便秘対策に浣腸はよくない?浣腸の効果とおすすめする状況、注意とは

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>
 

浣腸の効果とおすすめする状況、注意やデメリットとは?

 

ひどい便秘の際、浣腸を使ってすっきりしたい!

 

便秘の最終手段などで、浣腸を検討される方も多いのではないでしょうか?

 

このページでは初めての方や、浣腸の利用を検討中の方に向けて解説をしていきます。


 

浣腸の排便効果

浣腸はグリセリンという薬液成分を直接直腸に入れることで、腸管を刺激し、排便を起こす効果があります。

 

浣腸のメリット

浣腸のメリットは即効性です。

 

直腸に薬液を挿入してから約10分以内にほとんどの方が便意を催し、排便することができます。
※効果には個人差があるため一概には言えません。

 

 

旅行中や移動の際のつらい便秘や、試験、大事な行事の排便時間のコントロールをするのには効果的です。

 

また腹筋などの筋力が衰えてしまった老人や入院中、介護中の方の排泄の助けにもなります。

 

浣腸のデメリットとリスク

浣腸は直接腸に刺激を起こさせるタイプの医薬品です。

 

刺激には体が慣れるため浣腸の連用、常用で浣腸の刺激が無いと排便が起こりづらくなるということがあります。

 

辛い便秘ですぐに何とかしたいというお気持ちは理解しますが、安易に浣腸を利用はせず、食事療法や運動療法を的確に行い、下剤などの便秘薬利用でできれば便秘対策としてとどめ、最終手段として浣腸の利用の選択をしましょう。

 

使用する際の注意は、浣腸のノズルを無理に入れることにより、腸管を傷つけてしまうリスクがありますので、説明書きを良く読みながら安全に利用してください。

 

浣腸Q&A

浣腸を失敗したあと、すぐ2回目やっていい? 浣腸は1日何回まで?

浣腸の種類によっては一日2回を上限とする浣腸があります。(市販のいちじく浣腸など)

 

一日二回の使用上限の浣腸の場合、一度目に失敗した場合30分〜1時間の時間をあけて使用してください。

 

また、二回使用して良いか不明の浣腸は利用しないで医療従事者に使用の可否を確かめましょう。

 

うまく挿入できなかった浣腸残液は再度利用せずに容器とともに廃棄してください。

 

薬局で売っているの?どれを選べばいいの?

イチジク浣腸の場合5歳までは10グラム、6歳〜11歳までは20グラム、12歳以上は症状に合わせて30〜40グラムの物を選ぶことができます。

 

通常、最初は30グラムより使用してひどい便秘の際は40グラムに増量するなど調整してください。

 

浣腸はくせになる?

連用により腸が刺激になれますので癖になります

 

便秘解消方法としては最終手段としてお考えください。

 

下剤と浣腸どちらがおすすめ?

下剤で便秘が解消するのであれば浣腸よりも下剤をお勧めいたします。

 

浣腸でなくては解消できない方でも、生活習慣、食習慣などはしっかりと考え、定期的な改善をすることで少しずつ使う回数を減らすことができ、最終的には浣腸なしでも排便できるようになります。

 

ゆっくりで良いので改善していきましょう。

 

市販・医療用の浣腸

があります。

 

浣腸についてのまとめ

浣腸は効果が高い分、気をつけて利用しなくてはなりません。

 

自己判断で乱用、連用はしないようにしましょう。

 

 

また浣腸をすることで、一気に便が排泄されるため、腸内細菌も排泄されます。

 

腸の中の悪玉菌も出ますが、善玉菌も排除してしまうことになります。

 

 

浣腸を利用した後は、発酵食品や整腸剤、乳酸菌サプリなどで少なくなった腸内細菌をよい菌で満たすように食事や薬から摂取することで根本的な便秘対策にもなります。

 

基本の便秘解消方法を行いながら、正しく利用していきましょう。

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ