薬剤師が教える!エンテロノンRの便秘解消効果と副作用

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

薬剤師が教える!エンテロノンRの便秘解消効果と副作用

 

 

 

こんにちは!薬剤師の植松です。
抗生物質を飲むとお腹をくだしてしまう方に処方される整腸剤はちょっと変わっているって知っていましたか?

 

市販の整腸剤で対応しているから問題ない……そう思っているあなたこそ!
今回の内容は必見です。ちょっと変わった整腸剤の中から「エンテロノンR」を取り上げてみようと思います。


 

 

エンテロノンRの効果について

エンテロノンRは乳酸菌製剤の仲間で整腸効果を発揮します。
整腸効果のある乳酸菌製剤はたくさんありますが、ここでのポイントは「R」です!
「R」がつく乳酸菌製剤は、耐性乳酸菌製剤と呼ばれ、抗生物質と同時に飲んでも菌が死なずに効果を発揮することができるという特徴を持っています。

 

副作用について

エンテロノンRは安全性の高い乳酸菌製剤ですが、牛乳に対してアレルギーのある方は注意が必要です。
エンテロノンRは、乳酸菌を培養する過程で牛乳成分を含む環境で培養を行うため、牛乳アレルギーの方はショック症状を起こす可能性があるので使用禁忌となっています。

 

飲み方について

1日3gを3回に分けて飲む方法が一般的です。しかし、飲み方は処方医の考え方や患者さんの年齢や症状によっても異なるため、用法通りに飲むことが大切です。

 

妊婦は飲んでいい?

妊娠中であっても抗生物質が処方されることはあります。そのときに必要であれば、エンテロノンRのような耐性乳酸菌製剤も処方されます。
妊娠中であっても飲むことに問題はありませんが、あくまでも治療に対して必要であれば用いるという姿勢で用いられます。

 

薬剤師からのまとめ

 

 

エンテロノンRは抗生物質と一緒に処方される薬です。「ラックビーR」や「ビオフェルミンR」と同じ仲間の耐性乳酸菌製剤です。
効果の違いに大差はありませんが、これらのうち牛乳アレルギーにも使えるのはビオフェルミンRです。エンテロノンRとラックビーRは牛乳アレルギーの方には使用不可となっています。
これらのことからもわかるように、初めて薬局に行ったときに書く問診票のアレルギーの項目は正確に書く必要があるのです。そうすることで、使ってはいけない薬がもし処方されても薬剤師が未然に防いでくれるのです!

 

 


【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

お通じ対策に健康食品でサポート



関連ページ

【整腸剤の違い】ビオフェルミン・ラックビー・ミヤBMの飲み合わせなど
薬剤師の便秘解消プロジェクト!医療用医薬品の整腸剤について詳しく解説します。ビオフェルミンやビオスリーやレベニンなどについて
【薬剤師が解説】ビオフェルミン錠/医療用と市販薬の違いと便秘効果
ビオフェルミンの整腸剤で便秘対策!ビオフェルミンの飲み方や効能、注意について解説。お通じに効果があり、下痢にも効く整腸剤について
薬剤師が教える!ラックビー微粒Nの便秘解消効果と副作用
ラックビー微粒Nで体に優しく整腸剤で便秘解消!ラックビー微粒Nの飲み方や効能、注意について解説
ミヤBMで便秘解消!小児や妊娠中も安心「薬剤師が解説」
ミヤBMでお通じ改善!赤ちゃんや子供、妊婦さんにも安心して飲める整腸剤の詳細情報をお伝えします。腸内フローラ改善の効果や副作用情報や飲み方について。