【薬剤師が解説】酸化マグネシウムを飲むとおならが臭くなる理由

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

酸化マグネシウムを飲むとおならが臭くなる理由

 

酸化マグネシウム細粒、酸化マグネシウム錠、マグミットなどを飲むとおならの臭いがきつくて大変という方のご質問があったのでこちらで解説していきます。


 

酸化マグネシウム便秘薬とおならの悩みについて

 

30代 女性 A子

 

便秘症がひどくコーラックなどを飲んでいましたが、刺激が強い薬は腸に良くないと知ったため、恥ずかしかったのですが内科にいって便秘の相談をしました。

 

医師から酸化マグネシウムという成分の酸化マグネシウム錠330mg「ヨシダ」という錠剤を1日3回2錠ずつ飲むように言われ、調剤薬局で薬をもらいました。

 

最初の日は便が出なかったのですが、翌日からはすこし下痢気味になるくらい出るようになりました。

 

緩くなる感じです。

 

便秘よりはいいのですが、たまに驚くべき便意が日中あります。 トイレに駆け込むので大丈夫なのですが・・・

 

お通じは良くなってきているのでいいのですが、仕事中におならが出るのが恐怖です。

 

すっごーーーーーーい強烈な下痢なのかうんちなのかわからないようなおならがでます・・・

 

一度、仕事中にすかしっぺをしてしまったのですが、あまりのおならの臭いに驚き、赤面し、できるだけ息をたくさんすることでほかの人に嗅がれないようにしました。

 

以前の便秘中のおならはここまでくさくなったのですが、これは酸化マグネシウムの副作用なのでしょうか?

 

調子がいい薬だけに飲みたいのですが、おならの臭いが気になってお腹がもぞもぞすると仕事になりません。

 

また、トイレに言っておならをしたとしても、臭いが充満してしまいそうで、次に入った人に嗅がれるかと思うとこれもとても恥ずかしいです。

 

なにかいい対策はないでしょうか?

 

 

 

ご質問ありがとうございます。

 

酸化マグネシウム便秘薬は、マグミット330や酸化マグネシウム錠330mg「ヨシダ」など有名な薬があり、たくさんの人に飲まれています。

 

ご質問されたA子さんと同じように、おならの臭いの質問を過去うけたこともあります。

 

また、私自身も酸化マグネシウム細粒を飲んだことがあるのでお気持ちがわかります。

 

酸化マグネシウム便秘薬の働きは、便の水分量を保持し、お通じを軟らかくするため便秘に効果があります。

 

お通じの水分量が多すぎると下痢気味になります。

 

いまA子さんが飲んでいる量は酸化マグネシウム錠330mg「ヨシダ」(酸化マグネシウム便秘薬)の上限最大量なので、すこし下痢気味になっている可能性があります。

 

医師の指示に従ってほしいのですが、量を調節できるようであれば一回の飲む量を2錠から1錠に減らすなど様子をみることで、下痢気味な状態をちょうどよい便の硬さに調整することができるでしょう。

 

お通じが軟らかすぎて、下痢状態の時はおならの臭いも下痢の臭いとにてくるため、気になる可能性があります。

 

量の調節や、寝る前だけ飲むなどの変更して調節してみると、おならの臭いの軽減につながる可能性が高いと思います。

 

医師や調剤してくれた薬剤師に問い合わせると安心ですので、日中電話で聞いてみましょう!

 


【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

健康食品でスッキリサポート




関連ページ

マグミット錠250mg・330mg・500mgの効果と副作用【薬剤師が解説】
【薬剤師が解説!】マグミット錠の効果効能や作用、副作用、注意点や飲み方、何錠飲めばいいのか?など飲む人の疑問に答えていきます。
薬剤師が教える!マグコロールの効果や副作用※大腸検査前に
マグコロールは便の水分量を保持します。マグコロールの飲み方や効能、注意について解説
酸化マグネシウム錠250mg・330mg・500mg「ヨシダ」(旧名:マグラックス錠)【便秘解消プロジェクト】
酸化マグネシウム錠「ヨシダ」(旧名:マグラックス錠)の飲み方や効果の出る時間、飲み合わせ、成分や用量などについて、薬剤師が紹介していきます。
マグミット、酸化マグネシウム錠「ヨシダ」は牛乳やカルシウムを摂りすぎると危険?
メールでの質問をいただいた件。マグミット、酸化マグネシウム錠「ヨシダ」(旧名:マグラックス錠)とカルシウムの飲み合わせについての回答をします。
【薬剤師解説】酸化マグネシウム錠・細粒・重質酸化マグネシウム「ケンエー」について
健栄製薬が製造する医療用医薬品の酸化マグネシウム錠「ケンエー」、酸化マグネシウム細粒83%「ケンエー」、重質酸化マグネシウム「ケンエー」の効果や副作用、注意点について、薬剤師が解説します。