アローゼンでひどい腹痛と下痢。こんな体質の場合どうすればいい?

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

アローゼンで腹痛があります。どうしたらいいでしょう?

子供のころから慢性的な便秘で、市販の便秘薬コーラックを服用したのが高校生のころでした。

 

説明書どおり2錠を就寝前に飲んで、朝、キャッチフレーズどおり「穏やかなお通じ」を期待しましたが、実際は地獄のような「激しい腹痛を伴うお通じ」でした。

 

私の場合、服用する時間が遅かったのか、(就寝前の22時に服用)、実際の効きはじめは登校中の満員電車の中・・・。

 

ゴロゴロゴロ」と静かな音を立てながら徐々に痛みが襲って来ました。

 

顔には脂汗が浮かびつつ、しかしながら血の気が引くような冷たさを感じます。

 

遅刻覚悟で最寄り駅で降り、トイレに猛ダッシュ。

 

猛ダッシュといっていいのか、わからないですがお尻に猛烈に力を入れながら一番早く走れる方法でトイレに駆け込みます。

 

幸いトイレが空いていたので、息を浅く吸いながらトイレに勢いよく下痢...

 

危なかったです。ホントに。

 

あれだけの痛みに耐え勢い、大量に出たのですから残便感なぞ無いと思いきや、その後も続く鈍痛と残便感で不快感いっぱいでした。

 

それからも服用する時間を夕食後にと早めてみましたが、いつも効果が出始めるのは満員電車の中でした。

 

社会人になり車通勤をしていたのですが、朝のラッシュ時にも襲われました

 

副作用なのか、免疫がついたのか、いつも服用していると効きづらくなるのと、一度薬で出すと、次に来る便秘の症状が重くなるのか、さらに長引くという感じでした。

 

子供のころから便秘に悩まされ、いまでも2週間は当たり前です。

 

「前回、いつ出たかな?」と思い出そうにも思い出せないほどです。

 

なるべく薬に頼らず普段の食事でと思い、相性が良かったワカメを食べていましたが、毎日続けると効果が無くなってしまいます。

 

ある日、便秘で病院に行くなんてどうなんだろうか?
と考えながらも便秘症状がひどいのを相談しに病院に行きました。

 

その時に処方されたのが「アローゼン」でした。

 

コーラックに比べると、アローゼンは臭いもくさく、味も「おえっ」ってなりながら飲みましたが、病院の薬だからと思い頑張って飲みました。

 

あと医者からは「腹筋をつけろ」「食物繊維をとれ」と言われました。 

 

知ってます。 がんばってます。

 

「アローゼン」は就寝前に飲むようにと書いてあったので、寝る前に飲みました。

 

翌朝、コーラックのように腹痛が来るのかな? と思ったら、すぐには来ませんでした。

 

もしやまた電車の中で腹痛に襲われるのでは?と思い恐怖が湧いてきましたが、便秘薬を飲んだのを理由に会社を休むことなんてできません。
(※一週間以上の便秘症状で週末まで飲むのを待てませんでした。)

 

仕方がないので腹痛・下痢の恐怖を思い描きながら通勤しました。

 

すると、通勤中には全く腹痛はなく、効果が全然ないじゃないか!と思いました。

 

9時の朝礼があり、部署のみんながそろって朝礼と社是を読み上げるのがうちの会社の朝一番の仕事です。

 

その朝礼中に「ずしーーーーーん」とした痛みが・・・

 

コーラックの時のような「キュルキュル」した感じではなく、重苦しく奥の方からくる痛みです。

 

「やばい・・・」これは朝礼中もってくれ・・・と心の中で叫びながら、時間を過ごしました。

 

幸いにも朝礼が終わり何事もないようにトイレに駆け込むことができました。

 

汚い話で申し訳ないのですが、最初の便意の第一波は少しだけ出る感じです。

 

便意の第二波、第三波と次々に襲われ、腹痛の度合いが上がっていきました。

 

思わず壁に爪を立てるくらい痛かったです・・・

 

ものすごい体力の消耗をして、15分後くらいに仕事に戻りました。

 

もう便秘薬で腹痛や下痢に襲われることが本当に怖いです。

 

でも薬を使わないと全然でません。

 

どうすればいいでしょうか?

 

 

 

 

かなりの腹痛や下痢症状で大変な思いをされましたね・・・

 

便秘がひどく便秘薬が手放せない。

 

しかし、腹痛や下痢症状も困るという方は少なくありません。

 

アローゼンやコーラックのような便秘薬は腸を無理に動かすことで、便を排泄するお薬です。

 

腸がかなり大きく動くのでそれに伴い腹痛がでることがあります。

 

このようなタイプのお薬が体に合わないのであれば、すこし弱めの薬やサプリで徐々に対処するのがよいでしょう。

 

もちろん医師から指示があったように「食事の改善」「運動の改善」は続けてくださいね。

 

最後は食事、運動だけで便秘便秘薬なしか、かなり少量で済むようにするのが目的です。

 

良い癖をつけてくださいね。

 

便秘薬の利用方法について私の考えをお伝えします。

 

普段便秘薬が手放せない方が急に便秘薬をやめてしまうと、便秘症状がひどくなり多くの場合苦しみます。

 

便秘がひどくなりすぎて我慢できず、薬を使い自己嫌悪に陥るというパターンがあります。

 

突然辞めても体の中の環境が整っていないと、元の便秘に戻ってしまいます。

 

この状態を改善するには「乳酸菌サプリ」で腸内フローラを整え、食物繊維豊富な食事をすることから始めましょう。

 

便秘症状がひどくなったら、いま利用している便秘薬か、すこし弱めの便秘薬を使いましょう。

 

薬を利用しながらも、腸内環境を整える、自然排便の準備をすることで少しずつ便秘薬を使う回数、量を減らすことを目指していきます。

 

このようにすぐに治すわけではないですが、徐々に改善していくことで便秘を改善していくようにします。

 

そのお手伝いをするのに良いのが「乳酸菌サプリ」です。

 

効果的な乳酸菌の選び方を知りたい場合は以下の紹介ページをご覧ください。

 

薬剤師が教える「乳酸菌サプリのおすすめ」


【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

お通じ対策に健康食品でサポート



関連ページ

アローゼンが効かない。最近飲んでも出なくなってきたんですが・・・
アローゼンが効かない。だんだん耐性が出てきたのか飲んでも効かなくなってきた。こんな時はどうすればいいでしょうか?