【薬剤師解説】気になる便秘薬の副作用|便秘薬の種類ごとに徹底解説!

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

気になる便秘薬の副作用について薬剤師が徹底解説!

 

便秘薬を試したい方や服用中の方にとって、便秘薬の副作用は気になりますよね。

 

便秘薬と正しく付き合うためにどんな副作用や注意点があるのかを知っておきましょう。

 

 

はじめに、便秘薬の副作用は、起こる可能性が比較的高いものと、起こる可能性はまれですが注意したほうがよいもの、について取り上げています。

 

以下に書いた副作用が必ず起こるわけでは決してありません。

 

また、書かれていない症状が出ることもありえますので、体調がいつもと違うと感じたときはかかりつけの医師や薬剤師へご相談ください。


 

目次:

 

便秘薬の副作用でもとりわけ多い『下痢』の症状に絞って、原因と対処法を解説します

【薬剤師解説】便秘薬(下剤)で下痢になるのはなぜ?

 

 

【便秘薬の種類別】副作用と注意点

便秘薬を種類別に分けて副作用と注意点を解説します。

 

便秘薬を刺激性下剤機械性下剤整腸剤外用薬(坐剤・浣腸)に分けて、成分名を併記しました。

 

刺激性下剤

 

刺激性下剤は、名前の通り腸を直接刺激する成分が入っています。

 

市販の便秘薬に多いのがこちらの刺激性下剤です。

 

効果が強いのが特徴です。

 

 

薬の成分の化学構造の違いでジフェニルメタン系アントラキノン系の2種類があります。

 

また、便秘薬のアミティーザヒマシ油はこの2種類のどちらにも当てはまりませんが、刺激性下剤の仲間なので一緒に記載しています。

 

ジフェニルメタン系

ジフェニルメタン系の便秘薬で有名な商品がコーラックです。

 

 

成分名にビサコジル、もしくは、ピコスルファートナトリウム、と書かれていればこのジフェニルメタン系の便秘薬です。

 

この種類の便秘薬は成分が腸液に溶けて腸を刺激します。

 

成分別に詳しくみてみましょう。

 

ビサコジル

ビサコジルが含まれる便秘薬はコーラックスルーラックSなどです。

 

他にも多くの市販の便秘薬に入っています。

 

ビサコジルは主に直腸(大腸の終わり付近)を刺激して排便を強くうながします。

ピコスルファートナトリウム

一方、ピコスルファートナトリウムは大腸を全体的に刺激して腸を活発に動かします。

 

ピコスルファートナトリウムを含む便秘薬はビオフェルミン便秘薬(※医療用医薬品のビオフェルミン新ビオフェルミンS錠などとは異なります)、ラキソベロンなどです。

 

ちなみに、ピコスルファートナトリウムが主成分の下剤は、便秘薬では珍しいセルフメディケーション税制の対象品となっています。

 

副作用

ジフェニルメタン系の便秘薬の副作用は下痢、腹痛、膨満感、お腹が鳴る、吐き気、嘔吐です。

 

まれに発疹、肝機能の数値(GOT,GPT)が上がることがあります。

 

注意点

刺激性下剤は痙攣(けいれん)性便秘(緊張性便秘)の方は服用できません

 

 

また、ジフェニルメタン系の便秘薬は毎日長く服用し続けると効果に耐性がつきます。

 

対策は便秘で困ったときだけ、もしくは間隔をあけて服用することです。

 

なお、ピコスルファートナトリウムはビサコジルよりも耐性がつきにくい成分ですが、同じく気を付けたい成分です。

 

▲刺激系下剤の一覧にもどる

アントラキノン系

漢方や植物由来と書いてある市販の便秘薬は、ほとんどがアントラキノン系の便秘薬です。

 

アントラキノン系の便秘薬にはアロエ、センナ、ダイオウなどの植物が配合された薬と、センナの有効成分センノシドを含む薬があります。

 

 

アントラキノン系の便秘薬は、薬の成分が大腸の腸内細菌によって活性化されて腸を刺激する効果を発揮します。

 

センナ

便秘薬に使われるセンナは「植物のセンナの葉っぱ」のことです。

 

センナを含む便秘薬はアローゼンウエストンサラなどです。

 

センナは腸を刺激する効果が強いですが、毎日続けて長く服用すると耐性がついてしまい効きづらくなります。

 

 

なお、センナは葉だけが便秘薬(医薬品)です。

 

センナ茶はセンナの葉ではなく茎を使っているので医薬品ではありません。

 

しかし、センナ茶が医薬品ではないからといって普通のお茶のようにゴクゴク飲むと危険です。

 

センナの茎には葉ほどではなくてもある程度の有効成分が含まれているので、センナ茶をたくさん飲みすぎると下痢や腹痛が起こることがあります。

センノシド

センノシドはセンナから抽出した有効成分の名前です。

 

センノシドを含む便秘薬はプルゼニド、センノシドウィズワンコーラックハーブなどがあります。

 

センナと同じく、長い間服用を続けると耐性がついてしまうリスクがあります。

ダイオウ

便秘に効果がある漢方薬にはほとんどダイオウ(大黄)が配合されています。

 

例えば、大黄甘草湯乙字湯麻子仁丸潤腸湯通導散桃核承気湯調胃承気湯などです。

 

ちなみに、「皮下脂肪が気になる方に〜」というキャッチフレーズでおなじみのコッコアポは防風通聖散という漢方薬で、同様にダイオウが含まれています。

アロエ

アロエは葉の緑色の皮に有効成分が含まれており、その成分を活かしたアロエ便秘薬などが市販されています。

 

なお、アロエの葉の中の半透明のゼリーに下剤効果はなく、食品や化粧品に加工されます。

 

 

日本ではケープアロエだけが医薬品に指定されています。

 

サプリメントや健康食品のアロエは医薬品指定外の品種であるキダチアロエやアロエベラを使っています。

 

このふたつのアロエはケープアロエと比べると有効成分の量が少ないですが、摂りすぎた場合に下痢や腹痛を起こす例が報告されています。

 

副作用

アントラキノン系の便秘薬の代表的な副作用は下痢、腹痛、吐き気、嘔吐、お腹が鳴る、尿の着色(赤〜黄色)、大腸メラノーシスです。

 

 

尿の着色は便秘薬の成分の色が出ているためです。

 

便秘薬をやめればもとの色に戻りますので、こちらは特に問題ありません。

 

 

大腸メラノーシスは大腸の中が黒くなってしまう症状で、内視鏡検査で見つかります。

 

アントラキノン系の便秘薬を何年も続けて服用すると起こることがあります。

 

大腸メラノーシスが体におよぼす影響はまだわかっていませんが、大腸がんになるリスクがあがるという海外の報告があります。

 

 

注意点

アントラキノン系の市販の便秘薬によく見られる『植物由来』という表現は一見するとからだに優しそうなイメージを持ちがちですが、副作用が無いわけではありません

 

また、刺激性下剤の仲間なので、痙攣性便秘(緊張性便秘)の方の使用はNGです。

 

 

アントラキノン系の便秘薬も毎日長い間続けると効果に耐性がつきます。

 

また、毎日服用すると副作用の大腸メラノーシスのリスクも上がりますので、薬を休む日を設けて連日の服用は避けてください。

 

▲刺激系下剤の一覧にもどる

アミティーザ

アミティーザは小腸の外から中へ水を呼び込み、便の水分量を増加させて体の外へ出しやすくします。

 

副作用

アミティーザの主な副作用は下痢、吐き気、腹痛、腹部不快感、頭痛、胸の不快感です。

 

まれに動悸、めまい、貧血、呼吸困難が起こることがあります。

 

 

吐き気はアミティーザを初めて試すときに特に出やすい副作用です。

 

対策としては食後に服用することが挙げられます。

 

アミティーザは食事の後に服用すると吐き気が軽くなります。

 

また、軽い吐き気なら1週間程度で体が慣れて感じにくくなります。

 

 

一方でアミティーザは、刺激性下剤に分類されるものの、長く続けて服用しても耐性が起きにくくなっています

 

注意点

アミティーザは処方薬です。

 

同じ成分の市販薬はありません。

 

 

また、アミティーザは妊娠中の方や妊娠の可能性がある方の服用は厳禁です。

 

他の便秘薬は専門家の判断があれば服用できるものがありますが、アミティーザだけは一切不可になっています。

 

▲刺激系下剤の一覧にもどる

ヒマシ油

ヒマシ油はトウゴマの種をしぼった油です。

 

ヒマシ油を飲むと体の中でリシノール酸に分解されます。

 

このリシノール酸が小腸を刺激して腸の動きを活発化させ、排便をうながします。

 

昔からある下剤ですが、今ではあまり使われていません。

 

副作用

ヒマシ油の副作用は吐き気、嘔吐、腹痛です。

 

まれに発疹、じんましん、体の赤み、腫れなどのアレルギー症状が出ることがあります。

 

注意点

ヒマシ油は苦くどろりとした油でとても飲みづらい薬です。

 

工業用途の製品も出回っていますので、もしも便秘薬としてヒマシ油を探すときは『医薬品』と書いてあるものを選んでください

 

▲刺激系下剤の一覧にもどる

▲便秘薬の種類一覧にもどる

機械性下剤

 

機械性下剤は便を柔らかく膨らませる作用があります。

 

柔らかく膨らんだ便は腸を中から押して腸の運動をうながします。

 

効果は刺激性下剤よりおだやかです。

 

腸を直接刺激する成分ではないので、副作用の下痢や腹痛が刺激性下剤よりも起こりにくいのが特徴です。

 

膨張性下剤

 

膨張性下剤に分類されるのはバルコーゼのみです。

 

 

バルコーゼと水が混ざると、どろどろの消化されない液体になって腸にたどりつきます。

 

このどろどろの液体が便の中に入り込み、膨張という名前の通りふくらんで便の体積を増やします。

 

ふくらんだ便が腸壁を押して腸の自然なリズムの排便をうながします。

 

耐性はつきません

 

副作用

バルコーゼの副作用は吐き気、嘔吐、膨満感です。

 

注意点

バルコーゼは処方せんが必要な薬で市販薬がありません。

 

また、バルコーゼの欠点は効果が出るまで時間がかかることです。

 

バルコーゼを服用して最初に効果が出るまでは通常半日〜1日、しっかり効果を感じるまでには数日かかります。

 

 

またお腹の中で水を吸収して大きく膨らむため、飲む際に口の中でも水分を吸収してしまい非常に飲みづらいお薬です。

 

オブラートを使うなど工夫して飲む必要があります。

 

湿潤性下剤

ジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)という成分だけが湿潤性下剤に分類されます。

 

DSSは固くなった便に水分をしみこませる手助けをします。

 

 

ただ、DSS単剤の便秘薬は販売されていません。

 

DSSを含む便秘薬はコーラックUコーラックファーストスルーラックプラス、ビーマス、ベンコールなどがありますが、すべて刺激性下剤の成分が一緒に入っています

 

副作用

DSSの副作用は下痢、腹痛、お腹が鳴る、吐き気、嘔吐です。

 

まれに発疹がでることがあります。

 

注意点

刺激性下剤の成分と一緒にDSSが含まれる薬は、副作用の下痢や腹痛に特に気を付けて、連用しないようにしてください。

 

塩類下剤

塩類下剤の代表的な成分は酸化マグネシウムです。

 

酸化マグネシウムを含む便秘薬は3Aマグネシア酸化マグネシウム(「ケンエー」、「ヨシダ」等)、マグミットなどです。

 

 

酸化マグネシウムは腸の中に水を呼び寄せて便をやわらかくします。

 

水を呼び寄せる効果の耐性はほとんど起こりません。

 

副作用

酸化マグネシウムの主な副作用は下痢です。

 

腹痛は他の便秘薬より起こりにくくなっています

 

また、耐性もほとんど起こりません

 

 

ごくまれなケースですが、酸化マグネシウムの摂取によって高マグネシウム血症になることがあります。

 

高マグネシウム血症になると吐き気、だるさ、体に力が入りにくい、めまい、徐脈、皮膚の赤みなどの症状が出てきます。

 

腎機能があまり良くない方と高齢者で高マグネシウム血症の報告が多いため、頻度はまれですがこれらに該当する方は気を付けるべき副作用です。

 

注意点

酸化マグネシウムは飲み合わせのよくない薬があります。

 

一部の抗生物質やアレグラ、ジゴキシンなどです。

 

▲便秘薬の種類一覧にもどる

整腸剤

 

整腸剤は乳酸菌やビフィズス菌などの有用菌が配合された薬です。

 

代表的な製品には新ビオフェルミンSザ・ガードコーワ整腸錠新ラクトーンAラックビーミヤリサン、ビオスリーなどがあります。

 

 

整腸剤は腸内細菌のバランスを整えて便秘や下痢の症状を改善します。

 

効果は機械性下剤よりもさらにおだやかで、即効性はありません。

 

腸内細菌のバランスが整うには2週間ほどかかるので、効果を実感するまでには個人差があるとはいえ時間がかかります。

 

効果の耐性は起こりません

 

副作用

整腸剤の副作用として代表的なものは腹部膨満感です。

 

また、まれに発疹が起こることがあります。

 

注意点

ザ・ガードコーワ整腸錠などの一部整腸剤に配合されている納豆菌は、血栓予防薬のワルファリン(ワーファリン)と相性がよくありません

 

ワルファリン(ワーファリン)服用中の方は納豆菌の入っていない整腸剤を選んでください。

 

▲便秘薬の種類一覧にもどる

坐剤・浣腸

 

坐剤(坐薬・座薬)浣腸は便秘に即効性があります。

 

坐剤

便秘に効く坐剤は2種類あります。

 

主成分が炭酸水素ナトリウムの坐剤と、刺激性下剤のビサコジルが入った坐剤が販売されています。

 

炭酸水素ナトリウム

炭酸水素ナトリウムを主成分とする坐剤をお尻に入れると、体温と腸液で溶けて化学反応が起き炭酸ガスが発生します。

 

炭酸ガスで直腸が刺激されて動き、自然に近いお通じになります。

 

炭酸水素ナトリウムが主成分の坐剤は、新レシカルボン坐剤コーラック坐薬タイプなどがあります。

 

副作用

新レシカルボン坐剤の代表的な副作用は刺激感、下腹部の痛み、腹部不快感、下痢、残便感です。

 

ビサコジル

ビサコジルは飲み薬でも紹介した直腸を強く刺激する刺激性下剤です。

 

ビサコジルが主成分の坐剤はテレミンソフト坐剤、オイレスA、ツージーQなどです。

 

副作用

ビサコジル坐剤の代表的な副作用は刺激感、直腸炎、腹部不快感、腹痛、肛門痛です。

 

注意点

坐剤は5分〜30分で効果が出るので、トイレの近くで待機しましょう。

 

ビサコジルの坐剤は、耐性がつかないよう連日は使わないようにしてください。

 

浣腸

浣腸は即効性がある昔からの便秘薬です。

 

浣腸の成分はグリセリンです。

 

グリセリンは固くなった便の中に入り込みやすく、便をやわらかくする働きをします。

 

また、グリセリンには潤滑油のように便をするっと出しやすくする作用もあります。

 

 

浣腸の代表的な製品は、イチジク浣腸ケンエー浣腸、コトブキ浣腸などの名前で販売されています。

 

副作用

浣腸の副作用には腹痛、お腹の鳴り、立ちくらみ、肛門部の熱感や不快感、残便感などがあります。

 

まれに発疹や血圧の変動がみられることもあります。

 

注意点

浣腸は即効性があり3分〜10分で効くので、準備を整えてから使用しましょう

 

 

浣腸を毎日続けて使っていると腸が慣れて効きづらくなります

 

浣腸に依存しないためには連日の使用を避け、間隔をあけて使うようにしてください。

 

 

▲便秘薬の種類一覧にもどる

▲目次にもどる

便秘薬と正しく付き合うには

便秘薬と正しく付き合うためのポイントを紹介します。

 

便秘薬の危険性とリスク

 

便秘薬は国の承認を得た医薬品なので、適切に服用する限り危険性はありません。

 

 

便秘薬のリスクは副作用、耐性、依存性、乱用があげられます。

 

特に刺激性下剤で依存や乱用が起こっています

 

便秘薬を連日服用すると耐性がついて効き目が薄くなり、便秘薬の量が増え、それでも効かないのでますます量が増える乱用、便秘薬なしでは便が出ない依存、といった悪循環におちいります。

 

依存や乱用が起こらないよう、便秘薬は用法用量を守って服用してください。

 

便秘薬の種類を把握する

 

便秘薬は似た名前の製品が多く、また、同じシリーズ商品名を冠していても全く性質の異なる医薬品が併存しているケースもあります(例:コーラックシリーズスルーラックシリーズ等)。

 

便秘薬を安全に利用するために、薬の外箱の説明や成分名をよくみて、どの種類の便秘薬にあてはまるかをチェックしてみましょう。

 

便秘薬の種類は大まかに分けると刺激性下剤、機械性下剤、整腸剤、外用薬(坐剤、浣腸)です。

 

効果の強さは刺激性下剤>機械性下剤>整腸剤ですが、腹痛や下痢などの副作用の出やすさもおよそこの順番に多くなると考えてよいでしょう。

 

飲み薬より手間がかかりますが、坐剤や浣腸は即効性重視の便秘薬です。

 

正しい用法用量で、最初は少量から

 

便秘薬は薬の箱や説明書に書かれた用法・用量通りに服用しましょう。

 

便秘薬を初めて試すときや久しぶりに服用するときは、表記中の一番少ない量を服用します。

 

また、便秘薬を初めて試す方はお通じが起こる時間が予測しづらいので、翌日に大事な予定がない日の夜がおすすめです。

 

短期間だけ服用

 

便秘薬は、医師の指示がある場合を除き、基本的に便秘で困ったときだけに服用するべき薬です。

 

長い間続けると効果が出にくくなる耐性や、薬なしでは便が出ない便秘薬依存になる恐れがあります。

 

植物性だから安全?

 

漢方薬や生薬由来の便秘薬には刺激性下剤の成分を含む植物が配合されているものがとても多く存在しています。

 

刺激性下剤の成分を含むということは、強い効果があるということです。

 

当然、副作用も他の便秘薬と同じぐらい起こる可能性がありますので、植物の成分だから安心・安全というわけではありません

 

 

▲目次にもどる

便秘薬の副作用Q&A

便秘薬を利用する上でよくある副作用について、疑問や質問を簡単にまとめてみました。

 

副作用の少ない便秘薬の選び方や飲み合わせなどについてもお答えしていますので、これから便秘薬を利用したいと思っている方も参考にしてみて下さい。

 

「便秘薬でお腹が痛くなったときは?」

 

腹痛は便秘薬でよくある副作用のひとつです。

 

便を出し切るか薬の効果時間が切れれば腹痛は自然に回復します。

 

便秘薬を使用して腹痛が出た場合は、なるべく安静にしてお腹を冷やさないようにして過ごしてください

 

長くても半日で腹痛はおさまりますが、長く続くときや耐えきれないほどの腹痛のときは医療機関の受診をおすすめします。

 

「便秘薬で喉が渇く」

 

便秘薬で喉が渇くこともまれにあります。

 

便秘薬は下痢をおこすのでどうしても体の水分が抜けてしまいます。

 

喉が渇くのは脱水症状の一歩手前なので、水分をしっかりとるようにしてください。

 

「副作用の少ない便秘薬は?」

 

副作用が比較的少ない便秘薬は酸化マグネシウム、炭酸水素ナトリウム坐剤、整腸剤です。

 

いずれも効果はおだやかですが、初めて便秘薬を試す方や便秘薬で以前に腹痛や下痢になった経験のある方におすすめです。

 

「酸化マグネシウムは本当に耐性が起きない?」

 

酸化マグネシウムの効果は腸を刺激するわけではないので耐性が起こらないとされています。

 

されています、というのは今までに耐性が起こったという報告がないのでこんな表現になっています。

 

耐性についてはほとんど問題ありません。

 

また、同じ理由で依存性も心配しないで大丈夫です。

 

ただ、薬に頼りきりにならないために、調子が良いときは薬の量を減らすことや1日おきに服用するなどの工夫も取り入れるとなお良いでしょう。

 

「複数の便秘薬を使い分けるのは?」

 

自己判断で複数の便秘薬を組み合わる、使い分けるのはおすすめできません

 

便秘薬の耐性や依存性が早く進行する恐れがあります。

 

なお、整腸剤に限っては、他の便秘薬と一緒に服用してもかまいません。

 

 

▲目次にもどる

まとめ:リスクを把握し上手に付き合おう

 

便秘薬に限らず、薬には副作用のリスクをはるかに上回る効果という大きなメリットがあります。

 

便秘薬なら便秘解消効果でスッキリ!ですね。

 

副作用をチェックしたうえで便秘薬と上手に付き合いましょう。


 

市販の便秘薬ってどうやって選べばいい?の疑問に薬剤師がお答えします!

【薬剤師が解説】便秘薬おすすめランキング!6つの市販薬からベストを選ぶ

 

 

▲目次にもどる

【口コミ】便秘薬で副作用が出た人の体験談集

 

激しい腹痛に襲われ救急車で病院へ

  • Y.H.さん
  • 40代女性
  • 使用薬:コーラック
  • 副作用:下痢、猛烈な腹痛、吐き気

 

もともと私は小さな頃から快便体質で、便秘に悩まされることなく大人になりました。

 

ところが30歳になった頃、会社のストレスからか便秘がちになりました。

 

それまでの人生では毎朝必ず便が出ていたので、1日出ないだけでも大変つらく、3日出ない日が続いたある日、CMでよく耳にするコーラックを会社の帰りにドラッグストアで購入し服用しました。

 

それまで便秘薬というものを飲んだことがなかったので、飲みさえすれば翌朝は快便なのだと信じ切ってその日は眠りにつきました。

 

 

翌日早朝、激しい吐き気と腹痛に襲われトイレに行き便を出しました。

 

ところが便を出し切ったであろう後も猛烈な腹痛は続き、便器に座ってなどいられなくなり、やっとの思いでドアを開け廊下に倒れ込み、お腹を抱えてもがき苦しみました。

 

腸が波を打つような感じで激痛が襲いました。

 

 

異変に気づいて起きてきた家族が救急車を呼び、パジャマ姿のまま病院へ搬送されました。

 

病院で点滴を受け、1時間ほど横になっていると痛みはおさまり、その日の午後には自宅にもどりました。

 

看護師さんからは

 

「便秘薬は危険だから、今度便秘したら浣腸を使うといいよ。その方が安全だからね。」

 

と助言されました。

 

 

ひどく発熱して四日間寝込む

  • H.S.さん
  • 30代女性
  • 使用薬:コーラック
  • 副作用:腹痛、下痢、嘔吐、めまい、高熱

 

仕事のストレスや日頃の食生活の乱れのせいか、便秘で悩んでいたので、知人から進められた、コーラックを飲み便秘を解消しようとしました。

 

しかし、飲んでから数時間後、便が出る前にひどい吐き気と腹痛、下痢、めまいが起こり一日中苦しみました。

 

 

その日のうちに、寒気と発熱が出て吐き気、下痢、発熱、めまい、冷や汗の症状で四日間寝込みました

 

病院に行くにもめまいがひどく、立っているのもやっとてま外出もままならない状態でした。

 

長期の休み中だったので、会社に迷惑はかけずに済みましたが、一人暮らしだったため、誰にも頼れず苦しみました。

 

 

初めての便秘薬で激しい腹痛や吐き気

  • J.H.さん
  • 20代女性
  • 使用薬:コーラック
  • 副作用:腹痛、下痢、吐き気、冷や汗

 

もともと便秘体質で3日間ほど便がでないのは当たり前なのですが、大学生のときに7日間ぐらい便が出ず、さすがにお腹が張って苦しかったので、初めて便秘薬を購入して飲んでみました。

 

 

すると、いままで感じたことのない腹痛が始まり、急いでトイレへ向かったのですが、下痢に加えて吐き気、さらには冷や汗が止まらず、その場から動けなくなってしまいました。

 

結局、1時間ほどトイレにこもって症状が落ち着くのを待ちました。

 

その後、特に病院へは行かずに、自宅で安静にしていたら症状はなくなりました。

 

 

あのときの辛さはもう経験したくないので、その一回きりしか便秘薬は飲んでいません。

 

 

便意を伴わない腹痛で苦しむ

  • H.H.さん
  • 30代女性
  • 使用薬:コーラック
  • 副作用:腹痛、吐き気、下痢、貧血

 

社会人の頃酷い便秘に悩まされていました。

 

なるべく自宅でいつでもトイレに行かれるような落ち着いた環境を用意してコーラックを服用するようにしていましたが休日出勤になる事もあるため仕事の前に服用せざるを得ない日がありました。

 

朝出勤前に規定量のコーラックを飲んだ後に出勤し会社で仕事をしていると、夕方波のある腹痛に襲われました。

 

それですぐに排便があればよいのですが、一向にトイレに行きたくはならず、腹痛があるだけです。

 

やがて腹痛が強まり吐き気も湧いてきたためビニール袋を持って人気の少ないトイレにしゃがみ込んで、早く排便に繋がるように脂汗をかきながら待つ事しか出来ませんでした。

 

そして待つ事1時間、何度めかの腹痛の波の後、急に排便感が湧いたかと思いきや下痢になってしまいました。

 

腹痛に耐えていたのといきなり大量に下ったのとで貧血状態になってしまい、しばらく医務室で休ませて貰った後に残業して残りの仕事をこなし、フラフラになりながら帰宅する事になりました。

 

それ以来コーラックの服用はやめて他の薬に変えたので、大きなトラブルには見舞われていません。

 

 

便は出ないのに腹痛だけ続く

 

自分は3日に1度、悪ければ1週間に1度のペースで便が出るほどの便秘ぎみでした。

 

便が溜まっていけばいくほど体は重たくなるし、体がダルくなってくるので改善したいと思い、友人に相談すると「タケダ製薬の漢方便秘薬が便秘改善に効果があった」と紹介されたので、購入しました。

 

タケダ製薬の漢方便秘薬を飲み始めてから3日ほど経った時に立っていられないほどの腹痛に襲われました。

 

便が出るのかと思い、這いずりながらトイレに行ったのですがまったく出ず、腹痛だけ続きました

 

少し時間を置くと腹痛は治まったのですが、ネットで調べると「タケダ製薬の漢方便秘薬は、腸を直接刺激するタイプため、副作用もして腹痛が起こることが多い」と書かれてありました。

 

その腹痛以来、怖くて漢方便秘薬を飲まなくなりました。

 

便秘改善効果があるのかもしれませんが、あの腹痛を耐えれる気がしません。

 

 

吐き気と脱力感に襲われ嘔吐

  • K.K.さん
  • 20代男性
  • 使用薬:正露丸
  • 副作用:嘔吐・脱力感

 

大学生の頃に昼食を食べた後に、用を足したくなりました。

 

しかし、トイレに行っても便が全く出なかったです。

 

なので、私は持ち運びをしている正露丸を使う事に。

 

正露丸は便秘にも効くと言われていたので、飲んでみました。

 

しかし、便は出ないですし、吐き気によって昼食を嘔吐してしまいました。

 

その後は脱力感に襲われて、図書館のトイレで便が出るまでグッタリし続けました。

 

結果的には無理やり便を出したのですが、正露丸の効き目はその時は薄かったです。

 

 

嘔吐と脱力感が一気に来たので、当初はただ休んでいるしか対処できなかったです。

 

 

耐えられないお腹の痛みが何時間も

 

私がコーラックを飲んでいた時、今は痛くならないものとかコーラックハーブという自然にお通じがでるというものがあるものの、当時はそんなものなくて便秘を治すには便秘薬による副作用があって当然でした。

 

だから私も腹痛覚悟で飲んでいましたが、痛くて痛くて耐えられない時もありました。

 

腸が無理やり引っ張られるみたいなぎゅっとした痛みが何時間も続いて、でもお通じはいつまでたっても来ないので冷汗が出ました。

 

結果的に病院に行って浣腸してもらって便秘を治したんだけどもう二度とあんな思いはしたくないです。

 

今は便秘になることはなく穏やかに暮らしています。

 

 

重い生理痛のような痛みと吐き気がしばらく続く

  • E.M.さん
  • 20代女性
  • 使用薬:コーラック
  • 副作用:吐き気、腹痛、下痢

 

中学生の頃から便秘に悩まされていました。

 

2、3日出ないのは当たり前で、ひどい時は1週間くらい便が出ませんでした。

 

さすがにこれではまずいと思い、ドラッグストアでコーラックを買いました。

 

寝る前にコーラックを飲んで就寝すると、朝方重い生理痛のような痛みで目が覚めました。

 

急いでトイレに行くと下痢のような便がでました。

 

そのあともずっと重い痛みの腹痛と吐き気がしばらく続きました。

 

お腹が痛すぎて貧血になったかと思うくらい頭もクラクラしていました。

 

トイレから出たあともずっとお腹がグルグルなっていて、気持ち悪くて部屋とトイレを何往復もしていました。

 

それ以来は怖くてコーラックを飲んでいません。

 

 

下痢と嘔吐を繰り返す

 

学生時代から便秘に悩まされていました。

 

社会人になり仕事を始めると便秘はよりひどくなりました。

 

症状としては週に1度も出ないと便秘薬を飲むようになりました。

 

 

そして、コーラックをドラッグストアで購入して飲むようになりました。

 

すると、ある日朝起きるとひどい腹痛に襲われました。

 

あまりにひどい腹痛でトイレに行くと気持ち悪くなり、そのまま嘔吐してしまいました。

 

下痢と嘔吐を繰り返してトイレに半日閉じこもっていました。

 

そうして体から出るものが何も無くなると症状が落ち着きました。

 

そのあとは、水分をしっかり取ってゆっくり休んでいると良くなりました。

 

 

薬が合わずに吐き気と発熱が

 

便秘が続いていたので便秘薬を買って飲もうと思いコーラックを購入しました。

 

飲んで便秘が治ると思いきや飲んで3時間くらいで吐き気が起こり気持ち悪くなってきました。

 

冷や汗が止まらなくなり体が震えてきました

 

熱を測ってみると38度近くありました。

 

それが2日ほど続いたので病院に診てもらったところコーラックの薬と自分の体質が合っていないらしくそれが接触してしまっているために吐き気を起こしてしまった原因だと言われました。

 

便秘薬は必ず病院が処方したやつを利用した方が良いと言われました。

 

薬は市販より病院で処方したやつの方が安全だそうです。

 

吐き気もなくなると言われました。

 

 

腹痛が周期的に

 

小さい頃から便秘に悩まされてきました。

 

高校生になり部活もしなく運動する回数が減ったのもあってか、5日間出ないのなんて普通になっていた為、便秘薬を使用する事に。

 

前日の夜に飲んで、朝方腹痛で目が覚めました。

 

痛すぎて動く事が出来ません

 

少しすると痛みが全く無くなり、また数分後に腹痛の繰り返し。

 

トイレに行くと軟便です。

 

ただ、1回では収まらず少しするとまた腹痛が。

 

お昼頃まで4〜5回繰り返します。

 

その間に水分や食べ物を摂取すると、腸が動くせいかまた腹痛が始まります

 

軟便が収まった頃には確かにお腹はスッキリするのですが、便秘が治った訳じゃありません。

 

また便秘になり薬に頼るという繰り返しです。

 

何回も薬を使っているせいか昔より余計に便秘になりました。

 

 

乱用で救急車のお世話に

 

高校生の頃ひどい便秘に悩まされていました。

 

食事や運動など色々と試しましたが、思うように効果が出ず、便秘薬のコーラックを購入しました。

 

食後に飲んで就寝すると、夜中とてつもない腹痛で目が覚めてしまい、結局その日は朝までトイレにこもりっぱなしでした。

 

とても辛かったのですが、効果はしっかりと出たので手放せなくなってしまい、ここから徐々に用法容量を守らず大量に服用するようになっていきます。

 

最終的には容量の5倍近くを服用し、いまだかつてない腹痛で夜間の緊急病棟に運ばれました

 

そこでお医者様にきつく注意を受けて以来、いっさい服用していません。

 

 

吐き気で全く身動きできず

 

しばらく便が出ず、妊娠しているかのようにぽっこりとお腹が出てしまったことがありました。

 

ダイエットを頑張っている最中でもあり、「今日も出ない…」という状況に耐えられず初めて便秘薬を使いました。

 

飲んでからすぐ猛烈な吐き気に襲われました。

 

気持ち悪さで全く身動きできずそれから1時間くらいベッドで横になっていました

 

胃腸炎のような感じです。

 

その間腹痛で排泄が何回かありましたので、トイレまでの移動が本当につらかったです。

 

 

腹痛のことを考えて仕事のない日に服用しました。

 

何も考えずにもし服用していたら…と思うと恐ろしいです。

 

 

効果が出すぎて腹痛と下痢に

 

元々飲んでいる持病の薬の副作用が便秘で、本当に便秘が辛く、病院で処方されたものでした。

 

その日のうちに飲んで深夜に目が覚めるくらいの腹痛でした。

 

初めてだったので2錠飲みましたが強すぎたようでとんでもなくお腹が痛いのと、下痢がすごかったです。

 

簡単にまとめれば効きすぎて下痢になってしまった、といったところでしょうか。

 

ですが、元々溜まってしまっていたものを出すために飲んだのだから、出し切るまでがまんして出しきり、すっきりしたところで下痢止めを飲んでまた寝ました。

 

次からは1錠だけ飲んで寝るようにしています。

 

 

2、3日続く体調不良に

  • Y.H.さん
  • 20代男性
  • 使用薬:コーラック
  • 副作用:おう吐、下痢、めまい

 

私はひどいと1ヵ月に1.2回しか便を催すことがなく、旅行などに行ってしまうと環境が変わると一切でないです。

 

 

後日結婚式を控えていて、このまま便秘のままではいけないと思いやっと便秘薬を使用してみることにしたのですが、飲んでみると吐き気、下痢、冷や汗、めまいが止まらず結婚式を数日に控えているのに体調不良になってしまいました。

 

2.3日は胃が気持ち悪かったです。

 

こんなにつらいのであれば薬はもう飲めないなと思いましたし、それから普通の全く別な薬に関しても恐怖を感じるようになり薬が飲めなくなってしまいました。

 

 

翌日まで続く腹痛と下痢に

  • M.N.さん
  • 20代女性
  • 使用薬:コーラックll
  • 副作用:胃痛、吐き気、下痢、倦怠感

 

1年ほど前、5日間便が出ていなく、非常にお腹が苦しかったので家にあったコーラックを飲みました。

 

初めての服用で効果が出るのか不安だったので規定量より2粒多い4粒を飲んでしまいました。

 

夜中にのたうち回るほど強い吐き気、腹痛に襲われました。

 

1時間ほど苦しんだ後、やっと便が出てくれました。

 

最初は硬い便が出たのですが、徐々に下痢便になりました。

 

便が出てだいぶ楽になりましたが、腹痛、下痢は翌日の夜まで続きました

 

下痢便をしたあとは体がとてもだるくなり、強い倦怠感がありました。

 

 

母親が看護師なので聞いてみると、下痢をすると体の電解質がおかしくなるとのことでした。

 

便秘薬でこんなに苦しい思いをするとは思いませんでした。

 

 

夜中に激しい腹痛と頭痛に襲われ嘔吐

 

会社の付き合いで飲み会が続き、食事量が多いのに便が出ず酷い便秘症状に悩まされていました。

 

コーラックを探していると、いろいろな成分のものがあるようでHPを見てゆっくり効くと説明のあった「コーラックハーブ」を選びました。

 

睡眠前に服用しましたが翌朝には出ず、仕事中にも特に便は出ず。

 

自宅に帰り普段通りに食事を済ませ、服用から10時間ほど経ったときに便意が出て、少し軟便が出ましたがすっきり感はありませんでした。

 

そして次の日また睡眠前に服用して眠っていると夜中に頭痛と激しい腹痛で目が覚めました。

 

でもトイレでは便は出ず。

 

そのうち胸が気持ち悪くなり、お腹も張ってきたので気持ち悪くなりついには嘔吐してしまいました。

 

一旦服用を止めネットで見たところ、主成分のセンナは人によっては激しい腹痛が出るという症状があるとのこと。

 

結局その後は「コーラックII」というビサコジルを主成分のものに代えたところ、自分の身体には合っていたようで少しずつ便秘が解消しました。

 

 

依存してしまい効果がなくなった

  • J.N.さん
  • 40代男性
  • 使用薬:スルーラック
  • 副作用:服用したが依存してしまい最終効かなくなった

 

しばらく便が出ないで困っていたのでスルーラックを服用しました。

 

強い腹痛がありましたが便が出たので服用を続けました。

 

便を出すために服用するようになり依存してしまい、最終服用しても効かなくなってしまいました

 

結局効かなくなれば別の便秘薬を購入し、服用、同様に飲まないと便が出ない状況になってしまったので、薬局に相談しました。

 

便秘薬の連続使用は依存性が高くなるのでやめるように言われました。

 

今は便が出なくなれば便秘薬を服用しますが、日常的に腸の動きを良くする整腸剤を服用し、自然排便できるように心がけるようにしています。

 

 

お腹の激痛で血の気が引いて立っていられなく

  • M.M.さん
  • 40代女性
  • 使用薬:コーラック
  • 副作用:冷や汗、吐き気、立ちくらみ、めまい

 

ある日1週間程便秘でコーラックを飲みました。

 

数時間後、お腹が絞られるような痛みに襲われ、お腹どころか胃までキリキリと痛みだし、その後吐き気に変わりました。

 

お腹の痛みは続きトイレにいっても出ず、それどころかだんだん血の気が引いていきました

 

冷や汗が出始めクラクラとめまいがし出しました。

 

血圧が低くなっているのが分かったので、立ってもいられなかったのですが、すぐ横になりほぼ気を失いました。

 

もともと便秘気味で何度か服用したことはあったので私に限って体調が変わることはないと思っていましたが、服用したときの体調や水分の足りなさなどでひどい症状に襲われることを学びました。

 

 

トイレに行く度にひどい貧血状態に

  • M.I.さん
  • 50代女性
  • 使用薬:センナ
  • 副作用:貧血

 

子供のころから便秘に悩まされており、社会人になっても苦労していて便秘薬に頼るようになりました。

 

初めて使った便秘薬が数年で効かなくなり、センナを使用したことがあります。

 

センナは煮だして飲むタイプでほぼ毎日飲んでいたので、数日分まとめて煮だして冷蔵庫で保管して飲んでいました。

 

数か月経った頃から、便意をもよおしてトイレに行くと必ずひどい貧血状態になり、必死で体を支えて排便をするようになってしまいました。

 

排便が済むと貧血も治まり何とか仕事にも行ったのですが、センナを飲むと必ず同じ症状になる為、平日は怖くて飲めないので再び便秘に耐え、休日は貧血に耐えて排便をするという状況になってしまいました。

 

急激な便意が原因なのか、急な便意による腹痛でのショック症状なのか原因は今も不明ですが、排便中に失神寸前になっていた恐怖は今でも覚えていて、二度とセンナは使いたくありません。

 

現在は違う便秘薬を長年使用していますが、薬の量を増やさずに今の薬を使い続けられるように気を付けています。

 

 

腹痛だけがずっと続く状態に

 

いつも旅行に行くと決まって便秘になる私ですが、ハワイへの新婚旅行の時は出発前からすでに便秘になってしまいました。

 

飛行機の出発時間が夜だったため、その日の午前中であれば間に合うと思い服用したのが間違いで、下痢になってしまいました。

 

 

それからは何度もトイレに行きました。

 

しかし治る気配は全くなく、さらに便の量も少なかったため全くすっきりせず、しかも腹痛を伴っていたので空港まで辿り着けるかも心配になりました。

 

家から空港までは1時間弱でしたが、バスの中もずっと腹痛で脂汗をかいていました。

 

 

しかしその後厄介だったのは、「腹痛だけある」という状態が長く続いたことです。

 

空港ではトイレにもすぐ行けましたが、腹痛だけはずっとあるのに、どういうわけかトイレに行っても全く出なかったのです。

 

結局飛行機の出発時間前には、便秘薬の効果は途絶えたのか腹痛もなくなりました。

 

 

便秘薬を使っても便秘は完全には解消されませんでしたし、不快な腹痛もあったため、この時以降便秘薬は使っていません。

 

 

 

▲目次にもどる

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

健康食品でスッキリサポート




関連ページ

【薬剤師がおすすめ】正しい下剤の選び方で体質改善!副作用や危険性も知ろう
薬剤師が教える!下剤の正しい選び方。下剤の種類、効果、使用方法や副作用の下痢、腹痛まで。間違った下剤の利用方法としてダイエット利用などの危険性なども知ってほしい
セルフメディケーション税制利用で便秘薬をお得に!
セルフメディケーション税制とは、年額12,000円以上、指定の市販薬を購入すると確定申告で控除が受けられる制度です。制度の詳細や対象となる便秘薬の商品一覧などを薬剤師がご紹介します。
子供の便秘薬の選び方
子供が辛い便秘の時に利用すべき便秘薬や下剤の選び方について安全性を考えて書いていきます。
【薬剤師解説】妊婦の便秘薬|酸化マグネシウム(マグミット)は安心?市販は?
妊婦さんの便秘薬の使用について、薬剤師が解説します。実際に妊娠中に便秘薬を使用した経験を持つ方の口コミ集も。
下剤ダイエットがおすすめできない理由
【危険!】下剤ダイエットは安全ではありません!絶対にやめましょう。下剤ダイエットで痩せたい方へのやり方や注意点などをまとめます。
市販の酸化マグネシウム便秘薬おすすめ3選
市販の酸化マグネシウム便秘薬のラインナップやおすすめ商品を、他の便秘薬との違いや効き目のメカニズム、注意点、副作用などとあわせて薬剤師が解説します。
便秘薬で下痢になるのはなぜ?
便秘薬を飲んで下痢になってしまう原因についてや、便秘薬の副作用で下痢になってしまった時の対処法、下痢や腹痛になりにくい便秘薬の選び方・使い方について薬剤師が解説します。便秘薬で実際に下痢になってしまった人の体験談も。
刺激性便秘薬と非刺激性便秘薬の違い
テレビで連用の危険性が紹介され話題となった刺激性便秘薬と、腸を刺激しない非刺激性便秘薬について、その違いや使い方の注意、便秘体質を改善するための上手な便秘薬の利用法などを薬剤師が解説します。
4種類のスルーラックまとめ
スルーラックは即効効果のある便秘薬です。エスエス製薬のスルーラックの飲み方や効能、注意について解説。種類が多いので選び方を知りましょう。
オイルデル
オイルデルは便に水分を集め柔らかくする働きと便が腸内を移動する潤滑剤の働きを併せ持った便秘薬で、腹痛や慣れ(耐性)の起きづらいのが特徴です。薬剤師がオイルデルの有効成分や効果、副作用などについて解説します。
クレンジル
小林製薬のクレンジルは薬用炭を配合した異色の便秘薬です。その効果メカニズムや配合成分、副作用などについて薬剤師が解説します。
スラーリア便秘薬
ロート製薬のスラーリア便秘薬は、酸化マグネシウムを主成分とした『機械性下剤』に分類される便秘薬です。腸への刺激が少なく比較的安全性が高いことが特徴のスラーリア便秘薬について、薬剤師が効果や注意点などを解説します。
ビオフェルミン便秘薬
ビオフェルミン便秘薬は、整腸剤である新ビオフェルミンS錠でおなじみビオフェルミン製薬の便秘薬です。ビオフェルミン便秘薬の効果や副作用、新ビオフェルミンS錠などとの違いを薬剤師が解説します。
ビスラットゴールドEX
ビスラットゴールドEXは更年期の女性をターゲットとした代謝改善、便秘改善の薬です。大柴胡湯という漢方薬が主原料のビスラットゴールドEXの便秘解消効果についてや更年期女性以外に男性にも効果が期待できるかなどについて、薬剤師が分析、解説します。
錠剤ミルマグLX/ミルマグ内服液/ミルマグ液
ミルマグはエムジーファーマ株式会社が販売する水酸化マグネシウムを主成分とした便秘薬・制酸剤のシリーズ。錠剤のミルマグLX、液剤のミルマグ内服液・ミルマグ液のラインナップを揃えるミルマグのそれぞれの違いや効果、副作用などについて薬剤師が解説します。
新ウィズワン
新ウィズワンはゼリア新薬が販売する「植物性便秘薬」を謳う便秘薬。安心なイメージが先行しますが、安全性はどうなのか?また、ダイエットに効くという噂はどうなのか?成分や効果、副作用などについて薬剤師が解説します。
イオナミン・イオナミンZ
ゼットイオン薬品が販売するイオナミン・イオナミンZは、酸化マグネシウムを主成分とした便秘薬。下剤の中では比較的安全性が高いとされるイオナミンについて、薬剤師が効果や副作用を中心に解説します。
ウエストンサラ
小林薬品工業株式会社が販売するウエストンサラは、生薬と乳酸菌のダブルの効果で、今辛い便秘を解消しつつ腸内環境の改善も見込める便秘薬です。可愛いパッケージで体に優しそうなイメージが先行しがちなウエストンサラの効果や副作用、注意点について薬剤師が解説します。
カイベールC
株式会社アラクスが販売する刺激系便秘薬カイベールCの効果や副作用、注意点について薬剤師が解説します。
スイマグエース
三保製薬研究所が販売する液状の塩類下剤スイマグエースは、水酸化マグネシウムを主成分としたマイルドな効き目が特徴の便秘薬。スイマグエースの効果や副作用、注意点について、薬剤師が解説します。
ナイシトールZ/ナイシトールG/ナイシトール85a
ナイシトールシリーズは小林製薬が販売する肥満症の改善のための薬です。実は便秘解消効果もあるナイシトールについて、ラインナップごとの違いや効果、注意点などを薬剤師が解説します。
ハーブイン「タケダ」
武田コンシューマーヘルスケア株式会社が販売するハーブイン「タケダ」は有効成分DSSを配合した浸潤性下剤に分類される便秘薬です。その効果や効き目のメカニズム、副作用、注意点などについて薬剤師が解説します。
リリーシェハーブ便秘薬
翠松堂製薬が販売するリリーシェハーブ便秘薬はからだへの負担が少ないことを前面に押し出した便秘薬です。はたして本当に体に優しい便秘薬のか、薬剤師が成分などから効果と副作用、注意点などについて分析、解説します。
オイレスA
大木製薬株式会社が販売する坐薬『オイレスA』は、早ければ3〜5分で効果を発揮するという即効性が特長の薬です。その成分や効果と、副作用をはじめとした注意点を薬剤師が解説します。
ビーマス配合錠/ビーマスs速溶錠
日本臓器製薬株式会社が販売する医療用便秘薬『ビーマス配合錠』と市販便秘薬『ビーマスs速溶錠』の違いや効果、副作用などについて薬剤師が解説。同じ『ビーマス』を冠していても、全く違う性質の薬なので要注意です。
酸化マグネシウムE便秘薬
酸化マグネシウムE便秘薬は健栄製薬株式会社が販売する酸化マグネシウムが主成分の市販便秘薬。非刺激性便秘薬に分類され、安全性が特長である本製品の効果や副作用、注意点などを薬剤師が解説します。
アロエ便秘薬
アロエ便秘薬は株式会社ヤクルト本社が販売する市販便秘薬。名前やパッケージのイメージとは異なり、刺激性便秘薬に分類される強い効き目を持つ本製品の効果や副作用、注意点などについて薬剤師が解説します。
ビューラックA便秘薬
ビューラックAはすぐ出したい人向け!ビューラックの飲み方や効能、注意について解説。副作用の下痢、腹痛などに注意しながら服用しましょう。
3Aマグネシア
3Aマグネシアは便を軟らかくし、腸の慣れ(耐性)が起きづらい薬なので安心して利用することができます。3Aマグネシアの飲み方や効能、注意について薬剤師が解説します。実際に3Aマグネシアを利用した人の体験談と、それに対する薬剤師のアドバイスのコンテンツもあり。
タケダ漢方便秘薬まとめ
タケダ漢方便秘薬は慣れるので注意が必要?!タケダ漢方便秘薬の飲み方や効能、注意について解説
コーラック・タケダ漢方便秘薬・スルーラック・ビューラックの違いと飲み合わせ
売れている人気の便秘薬の内容成分の比較と飲み合わせや飲み方の注意を薬剤師が解説します。