ポリフル錠・細粒※過敏性腸症候群IBS治療薬で下痢も便秘も治す作用あり。

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

ポリフルについて

 

ポリフルは過敏性腸症候群に効果のある医療用の薬です。

 

便通の異常状態で差し込むような腹痛があったり、逆に便通が悪くお通じが硬くコロコロした便になることもあります。

 

便秘と下痢を交互に繰り返す病気で生活の質を下げる患者さん負担の多い病気の一つです。

 

そんな過敏性腸症候群に効果のあるポリフルについてこちらのページで紹介していきます。


ポリフル

  • 商品名:ポリフル
  • 成分名・一般名:ポリカルボフィルカルシウム

 

剤形

  • ポリフル錠500mg
  • ポリフル細粒83.3%

 

ポリフルの効果・効き目

 

ポリフルは胃酸の酸の影響をうけ薬効成分が化学変化をおこし、小腸から大腸にかけて中性の条件下で吸水性の高いゲルの状態になります。

 

水分が多い下痢状態の場合は、高い吸水性のある物質が水分を吸収し便の元となる状態の水分量を減らし下痢を抑制します。

 

一方、便に水分量が少ない便秘状況の時には小腸から大腸前半で保持した水分により便の水分量を増やし、お通じの硬さを程度に保つ作用があります。

 

ゲル状になった薬効成分が適度な便の量になり、下痢、便秘両方に効果を発揮するという珍しいタイプの薬です。

 

ポリフルの薬効を簡単にまとめます

  • 水分の吸収でゲル化
  • 水分で膨張し適度な便となる
  • 適度な水分を保持するため下痢にも便秘にも効果

 

ポリフルの飲む量、飲み方について

ポリフルの薬効成分を1日1.5g〜3.0gを3回に分けて服用
錠剤の500mgでは1〜2錠を1日3回
細粒の83.3%では1〜2包を1日3回で服用します。

 

下痢の症状が出ている時には1日量は1.5gから始めることが望ましいので、1錠または1包を1日3回で服用します。

 

ポリフルを飲む際の注意点

ポリフルは水分を吸収し膨張する作用があるため、喉や食道など胃に到達する前に使えてしまうと、膨張した薬剤が管をふさいでしまう恐れがあるため、。飲む際はコップ一杯くらいの多めの水で服用するようにします。
間違っても水なしで飲むなどの無茶な飲み方は控えてください。

 

ポリフルの副作用

ポリフルの副作用は臨床試験で8.79%、市販後調査で2.2%の人に現れるというデータが出ています。
0.1〜1%未満で、発疹、そう痒感、嘔吐、口の渇き、吐き気、お腹の張り、下痢、便秘、腹痛、肝機能異常、浮腫などがあります。

 

上記副作用は1%未満なので少なめの副作用ではあるものの、服用していてなにか違和感などを感じた時はすぐに服用を停止し、処方医に問い合わせをしましょう。

 

ポリフルと飲み合わせの悪い薬

ビタミンD製剤(ワンアルファ、アルファロール、ロカルトロール、エディロールなど)はカルシウムの吸収を促進させてしまうため併用注意

 

カルシウム製剤(アスパラCAなど)はカルシウム過剰になる可能性があり併用注意

 

ジゴシンなどの狭心症の薬を飲んでいる方はカルシウムの作用が強く作用し、ジゴシンなどの薬の作用を増強するため併用注意

 

その他、テトラサイクリン系の抗生物質やニューキノロン系抗生物質、PPI、H2ブロッカー、制酸剤などの併用注意があります。

 

詳しくは薬をもらった調剤薬局に問い合わせてみましょう。

 

ポリフルのジェネリックについて

同薬効:コロネル

 

ジェネリック:ポリカルボフィルCa細粒83.3%「日医工」

 

ポリフルの添付文章

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

お通じ対策に健康食品でサポート