【薬剤師解説】妊婦の便秘薬|酸化マグネシウム(マグミット)は安心?市販は?

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

【薬剤師解説】妊婦の便秘薬はどれが安心?危険?

 

妊娠中は便秘で悩む方が非常に多いのが現実です。

 

私の妻も普段は便秘知らずなのですが、妊娠をきっかけに便秘になり、病院で処方された便秘薬を服用しました。

 

妊娠していなければ便秘薬で排泄を促すのに問題ありません

 

しかし、赤ちゃんがお腹の中にいる状況で便秘薬を飲んで良いものか、不安になる方も多いでしょう。

 

そんな方に向け、妊娠中の便秘薬や対処法についてのお話しをしていこうと思います。


 

目次:

 

実体験からアドバイス!薬剤師が教える妊娠中の便秘対策についての記事はこちら

【薬剤師が教える】妊娠中の便秘対策

 

 

妊婦が便秘になりやすい理由・原因

まずはじめに、妊娠すると便秘になりやすい理由についてお話しします。

 

妊娠すると

  • 「女性ホルモンの影響」
  • 「赤ちゃんが大きくなり子宮が膨らむことで腸を圧迫すること」
  • 「つわりなどで食生活が変わること」
  • 「運動不足」
  • 「心配事が増えたりストレスが多くなる」

などの理由から、便秘に悩む妊婦さんが急増します。

 

 

妊娠により女性ホルモンのプロゲステロンが出ると、内臓の筋肉である平滑筋が緩むため動きが悪くなり、それに伴い腸の動きが悪くなることで便秘になりやすくなります。

 

また、子宮が大きくなるにつれ物理的に腸を圧迫することでも便秘になりやすく、食生活もつわりや食べ物の好みの変化により影響がでます。

 

普段運動をされていた方が妊娠を期に運動量が減り、座っている時間が増えることも便秘になってしまう一因です。

 

特にはじめてのお子さんの場合、赤ちゃんに会える楽しみとともに、初めての育児に対する疑問や不安などがあり、スマホでわからないことを一日中検索することなどでストレスをため込む方が少なくありません。

 

妊娠は女性ホルモンの大変動があり心の乱れもあるのが普通で、妊娠前から比べると格段に便秘になりやすい状況なのです。

 

 

▲目次にもどる

妊婦の便秘に便秘薬は利用可能なのか?

妊婦の便秘対策は、まずは効果的な運動や食事を試したのち、効果を感じない場合は病院で処方された便秘薬を利用してみましょう。

 

 

妊婦さんの便秘対策で一番やめてほしいことは、妊娠前から利用している下剤や便秘薬を医師の確認なしに飲むことです。

 

コーラック、ウィズワン、タケダ漢方便秘薬などの市販の便秘薬が家に残っている方もいるでしょう。

 

また、妊娠前に病院で処方になった便秘薬も同様です。

 

便秘薬の種類によっては妊娠中に自己判断で飲まないように、と薬の注意書きに書いてあるものもあります。

 

刺激系の便秘薬などは特に注意が必要で、子宮が収縮する可能性が否定できず、早産や流産を招きかねません。

 

ご自宅に残っている便秘薬を利用する際は必ず医師に相談してから服用しましょう

 

 

妊婦の飲んでよい便秘薬の種類は?

飲み薬

 

妊婦さんへの便秘薬で病院での処方が多いのは、酸化マグネシウム「ヨシダ」(旧:マグラックス錠)やマグミット錠といった酸化マグネシウム系の塩類下剤です。

 

その次に良く利用されるのがラキソベロン液(錠)です。

 

妊婦さんの状態により、刺激系の便秘薬であるセンノシド(プルゼニド)やアローゼンなどの薬が処方されることもあります。

 

薬に対する説明を医師よりよく聞いてから服用してください。

 

いずれも医師の処方箋がないと購入できないものですので、病院を受診して処方してもらいましょう。

 

浣腸

 

イジチク浣腸の添付文書には「早産の危険性があるため利用しないことがよい」と記載があります。

 

浣腸が使いたいくらいひどい便秘の場合は、すぐに産婦人科にかかるようにしましょう。

 

 

▲目次にもどる

妊婦の便秘薬利用の口コミ

機械性下剤(酸化マグネシウム等)を処方されたケース

 

  • 30代女性
  • 使用薬:マグミット(病院で処方)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:なし

 

妊娠中期あたりから便秘になってしまい、さらに便が硬くなり排便がなかなかスムーズにいかず、痔になってしまいました。

 

主治医に相談すると、酸化マグネシウムは胎児に影響なく使用できるとのことで、処方してもらいました。

 

体質にもよると思いますが、私はこの薬が効きやすいらしく、すぐに便がゆるくなってしまい、少し量を減らしてもらったところ排便が楽になりました。

 

ただ、頻繁に服用するとすぐにお腹を下すので、なかなか出ない時だけ飲むようにして調節していました。

 

前は痔のせいで出血もあり排便がこわかったのですが、薬を飲んで良かったです。

 

妊娠中はどうしても薬に対抗がありますが、必要な薬だと思いました。

 

  • 40代女性
  • 使用薬:酸化マグネシウム(病院で処方)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:なし

 

妊娠初期の頃から中期にかけて排便が1週間無いことが多くありました。

 

第1子の妊娠時に排便が10日間なくその後、大量に排便した時に血圧が下がりめまいや嘔吐などの症状を経験したことがありました。

 

そのため、第2子の妊娠時には便秘に気を付けるようにしていました。

 

妊娠をすると排便コントロールがうまくつかないため薬を処方してもらいました。

 

医師の指示通りに下剤を内服してもスムーズに排便がないため内服時間を替えてみることにしました。

 

私が実施したのは、食後直後ではなく夕食後2時間以上間隔をあけた就寝前に内服をするようにしました。

 

すると、排便がありました。

 

  • 30代女性
  • 使用薬:マグミット(病院で処方)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:なし

 

妊娠するまでは便秘になったことがなく、便秘薬も使用した経験がありませんでした。

 

妊娠8ヶ月目位の悪阻が終わった時期から便秘になり、病院の医師に相談したところ「マグミット」という便秘薬を処方されました。

 

便秘薬を飲めば、すぐに排便があるものだと思っていましたが、いっこうに効果は表れませんでした。

 

そこで、薬を少しずつ増やしていき、なんとか便秘から脱出することができました。

 

ですが、便秘は出産するまで続いたので、毎日薬を飲んでいました。

 

出産後はそれまでの便秘がまるでウソのように、元の快便に戻りました。

 

便秘があんなに辛いものだとは、知りませんでした。

 

  • 20代女性
  • 使用薬:マグミット錠(母の勧めで)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:なし

 

もともと私は便秘体質だったので妊娠したらもっと悪化するのではないかと思っていたのですが、本当妊娠初期から便秘になってきてお腹は常に苦しいですし悪阻と一緒に吐き気が止まらず本当に辛かったです。

 

妊娠前は一切便秘薬は使用しないようにしていました。

 

ですが妊娠をして苦しいのと吐き気でこのままではいけないなと思い薬を飲むことにしました。

 

最初はネットで調べたりしていたのですが、産婦人科医の母に相談をして薬を飲んでもいい旨伺ったので飲むことにしました。

 

最初は怖かったので少量から飲み始めて、やっと3日後に排便がありました。

 

いちばんは吐き気とおなかが苦しい感じが本当に嫌だったので薬を飲んでよかったです。

 

  • 20代女性
  • 使用薬:マグミット錠(病院で処方)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:なし

 

もともと妊娠前から便秘でしたが妊娠7ヶ月ごろから1週間ほど便秘に。

 

出ても小さく硬くて完全には出ませんでした。

 

便秘が続くようになってからお腹の張りもきつく、体重も増えました。

 

産婦人科の先生に相談をしたら、便秘が続くと体重も増えるしお腹の張りも張りやすくなると言われ、1日でも出なかったら飲んで下さいと言われて飲み始めました。

 

薬が妊婦用なので効きが弱いので1日3回飲んだら、次の日には出ました。

 

ただ毎回使っていると体がなれてしまうので1日3回飲んでも効かないときは、量を増やすなど調節して便秘対策していました。

 

いちばんは吐き気とおなかが苦しい感じが本当に嫌だったので薬を飲んでよかったです。

 

 

妊娠前は毎日快便とまでは言えませんが、普通に出たり、便秘かなと思ったら市販の便秘薬を使用したりしていました。

 

妊娠してから、特に妊娠後期にはひどい便秘になってしまいました。

 

すぐそこに便があるのは分かるのですが、出ない・・と言った感じです。

 

さすがに市販の便秘薬は強すぎるだろうと思い健診時にマグネシウムを処方してもらいました。

 

マグネシウムは市販の便秘薬とは違い、腸を動かすのではなく便を水分で排便しやすいように柔らかくするとの事で安心して服用できました。

 

お腹は痛くなりませんでしたが、やはり市販の便秘薬程の効果はなく、あまりスッキリ出る事はありませんでした。

 

  • 20代女性
  • 使用薬:マグミット200(病院で処方)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:なし

 

もともと便秘体質だったみたいですが、余り自覚はなく、気になる時はヨーグルトを食べるだけですぐ快調になる体でした。

 

しかし、妊娠して、つわりがあって、食生活が乱れ始めてから、1週間便が出なかったり出血を伴ったりしていたので、産婦人科の先生に相談をしました。

 

1週間でないのは便秘だと言われ、3日以上出ないようなら便秘薬を服用するようにとマグミットを処方してもらいました。

 

薬を飲んだりすると割とお通じは来ます。

 

しかし、マグミットが私には飲みにくく、極力飲みたくありません。

 

なので、できるだけ食事などでの改善を試みました。

 

ちょうど悪阻も終わったので、ヨーグルトなどを積極的に撮ったり、食物繊維を撮ったり、色々と工夫しました。

 

水分を多めにとり、適度にお散歩をし始めたことで、今では2日に一回は自然にお通じが来るようになりました。

 

  • 20代女性
  • 使用薬:マグミット錠(産婦人科で処方)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:なし

 

もともと妊娠前は便秘とは無縁でした。

 

妊娠前期は便秘に悩まされることなく、安定期に入って7ヶ月頃から急に排便がない日が何日かあり、苦しくてお腹が張り気味になって、食欲不振になってしまいました。

 

健診の時に相談したところ、便を軟らかくする目的で薬を試してみましょう、と言われ処方してもらいました。

 

1日3回の服用を2日ほど続けてまず様子をみてみると、服用の度にガスが溜まりやすくなり排便よりもガスを出さないと苦しくなりました。

 

しばし、ガスに悩まされながらも結果的には、排便がスムーズになり、苦しさとは無縁になりました。

 

  • 30代女性
  • 使用薬:酸化マグネシウム(以前にも使用したことがあったから)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:なし

 

元々便秘体質ではないのですが、妊娠初期つわりの為あまり食べられず頑固な便秘が始まりました。

 

お腹が張って夜眠れない日が何日か続き、踏ん張ってだしていました。

 

トイレットペーパーに血がつき痔になるのも怖かったので妊婦検診の時に相談し、以前の妊娠中に飲んだことがあった酸化マグネシウムをお願いして出して頂きました。

 

食後3回、多めの水分と一緒に薬を飲んだところ毎日お通じがあり便秘が解消しました。

 

お腹の痛みもなく自然なお通じでした。

 

妊娠の影響からか薬を飲まなくなると便秘になるので検診の度にお薬をもらい、妊娠中は継続して飲んでいました。

 

  • 30代女性
  • 使用薬:酸化マグネシウム(病院で処方)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:なし

 

妊娠前は快便というかいつも少し緩いくらいでしたが、妊娠してからは便意を催さなくなってしまい、最長で1週間くらい出なかった時もありました。

 

何とか自分から便意を催すように促して(温めたり、緊張しそうな動画を見たり、緊張しそうなシュチュエーションを考えたり…)、出そうかなという時にトイレにスタンバイして、頑張っていきんで出してました。

 

いきむのが怖かったので、ネットで検索したりもしました。

 

ただ、中身が硬くていつも切れ痔になってしまい、あまりにもストレスに感じたので病院で便秘薬を処方してもらいました。

 

薬を飲んで次の日の夜くらいに、自然に、痛みもなく、するんと出てくれました。

 

普段は便秘薬のお世話になってなかったので、薬が癖になってしまったら嫌だなと思い、飲んだのはその1回だけ。

 

あとは自分で努力して、毎日豆乳飲んだり、乳製品飲んだりして気を付けていました。

 

  • 30代女性
  • 使用薬:酸化マグネシウム(病院で処方)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:なし

 

もともとは非常にお通じが良く、毎日出てスッキリしていました。

 

妊娠初期はひどい悪阻でほとんど食べられなかったので、便もほとんど出ずお腹が苦しくなることもありませんでした。

 

20週になり、悪阻がぴたりとおさまり通常の食事が摂れるようになると、3日から4日に1回くらいのお通じになってしまいました。

 

さらに硬くなった便を無理に出して痔にもなってしまい、検診時に先生に相談したところ、酸化マグネシウムを処方して頂きました。

 

錠剤は1粒が大きくて少し飲みづらさを感じましたが、飲み始めると、どんなに出なくても2日に1回は出るようになり、便も柔らかくなり苦しさが解消されました。

 

 

 

▲目次にもどる

刺激性下剤(ラキソベロン、センナ等)を処方されたケース

 

 

妊娠6ヶ月に入り一般的には安定期に入った頃、私は子宮筋腫拡大による切迫早産により入院することになりました。

 

もともと便秘体質で病院からは便秘薬が処方されていました。

 

そして入院することにより絶対安静でベッドから一人で起き上がることすらできませんでした。

 

当然、食欲不振になり運動不足にもなり便秘は悪化するばかり。

 

しかも便器に長い時間座ることと、お腹に力を入れることを禁止されていたので三週間便が出ませんでした。

 

妊娠前の便秘薬の一日量はアローゼン1包とラキソベロン3滴でした。

 

その量を3倍に増やし、アローゼン3包とラキソベロン10滴にしたところ翌日便が出ました。

 

  • 30代女性
  • 使用薬:ラキソベロン(病院で処方)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:なし

 

妊娠8ヶ月の時に切迫早産と診断され、病院に入院し点滴をして動かない生活を続けていたら便秘になってしまいました。

 

4日以上排便がなく、さすがにお腹が苦しくなり、担当医師に相談するとラキソベロンを処方されました。

 

液体の薬を水に水滴入れて飲むのですが、飲んだその日には全く便意が感じられなかったので次の日薬の量を増やしたら、今度は逆にお腹が下ったような状態になってしまいました。

 

医師に相談したところ、薬を入れすぎないようにと注意されたので、少しずつ加減しながら様子を見ていると、自然に排便できるような状態になっていました。

 

出産後は便秘に悩むこともなくなりました。

 

 

元々便秘気味だったのですが、妊娠してから便秘がひどくなり妊娠5ヶ月の頃の検診時に便秘を指摘されてマグミットを処方されました。

 

始めのうちは効果があったのですが妊娠8ヶ月の頃にマグミットでは効果がなくなり、ラキソベロン液を処方してもらいました。

 

ラキソベロンは効果があるのですが、排便前の腹痛がすごいので外出の予定がないときに飲むようにしていました。

 

始めは5滴だったのですが、だんだん効果がなくなってきて最終的には12滴飲むようにしていました。

 

寝る前に飲んでいて、午前中には排便できていました。

 

出産までラキソベロンを飲まないと排便がない状態でした。

 

  • 30代女性
  • 使用薬:ラキソベロン(病院で処方)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:なし

 

もともとは便秘とは縁がなかった私ですが、妊娠中期から便秘になりました。

 

チカラをいれて出すことも妊娠中なので怖く、痛いままどんどん固くなってきてやばいと思い、ちょうど健診があったので先生に相談したところ、妊娠中でも大丈夫な便秘薬があるということで処方していただきました。

 

少量ですが液状の薬を飲んでしばらくしたらゆるめの便が出てきてくれました。

 

それからは1度使ったのみで、食事や水分に気をつけ、食物繊維を取ったり、発酵食品を摂るようにしたので便秘で薬にたよることはなくなりました。

 

本当にひどかったので一回だけですがあのとき飲んでよかったです。

 

  • 20代女性
  • 使用薬:ラキソベロン
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:なし

 

私はもともとは便秘体質ではなかったのですが、妊娠してからはびっくりするくらい排便がでなくなりました。

 

ひどいときは6日でないということはしょっちゅうになりさすがにまずいと思いました。

 

産婦人科の検診の時に先生に相談すると、ラキソベロンという薬を処方されました。

 

私は介護の仕事をしているのですが、職場の高齢者の方も服用していた薬だったので見覚えがありました。

 

処方された薬を飲み始めましたが効果はイマイチですっきりとは排便がでませんでした。

 

服用する滴数が少なかったのかもしれませんが、おなかの赤ちゃんへの副作用も心配だったのでそこから飲むことをやめました。

 

 

 

▲目次にもどる

市販薬(コーラック等)を使用したケース

 

  • 30代女性
  • 使用薬:コーラックハーブ(ハーブが体に良さそうなので)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:コーラック

 

もともと便秘体質ではなく、たまに(年に数回程度)便秘になる程度でした。

 

ところが妊娠後期になるにつれてひどい便秘に悩むようになり、妊娠をきっかけに、今まではコーラック(ピンク色)を飲んでいましたが、ハーブ(緑色)の方が体に良さそうなのでこちらを飲み始めました。

 

初めの頃は飲んで6時間後くらいにはスッキリ出すことができていたのですが、薬に慣れてきたせいなのか?3日間続けて飲んでも出なくなったので、妊婦検診の時に病院の先生に相談しました。

 

 

処方してくれた液体の便秘薬の効果は絶大で、おなかが痛くなることなく、また、余計な力をかけることなくスルッ出すことができホッとしました。

 

量も1滴から調節できたので、出ないときは量を増やして調節しながら飲みました。

 

  • 20代女性
  • 使用薬:コーラックファースト(妊娠前より使用。医師の許可ももらえたため)
  • 妊娠前に使用していた便秘薬:コーラックファースト

 

妊娠前は便秘になることが少なく、たまに便秘になった際に便秘薬を使用していました。

 

妊娠中期頃が一番便秘がひどく、数日お通じが無かったりした際にこの便秘薬にお世話になりました。

 

便秘薬を使用してみて、妊娠前ほどの効能は得られなかったのが正直な感想です。

 

あまり量のあるお通じではなく、少量のお通じがやっと出来たという感じでした。

 

あまり薬を服用はしたくなかったので、一度薬を服用したら数日間は服用せずに食事の野菜量を多くしてみたり、毎朝同じ時間にお手洗いに行くということを併せて行ったところ、とてもお通じがよくなり、量も出るようになりました。

 

 

 

▲目次にもどる

妊娠中の便秘対策『基礎』

 

生活習慣

便秘解消には規則正しい生活が基本です。

 

夜11時など決まった時間に睡眠をとり、7〜8時間程度しっかりと睡眠を取りましょう。

 

入眠時間、睡眠時間を一定にすることで自律神経のON・OFFの切り替えが整うため、便通にも良い影響があります。

 

水分

うんちの成分の中で、水分は80%と言われるように多くの水分量が必要です。

 

水はがぶがぶと一気に飲むのではなくこまめに給水し、一日1.5L程度を飲みましょう。

 

また、冷えた水はお腹を冷やす原因となり、冷えはお腹の血流に問題があるため、妊娠中は特に注意してほしいです。

 

常温以上で飲むことが望ましく、できるだけホットを飲むようにしましょう。

 

妊娠中のカフェインもできるだけ避けたほうが良いので、コーヒー、緑茶、紅茶なども避けるようにしましょう。

 

食事

つわりなどでお食事が厳しい場合を除いて、しっかりと食物繊維を摂るように心がけてください。

 

特に水溶性食物繊維を多く摂ることで便の水分量がふえるのでするっと便が出るのを助けてくれます。

 

妊娠により食の好みが変わり、揚げ物や肉などを大量に食べてしまう方も多いのですが、腸内細菌バランスが崩れやすくなるので野菜や発酵食品も合わせてとれるように工夫してください。

 

ストレス

妊娠以前は気にならなかったことでも、妊娠中は神経質になることが多く、些細なことでもストレスを感じがちになってしまうものです。

 

女性ホルモンの変動で感情の起伏も大きく、気分も乱れることがあるでしょう。

 

普段からリラックスできること、例えば入浴やアロマ、お好きな趣味などを見つけて、気分転換を意識的に行いましょう

 

また、睡眠時間をたくさんとることで副交感神経が優位になりストレス解消にも効果的です。

 

運動

妊娠中の激しい運動はNGですが、お散歩などの軽い運動便秘解消とともに、ストレス発散にも良い効果があります。

 

あまり運動不足が続くと、筋肉量が落ち、代謝が落ちることで太りやすくなります。

 

また、筋肉量の低下は熱の生産量が減るので冷えにもつながり、お腹に良い状況とはいえません。

 

天気の良い日は、無理のない程度、外出をして体を動かすようにしましょう。

 

健康食品

オリゴ糖

妊婦さんの便秘対策で使える健康食品はオリゴ糖です。

 

オリゴ糖は善玉菌を増やす働きがあるため、腸内環境が整い便秘解消にとても効果的です。

 

特に妊婦さんは外から新しいものを追加して便秘対策をするよりも、ご自身の腸内細菌を育てるという対策が安心です。

 

オリゴ糖にはいろんな種類がありますが、安く手軽に手に入れられるのはスーパーの砂糖コーナーにあるオリゴ糖です。

 

ネットよりも安く購入できるものもあるので、手に取ってみるとよいでしょう。

 

 

▲目次にもどる

妊婦さんの便秘に安全な対処法まとめ

 

1週間程度便が出ない、または3〜4日便がでなくてかなり辛いという場合は、ご自身で便秘薬を使用したり基本の便秘対策をするよりも、産婦人科医の指示に従い、安全な薬を使いながら専門医の便秘対策を行うことが安心です。

 

便秘解消をうたう健康食品などでも下剤成分が入っているお茶なども販売されており、妊婦さんには大変危険です。

 

普段からなるべく便秘に気をつけた生活を送り、辛い時や困ったときは産婦人科の先生に頼るようにして下さい。


 

下剤に頼らずスッキリ生活へ!薬剤師による便秘サプリの紹介記事はこちら

【薬剤師解説】私が便秘解消にサプリをおすすめする理由

 

 

▲目次にもどる

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

健康食品でスッキリサポート




関連ページ

【薬剤師がおすすめ】正しい下剤の選び方で体質改善!副作用や危険性も知ろう
薬剤師が教える!下剤の正しい選び方。下剤の種類、効果、使用方法や副作用の下痢、腹痛まで。間違った下剤の利用方法としてダイエット利用などの危険性なども知ってほしい
セルフメディケーション税制利用で便秘薬をお得に!
セルフメディケーション税制とは、年額12,000円以上、指定の市販薬を購入すると確定申告で控除が受けられる制度です。制度の詳細や対象となる便秘薬の商品一覧などを薬剤師がご紹介します。
子供の便秘薬の選び方
子供が辛い便秘の時に利用すべき便秘薬や下剤の選び方について安全性を考えて書いていきます。
下剤ダイエットがおすすめできない理由
【危険!】下剤ダイエットは安全ではありません!絶対にやめましょう。下剤ダイエットで痩せたい方へのやり方や注意点などをまとめます。
市販の酸化マグネシウム便秘薬おすすめ3選
市販の酸化マグネシウム便秘薬のラインナップやおすすめ商品を、他の便秘薬との違いや効き目のメカニズム、注意点、副作用などとあわせて薬剤師が解説します。
4種類のスルーラックまとめ
スルーラックは即効効果のある便秘薬です。エスエス製薬のスルーラックの飲み方や効能、注意について解説。種類が多いので選び方を知りましょう。
オイルデル
オイルデルは便に水分を集め柔らかくする働きと便が腸内を移動する潤滑剤の働きを併せ持った便秘薬で、腹痛や慣れ(耐性)の起きづらいのが特徴です。薬剤師がオイルデルの有効成分や効果、副作用などについて解説します。
クレンジル
小林製薬のクレンジルは薬用炭を配合した異色の便秘薬です。その効果メカニズムや配合成分、副作用などについて薬剤師が解説します。
スラーリア便秘薬
ロート製薬のスラーリア便秘薬は、酸化マグネシウムを主成分とした『機械性下剤』に分類される便秘薬です。腸への刺激が少なく比較的安全性が高いことが特徴のスラーリア便秘薬について、薬剤師が効果や注意点などを解説します。
ビオフェルミン便秘薬
ビオフェルミン便秘薬は、整腸剤である新ビオフェルミンS錠でおなじみビオフェルミン製薬の便秘薬です。ビオフェルミン便秘薬の効果や副作用、新ビオフェルミンS錠などとの違いを薬剤師が解説します。
ビスラットゴールドEX
ビスラットゴールドEXは更年期の女性をターゲットとした代謝改善、便秘改善の薬です。大柴胡湯という漢方薬が主原料のビスラットゴールドEXの便秘解消効果についてや更年期女性以外に男性にも効果が期待できるかなどについて、薬剤師が分析、解説します。
新ウィズワン
新ウィズワンはゼリア新薬が販売する「植物性便秘薬」を謳う便秘薬。安心なイメージが先行しますが、安全性はどうなのか?また、ダイエットに効くという噂はどうなのか?成分や効果、副作用などについて薬剤師が解説します。
ビューラックA便秘薬
ビューラックAはすぐ出したい人向け!ビューラックの飲み方や効能、注意について解説。副作用の下痢、腹痛などに注意しながら服用しましょう。
3Aマグネシア
3Aマグネシアは便を軟らかくし、腸の慣れ(耐性)が起きづらい薬なので安心して利用することができます。3Aマグネシアの飲み方や効能、注意について薬剤師が解説します。
タケダ漢方便秘薬まとめ
タケダ漢方便秘薬は慣れるので注意が必要?!タケダ漢方便秘薬の飲み方や効能、注意について解説
コーラック・タケダ漢方便秘薬・スルーラック・ビューラックの違いと飲み合わせ
売れている人気の便秘薬の内容成分の比較と飲み合わせや飲み方の注意を薬剤師が解説します。