【薬剤師が教える】酸化マグネシウム便秘薬|マグミット錠330mgなどの効果・飲み方など

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

薬剤師が教える!酸化マグネシウム便秘薬まとめ

 

「酸化マグネシウム系」の便秘薬は医療の現場で古くから使われていている薬です。

 

この薬の特徴は腸が慣れることのなく安心して使える便秘薬です。

 

酸化マグネシウム細粒、酸化マグネシウム錠、マグミットなど同じ内容物でも商品名の種類が豊富で、成分量も多数あり、飲み方に迷う方も多いため、わかりやすいようにこちらに詳細をまとめていきます。


病院処方と市販の酸化マグネシウム便秘薬の種類

病院で処方される酸化マグネシウム便秘薬の種類

酸化マグネシウム便秘薬

  • 商品名:酸化マグネシウム細粒
    マグミット200mg・250mg・330mg・500mg
    酸化マグネシウム錠200mg・330mg・500mg「ヨシダ」(旧名:マグラックス錠)
  • 成分名:酸化マグネシウム
  • 通称:カマ

 

市販で買える酸化マグネシウム便秘薬

  • 商品名:3Aマグネシア
  • 成分名:酸化マグネシウム

薬の飲み方などは以下のページをご覧ください。

ページメニュー:

 

酸化マグネシウム便秘薬の効果・効き目

酸化マグネシウム便秘薬は便の水分量を増やし軟らかくする効果

酸化マグネシウム便秘薬の薬効は、腸の中に水分を保持して便を軟らかくする働きがあります。

 

便秘が慢性化すると腸の中に長い時間便が滞留し、大腸で水分が体内に吸収されてしまい、S字結腸の肛門直前で便がどんどん硬くなります。

 

酸化マグネシウム便秘薬の作用は、便が硬くなりすぎて排便が困難になっているところに、水分量を増やし排便を助ける働きがあります。

 

他の便秘薬の多くが大腸を刺激することで排泄を促すのに対し、酸化マグネシウム便秘薬は腸の中の水分の調整をするだけなので、体への負担が少ない特徴があります。

 

また、多くの便秘薬の欠点である、使い続けると徐々に効かなくなっていく、また慣れや耐性が発生するというマイナス面がなく安心して利用することができる便秘薬です。

 

 

私が便秘解消をした時にも、この酸化マグネシウムを便秘薬のメインとして利用していました。

 

便秘状態が不調になった時、酸化マグネシウム便秘薬を飲んで腸内の水分を増やし、便の流れを悪くしないようにすこし早目のタイミング(便秘3日目くらい)で飲むことを心がけていましたよ。

 

お腹の中をリセットをしながら排便習慣をつけていくのに、酸化マグネシウム便秘薬がおすすめです。


 

酸化マグネシウムの便秘解消効果以外の効果

酸化マグネシウムは胃薬にもなる

酸化マグネシウム便秘薬は少量で飲むと制酸作用という胃酸を抑える作用があります。
酸化マグネシウム便秘薬が胃に入ると、胃酸と反応を起こし酸性を中和します。

 

ステーキや焼き肉なども溶かしてしまうほどの強酸性の胃酸です。
胃酸が多すぎ、自分の胃壁が荒れてしまうことで様々な問題が発生します。

 

胃酸過多への処方はガスター10などで有名なH2ブロッカーなどが最近は主流ですが、少量の酸化マグネシウム製剤が使われるケースもあります。
1日0.5〜1.0gの量を飲むことで上記の効果が得られます。

 

それ以外にも尿路シュウ酸カルシウム結石の予防として使用することもあり、便秘症だけでなく様々な効果があるのも酸化マグネシウム製剤の特徴です。

 

酸化マグネシウム便秘薬『錠剤』の飲み方や詳細について

酸化マグネシウム系便秘薬の「錠剤」には、マグミットや「ケンエー」「ヨシダ」という名がつく商品があります。

 

これらの商品は200mg・330mg・500mgなど錠剤の容量が細かく分かれており、飲む量について迷うことも多いでしょう。

 

それぞれの商品について正しい飲み方や特徴、注意点などを別ページで解説しますので各商品については以下のリンクをご覧ください。

 

▲目次にもどる

 

酸化マグネシウム便秘薬の飲み方のタイミング、コツについて

酸化マグネシウム便秘薬を効果的に飲むコツ

酸化マグネシウム便秘薬はどれくらいの時間で効くの?お腹はゴロゴロしない?どれくらいの量を飲むのが良いの?

 

そのような使用上の不安や疑問について、これからまとめてお答えします。

 

また、酸化マグネシウム便秘薬を利用している方の最終目的であろう、根本的な『便秘体質の改善法』についても触れていますので、ぜひ読んでみてください!

 

どのくらいで効き目があるの?飲むタイミングは?

通常、酸化マグネシウム便秘薬を飲むタイミングは『寝る前に1日1回』か『1日3回毎食後』に分けて飲む方法が一般的です。

 

服用時の腸内の状況によって効果の出るまでの時間はまちまちです。

 

普通の状態であれば、前日薬を飲むと翌日の朝か日中に緩い便が出ます。

 

すぐ排便効果がある場合や、飲んで一日たっても効果がない場合もあります。

 

様子を見ながら、1日2グラムまでを上限として飲んでみましょう。

 

あまり大量に飲んでしまうと下痢になるので、自分に合った量を慎重に見極めていくことをおすすめします。

 

酸化マグネシウム便秘薬の飲み方のコツや注意点

多めの水で飲む

酸化マグネシウム便秘薬は消化管に水分を保持する薬のため、多めの水と一緒に服用することでより効果的です。

 

粉薬タイプの酸化マグネシウム細粒は、口の中に含むと、砂のようなジャリジャリした食感がします。

 

歯に当たらないように舌の上にのせ、お水でサッと飲み下すなど、慣れればすんなりと飲めますが、最初はジャリジャリとした感じに抵抗があると思います。

 

そこで酸化マグネシウム細粒はオブラートでくるむなどの工夫をするとよいでしょう。

 

 

酸化マグネシウム便秘薬を飲む際にはコップ一杯程度の多めの水とともに飲むと良いのですが、無味の水をたくさん飲むのが苦手な方がいて以下のような質問をいただくことがあります。

 

酸化マグネシウム細粒とお茶や炭酸、ジュースなどで飲んでいいのかという質問です。

 

特に上記の物で飲み合わせが悪いものはありませんが、できるだけお水や白湯で飲んでいただき、お口直しでほかの味の水分をとる程度にしておきましょう。

 

便秘に効果的なコントレックスやエビアンなどの硬水や、海外製のガス入り炭酸水などはカルシウムやマグネシウムが豊富なため、過剰に便秘薬の効果が出る可能性があります。

 

酸化マグネシウム便秘薬を利用中は海外製のミネラルウォーターや炭酸はお休みしましょう。

 

飲む量について

病院で処方されていく薬の場合、医師の指示に従い1日分2グラムを上限に1日3回に分けて飲むか、寝る前に1回飲むかのどちらかで服用することになります。

 

処方されるケースで良く見るのは、1日3回に分けて飲むパターンです。

 

マグミットや酸化マグネシウム錠○○mg「ヨシダ」などは錠剤タイプなので、飲む量がすこしややこしいですね。

 

250mg、330mg、500mgなどと書いてあると思いますので数値に注目して2000mg(2グラム)を一日で超えないように飲んでください。

 

例えば薬に330mgと書いてあるものの場合、1日6錠飲むと1980mgとなり、1日上限の目安である約2グラム以下で飲むことができます。

 

実際、「マグミット330mg 1回2錠 1日3回食後に服用(6錠/日)」などの飲み方で処方されることがありますよ。

 

1日6錠というと、飲む錠数が多いように思い不安に思う方もいるかもしれませんが、330mgの酸化マグネシウム製剤であれば上限量MAXですので問題はありません。

 

この量で下痢をする場合は飲む量を調整すべきですが、処方に関しては医師やかかりつけの薬剤師に飲み方を聞いた方が確実です。

 

 

また、酸化マグネシウム便秘薬の粉薬も同じく2グラムまでの服用が上限量です。

 

先ほどもお伝えしましたが、粉タイプの酸化マグネシウム便秘薬は、ざらざらとした砂のような感じがして飲みづらさを感じる方もいるでしょう。

 

特に入れ歯の方は、入れ歯の隙間に酸化マグネシウム便秘薬の細粒が入りこんでしまい痛みを伴うなど、服用しづらい場合があります。

 

このような場合は、医師や薬剤師に状況を説明して、粉薬を錠剤に変更してもらうとよいでしょう。 

 

錠剤の場合、1日6錠など飲む錠数が増えると言った不都合もありますので、どの方法が良いのか薬剤師と検討するとよいでしょう。

 

【1分でわかる】薬剤師の便秘体質の改善法

 

酸化マグネシウム系の便秘薬を利用中、検討中の方にぜひ知ってほしいことがあります。

 

それは毎朝スッキリできる体質に改善していく方法です。

 

酸化マグネシウム系の便秘薬は、便の水分量を増やし、かちかちの便をすんなりと排泄するための流れを良くする薬です。

 

排便習慣をつけることができとても信頼のできる良い薬なのですが、腸が動く環境をつくる薬ではありません。

 

腸が良く動く環境にするには、腸内フローラの改善が重要です。

 

善玉菌が増えると腸管が酸性に傾き、適度な刺激があることで元気に動くようになります。

 

腸内フローラを改善しつつ、酸化マグネシウム系の便秘薬を使うことで、いまより自然な排便につなげることができますよ。

 

  • お腹の流れを良くする潤滑剤:酸化マグネシウム便秘薬
  • 腸が元気に動く環境作り:乳酸菌

同時に対策するとより効果的です。

 

腸内フローラを改善するため乳酸菌食材の、ヨーグルト、漬物、味噌、醤油などの発酵食品を毎日摂る事をおすすめします。

 

また、便秘に長く悩まれている方に知ってほしいのが「乳酸菌サプリ」です。

 

乳酸菌サプリの中に、医療用の整腸剤としても配合されている「ビフィズス菌ロンガム種」という菌が入っているサプリメントがあります。

 

このサプリの臨床実験では排便回数の増加の結果が出ています。

 

「ビフィズス菌ロンガム種」の医療用整腸剤のデータ(※1)を参考にすると

  • 成人の便秘改善率:79.2%
  • 乳幼児の便秘改善率:77.3%
  • 妊婦の便秘改善率:92.0%

 

信頼ができる改善データが出ています。

 

腸内フローラの改善に「ビフィズス菌ロンガム種」を利用しつつ、酸化マグネシウム系の便秘薬を利用するハイブリッドな便秘対策が、辛い便秘体質を治す一つの方法だと思います。

 

乳酸菌サプリについて紹介しているのは以下のページです。

薬剤師がおすすめ!乳酸菌サプリの効果とおすすめ

 

一時的な便秘解消法ではなく、便秘体質から自然にスッキリ体質になるための方法としてお役立ててください。

 

食物繊維をお食事からしっかりと摂ることもお忘れなく。


※1:ロンガム種が入っている医療用整腸剤は「ラックビー」です。

▲目次にもどる

 

酸化マグネシウム便秘薬が効かない方へ

効き目が悪い方は、かかりつけの医師に相談しながら、1日量上限の2グラムまで飲む量を増量を検討してみましょう。

 

病院に行く時間が無い方は、処方もとの病院や薬局に電話して飲む量について問い合わせるとよいでしょう。

 

1日上限の2グラムまで飲んでいるにも関わらず排便が無い場合は、合わせて飲める便秘薬や整腸剤をドクターより処方してもらうか、ドラッグストアで相談するのも一つのアイデアです。

 

いま便秘が苦しく、急ぎの対処をしたい時はこちらのページを参考にしてください。

【※実際に相談あり】今すぐ即効性のある便秘解消方法「薬剤師が解説」

 

先ほどもお伝えしましたが、酸化マグネシウム系の便秘薬とともに乳酸菌サプリを飲むというのも一つの手段です。

 

日本初の『便通改善サプリ』も紹介しています。

乳酸菌サプリの選び方についてはこちら

▲目次にもどる

 

副作用・飲み合わせ・注意点まとめ

 

多くの刺激系の便秘薬が持つ耐性(慣れ)の問題点がなく、便秘薬としては比較的安心して利用することのできる酸化マグネシウム製剤。

 

しかしそれはあくまで『比較的』であり、リスクや危険性が存在しないというわけではありません。

 

ここからは、酸化マグネシウム便秘薬を使用する上での注意点をまとめてみました。

 

酸化マグネシウム便秘薬の副作用と使用上の注意

酸化マグネシウム便秘薬の下痢や腹痛など

酸化マグネシウム便秘薬は効果の場所でお伝えしていますが、主作用が便を緩くする作用です。

 

主作用が出すぎると副作用になるため、下痢、軟便になることがあります。

 

はじめて飲む場合は、1日上限量の2グラムを最初から飲むのではなく、体に合った量を探りながらの服用をお勧めします。

 

病院でもらう薬の場合は医師の指示通り飲むようにしましょう。

 

また、副作用ではありませんが人により便秘改善の効果が出るまでに時間がかかることがあります

 

薬の効く時間がずれると、夜に飲んで翌日のお昼くらいにお腹が緩くなるようなこともあります。

 

初めて飲む際は重要な外出、お仕事、旅行時はさけたほうがよいでしょう。

 

高マグネシウム血症

高マグネシウム血症の副作用に注意

高マグネシウム血症も重大な副作用としてあげられます。

 

高マグネシウム血症は頻度不明の副作用なので、頻度は非常に少なく、そこまで過敏に反応する必要はありませんが注意は必要です。

 

特に高齢者は高マグネシウム血症を起こすと重篤な状態になってしまうため要注意です。

 

高マグネシウム血症は、腎臓機能が低下している患者様に酸化マグネシウム製剤のようなマグネシウムの投与がある場合におこることがあります。

 

血中マグネシウム濃度が10 mg/dLを超えると、傾眠傾向といって眠気が襲ってきたり、手や足、呼吸をする時の筋肉が麻痺したりという症状がでることがあります。

 

また、高い血中マグネシウム濃度は麻痺性イレウス(腸閉塞)を引き起こす可能性があります。

 

麻痺性イレウスになると、消化管の動きが鈍くなり、お腹の張り、便秘の悪化、吐き気、腹痛、口の渇き、筋力の低下などがおこります。

 

上記の症状や過度な眠気、呼吸が苦しくなるなどの状態があれば、すぐに医師に連絡をしてください。

 

妊婦の酸化マグネシウム便秘薬の服用に関して

妊婦の便秘に安全な酸化マグネシウムがおすすめ

妊婦さんがご自身の判断で薬を利用することはおすすめしませんが、妊婦の便秘薬として医師から酸化マグネシウム製剤が処方されることは良くあります。

 

妊娠中は運動不足や女性ホルモンの変動、食事の変化やストレスなどが原因で便秘になりやすい状態です。

 

妊婦さんの多くは便秘薬は使いたくないけどお腹が辛い、いきむのも怖いなど、お通じに関することは大きな悩み種になるでしょう。

 

妊娠中は薬の使用は避けたいと思うのは当然ですが、あまり無理をしすぎないでかかりつけの医師に伝え、最善の対策を行ってください。

 

妊娠前に利用していた処方薬や市販の便秘薬は自己判断で使用することは避けましょう

 

授乳中の酸化マグネシウム便秘薬の服用に関して

授乳中の便秘に酸化マグネシウム便秘薬の利用は可能です。

 

用量を確認の上、適量を服用してください。

 

授乳中の便秘対策に関して

授乳中は母乳として600ml〜800mlの水分が毎日体内から出ていくため、普段より水分が不足しがちになります。

 

幼い我が子のお世話は大変ですが、お母さんのお食事や水分摂取がおろそかになることで便秘が悪化することがあります。

 

通常、成人の水分摂取は1.5L程度で夏場は2Lくらいと言われていますが、授乳中さんは母乳として出る分も考えると3L〜4L程度のかなり多くの水分を摂取することが望ましいです。

 

また、ご自身のおトイレの時間もままならないこともあり便意を我慢することや、夜泣きや夜のおむつ替えで睡眠の質もあまりよい状態になく、ストレスから自律神経が乱れ便秘悪化の原因になります。

 

子育てに忙しい時期で自分自身に気を向けている場合ではないとは思いますが、こまめに水分を摂り、お母さんの体調や腸内フローラも整えることを意識しましょう。

 

 

お母さんの持っている腸内フローラを含めたすべての菌は一番近くにいる赤ちゃんにも影響があります。

 

水分だけでなく食物繊維をしっかりと摂り、腸内細菌バランスが整うお食事を心がけるようにしましょう。

 

酸化マグネシウム便秘薬の飲み合わせ

薬を利用する上で注意をしなければならないのが、他の薬などとの『飲み合わせ』です。

 

病院で酸化マグネシウム便秘薬の処方を受けている方の場合は、かかりつけの医師や薬剤師の幾重のチェックが入るため、飲み合わせの問題が発生することはほぼありませんが、知識として持っておいても良いでしょう。

 

不安な方は、医師や薬剤師に相談をしてみてください。

 

抗生物質

酸化マグネシウム便秘薬は、テトラサイクリン系の抗生物質との飲み合わせに注意が必要です。

 

テトラサイクリン系の抗生物質の名称は以下の物です。

  • ミノマイシン
  • レダマイシン
  • オーレオマイシン
  • アクロマイシン
  • ビブラマイシン
  • など

上記の薬と同時に酸化マグネシウム便秘薬を服用すると、お腹の中でキレートというゲル状になり抗生物質の成分が吸収されづらくなるため、正しい薬効が期待できなくなります。

 

同時服用は避けるようにしましょう。

 

※詳しくは処方箋を持って行った調剤薬局の薬剤師に聞くと良いでしょう。

 

大量の牛乳やカルシウム製剤、カルシウムサプリ

酸化マグネシウム便秘薬の食べ物との飲み合わせについて

何リットルもの大量の牛乳やCA製剤、サプリをたくさん飲むなどを除き、一般的な量を飲む分にはそこまで心配しなくてもよいですが、カルシウムと酸化マグネシウム便秘薬の飲み合わせについても紹介します。

 

血中カルシウムが多すぎる場合、高カルシウム血症という状態になってしまいます。

 

高カルシウム血症は症状が軽い場合は症状がほぼなく、血中カルシウムが12〜13mg/dl以上で疲労、倦怠などのだるさや食欲がわかないなどの症状が出てきます。

 

さらに血中カルシウム量が増えてくると、吐き気、筋力の低下、尿が多く出て、喉が渇き、精神的にも不安定になります。

 

酸化マグネシウム便秘薬との飲み合わせでここまで重篤になることは稀なケースではありますが、症状が出ている場合はすぐに主治医に連絡するようにしてください。

 

その他の便秘薬との飲み合わせ

たまに聞かれるのが「酸化マグネシウム便秘薬」と「コーラック」などの市販便秘薬との飲み合わせについてです。

 

薬効自体は、別の便秘解消効果なので問題はないのですが、下痢や腹痛を起こす可能性があるので最初はどちらか一方で利用することをおすすめします。

 

酸化マグネシウム便秘薬と他の便秘薬で効果的な組み合わせは、整腸剤や乳酸菌サプリであれば安心して利用することができます。

 

腸内フローラの改善とともに、便の水分保持をすることで無理のない排便習慣がつき、徐々に今飲んでいる便秘薬を減量することにつながります。

 

慢性的な便秘に苦しんでいる方は、酸化マグネシウム便秘薬×「整腸剤」か「乳酸菌サプリ」のセットがおすすめです。

 

※食物繊維としっかりと食事からとることも重要です。

 

【注意】酸化マグネシウム便秘薬でダイエットをお考えの方

便秘薬でダイエットは危険

便秘薬はダイエット薬ではないので、目的を変えて利用することはお勧めできません。

 

便秘を改善することで太りづらくなる体質になりますが、便秘薬の利用でダイエットは考えないほうがよいでしょう。

 

便秘薬のダイエット流用で有名なのが、コーラックなどの大腸刺激系の便秘薬を利用しながらダイエットする人が、残念ながら少数いるようです。

 

刺激系の便秘薬は腸が慣れ、便通改善の効果が少なくなり下剤依存症になる可能性もありますので注意が必要です。

 

 

酸化マグネシウム系の便秘薬はコーラックなどの刺激系とは違い、慣れないので安全なのでは?と質問をいただくこともありますが、あくまでも薬なので使用目的を変更することはおすすめしません。

 

食物繊維を食事から十分取り、適度な運動を行い、それでも便通が悪い場合にのみ酸化マグネシウム系の便秘薬を服用するとよいでしょう。

 

ダイエット中に極度に食べ物制限をすることで、食物繊維不足、水分不足になる方をSNSなどで見る機会があります。

 

たしかにダイエットをするのに食事制限は重要なことではありますが、食物繊維や必要最低限のビタミン、ミネラル、水分は摂るように心がけ、便秘にならないように健康的に痩せることがダイエット成功の近道です。

 

 

▲目次にもどる

 

酸化マグネシウム便秘薬のジェネリックについて

酸化マグネシウム系の便秘薬は古くからある薬で、現在は先発品が存在していません。

 

すべての酸化マグネシウム製剤はジェネリック品ということになります。

 

 

▲目次にもどる

まとめ

 

いかがでしたか?

 

マグミット、酸化マグネシウム錠○○mg「ヨシダ」など、酸化マグネシウム系の便秘薬の全体的な効果効能、副作用や飲み方についてまとめてみました。

 

便秘薬の中ではとても安心して使えるタイプのお薬ですので上手に使ってお通じの良い習慣をつけていきましょうね。

 

酸化マグネシウム系の便秘薬は便通改善の健康食品との飲み合わせも問題はありませんので、青汁や乳酸菌サプリなどと合わせて対策を考えるのも良いでしょう。

 

運動、食事、睡眠の質、ストレス発散などを適度に行い、総合的な便秘対策をおすすめします。


 

 

▲目次にもどる

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

健康食品でスッキリサポート




【薬剤師が教える】酸化マグネシウム便秘薬|マグミット錠330mgなどの効果・飲み方などエントリー一覧

マグミット錠250mg・330mg・500mgの効果と副作用【薬剤師が解説】

このページは便秘薬で有名な「マグミット錠」の飲み方や飲む量、副作用や飲む際の注意点などについて解説していきます。また、マグミット錠を飲みつつ一緒に行うと便秘解消により効果的な方法もお伝えします。辛い便秘が少しでも楽になれば幸いです。【最初に】マグミット錠の種類マグミット錠には200mg・250mg・...

続きを読む

薬剤師が教える!マグコロールの効果や副作用※大腸検査前に

こんにちは!薬剤師の植松です。このページでは「マグコロール」というお薬について説明していきます。マグコロールは大腸内視鏡検査をする時に使用され、検査時にカメラで中を確認しやすいよう腸の中を空っぽにする時に利用されることが多い薬です。マグコロールについて詳しく見ていきましょう。最初に当ページはマグコロ...

続きを読む

(旧:マグラックス錠)酸化マグネシウム錠「ヨシダ」250mg・330mg・500...

酸化マグネシウム錠「ヨシダ」は病院で処方される薬の中でもかなりメジャーな便秘薬です。「ヨシダ」の名前を冠した酸化マグネシウム錠は、吉田製薬株式会社が製造している酸化マグネシウム製剤です。以前は『マグラックス錠○○mg』という名前で販売されていたもので、こちらの名前で馴染みがあるという方も多いでしょう...

続きを読む

マグミット、酸化マグネシウム錠「ヨシダ」は牛乳やカルシウムを摂りすぎると危険?

酸化マグネシウム系の便秘薬とカルシウムの飲み合わせについてのメール問い合わせをいただきましたので、その回答をこちらでも紹介していきます。個人情報の観点より、質問をいただいた方のお名前や連絡先は伏せています。いただいた質問内容こんにちは!便秘薬について教えてください。酸化マグネシウムは、錠剤(マグミッ...

続きを読む

【薬剤師が解説】酸化マグネシウムを飲むとおならが臭くなる理由

酸化マグネシウム細粒、酸化マグネシウム錠、マグミットなどを飲むとおならの臭いがきつくて大変という方のご質問があったのでこちらで解説していきます。酸化マグネシウム便秘薬とおならの悩みについて■30代 女性 A子便秘症がひどくコーラックなどを飲んでいましたが、刺激が強い薬は腸に良くないと知ったため、恥ず...

続きを読む

【薬剤師解説】酸化マグネシウム錠・細粒・重質酸化マグネシウム「ケンエー」について

便秘薬の酸化マグネシウム錠・細粒「ケンエー」と重質酸化マグネシウム「ケンエー」について詳しくまとめました。酸化マグネシウムの薬は何十年以上も前から便秘薬としてとてもよく処方されています。目次:酸化マグネシウム薬「ケンエー」について酸化マグネシウム薬「ケンエー」の効果酸化マグネシウム薬「ケンエー」の使...

続きを読む

【薬剤師が教える】酸化マグネシウムの副作用・下痢・腹痛の口コミに対応

私は酸化マグネシウムの錠剤を夜に飲んでいます。一番最初の時には3錠飲んでいたのですが、すぐに効果がなかったので翌日から4錠を飲むようになりました。4錠飲むと朝起きるとすぐに下痢の状態で排泄があります。朝食を食べた後もすこし出て、会社に行った後も午前中に一回下痢が出ます。その後もなんだかもやもやしてい...

続きを読む