、量が少ないので保管をする前に飲みきってしまう可能性が高いです。

 

 

オイルデルは24カプセル入りで希望小売価格は1,000円(税抜)です。

 

オイルデルは1日分が6〜8カプセルなので、オイルデル1箱には数日分の試しやすい量が入っています。

 

数日分、と考えると他の便秘薬よりも高く感じるかもしれません。

 

 

また、お話のじわじわ効くという表現から憶測ですが、オイルデルの効果が発揮しきれていないのではと思いました。

 

おそらく、用法通り1回3〜4カプセルを1日2回服用して頂ければもう少しスッキリ感じられるかもしれません。

 

また、オイルデルの用法は空腹時、ですのでできれば食事のあと2時間後〜食事の1時間前に飲んでいただきたいです。

 

また、お話からはオイルデルを「困ったときだけ服用するのを1か月続けた」のか「1か月服用し続けた」のかが判断しかねますが、もしも後者なら1か月は続け過ぎかなと思います。

 

幸い副作用は無かった様子ですね。

 

オイルデルは穏やかな効果で腹痛が起こりにくい便秘薬です。

 

ずっと続けても体に負担がある成分ではありませんが、基本的には便秘で困ったときだけ服用する薬です。

 

続けるのは1週間までにしましょう。

 

 

また、運動食物繊維の摂取水分補給などの便秘対策はオイルデル服用中でもできますので合わせて行なうとよりスッキリしたお通じにつながるかもしれませんよ。

 

 

▲目次にもどる

オイルデルの口コミを薬剤師が検証

オイルデルの口コミをネットで検索してみると、オイル成分に関する口コミがいくつか見受けられます。

 

オイル成分が潤滑剤のような働きをして便秘を改善する、という便秘薬は他に見当たりません。

 

残便感があったり、便秘を我慢したり力んでもなかなか出ないという方(直腸性の便秘)は、オイルデルのオイル効果を試してみるといいかもしれません!

 

 

▲目次にもどる

オイルデルの便秘への効果

2つの有効成分が便秘に効果を発揮

 

オイルデルでまず注目したいのが有効成分です。

 

オイルデルの有効成分は2つ!

 

  • DSS:水分浸透成分
    便に水分を浸透させて柔らかくする働きがある
  • 麻子仁末:オイル成分
    便の腸内での流れをスムーズにする働きがある

 

DSSと麻子仁末が相乗効果を発揮して、大腸を刺激することなくスムーズな排便を促すのが特徴的です。

 

便を柔らかくするDSSという成分

 

有効成分の一つであるDSSは『ジオクチルソジウムスルホサクシネート』の略称。

 

なんだか舌を噛んでしまいそうな名前の有効成分ですよね。

 

DSSは様々な市販の便秘薬にも含まれており、便を柔らかくして無理なく排便を促す特徴的な成分です。

 

オイルデルのオイルは麻子仁由来

 

オイルデルの製品名にも含まれている『オイル』という言葉。

 

これは、オイルデルに使われている『麻子仁末』という生薬に豊富に含まれるオイル成分からきています。

 

麻子仁(麻の種子)に含まれるオイル成分は体に吸収されにくく、便が腸の中を移動する際の潤滑剤として効果を発揮します。

 

直腸性の便秘に効果的なオイルデル

 

便秘には様々な種類がありますが、オイルデルが有効なのは「直腸性の便秘」です。

 

直腸性の便秘では、腸内で硬くなった便が直腸を塞いでいるような状態になっています。

 

この蓋のような硬い便にこそオイルデルが効果的

 

DSSと麻子仁末が便を柔らかくして、スムーズな排便を促します。

 

 

▲目次にもどる

オイルデルの効果的な飲み方

オイルデルは1日2回の服用

 

オイルデルは1回3〜4カプセル、1日2回朝夕の空腹時に服用することで効果を発揮します。

 

また、オイルデルの服用は15歳以上からとなっており、15歳未満の子どもは服用できません。

 

妊娠中の服用についても、妊婦さんに適した便秘薬とはいえないため、病院で妊娠中にも安心して飲める便秘薬を処方してもらった方がいいでしょう。

 

飲んでからどれくらいで効果が出る?

 

オイルデルは浣腸のように即効性が期待できるものではありません

 

センノシドのような刺激性下剤が8〜10時間程度で効果を発揮するといわれているので、個人差はありますがそれよりも効果の発現には時間がかかると考えられます。

 

 

▲目次にもどる

弛緩性便秘やけいれん性便秘はオイルデルではダメ

便秘には様々な特徴があり、便秘のタイプによって適する便秘薬は違います

 

そのため、自分の便秘はどのタイプなのかを知ることが大切です。

 

 

上述したように、オイルデルが有効なのは直腸性の便秘

 

他のタイプの便秘ではオイルデルでは改善できません。

 

これを機に、他の便秘のタイプについても知っておきましょう!

 

弛緩性便秘の特徴

 

「そもそも便意をあまり感じない!」という方は弛緩性の便秘かもしれません。

 

弛緩性便秘の方は、そもそも筋力が弱いことが便秘の原因の一つ。

 

歩くことを意識して、筋力を鍛えることが便秘改善の第一歩です。

 

また、腸の動きが弱くなってしまっているため、根菜などの不溶性食物繊維を摂って腸を刺激することも大切です。

 

けいれん性便秘の特徴

 

けいれん性便秘は、大腸がピクピクとけいれん様に収縮して便秘が起こっている状態です。

 

けいれん性便秘の場合はこんにゃくや海藻などの水溶性食物繊維の摂取がポイント!

 

一方で、不溶性の食物繊維を多量に摂ると、大腸を過剰に刺激してしまい、便秘症状を悪化させる恐れがあります。

 

けいれん性便秘の方は不溶性食物繊維の摂取を控えましょう。

 

 

▲目次にもどる

オイルデルでスルッとスムーズな排便を

 

オイル成分と水分浸透成分で便秘を改善するオイルデル。

 

いくつもある便秘薬の中でも非常に特徴のある便秘薬です。

 

 

私が健康食品の開発をしていた頃、亜麻仁油やココナッツオイルで便秘が改善した!という声を聞いたことがあります。

 

これもオイル成分よる潤滑効果。

 

オイルデルはこのオイル成分に加え水分浸透成分が含有されているので、よりスムーズな便秘改善効果が期待できるでしょう。


 

オイルデルと同じ、腸を刺激しないタイプの下剤『酸化マグネシウム便秘薬』についての記事はこちら

【薬剤師解説】市販の酸化マグネシウム便秘薬のおすすめ3選!

 

 

▲目次にもどる

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

健康食品でスッキリサポート




関連ページ

【薬剤師がおすすめ】正しい下剤の選び方で体質改善!副作用や危険性も知ろう
薬剤師が教える!下剤の正しい選び方。下剤の種類、効果、使用方法や副作用の下痢、腹痛まで。間違った下剤の利用方法としてダイエット利用などの危険性なども知ってほしい
セルフメディケーション税制利用で便秘薬をお得に!
セルフメディケーション税制とは、年額12,000円以上、指定の市販薬を購入すると確定申告で控除が受けられる制度です。制度の詳細や対象となる便秘薬の商品一覧などを薬剤師がご紹介します。
子供の便秘薬の選び方
子供が辛い便秘の時に利用すべき便秘薬や下剤の選び方について安全性を考えて書いていきます。
【薬剤師解説】妊婦の便秘薬|酸化マグネシウム(マグミット)は安心?市販は?
妊婦さんの便秘薬の使用について、薬剤師が解説します。実際に妊娠中に便秘薬を使用した経験を持つ方の口コミ集も。
下剤ダイエットがおすすめできない理由
【危険!】下剤ダイエットは安全ではありません!絶対にやめましょう。下剤ダイエットで痩せたい方へのやり方や注意点などをまとめます。
市販の酸化マグネシウム便秘薬おすすめ3選
市販の酸化マグネシウム便秘薬のラインナップやおすすめ商品を、他の便秘薬との違いや効き目のメカニズム、注意点、副作用などとあわせて薬剤師が解説します。
種類別・便秘薬の副作用について
便秘薬の気になる副作用を、便秘薬の種類別に薬剤師が詳細解説します。副作用のリスクが少ない便秘薬の選び方や、副作用Q&A、実際便秘薬を使用して副作用に苦しんだ人の体験談も。
便秘薬で下痢になるのはなぜ?
便秘薬を飲んで下痢になってしまう原因についてや、便秘薬の副作用で下痢になってしまった時の対処法、下痢や腹痛になりにくい便秘薬の選び方・使い方について薬剤師が解説します。便秘薬で実際に下痢になってしまった人の体験談も。
刺激性便秘薬と非刺激性便秘薬の違い
テレビで連用の危険性が紹介され話題となった刺激性便秘薬と、腸を刺激しない非刺激性便秘薬について、その違いや使い方の注意、便秘体質を改善するための上手な便秘薬の利用法などを薬剤師が解説します。
4種類のスルーラックまとめ
スルーラックは即効効果のある便秘薬です。エスエス製薬のスルーラックの飲み方や効能、腹痛や下痢・おならなど副作用情報、注意点について解説。種類が多いので選び方を知りましょう。
クレンジル
小林製薬のクレンジルは薬用炭を配合した異色の便秘薬です。下痢や腹痛、発疹などの気になる副作用情報を中心に、クレンジルの効果メカニズムや配合成分、注意点などについて薬剤師が解説します。
スラーリア便秘薬
ロート製薬のスラーリア便秘薬は、酸化マグネシウムを主成分とした『機械性下剤』に分類される便秘薬です。腸への刺激が少なく比較的安全性が高いことが特徴のスラーリア便秘薬について、薬剤師が効果や注意点などを解説します。
ビオフェルミン便秘薬
ビオフェルミン便秘薬は、整腸剤である新ビオフェルミンS錠でおなじみビオフェルミン製薬の便秘薬です。ビオフェルミン便秘薬の効果や下痢・腹痛・吐き気などの副作用情報、新ビオフェルミンS錠などとの違いを薬剤師が解説します。
ビスラットゴールドEX
ビスラットゴールドEXは更年期の女性をターゲットとした代謝改善、便秘改善の薬です。大柴胡湯という漢方薬が主原料のビスラットゴールドEXの便秘解消効果についてや更年期女性以外に男性にも効果が期待できるかなどについて、薬剤師が分析、解説します。
錠剤ミルマグLX/ミルマグ内服液/ミルマグ液
ミルマグはエムジーファーマ株式会社が販売する水酸化マグネシウムを主成分とした便秘薬・制酸剤のシリーズ。錠剤のミルマグLX、液剤のミルマグ内服液・ミルマグ液のラインナップを揃えるミルマグのそれぞれの違いや効果、副作用などについて薬剤師が解説します。
新ウィズワン
新ウィズワンはゼリア新薬が販売する「植物性便秘薬」を謳う便秘薬。安心なイメージが先行しますが、安全性はどうなのか?また、ダイエットに効くという噂はどうなのか?成分や効果、副作用などについて薬剤師が解説します。
イオナミン・イオナミンZ
ゼットイオン薬品が販売するイオナミン・イオナミンZは、酸化マグネシウムを主成分とした便秘薬。下剤の中では比較的安全性が高いとされるイオナミンについて、薬剤師が効果や副作用を中心に解説します。
ウエストンサラ
小林薬品工業株式会社が販売するウエストンサラは、生薬と乳酸菌のダブルの効果で、今辛い便秘を解消しつつ腸内環境の改善も見込める便秘薬です。可愛いパッケージで体に優しそうなイメージが先行しがちなウエストンサラの効果や副作用、注意点について薬剤師が解説します。
カイベールC
株式会社アラクスが販売する刺激系便秘薬カイベールCの効果や副作用、注意点について薬剤師が解説します。
スイマグエース
三保製薬研究所が販売する液状の塩類下剤スイマグエースは、水酸化マグネシウムを主成分としたマイルドな効き目が特徴の便秘薬。スイマグエースの効果や副作用、注意点について、薬剤師が解説します。
ナイシトールZ/ナイシトールG/ナイシトール85a
ナイシトールシリーズは小林製薬が販売する肥満症の改善のための薬です。実は便秘解消効果もあるナイシトールについて、ラインナップごとの違いや効果、注意点などを薬剤師が解説します。
ハーブイン「タケダ」
武田コンシューマーヘルスケア株式会社が販売するハーブイン「タケダ」は有効成分DSSを配合した浸潤性下剤に分類される便秘薬です。その効果や効き目のメカニズム、副作用、注意点などについて薬剤師が解説します。
リリーシェハーブ便秘薬
翠松堂製薬が販売するリリーシェハーブ便秘薬はからだへの負担が少ないことを前面に押し出した便秘薬です。はたして本当に体に優しい便秘薬のか、薬剤師が成分などから効果と副作用、注意点などについて分析、解説します。
オイレスA
大木製薬株式会社が販売する坐薬『オイレスA』は、早ければ3〜5分で効果を発揮するという即効性が特長の薬です。その成分や効果と、副作用をはじめとした注意点を薬剤師が解説します。
ビーマス配合錠/ビーマスs速溶錠
日本臓器製薬株式会社が販売する医療用便秘薬『ビーマス配合錠』と市販便秘薬『ビーマスs速溶錠』の違いや効果、副作用などについて薬剤師が解説。同じ『ビーマス』を冠していても、全く違う性質の薬なので要注意です。
酸化マグネシウムE便秘薬
酸化マグネシウムE便秘薬は健栄製薬株式会社が販売する酸化マグネシウムが主成分の市販便秘薬。非刺激性便秘薬に分類され、安全性が特長である本製品の効果や副作用、注意点などを薬剤師が解説します。
アロエ便秘薬
アロエ便秘薬は株式会社ヤクルト本社が販売する市販便秘薬。名前やパッケージのイメージとは異なり、刺激性便秘薬に分類される強い効き目を持つ本製品の効果や副作用、注意点などについて薬剤師が解説します。
ビューラックA便秘薬
ビューラックAはすぐ出したい人向け!ビューラックの飲み方や効能、腹痛や下痢、嘔吐など副作用情報、注意点について解説。副作用の下痢、腹痛などに注意しながら服用しましょう。
3Aマグネシア
3Aマグネシアは便を軟らかくし、腸の慣れ(耐性)が起きづらい薬なので安心して利用することができます。3Aマグネシアの飲み方や効能や注意点、腹痛や下痢・おならなど副作用情報について薬剤師が解説します。実際に3Aマグネシアを利用した人の体験談と、それに対する薬剤師のアドバイスのコンテンツもあり。
タケダ漢方便秘薬まとめ
タケダ漢方便秘薬は慣れるので注意が必要?!タケダ漢方便秘薬の飲み方や効能、注意について解説
コーラック・タケダ漢方便秘薬・スルーラック・ビューラックの違いと飲み合わせ
売れている人気の便秘薬の内容成分の比較と飲み合わせや飲み方の注意を薬剤師が解説します。