【薬剤師アドバイス有り】マグミット錠を飲んだ人の体験談集

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

マグミット錠を飲んだ人の体験談集

 

酸化マグネシウム系の便秘薬のマグミットの利用者の口コミを集めました。

 

妊婦の便秘にもよく利用される安全性の高いマグミット錠。

 

薬剤師の解説付きでユーザーの声を見ることができます。

 

処方箋がないともらうことができない薬ですので、マグミットが欲しい場合はお近くの内科や胃腸科、消化器科などの受診をし、ドクターに相談してみましょう。


 

目次:

 

塩類下剤の処方薬マグミット錠の効果や副作用、妊婦や授乳中の服用について薬剤師が詳細に解説!

マグミット錠250mg・330mg・500mgの効果と副作用【薬剤師が解説】

 

 

マグミット錠を飲んで効き目を実感できた人の体験談

自然に便を出してくれる感じ

 

  • M.K.さん
  • 40代女性
  • 使用薬:マグミット錠200mg

 

私は便秘がちで、凄く酷いとまではいきませんが、週に数度くらいしかなく、お腹が張って苦しくなり悩んでいました。

 

それでも便秘薬には頼りたくなかったのですが、1週間経っても、10日経っても便意がなく、お腹がポッコリになり、食欲が無くなってきたため、仕方なく病院の内科を受診することに決めました。

 

そこで処方された薬がマグミット錠 200mgです。

 

 

この薬は効き目が穏やかで、便を緩くする作用があるだけの軽い便秘薬なので、お腹の痛みや苦痛、下痢はしないから安心と医師に言われました。

 

そのため、まずは軽い200mgから始めて様子を見ようということになりマグミット錠を飲むことになりました。

 

 

マグミットは錠剤になっているので持ちやすく、飲みやすい薬です。

 

飲み方は、いつでもいいとの説明でしたが、私は寝る前にまず1錠から飲んでみました。

 

それで効き目がなければ、飲む量を増やしたり、1日2度飲んでみようと思っていたのですが、私の場合、最初の1錠を飲んだだけで、翌日の朝食後に早速便意を感じました

 

ちょっとしたお腹の痛みはありましたが、今まで飲んだ市販の便秘薬に比べると、痛みははるかに軽く、便も簡単にスッと出ました。

 

その後もトイレに行く度に少しづつ緩めの便が数回出て、お腹の張りも無くなり、とても楽になりました。

 

 

マグミット錠 200mgは辛い便秘薬ではなく、本当に自然に便を出してくれるといった感じです。

 

それ以来、便秘になるとマグミット錠を飲んでいますが、効き目が低下することなく、楽に便秘解消をすることができています。

 

 

刺激性の便秘薬で激しい下痢や腹痛の副作用を経験された方で、下剤に対するネガティブなイメージを持たれる方が少なくありません。

 

普段はお通じの調子が良くても、女性は男性と比べ生理周期でお通じに悩まされるなど、便秘になりやすい環境です。

 

そんな方には優しく効果のあるマグミットが非常におすすめです。

 

病院に行かないとマグミットを処方してもらえないので、もし市販で購入したい場合は酸化マグネシウムE便秘薬3Aマグネシアなどをご検討ください。

 

体に負担のない感じが良い

 

  • K.O.さん
  • 40代女性
  • 使用薬:マグミット錠200mg

 

腹腔鏡手術をした時に、お腹に力が入れられなくなり、病院で処方してもらいました。

 

元々は便秘症ではなくたまに出ない日があるくらいでした。

 

決まった時間にお通じがありました。

 

そんな状態でしたが術後はお通じがない日が2日ほど続きました

 

やはり1日でもお通じがないとお腹がぷっくりふくれ、不快でした。

 

今まで便秘薬を飲んだことがなくお腹が痛くなるのが心配でしたが、あんな小さい一粒を服用するだけで5時間後くらいにはすっきりしました

 

心配なので入院中は飲むようにと処方してもらいましたが、効きすぎたのかくだすようになってしまい、3日間ほどで服用を中止しました。

 

それからは薬がなくても今まで通りになりました。

 

 

使用期間は3日ほどです。

 

夕食後に一粒服用していました。

 

元々は服用していないせいか、効きすぎたようにおもいました。

 

だんだんお腹がくだるようになり、飲み続けていいのかと不安になり相談後、医師の指示で服用を中止しました。

 

とても小さい粒で飲みにくいということは全然なかったです。

 

飲み込んだのがわからないくらいでした。

 

お水を飲めば味もせず飲みやすかったです。

 

便秘薬というとお腹が痛くなるというイメージでしたが、服用して少ししてから、トイレに行きたくなりお通じがあるという感じだったので、効果もとても出やすく、体に負担がない薬だと思います。

 

 

術後は切開した場所の痛みや手術した患部の痛みなどで、便意があってもいきむのに抵抗がある方が少なくありません。

 

コメントにもありましたがマグラックスは腹痛等の副作用が出づらい便秘薬なので、安心して飲むことができますね。

 

普段便秘症でない方の急な不調には、マグラックスなどの酸化マグネシウム製剤はよいお薬だと思います。

 

年齢を重ねると筋力が衰え、お通じの状態が悪化する方もいますので、普段からの運動を取り入れていただき、毎日スッキリな状態をキープしてください。

 

夏場になりがちな下痢も改善?

 

  • F.S.さん
  • 20代男性
  • 使用薬:マグミット錠200mg

 

引っ越して多忙な時期があり、その頃食生活にあまり気を付け無かったからなのか、以前は毎日快便だったのに3日程しないと出ないような状況に。

 

少し心配になりそれから野菜等食物繊維の多い物オリゴ糖の入った食品を取っていましたが急に良くなる訳では無く、これ以上悪化したら私生活に影響が出てしまうと不安になり自宅近くにある病院の胃腸科で診察を受けました。

 

そこで、マグミット錠を処方すると言われ、病院付近の薬局で手に入れました。

 

医師からは症状が比較的軽いと言う事で200mgの物を処方して頂いて、効果が弱い場合は次回の診察で数値の高いものに変えると言われました。

 

 

1か月ほど使用し1日8錠程飲み朝昼夜と3回に分けて飲みました。

 

形状は錠剤でしたのでどこでも持ち運べましたので外出先でも手軽に飲めました。

 

味は特に何も感じない通常の錠剤であり副作用は吐き気や嘔吐などがあると書いてありましたがその様な症状は出ませんでしたが、夏場に行ったからなのか口渇などが表れやすかったように思いました。

 

効果は1週間ほどで表れてきて2週間程するとほぼ毎日快便になっていったので効果があったようです。

 

元々胃薬と言う事もあり夏場でありがちな下痢などもその時期は全く起きなかったので便秘以外にも効果があって良かったです。

 

 

マグミットは刺激性の便秘薬と比べると優しいお薬のため、効果が出るのにすこし時間がかかることがあります

 

コメントをしていただいた方も一週間程度のお時間がかかっていますが、その後も調子は良いようなので排便習慣がつくまで続けるとよいでしょう。

 

 

マグミットは少量で飲むと制酸剤として胃の保護をしてくれる作用もありますので、胃腸の調子も良くなります。

 

オリゴ糖食物繊維も継続していただき、腸内環境を整える食生活でいずれマグミットも飲まずに毎日排泄できるような環境を整えていきましょう。

 

 

▲目次にもどる

マグミット錠が合わないと感じた人の体験談

苦くて口に引っ付きやすく大嫌い

 

  • I.T.さん
  • 20代女性
  • 使用薬:マグミット錠330mg

 

私は妊娠してから1週間お通じが来ないほどの便秘になりました。

 

妊娠していなかった時から便秘気味だったみたいですが、全然気にならなくて、産婦人科の先生にぽろっと相談してみると、1週間でないのは異常だよと言われて、マグミットを処方してもらうことになりました。

 

 

便秘でも全然痛くもなんともなくて、ただ便が出ないだけだったのですが、だんだん切れ痔みたいになって、便を出すのがすごく痛くなってくるようになっていました。

 

一応消化に良さそうなものや食物繊維の入ったものを取るようにしていましたが、それでも全然出なかったです。

 

 

言われたのは3日以上溜め込んだ時には飲みなさいということだったので、ひとまず初めの2週間ほどは全然便が出なかったら飲むようにしていました。

 

それこそ3日に1回飲むようなペースです。

 

初めて飲んだ時から思っている感想ですが、とても飲みにくいです。

 

粒が大きめで、かつ口の中に引っ付きやすく、お茶で溶けやすくて苦くなって本当に嫌いな薬の一つになりました。

 

飲む量は自分で調節しながらということでしたので、ひとまず2錠飲んで見ましたが、2錠くらいが私にはちょうど良かったです。

 

実際に薬を飲んで、かついつもより水分をしっかりとることを意識すると、翌日にはちゃんと出ました

 

保管はそんなに苦痛でもなく、2錠で良かったので持ち運びも苦ではありませんでした。

 

 

マグミットが飲みづらいというコメントですが、おそらく口の中で溶けるまで入れ続けてしまい、錠剤が崩壊してしまったのち飲み下したのが原因だと考えられます。

 

この対策としては、錠剤と水を口に含んだらすぐに飲みこむようにするとこのような飲みづらい現象は起こりづらくなります。

 

マグミットはとても水で崩壊しやすいつくりの薬ですので、それを意識して、薬の飲み方の変更をしてみましょう。

 

使わないよりはマシかな?程度

 

  • R.H.さん
  • 30代女性
  • 使用薬:マグミット錠330mg

 

マグミット錠を使ってた当時は、私は妊娠していていました。

 

安定期の時から便秘が酷くなりました。

 

妊娠する前も一日置きでしか便は出なかったのですが、この頃は最低でも3日は出ず、長くても1週間以上は出なかった事もありました。

 

便を出す際もかなりいきまないと出す事は出来ず、出ても硬いポロっとした便でした。

 

なので常にお腹が張っていて苦しかったです。

 

その事を産婦人科の先生に相談をしてみました。

 

下剤は妊娠中なのであまりお勧め出来ないと言われ、代わりにマグミット錠がいいのではないかとお話しがあり、納得をした上でマグミット錠を処方されました。

 

 

マグミット錠は食前または食後(どちらでもいいと薬剤師さんに言われました)に朝・昼・夜で各2錠づつ(合計6錠)を飲むというお話があったので、私は食前に飲んでいました

 

そんなに大きい錠剤ではないので特別飲みにくいという事はなかったです。

 

薬お味も無味でした。

 

実際使ってみると、使わないよりは便は出ますが、スルスル便が出るという事はなくやはり固めな便でした。

 

1日置きで始めは出ていましたが、調子がよくないと3日目でやっと出たという時もありました。

 

使用期間は、妊娠中期から臨月までの5ヶ月近く飲みました。

 

飲んだ感想としては私の場合は、使わないよりはマシかなという程度でした。

 

 

妊娠中の便秘はかなり多くの方が経験することです。

 

体験者さんは普段からの便秘もありマグミットであまり効果が期待できなかったというコメントですが、このような場合は薬の錠数の変更や、他の便秘薬への切り替えも考えることができます。

 

かかりつけの産婦人科医に相談するとよいでしょう。

 

産後も便秘になりやすい状況が続きますので、母体の健康を保つためにもお通じの状況やお食事のバランスを整えてくださいね。

 

便が緩くなるのが嫌

 

  • T.K.さん
  • 30代女性
  • 使用薬:マグミット錠200mg

 

もともと便秘がちで、毎日ヨーグルトを食べているが、3〜4日排便がないことは自分にとってはよくあることだった。

 

そのうえ数日ぶりに便が出たとしても硬便だった。

 

マグミット処方前はずっとプルゼニドを使っていたが、プルゼニドがなくなったので、通院中の病院で下剤を処方してもらおうと頼んだら、医師から便の状態について聞かれ、正直に便の状態について答えたら、医師が「今回は便に水分を含ませる薬を出す」と言ってマグミットを処方された。

 

今までいろんな医師に下剤を処方されたが、その医師のもとで初めてマグミットを処方してもらった。

 

今までその医師に下剤を処方されたことがなく、マグミットの処方が初めての処方だった。

 

 

まず1週間飲んでみた。

 

食後に1錠飲むかたちだった。

 

錠剤だったので、粉薬が苦手な自分としては飲みやすかった。

 

錠剤の大きさも適切だった。

 

「便に水分を含ませる薬」というだけあって、便が柔らかくなるとともに、毎日排便があるのは良かったが、水分が含まれ過ぎて、便が緩くなってしまった

 

自分としては便が出れば良いと思っていて、便の緩さは求めていなかったので、マグミットは合わないなと感じた。

 

薬は2週間分処方されたが、2週間きっちりと服薬して、その次の診察では今まで飲んでいたプルゼニドに戻してほしいとお願いして、プルゼニドを処方してもらった。

 

 

プルゼニドは腸を刺激する薬なので、お通じのすっきりする感覚は強いですよね。

 

辛い便秘でプルゼニドを使うのは非常に良い対策なのですが、慢性便秘の方が刺激物を腸内に毎回入れることはあまりおすすめできません

 

できることなら腸に刺激が少ない薬を使用すべきです。

 

 

刺激のない下剤の選択となると酸化マグネシウム系の便秘薬なので、マグミットをはじめとした塩類下剤という薬がおすすめです。

 

それ以外には整腸剤で腸を整えるという選択肢もあります。

 

 

コメントをいただいた方ももともと便秘がちということでしたので、マグミットを服用しながら量を調整して、下痢や軟便にならないように調節しながら利用することをおすすめします。

 

それに合わせて食物繊維発酵食品を食事として毎日とりいれ、運動をして自力で排泄できる体質になるとより良いですね。

 

便秘体質の改善は地味な対策が多いので続けづらいのですが、頑張って薬なしですっきりできる体質になることをおすすめします。

 

 

▲目次にもどる

まとめ:刺激の少ないマグミット錠でまずは排便習慣を

 

マグミットは医療現場でもよく利用される腸への刺激がない安全なお薬です。

 

ほかの下剤よりも効果が出づらかったり、下痢や軟便になってしまったりと人それぞれ効果が違いますが、体調に合わせて量が調整できますのでご自身にあうマグミットの量を探してみましょう。

 

 

刺激系の便秘薬は続けて使うことを薬剤師としておすすめすることはできないのですが、マグミットなら毎日飲んでも問題はありません。

 

マグミットで毎日の排便習慣をつけ、腸を整えることで最終的にはマグミットもなしですっきりの毎日にしましょう。


 

多種多様な医療用の便秘薬、種類ごとの違いや効果、リスクなどについて薬剤師が解説した記事はこちら

医療用便秘薬の種類一覧|酸化マグネシウムやプルゼニド、ビオフェルミンなど

 

 

▲目次にもどる

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

健康食品でスッキリサポート




関連ページ

マグミットは市販で購入できる?ネット通販は可能?
マグミットを市販のドラッグストアやインターネット通販で買う事ができるのか?類似品で代用できないか?
マグミットが効かない方へ薬剤師が解説
マグミットを飲んでも便秘が治らない方へ対処方法について薬剤師が紹介します。
マグミットで下痢・腹痛の副作用の口コミと「薬剤師の解説」
マグミット錠を飲むと下痢をしてしまう人、腹痛で苦しい人の体験口コミと対応策について紹介します。