【薬剤師が教える便秘解消法】今すぐ即効性のある方法から安全な体質改善の流れ

今すぐ即効性のある便秘解消方法を薬剤師が解説

 

当ページでは、即効性のある便秘解消法から、安心安全な便秘体質の改善についてまでの流れをご紹介します。

 

みなさんは「即効性がある便秘解消の方法」といえば、どんな方法を思いつきますか?

 

薬を使った方法でしょうか?
それとも食事、運動療法でしょうか?

 

インターネットで調べて見てみると、手やお腹の「ツボ」を押す、「つま先立ち」「冷水」「腹筋」など、さまざまな方法が書かれていますね。

 

これらの方法も、便秘解消に一定の効果はあると思います。

 

ですが、これだけですぐに効果があるかという点を考えると、薬剤師としては少し違和感を覚えます。

 

そこで、『薬剤師として最善のアドバイスをするならどんなことをお伝えすべきか』を考えてみました。

 

すぐに対処したい時の便秘解消法で間違ってはいけないポイントは以下の「3つの順序」です。

 

@便を出す
A乳酸菌を入れる
B腸内細菌の善玉菌を育てる

 

この順番を理解していただき、正しく間違いのない便秘対策を行いましょう!

 

当ページでは、いま辛い便秘の方に対し、即効効果がある「@便を出す」からスタートし、その後自然排便ができるような便秘体質の改善までの流れをご紹介します。

 

また、それ以外にも便秘を悪化させてしまう10個の原因や、お通じに良い1日のタイムスケジュール、ウンチの中身などのしっておきたいトピックスもご紹介します。。

 

初期の便秘対策から最後は便秘体質を改善し、排便習慣をつけ自然にスッキリな体質になれるように頑張りましょう!

 

また、わからないことがあればページ最後にお問い合わせ窓口がありますので、気軽にお問い合わせください。

 

便秘解消のためにとても重要なことなので、少し長いページになっています。

 

お時間のない方は、ブックマークなどしてご覧ください。


 

急ぎの方への便秘解消法ページを作ろうと思っていた時に、タイミング良くツイッターで以下のような質問をいただく機会がありました。

 

 

 

ご質問をいただいた「ゆうさん」は、しっかりと便秘について考え、今できる便秘対策を行っています。

 

しかし、残念ながら便秘の改善効果を感じることができていません。

 

ゆうさんのご質問から、いろいろと対策を考え実践してはいるものの、効果を体感できていない方が多いことを肌で感じることができました。

 

ゆうさん、ご質問ありがとうございました。

 

それでは、最初に「@便を出す」ところからスタートします。


@便を出す

STEP@スタートは腸のリセットから!

すぐに便秘解消方法SETP1
まずは、腸の中をキレイにすることから始めましょう。

 

硬い便が肛門近くにある場合、繊維質の多い不溶性食物繊維を摂ると、肛門近くの便が邪魔をして排便できず、逆に苦しくなることもあります。

 

便秘が辛い時に不溶性食物繊維などが多く入っている野菜をたくさん摂ってしまうと、お腹の張りやガスが発生し苦しくなるため、最初に出すことを優先する必要があります。

 

  • 【急ぎの方】
  • 便秘薬を使いましょう。

     

  • 【まだ辛くない方】
  • 水溶性食物繊維と水分を摂りましょう。

【急ぎの方へ】

今すぐ便秘を治したい方用のページのため、当ページでは辛い症状に対処する方法として便秘薬をおすすめしています。

 

便秘薬にも複数の種類や系統があるため、正しい薬の選び方について以下のページをご活用ください。
⇒【薬剤師が解説】便秘薬の選び方

 

便秘が辛い場合、一時的に薬を使用することは悪いことではありません。

 

普段から使っている便秘薬がない場合は「酸化マグネシウム系便秘薬」がおすすめです。

 

酸化マグネシウム系便秘薬をお求めの際は、病院の医師やドラッグストアの薬剤師に相談するといいでしょう。

 

みなさんがよくご存じの刺激系便秘薬「○○ラック」などは、効果が強く効果発現までの時間が速いため一時の便秘改善にはとても効果的です。

 

しかし、刺激系便秘薬で注意してほしいことは、便秘体質が治るわけではないという点です。

 

刺激系便秘薬を使う際の注意点は、便秘が苦しい時のみ使用し、少しずつ薬の効き目が穏やかなものへ変更していくのがおすすめです。

 

便秘薬の減薬やレベルダウンの方法については後述しますね。

「刺激系便秘薬」の判別は成分でチェック

 

便秘薬の成分表に、センノシド、センナリド、ビサコジル、センナ、ピコスルファート、大黄(ダイオウ)、アロエなどと書いてあるものが、大腸を刺激して排便させる「刺激系」の薬です。

 

病院で医師から処方してもらった便秘薬であっても、上記の成分が含まれていれば大腸を刺激する「刺激系」便秘薬です。

 

もし内容成分がわからない場合は、薬の名前で検索してみましょう。

 

※普段から酸化マグネシウム系便秘薬(マグミット、酸化マグネシウム「ヨシダ」(旧:マグラックス)、酸化マグネシウムE便秘薬、3Aマグネシア、ミルマグなど)を使用している方は、お持ちの薬で対応してください。

 

【まだ辛くない方】

水溶性食物繊維と水分をしっかり摂ることで、お通じを軟らかくすることができます。

 

前述していますが、不溶性食物繊維は便の量が増える食材です。

 

すでに便秘が辛い状態になっているところに不溶性食物繊維を摂ると、お腹の張り、おなら、ガスなどの原因になります。

 

食物繊維の中でも水溶性食物繊維は腸の中に入ると「ゲル状」になり、水分を保持しながら腸の中を移動します。

 

お通じが硬く滞りが多い時にゲル状の水溶性食物繊維が増えることで、便が軟らかくなる効果が期待できます。

 

水溶性食物繊維の食材

ネバネバ系

  • オクラ・モロヘイヤ・納豆

海藻

  • わかめ・めかぶ・もずく・あかもくなど

きのこ

  • なめこ

 

便秘薬を使用しながら、これらの食材を毎日食べるようにしてください。

 

便の水分量が増えることでお通じの流れが改善しますよ!

▲メニューに戻る

STEPA乳酸菌を食べる

 

STEPAは、STEP@で便秘薬などを使用し、腸の中がキレイになっている状態です。

 

即効で便秘解消STEP2

 

便秘が辛い状態の時、腸の中はお通じの流れが悪く、悪玉菌が優勢になっています。この状態はお腹の張りやガスの発生などを招き、お腹からくる不調の原因となります。

 

また、悪玉菌が増えることで血流が悪くなり、それに伴い弱まった腸の動きが、さらなる便秘悪化を招いてしまいます。

 

乳酸菌を定期的に食べることで腸内の善玉菌が増え、善玉菌が増えると腸管内が酸性になります。酸性条件下になると適度な刺激があり腸が正常に動く環境が整います

 

腸内フローラの改善で便秘体質の改善

 

乳酸菌を摂る方法|食事編

【動物性乳酸菌】

  • 乳製品:ヨーグルト、チーズなど
  • 肉魚:生ハム、アンチョビ、塩辛など

動物性乳酸菌は酸や熱に弱いため胃酸で死滅しやすく、植物性乳酸菌と比べて腸に生きて届く確率が低くなる傾向があります。

 

【植物性乳酸菌】

  • 漬物: ぬか漬け、キムチ、水キムチ、ザワークラウト、ザーサイ、すぐき漬け、野沢菜漬けなど
  • 納豆
  • 調味料:味噌、醤油など

「植物性乳酸菌」は酸や熱に強く、過酷な条件下でも生き残る力のある乳酸菌です。

 

食事から摂る際は「植物性乳酸菌」を意識して摂るようにすると、腸内フローラを整える効果が高く便秘解消に役立ちますが、漬物、調味料の塩分過多には十分注意してください。

 

【乳酸菌飲料】

  • ヤクルト、ラブレ、朝のYoo、カラダカルピス、ピルクル、カルピス、アミールSなど
  •  

    乳酸菌飲料はお近くのスーパーでも手に取りやすく値段も比較的安いので、毎日摂ることができる乳酸菌として適しています。
    糖分などが加えられているものが多いため、血糖値やカロリーなどに気をつけながら使用しましょう。

 

乳酸菌を摂る方法|整腸剤編

【整腸剤】

  • 新ビオフェルミンS
  • ザ・ガードコーワ整腸錠PC
  • ミヤリサン錠など

整腸剤はドラッグストアで簡単に手に入れることができる整腸製剤です。
食事から摂るのに比べカロリーは少ないですし、定期的に摂るのに適しています。

 

整腸剤の選び方については以下のページをご覧ください。
⇒【薬剤師がおすすめ】整腸剤の選び方

 

乳酸菌を摂る方法|乳酸菌サプリ編

【乳酸菌サプリメント】

  • ビフィーナS
  • 植物性乳酸菌ラブレ
  • ラクテクトなど

乳酸菌サプリは現在大手の上場企業からもたくさん発売されており、研究開発が進んでいる商品でしょう。

 

便通改善や鼻のムズムス、かゆかゆ、子供用など、様々な形態のサプリメントが販売されています。

 

乳酸菌サプリはヨーグルトを毎日食べるのと比べ、摂るのが簡単で持ち運びも容易なので、毎日自分に合った乳酸菌を摂取したい方にとっては便利な商品です。

 

月間のコストで考えると、ヨーグルトに比べて安くなるケースが多いですね。

 

乳酸菌サプリの選び方については、以下のページをご覧ください。
⇒【薬剤師がおすすめ】乳酸菌サプリの選び方

便秘改善には乳酸菌の「菌の種類」に着目しよう!

 

乳酸菌の中でも特に便秘に困っている方におすすめの「菌」があります。

 

それは、大腸内の善玉菌の99.9%を占めると言われるビフィズス菌です。

 

さらに、ビフィズス菌の中でも「ビフィズス菌ロンガム種」という種類の菌は、排便回数を増やすなど、腸の動きの改善に役立つことが分かっています。

 

「ビフィズス菌ロンガム種」は、病院で処方される医療用の整腸剤にも配合されているビフィズス菌です。

 

その医療用の整腸剤は臨床実験が行われ、便秘解消効果は厚生労働省にも認められています。

 

現在では、「ビフィズス菌ロンガム種」入りのサプリメントをネットで簡単に手に入れることができます。

 

乳酸菌サプリに関しては以下のページを見ていただき、腸内フローラ改善にお役立ていただければ幸いです。

 

>>>【薬剤師おすすめ】便通改善の乳酸菌サプリ数種類を比較

「ビフィズス菌ロンガム種」のサプリについての詳細は、こちらで見ることができます。

 

乳酸菌サプリや整腸剤は、いつも飲んでいる便秘薬(下剤)を服用中でも使用することができます。

 

普段使っている便秘薬を突然やめなくても良いので、急激な便秘症状悪化の心配もなく、安心して使うことができますよ。

 

もちろん、便秘対策はサプリ・整腸剤以外にも、発酵食品・食物繊維の摂取、運動などの基本的な対策を行うことが前提です。

 

今すぐどうしても!という急いでいる方には機能性の表示がされている『乳酸菌サプリ』をおすすめしていますが、時間をかけられるという方は食事の改善を2週間続けて腸内環境を整えるようにしてみましょう。

 

食事で改善する場合は、乳酸菌たっぷりのヨーグルトや味噌、醤油、漬物、キムチ、納豆などを毎日意識して食べましょう。

 

それに加えて、食物繊維たっぷりの野菜も毎日食べるようにします。

 

この2点を続けることで、腸内フローラが少しずつ整っていきます。

 

 

例えば、ダイエットをしても1日や2日で結果を出そうとするのは無理がありますよね?

 

腸内フローラも同じで、腸内が整うまでにはどうしても時間がかかります。

 

そこで、便通改善効果の高い善玉菌を手軽かつ定期的に摂れるサプリメントをお困り度が高い方にはおすすめしています。

▲メニューに戻る

STEPB善玉菌を育てる

善玉菌を育てる
人間の腸内細菌は100兆個、重量にして1.5kgが住み着いていると言われています。

 

発酵食品やサプリメント、整腸剤の乳酸菌は外からやってくる善玉菌の支援者で、乱れている腸内フローラを整える手助けをしてくれます。

 

しかし、外部から良い菌を入れてもこれらの菌が腸に住み着くことは困難で、数日間腸に滞在したのち、多くの善玉菌はトイレに流れていってしまいます。

 

サプリなどで外からの支援を受け腸内フローラが整ってきた段階で、普段から腸内に住み着いている善玉菌を「増やす」フェーズに入りましょう。

 

善玉菌を増やすには、善玉菌のエサになる成分を摂ることが必要です。

 

善玉菌のエサになる成分は、「オリゴ糖」「水溶性食物繊維」です。

 

善玉菌を育て増やす方法|オリゴ糖食材編

【オリゴ糖食品】

  • きな粉
  • ごぼう
  • 納豆
  • 玉ねぎ
  • リンゴ
  • はちみつ
  • バナナ

オリゴ糖は食材に入っている量が少なく、食品から十分な量を摂るのに困難な成分です。

 

食品のオリゴ糖は、40度〜50度に温めると酵素が活性化しその量を増やせるので、食べる前に温める工夫をすると効率的に摂れます。

 

焼きリンゴ、焼きバナナにきな粉とはちみつをかけるなどして、おいしくオリゴ糖を摂取してみてください。

 

善玉菌を育て増やす方法|オリゴ糖サプリメント・健康食品

【オリゴ糖サプリ・健康食品】

  • オリゴのおかげ
  • カイテキオリゴ
  • はぐくみオリゴ
  • など

食品からなかなか摂りづらいのがオリゴ糖なので、サプリや健康食品を使用するのも良いアイデアです。

 

スーパーの砂糖コーナーにも置かれているので、ボトルタイプのオリゴ糖を選んでも良いでしょう。

 

以下のページはトクホ商品でもあるパウダー状のオリゴ糖サプリメントの選び方について解説します。

 

⇒【薬剤師がおすすめ】オリゴ糖サプリの選び方

 

善玉菌を育て増やす方法|水溶性食物繊維

【水溶性食物繊維食品】

  • 野菜:オクラ、モロヘイヤ、アボカド、など
  • 海藻:わかめ、昆布、もずく、あかもく、など
  • きのこ:なめこなど
  • その他:こんにゃく

水溶性食物繊維の食品は、ネバネバ系と覚えるといいですよ!

 

【食物繊維サプリ】

  • イージーファイバー
  • イサゴール
  • ポリデキストロース

食物繊維サプリメントと言っても種類がたくさんあり、どの製品が水溶性食物繊維なのかわからない方も多いでしょう。

 

水溶性食物繊維のサプリメントで有名な成分は「難消化性デキストリン」で、イージーファイバーという商品が有名です。

 

「難消化性デキストリン」はイージーファイバー以外にもたくさんの商品名で売られているので、成分を見ながらコストの安いものを購入するのも良いですね。

 

⇒【薬剤師がおすすめ】食物繊維サプリの選び方

 

▲メニューに戻る

便秘薬を減らしていこう!

浣腸や刺激系便秘薬は、使用している期間が長くなるにつれ腸が慣れてしまい、薬の効果が出づらくなります。

 

また、腸への刺激が強いため腸がむくみ、腸自体の動く能力が落ちてきてしまうことが問題です。

 

さらに、刺激系便秘薬の大きな問題だと感じるのは「精神的依存」です。

 

  • @:下剤を飲まないと出ない
  • A:出ないと気持ちが悪いし、太る気がする
  • B:下剤を使用し、出るとスッキリ、お腹もペッタンコで痩せた気分
  • C:調子が悪いと下剤が当たり前
  • D:下剤がないと不安、出ないと気分が悪い

 

このような下剤の無限ループに陥り、便秘薬・下剤なしの生活は考えられないという方からの相談が非常に多いのが現実です。

 

先ほどお伝えしている便秘解消の3STEP
「@便を出す」
「A乳酸菌を食べる」
「B善玉菌を育てる」
を行っていても、すぐに体質が改善するわけではありません。

 

そこで基本の便秘解消法を行いながら便秘薬を上手に使用し、さらに便秘薬の量を徐々に減らしていく方法について解説していきます。

 

安全で効果がマイルドな便秘薬へシフトしていこう!

今すぐ便秘解消STEP3

 

もともと腸の動きが悪く便秘になりがちな方は、乳酸菌や食物繊維などの食べ物に注意しても、便通が不調になることがあります。

 

これは、まだ腸が自ら動く癖がついておらず、毎日の排便習慣が身についていないことなどが原因です。

 

正しい便秘対策を行っても、すぐに効果を実感できる方は少ないでしょう。

 

この場合の便秘不調時には、酸化マグネシウム系便秘薬を使用します。

 

酸化マグネシウム系便秘薬は、便の水分を多くすることによりスムーズに排便させる効果をもたらします。

 

この薬の特徴は、腸への刺激が少なく慣れも少ないため、安心して使用できる点にあります。

 

安心して使用できる特性から、医療の現場でもよく処方される便秘薬の一つです。

 

腸内フローラを整えている最中に便通が不調になってしまった場合に刺激系便秘薬ではなく酸化マグネシウム系便秘薬を飲むことで、少しずつ排便習慣がつき、やがて刺激系便秘薬を使用しなくてもお通じがあるようになるはずです。

 

この方法は、便秘薬を減らしたいと思っている方に特におすすめです。

 

便秘薬の減薬のセオリー

 

  • 弱い便秘薬(酸化マグネシウム系便秘薬)へ変更していく

  • 整腸剤や乳酸菌サプリだけでも排便できるようにしていく

  • 食事の対策のみで、薬は不要な体質にする

上記の流れにするために、現在便秘薬を使用している方の対処方法について紹介します。

 

週に3回以上、便秘薬を飲む方へ

便秘薬を飲む頻度が高い方は、便秘薬を急にやめてしまうと、お通じがなくなる可能性が高いです。

 

当ページでお伝えしている便秘解消法を行いながら、いつもの便秘薬を使用してください。
便秘解消法に慣れてきたら、便秘薬を休憩する日を作りましょう。

 

刺激系便秘薬をやめる日を作ることで、お酒の休肝日のように腸が刺激から休憩できる日を作ります。
休腸日を設けることで腸が休むことができ、食物繊維や善玉菌の刺激でも正常に動く本来の腸の状態にしていきます。

 

便秘薬は刺激系のものから「酸化マグネシウム系便秘薬」に変更していきます。

 

「酸化マグネシウム系便秘薬」を使用中どうしても不調の際は刺激系便秘薬を使用することもできますので、3日くらい出なくなり辛くなったら刺激系便秘薬を使うと良いでしょう。

 

この状態を数週間続けることで、酸化マグネシウム系便秘薬で排便できる体にしていきます。

 

いずれは酸化マグネシウム系便秘薬もお休みできるようにしていき、最後は薬なしで自然排便できる体を作っていきます。

 

この際、常時食事や運動の便秘解消法も併せて行い、整腸剤や乳酸菌サプリを続けることもおすすめです。

 

使用する薬・サプリ
便秘薬(下剤)×酸化マグネシウム系便秘薬×整腸剤・乳酸菌サプリ

 

週末、下剤を飲んで排便している方へ
  • 平日は食事や運動を頑張っている
  • どうしても週末に溜めこみ土曜日の夜に便秘薬や下剤を使用している

 

このような方に平日の「酸化マグネシウム系便秘薬」の使用をおすすめします。

 

「酸化マグネシウム系便秘薬」はお通じが緩くなる薬なので飲む薬の用量に注意が必要ですが、ご自身の体調に合わせた量を飲むことで平日からお通じの流れが良くなり、週末の下剤をやめることができます。

 

その際、酸化マグネシウム系便秘薬と共に整腸剤や乳酸菌サプリの併用がおすすめです。

 

使用する薬・サプリ
酸化マグネシウム系便秘薬×整腸剤・乳酸菌サプリ
調子が悪い時のみ週末便秘薬(下剤)を使用

 

酸化マグネシウム系便秘薬は、以下の商品名のものが有名です。

 

【市販】
  • 3Aマグネシア
  • 酸化マグネシウムE便秘薬
  • スラーリア
  • ミルマグ
  • など

【病院で処方】
  • 酸化マグネシウム細粒
  • 酸化マグネシウム「ヨシダ」(旧:マグラックス)
  • マグミット
  • ジェネリックメーカーの名称入り複数あり

【病院で処方】酸化マグネシウム系便秘薬一覧

 

今すぐ即効性のある便秘解消方法の3つの順序まとめ

  • @便を出す
  • A乳酸菌を食べる
  • B善玉菌を育てる

この順序を間違わないように便秘対策を行ってくださいね。

 

【薬剤師が教える便秘解消法】今すぐ即効性のある方法から安全な体質改善の流れ

いまあなたに必要な商品を選びを行い、正しい排便につなげましょう!

▲メニューに戻る

 

便秘体質の改善のために知っておきたい基本の便秘対策

便秘体質の改善

ここからは、体質改善のために普段から注意しておきたい便秘対策についてご紹介します。

 

便秘体質の改善方法、健康食品、食べ物や飲み物は医薬品とは違いほとんどのものは即効性は期待できません。※体の状況や体質によって個人差はあります。

 

しかし、毎日すっきりとした自然排便ができるような体質になるためには、普段から食習慣と生活習慣を整えることが非常重要です。

 

以下に記載する方法や商品について知り、ご自身に合ったものをチョイスして継続してみましょう。

 

ご自身にあうものを見つけるには、1週間から2週間程度、継続してみて体調や体質の変化に目を向けてみてください。

 

調子が良ければ継続し、あまり効果がなければ他の方法を試してみるとよいですよ。

 

体質の改善には早い人で2週間、普通は数カ月はかかりますが一度便秘をしない体質になってしまえば、その後もご自身にあったケアを続けていくことで便秘知らずの毎日となり、すっきりと気分のいい日が続きます。

 

性格も明るくなり、気分も晴れ晴れした日々が待っていることを信じ、ぜひ試してみて下さい。

便秘に効く食べ物まとめ

便秘や腸に良い食べ物は、プロバイオティクスとプレバイオティクスです。

プロバイオティクス

プロバイオティクス食材

プロバイオティクスとは、乳酸菌などの腸に良いと言われている菌の食材で、腸内の善玉菌を増やすことができます。
基本的には発酵食品を摂ることだと考えていたければ良いですね。

 

代表的なプロバイオティクス食材は、ヨーグルト、チーズ、味噌、醤油、漬物、甘酒、塩麹などです。

 

ヨーグルトなどの動物性乳酸菌は胃酸に弱い傾向があり、生きて腸まで届きづらい特徴があります。

 

漬けものや味噌、醤油などの植物性乳酸菌は胃酸に強く、腸まで菌が届きやすいですが、塩分量の取り過ぎには注意が必要です。

プレバイオティクス

プレバイオティクス食材

プレバイオティクスとは、腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌の増殖をサポートする食材です。
100兆個、1.5kgも腸内にいると言われている腸内細菌。
善玉菌の量を増やす食材を摂ることで、腸内フローラを整えていきます。

 

善玉菌が増えることで悪玉菌が抑えられ、腸内が酸性に偏ることで腸の刺激となりぜんどう運動という腸の活発な動きにつながります。

 

オリゴ糖

オリゴ糖食材

オリゴ糖の食材についてはこちらをご覧ください。

 

基本的にオリゴ糖は食材から定期的に摂るのは微量で困難なので、オリゴ糖の健康食品から摂るのがおすすめです。

 

オリゴ糖のサプリメイン選びはこちらを参考にしてください。

 

お近くのスーパーのお砂糖コーナーにもオリゴ糖は売っていることが多いので、そちらで購入しても良いでしょう。 

 

ネット通販の場合はトクホのすごくおすすめなオリゴ糖パウダーもありますので比較検討してみてくださいね。

 

食物繊維

食物繊維といっても二種類あるのをご存知ですか?
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維
便秘になったら野菜を食べようと考える方は多いですよね。

 

当ページの冒頭でもこの話題に触れていますが、便秘が悪化した状態で不溶性食物繊維をたくさん摂ってしまうとさらに詰りが悪化し、お腹の張りがきつくなることがあります。

 

便秘と食物繊維は切り離して語れないので、少し食物繊維の働きと違いについて解説します。

 

食物繊維は「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。

水溶性食物繊維とは

水溶性食物繊維の食材

水溶性という漢字を使っている通り、水に溶けやすい食物繊維です。

 

お腹の中に入るとゲルのようなぶよぶよした状態になり、一緒に食べた物にまとわりつき、吸収時間をゆっくりとなだらかにする働きがあります。

 

よくトクホのお茶などのCMで「血糖値が気になる方へ」や「体脂肪が気になる方へ」という言葉を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

 

これらはお茶の中に水溶性食物繊維が含まれ、栄養分の吸収を遅くすることで、コレステロールや糖分の吸収をなだらかにする働きを狙った商品です。

 

水溶性食物繊維はこれらの働きのほかに、腸内に入ると水分を保持してお通じを軟らかくする働きがあります。

 

大腸では食べ物のカスや腸内細菌が混ざり合い、お粥のような状態から徐々に水分が体の中に吸収され、便の形を作っていきます。

 

この過程で、腸の動きが悪い方は水分が多く吸収されすぎて便が硬くなり排便しづらくなりますが、水溶性食物繊維を摂ることで水分が保持され、するりと排便することの助けになります。

 

不溶性食物繊維とは

不溶性食物繊維の食材

不溶性という漢字の通り、水に溶けない食物繊維のことです。

 

不溶性食物繊維の特徴は、お腹の中で水分を吸着し数倍に膨らむことです。

 

不溶性食物繊維はウンチの材料となるため、少ないと十分な量のウンチを作ることができません。

 

ところが、便秘がひどい状態の時は大腸に便が大量にあり、その状態で不溶性食物繊維をたくさん摂ってしまうと、便が出ないところに便の材料を追加することとなり、お腹の張りなどの便秘の辛い状態を悪化させる原因となります。

 

便通が良い時に不溶性食物繊維を摂ることは便秘や痔の予防になるので良いことなのですが、便秘悪化時に不溶性食物繊維をたくさん摂ることは避けた方が良いでしょう。

▲メニューに戻る

 

便秘に効く飲み物まとめ

便秘に効果的な飲み物は種類がかなり豊富です。
購入できる場所もスーパーやコンビニ、ドラッグストア、ネット通販などで購入することができます。

便秘に効く飲み物画像

便秘に効く飲み物として代表的な物は、食べ物のところでも紹介したプロバイオティクスの飲むヨーグルトやヤクルトなどの乳酸菌飲料が有名です。

 

それ以外にもお通じを軟らかくする硬水もあります。

 

硬水は成分であるマグネシウムが便の硬さを軟らかくする働きがあります。

 

硬水で有名なものはコントレックスやエビアンといった主にヨーロッパから輸入されているミネラルウォーターです。

 

それ以外にはコンビニや薬局の栄養ドリンクコーナーなどに置いてあるファイブミニというドリンクもポリデキストロースという食物繊維が入っており、おなかの調子を整えるトクホの商品です。

健康食品・トクホ・機能性表示

便秘に効果的な健康食品の成分は「乳酸菌(ビフィズス菌)」「食物繊維」「オリゴ糖」などが有名です。

乳酸菌(ビフィズス菌)サプリ

乳酸菌(ビフィズス菌)サプリ画像

乳酸菌サプリメントは非常に種類が多く、どれが自分にあった商品なのか選びにくいと思います。

 

便通対策でお探しの方には以下のページで詳しく解説していますので参考になさってください。

 

薬剤師がおすすめ!乳酸菌サプリの選び方

 

オリゴ糖サプリ

先ほど便秘に効果的な食べ物でも出てきましたが、オリゴ糖サプリについてもすこしだけ紹介します。

 

オリゴ糖といっても実はたくさんの種類のオリゴ糖があります。 

 

ガラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖、フルクトオリゴ糖・・・・まだまだ種類があります。

 

健康食品なので各社自社の商品が良いという風にしか書いていなくて、消費者はどれを選んでいいかわからなくなることもあるでしょう。

 

そんな時はトクホの商品から初めてみるのがおすすめです。

 

インターネットで購入できる有名どころのオリゴ糖を以下で比較しているので、興味がある方は参考にしてみてくださいね。

 

薬剤師がおすすめ!オリゴ糖サプリ選び方

 

食物繊維サプリ・パウダー

 

食物繊維サプリメントや粉上のパウダー、ゼリーなどの健康食品もたくさん販売されています。

 

機能性表示やトクホがとれているものも最近は出てきているので、消費者も選びやすくなっていますね。

 

安い価格で取り寄せるのであればアマゾンのものも良いですし、効果的な成分を求めるのであれば、食物繊維以外にもオリゴ糖や乳酸菌などが配合されている商品もよいでしょう。

 

以下のページで食物繊維サプリメント・パウダー・ゲルの紹介をしていますので、参考になさってください。

 

薬剤師がおすすめ!食物繊維サプリメントの選び方

 

お茶・ティー

便秘に効くお茶・ティー画像

健康食品にもなりますが、便秘に効果的なお茶というジャンルの商品群があります。

 

この便秘茶は十分注意してご利用ください。 

 

キャンドルブッシュやゴールデンキャンドルという成分が入っている便秘茶がネットを中心に販売されています。

 

キャンドルブッシュやゴールデンキャンドルは下剤の成分であるセンノシドと類似した効果があるということで、国民生活センターから注意喚起がされています。

 

お茶だからと言って、毎日飲んでしまうと下剤を毎日飲むことと似たような状態となり、腸への負担が多く、最悪の場合はこの便秘茶がないと自然に排泄できなくなる可能性もあります。

 

また妊婦や子供の便秘でこのような便秘茶を飲むことは絶対にやめてください

 

お茶で便秘解消をしたいと考えている方は、便秘茶の注意点と選び方ページをご覧していただき、飲み方には十分注意してください。

 

ハーブティーのローズヒップティーやフェンネルティー、ルイボスティーなどは直接的な下剤様作用はありませんので安心です。

 

特に冷えが気になる女性にはおすすめで、暖かいハーブティーをこまめに飲んでいただくのは腸に良いでしょう。

 

しかし即効性には欠けますので、その他の便秘対策とともに飲んでみましょう。

 

購入はアマゾンや楽天などでもたくさん売っているので、ノンカフェインのリラックスできるハーブティーを選んでください。

 

青汁・スムージー

 

健康食品で飲む商品とすると、食物繊維がたくさん入っているスムージーや青汁といった商品もあります。

 

食物繊維だけでなく乳酸菌も添加されている商品もあるので、これらも便秘対策として飲む方が多いですね。

 

個人的には青汁が食物繊維も多く、乳酸菌も入っている商品があるためおすすめです。

 

便秘対策の青汁を探したいかたはこちらのページを参考になさってください。

 

以下のセクションでは便秘に良い運動やストレッチ、ヨガやマッサージといった自分でできる外部刺激についてご紹介します。

 

腸もみマッサージは便秘にとても効果的!

初級編は多くの方がご存知の「のの字マッサージ」

のの字腸マッサージ便秘解消

おへそから右回りに、肋骨の脇を沿うように、指先でマッサージを行います。

 

自分から見てお腹の右下、右上、左上、左下という順序でのの字でマッサージしていきます。

 

人差し指、中指、薬指の3本を優しく押しこみながら行いましょう。

 

人によっては皮膚の表面をなぞるだけでも効果はあります。
ご自身の気持ちの良い圧力で、腸をマッサージしてみましょう。

 

朝食後のトイレタイム前に行うと効果的です。

のの字マッサージ応用編

便秘マッサージ応用編

 

自分から見て、腸の左下は肛門へと続く最終カーブです。

 

最終カーブのS状結腸の部分には硬い便が溜まりやすく、そこにカチカチ便が滞っていることが多いため、この部分に直接指先を当て左右に揺らすマッサージを行うと良いでしょう。

 

のの字マッサージを行いながら腸を触り、硬くなっている部分を集中的にマッサージすると便意が起こりやすくなります

 

特に朝食後にこの部分を刺激すると、S状結腸から肛門直前の直腸に便が移動していき、直腸の内径が大きくなることで便意がおこりやすくなります。

 

朝の便意があまりないという方にとてもおすすめです。 

 

暖かい白湯などを飲みながらマッサージし、ゆったりとリラックスした朝食後の時間を作ることも合わせて行ってください。

 

朝はバタバタと忙しい方が多いとは思いますが、すこし早起きをする努力をして朝食後の時間を作りましょう。

 

必然的に寝る時間をすこし早めることで、無理なく早起きが可能になります。 寝る時間を削ると自律神経が乱れるので、寝る時間と睡眠の質の確保も考慮してくださいね。

 

 

腸を直接マッサージする腸もみは、便秘解消法としてとても効果的です。

 

食事、薬、サプリメントと共に毎日行うようにしましょう。

 

痛みのない腸マッサージにはリラクゼーション効果があり、副交感神経を優位にしてくれます。すると自ずと腸が動き出すため、とてもおすすめです。

 

今回は基本の腸もみをご紹介していますが、7種類の腸もみ方法を以下のリンク先で紹介していますので、是非行ってみてくださいね。

 

便秘外来式|美腸プランナー式など7種類の腸もみマッサージを紹介!

 

自分で行うセルフの腸マッサージは自分の腕や指を動かして力を入れるため、他人にマッサージしてもらうよりリラクゼーション効果が落ちてしまいます。

 

自分でやってみてもあまり効果を感じない場合は、腸のマッサージサロンで腸もみをしてもらうことも一つのアイデアです。

 

最近は腸もみが人気でいろんな流派のやり方がありますが、おすすめは日本美腸協会の美腸プランナーによる施術です。

 

なぜ美腸プランナーの腸もみがおすすめなのかというと、便秘外来の医師である小林先生が監修をしているからです。

 

医療の知識を勉強しながら正しい腸もみのアプローチをしている団体は日本美腸協会くらいしか見たことがありませんので、お近くのサロンを探して腸もみを受けてみるのも良いでしょう。

 

ちなみに、私も現在美腸プランナー1級になるべく施術の練習を行っています。

 

私の腸も練習台になるため美腸マッサージを受ける機会があるのですが、マッサージを受けた2〜3日後には便意で朝起きるほどの効果を感じることができました。

 

辛い便秘の方におすすめですね。

 

日本全国の美腸プランナーの検索はこちらから


その他、テレビで紹介された腸のマッサージ方法は以下のリンクより確認してみましょう。

▼金スマの腸活便秘解消法

金スマで紹介された便秘解消法を紹介します。
予約待ち数年の『便秘外来』小林弘幸医師がテレビで教えた腸のマッサージ方法については以下で紹介します。
「金スマ」小林弘幸医師が教える!今すぐ便秘解消法※腸活の動画とやり方を解説

 

▲メニューに戻る

 

便秘に効く運動をする前に!運動を続けるコツ

いくら便秘に運動が効果的だと言っても、運動が苦手な方や、面倒くさくて続けることができない方もいるでしょう。

 

そこで「便秘解消のための運動」に対する私の考え方を紹介します。

 

便秘解消のための運動は、本人が気持ち良く運動できる範囲の運動量で良い、と私は考えています。

 

運動が好きな方に「毎日5分ジョギングしてください」と伝えると「たった5分だけでいいの?」となるでしょう。

 

しかし、運動をほとんどしていない方に「毎日5分ジョギングしてください」と言うと、たちまちアレルギー反応が出てしまい、一応やってはみるものの続けられず、数日でやめてしまうということもあるでしょう。

 

いくら効果的な運動でも、続けられなければ意味がありません。

 

続けられるコツは、ご自身の心地よい運動強度で行うことだと思いますので、無理せずできる自分に合った運動を探してみましょう。

 

5分でも、3分でも、1分でもいいので、気分が良い運動をすると楽しく続けることができますよ!

 

これからお伝えする内容は、便秘解消のための運動の一つのアイデアとして捉えていただき、ご自身でアレンジしてもらって構いません。

 

便秘におすすめな運動

腸を外部から動かすことは、便秘にとても有効です。

 

私が考える「便秘に効果的な運動」は、「ねじる」「縦に揺らす」という運動です。

 

大腸はおへそを中心に「のの字」を書くように存在している臓器ですが、キレイなのの字になっている方もいれば蛇行している方もいて、その曲がりくねり方は人によって個体差があります。

 

直接触れられる方は腸をもみもみしても良いのですが、「ねじる」「縦に揺らす」運動をすることで誰でも上下左右のねじりの動きを腸に伝えることができ、効果的に刺激を与えることができます。

 

運動強度順のおすすめ
  1. 散歩・ウォーキング
  2. 軽いジョギング
  3. ジョギング

無理に走らなくても構いませんので、軽いジョギング程度を続けられるようになると、便秘対策の運動としてベストです。

 

なぜジョギングがおすすめなのかというと、「縦に揺れる動き」と「横にねじる動き」が同時に行える、便秘にとってまさに理想的な運動だからです。

 

※高齢者の方や、膝が悪い方、体重が多い方などは無理をせず、ウォーキングをしてみてください。
温水プールで歩くだけでも効果がありますよ。

 

室内でできる運動もあります

 

もし、外に出るのが嫌であれば、家の中で「エア縄跳び」をするのもおすすめです。

 

「エア縄跳び」とは、縄を使わずに縄跳びをするふりをすることです。

 

この運動であれば家の外に出なくても行うことができ、テレビを見ながらでも簡単に腸に刺激を与えることができます。

 

雨が降っている日や寒い日などは、家の中で「エア縄跳び」をしてみましょう!
※集合住宅などにお住まいの方は、騒音には十分に注意してください。

 

それ以外にも、室内でできる効果的な運動方法を以下に紹介します。

 

運動その1「腰を動かすフラフープ運動」

腰を動かし便秘解消

 

肩幅に足を開き、腰に手を当てフラフープをまわすような動きを左右10回ずつ行うと、腸の中がねじられ大腸の動きが促されます。 

 

この運動に合わせ、手で大腸をマッサージするとより効果的です。

 

腸の四隅をマッサージして便秘解消

腸の四隅は曲がり角になっていて、便が止まりやすい場所です。

 

この四隅の部分をお腹の上から押しこみマッサージすると便の流れが良くなるので、外から直接腸に触れ刺激を与えてみましょう。

 

大腸の四隅の部分に手を当て、それぞれの隅を押しこむように刺激を与えながらフラフープの動きを合わせます。

 

特に、左下の骨盤上、腸の最終コーナー(S状結腸)部分は、便の水分が少なくなり便が硬くなります。

 

さらに、腸の形状がS字に曲がっているため、この部分に便が滞ることが多いです。

 

お腹の上から腸を圧迫し、フラフープの動きの中の腰を引く時に押しこむようにして刺激を与えてください。

 

朝食後などにこの腸マッサージを行うと効果的です。

 

運動その2「ねじり腿上げ運動」

 

立った状態で腿を上げ、右肘を左膝に、左肘を右膝に当てるような動きは、ねじりの動作と共にお腹の筋肉も使うので、便秘解消には効果的な運動です。

 

朝食後と寝る前の1日2回、テレビを見ながらでも良いので30秒〜1分程度ゆっくりと行ってみましょう。

 

便秘に効くヨガやストレッチについて

激しいトレーニングより、ゆったりとしたお散歩やヨガのようなリラックスできる運動の方が便秘には一層効果的です。

 

運動の効果に加え、リラックスすることは副交感神経への刺激にも繋がるため、そのこと自体も腸の動きを良くします。

 

便秘に効果的なヨガや呼吸法についての動画の解説ページはこちらを参考にしてください。

 

▲メニューに戻る

便秘に効くツボまとめ

便秘に効くお腹のツボ

便秘に効果的なツボの場所画像

 

基本的にお腹のツボを押す時には鼻から息をゆっくりと吸い、ゆっくりと息を吐きながらツボの部分を押していきます

 

お腹が膨れるような腹式呼吸を意識し、呼吸に合わせゆったりとしたペースで痛みが出ない程度に指圧してください。

 

天枢(てんすう)

天枢は、おへそから左右に指3本分の先にあるツボです。
天枢は便秘解消のツボの中では代表的なツボで、腸の動きを調整し、お通じの改善をします。
疲れやすく、食後に眠気があり、便秘などの原因で食欲がない方に特におすすめのツボです。

 

大巨(だいこ)

大巨は天枢の位置から指3本分下にあるツボです。
おへそからだと、指3本分下、指2本分外側にあるツボです。

 

大腸の動きを整えてくれる効果があり、慢性の便秘や下痢にも効果があります。
その他月経不順や婦人科系の症状。過敏性腸症候群にも効果があるとされています。

 

ちゅうかん

ちゅうかんはおへ世から指4〜5本くらいの場所にあり、みぞおちとおへそのちょうど中間あたりにあるツボです。
胃の働きを整えるツボで、お腹の張り、ぼうまん感、下痢、食欲不振、腸の刺激にもなり、おならも出しやすくなるなどの働きもあります。

 

人によっては強く押すと痛みを生じる場合がありますので、紹介しているその他のツボよりはすこし優しめに指圧しましょう。

 

気海(きかい)

気海(きかい)はおへそから指2本分下の場所にあるツボです。
気海は丹田とも言われるツボで、腹式呼吸や緊張状態をほぐす時に意識して呼吸するなど気の集まる場所としてとても有名です。
心と体の元気ややる気などにも関わるツボで気の流れがよくなります。

 

便秘に効く腕・手のツボ

便秘に効果的な手と腕のツボの画像

合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)の場所は、親指と人差し指の骨が交わる手前の部分にあります。
両手ともにあるツボです。
便秘や下痢など胃腸の働きを助けるほか、肩こりや目の疲れ、頭痛や鼻づまりなどにも効果があると言われる万能なツボです。
触りやすい場所にあるので、お風呂や休憩中、気がついた時に指圧すると良いでしょう。

 

神門(しんもん)

神門の場所は手首を曲げるとできるシワの部分の小指側のくぼみにあります。
神門の神は心を意味し、心の気の入口である門を表します。

 

便秘や消化器症状に効果がありますが、それ以外にも心臓や循環器、精神疾患に効果があると言われています。
精神的なストレスが軽減されることで副交感神経が優位となりお通じにも良いでしょう。

 

早く強くもむ方法と、息を吸う時に押し、吐く時に緩めるという押し方があります。

 

間使(かんし)

間使は手首のシワから指4本肘側に離れた部分にあります。
押し方は親指以外の指を支えにツボ部分を痛気持ちいい程度ぐりぐりともみます。

 

朝のリラックスタイムやおトイレの中で間使をもんであげると排便の助けになります。

 

支溝(しこう)

支溝は手首の付け根から指4本分はなれたところの腕の中央部分です。
親指を支溝のツボにあて、真下にグッと押す感じで指圧してください。

 

便秘や痔に効果的で、お腹を直接さわったり、食べたり飲んだりしないため妊婦さんの便秘にも良いですね。
便秘以外にも耳鳴りに効果があるとされています。

 

便秘に効く足のツボ

足裏のツボ

便秘に効果的な足裏のツボ画像

足裏の土ふまず部分には腸のツボがあります。
ちょうど体の臓器と同じ位置に腸のツボがあるので左下の上行結腸から上にそして横行結腸、下行結腸、直腸、肛門という流れで親指の腹に力を入れ指圧していきましょう。

児[(れいだ)

児[(れいだ)便秘に効く足の指のツボ画像

児[の場所は上図の部分です。爪のわきの部分を押しましょう。
児[は主に胃の調子を整える働きがありますが、消化機能が向上することにより便秘にも効果的なツボです。
親指を使い指圧しましょう。

 

足三里(あしさんり)

足三里(あしさんり) 便秘に効く膝のツボ画像

足三里のツボの場所は上図の場所です。 膝から指3本下の、脛の骨からすこし外側にずらしたくぼんだ部分です。
足三里は胃腸の機能を高め、冷えなどにも効果があるツボです。
便秘にも効果的ですので、お風呂につかりながらやさしくゆったりと指圧しましょう。

 

三陰交(さんいんこう)

三陰交(さんいんこう) 便秘に効く足のツボ画像

三陰交のツボの場所は足の内側のくるぶしから指4本上のすねの骨のわき部分です。
すこし痛みがある方も多いのでやさしくゆっくりともみほぐしてください。

 

便秘にも効果的ですが、生理痛や婦人科系にも効果があるため女性に特におすすめのツボです。
児[とともにお風呂やテレビを見ながらなど、リラックスしている時に押してみましょう。

▲メニューに戻る

 

便秘に効果的なマッサージ・ツボ・運動のまとめ

以上が外部からの刺激による便秘解消効果のある方法です。

 

意識して行ってほしいのは腸のマッサージと運動の組み合わせです。

 

ツボはお風呂でリラックスしたときやトイレに入りながらなどながらで行ってみましょう。

 

便秘解消のために知っておきたい基礎知識

ここからは便秘におすすめな一日の過ごし方や、便秘が悪化する習慣について解説していきます。

 

ご自身の生活と比べてみて改善できそうな場所を見つけだしてください。

 

全部を直すとなるとかなりストレスになる可能性があるので、継続できそうなものからはじめることをお勧めします。

 

便秘の方におすすめな1日のタイムスケジュール

  • 朝起きたらカーテンを開けて日光を浴びよう
  • 常温のお水か白湯をコップ一杯飲もう
  • 軽めの朝食を摂ろう
  • 量はそこまで多くなくて構わないので消化のいいものを食べ、ビタミン・ミネラルの多い食事を心がけよう
  • 腰まわしや腸のマッサージを行い、便意がくるように朝の時間を確保しよう
  • お通じがなくてもトイレに座ってみよう

  • 食物繊維を意識した食事を摂ろう
  • たんぱく質もしっかりと摂ろう
  • 忙しくてもよく噛んで昼食を食べよう
  • 間食・おやつは、添加物の多い加工されているものをできるだけ避けよう
  • 間食はできるだけナッツやドライフルーツを食べよう

  • 夕食には発酵食品や水溶性食物繊維を意識して摂ろう
  • できるだけ早めに食事を済まそう
  • 寝る3時間前までに食べ終わるのがベスト
  • 食べすぎに注意しよう
  • お酒はできるだけ避けるか、21時前までに終わらせよう
  • 入浴をしてお腹を温めよう
  • 入浴中に腸のマッサージを行い、リラックスしよう

就寝

  • できれば22時〜23時に就寝が良いが、最低でも24時には就寝しよう
  • 寝る直前までスマホやパソコンをするのは避けよう
  • 寝酒は睡眠の質を下げるので厳禁
  • 悩みごとはできるだけ忘れ、気持ちの良い睡眠に集中しよう

一日中

  • 水分はこまめに摂ろう
  • コーヒー・お茶などのカフェインは交感神経が優位になるため2杯までにしよう
  • 姿勢を正しくし、普段からインナーマッスルを使おう
  • できるだけ歩き、階段は積極的に使おう
  • トイレに行きたい時は我慢せず行こう

 

▲メニューに戻る

 

便秘の悪化原因となる「悪い習慣」を見直そう

便秘を早く治すためには、便秘の悪化に繋がる悪い生活習慣をやめることも必要です。

 

便秘を悪化させる10の原因を見直そう

ごはんを1日3回食べていない(朝食抜き、1日2食などの偏食)

朝食抜きは便秘悪化の原因!すぐに便秘解消なら朝食は食べよう

特に朝食は、朝の排便習慣をつけるためにも重要です。
朝食抜きの方は、バナナ1本でも良いので食べるようにしてください。
また、朝食の前に朝一番で1杯の水を飲んでください。
朝にお水を飲むことで、腸が動き始めますよ。

水分が少ない

水分不足は便秘の原因

ウンチの80%は水分です。
水分が少ないウンチはコロコロ・カチカチとなり、排便しづらい状態です。

 

便秘解消法ではあまり触れられる事が少ないのですが、お水を飲むようにすると便秘に良いというのは実は非常に重要なことです。

 

水分の摂り方は、ガブガブ飲むというよりはこまめに摂ることをおすすめします。
1〜1.5L/1日くらいの水の量を摂り、夏場はもう少し多く摂りましょう。

 

水分でもカフェイン入りのお茶やコーヒーはあまりおすすめできません。
カフェインが便秘の方におすすめできない理由は二つあり、一つは利尿効果があり体内から水分が排泄されやすいことです。
もうひとつの理由は、カフェインの興奮作用が交感神経を優位にし、腸の動きが弱まってしまうということです。

 

一番良い水分の摂り方は、腸が冷えない「白湯」か「常温の水」が良いでしょう。
またはノンカフェインのお茶(ルイボスティー、そば茶、ごぼう茶)などで、味が好きなものをチョイスするのも良いでしょう。

便意を我慢

すぐに便秘を治すには便意の我慢はやめよう!

便意を我慢することで、肛門の近くに便がきた時に便意が起こらない体質になってしまいます。

 

便意が起こらないことは、さらなる便秘悪化に直結します。便意が起きたらなるべく我慢はせず、必ずトイレに行きましょう。

 

都会に便秘の方が多い原因に、朝の通勤・通学で電車を使うことが多いため、便意を我慢することが習慣化している、というケースが挙げられます。
朝、トイレに行く時間を作れるよう、少し早起きするのも解決方法の一つです。

食物繊維を摂らない、または少ない

即効便秘解消は食物繊維もたくさん摂ろう!

ファストフードや簡単な外食、コンビニ食など、食物繊維の少ない食事が多い方は、便の材料となる食材が慢性的に不足し、腸の動きが鈍くなります。
思い当たる方は、和食中心の、繊維質多めの食事を摂るようにしましょう。

 

コンビニ食でも、ネバネバサラダを追加する、うどんをそばに変更するといった工夫をすれば、食物繊維を摂ることは可能です。

ダイエットで食事制限をしている

食事制限しすぎはすぐに便秘が悪化する原因に

ダイエットの結果を出すために、食事の制限はどうしても必要でしょう。

 

しかし、繊維質不足やビタミン不足、「○○だけ食べるダイエット」などが原因となり便の素材となる食物が不足すると、腸の動きが一気に低下します。

 

腸の動きが悪くなると、便の滞りが起こり便秘が発生します。

 

便秘になると、食べたものの腸の滞在時間が増え、それが36度前後の体温で腐敗します。

 

その結果、悪玉菌の増殖を招き有毒なガスが発生、血流の悪化が起こり、最終的に太りやすい体質となります。

 

ちょっと脅かすような言い方になってしまって申し訳ないのですが、事実は事実です。

 

痩せたくて始めたダイエットが原因で便秘になり、太りやすい体質になってしまうのでは本末転倒ですよね。

 

ダイエット中であっても、食物繊維やビタミン、ミネラルなどは摂るよう、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

結果、便秘対策をすることで、健康的に痩せることができますよ。

下剤の飲みすぎ・常用

便秘薬の飲み過ぎは便秘原因

先ほどのダイエットの部分とも繋がっている話なのですが、下剤や便秘薬などを飲まないとお腹がスッキリせず、毎日薬を使って出さないと太ってしまうのではないかという思いがあり、薬をやめられなくなる方が多くいます。

 

下剤依存症という病気名があるくらい、下剤や便秘薬には依存性があります。

 

特に刺激性の強い便秘薬にハマってしまう方が多く、便秘外来の患者さんの中には1日200錠〜500錠の便秘薬を飲んでしまう方もいるそうです。
通常このような大量の便秘薬を飲む方は滅多にいませんが、下剤には精神的な依存性があることを知っておきましょう。

 

また、刺激性便秘薬はその刺激に腸が慣れてしまうことで、薬の効きが悪くなることがあります。
一時的な便秘に下剤などを使うことは悪くありませんが、できるだけ刺激が少なく水分を保持する「酸化マグネシウム系便秘薬」または「整腸剤、乳酸菌サプリ」などにランクを下げていくことが必要です。

アルコールが多い

アルコール・お酒は便秘の悪化原因!すこし控え目にしよう

お酒を飲んだ翌日に下痢になる方と便秘になる方に分かれますが、ここでは便秘になる原因について書いていきます。

 

暴飲暴食をすると胃腸が荒れ、それが原因で内臓機能が低下、腸の動きが悪くなります。
おつまみの食材には油ものや肉などのたんぱく質が多くなりがちで、これは悪玉菌の繁殖を助けてしまいます。

 

また、深酒はリラックスすることを妨げるため、睡眠の質が落ち、本来寝ている間に活発になるはずの副交感神経が優位になりづらい状況を招きます。

 

副交感神経が優位になるタイミングは、腸の動きがよくなるタイミングですので、お酒の量が多い時は腸の動きにも悪影響を及ぼします。

 

好きな方にとってお酒を飲むことは楽しくてストレス発散になるので、禁酒まですることはありません。

 

ですが、アルコールの量はほどほどにし、寝る直前まで飲み続けることは避け、飲み会中の食べ物も食物繊維が多めのものを積極的に食べるようにしましょう。

善玉菌食材を食べない

発酵食品を沢山摂ることがすぐに便秘解消のヒント

納豆やヨーグルト、漬物、味噌、醤油などの発酵食品を食べることが少ない方は、改善の余地があります。

 

もともと日本人は和食文化で、長い間発酵食品を食べてきた民族です。

 

その発酵食品や食物繊維が多い和食が減り、肉などの高タンパク、高脂肪食品が中心の洋食が多くなってきていることで、腸内細菌はさぞびっくりしていることでしょう。

 

日本人はこの50年間で13倍も肉を食べるようになった、というデータがあります。
肉が悪いと言いたいわけではなく、食べるバランスが重要です。

 

発酵食品に含まれる善玉菌を摂ることで腸内が善玉菌優位になると、腸の動きが良くなり便秘解消の効果があります。
日ごろから発酵食品を摂るように心がけましょう。

運動不足

すぐに便秘解消は運動不足の解消をしよう

運動が苦手な方や時間がない方にとっては難しい問題ですが、運動不足は便秘の原因にもなります。

 

便秘解消のための運動は、ハードな運動をする必要はありません。

 

むしろ、リラックスできる運動の方が便秘には効果を発揮します。

 

「お散歩」レベルでOKです。
軽い運動を心がけましょう。

 

また、腹筋運動や腰まわし運動は腸の動きを助けますので、便秘の方に特におすすめです。

寝る時間や生活習慣が整っていない

便秘解消の即効性は、睡眠時間も関与

睡眠不足であったり就寝時間がバラバラであったりと、睡眠のリズムが崩れている方は、自律神経が乱れ、便通が乱れる原因となります。

 

仕事で入眠時間が整わないなどの改善が難しい場合を除いて、できるだけ23時くらいまでには就寝して、リズムの整った質の良い睡眠がとれる生活習慣にしましょう。

 

これらの悪い習慣を直したところで、やっと便秘対策の効果が出やすいスタートラインに立った状態です。

 

いっぺんに今までの生活習慣を変えることは難しいとは思いますが、まずは直せるところから取りかかってみましょう。

▲メニューに戻る

 

ウンチの中身はほとんどが○○

ウンチの中身

ウンチの80%は水分、残りの20%のうち1/3が腸内細菌、1/3が食べ物のカス、1/3が腸の細胞が剥がれ落ちた物です。

 

食べ物のカスがウンチのほとんどを占めると考えている方も多くいるかもしれませんが、腸内細菌の量や腸の細胞ケアもかなり重要です。

 

ばなな1本分といわれるようなウンチの量と質を改善するには、適切な食物繊維、善玉菌を多く含む腸内細菌、腸の粘膜や細胞のケアが必要です。

 

そこに適量の水分があることで、スッキリとしたウンチを出すことができるのです。

 

毎回の排便で腸内細菌(善玉菌・悪玉菌・日和見菌)がたくさん体外に排出されるため、日々の腸内細菌を増やす食生活は重要です。

 

腸内細菌は日々入れ替わりがあるため、不調時のみではなく毎日ケアすることも忘れてはなりません。

 

乳酸菌を常に摂ることで、腸内は善玉菌の優位な状態となり、腸内フローラを良い状態に保つことができ、この状態をキープすることで腸壁が健康な状態になり、よいうんちができる条件が整います。

 

最後は食事・運動だけで、自然排便できる体を手に入れる

 

 

たくさんの便秘解消法をお伝えしてきましたが、まずはご自身が行いやすいものから試してみましょう。

 

そして、その生活習慣や食習慣を2週間から1ヵ月続けてみましょう。

 

徐々に体質の変化を実感することができるはずです。

 

段階的に薬やサプリの減量を目指します。

  1. 乳酸菌サプリ・整腸剤+刺激系便秘薬+基本対策
  2. 乳酸菌サプリ・整腸剤+マグネシウム系便秘薬+基本対策
  3. 乳酸菌サプリ・整腸剤+基本対策
  4. 基本の便秘対策のみでスッキリ!!!

 

腸が自然に動く状態が続くと、腸の筋肉が本来の機能を取り戻し、やがて酸化マグネシウム系便秘薬を飲む機会は減り、乳酸菌サプリ・整腸剤と基本の便秘対策だけでも便秘は良くなってくるはずです。

 

その後、もっと調子が良くなってきたら、乳酸菌サプリも減らし、食事からの善玉菌摂取、食物繊維摂取のみの基本対策だけで便秘知らずの体に大変身!

 

こうなったら毎日スッキリとした生活を送ることができ、お腹の不快感やモヤモヤする部分が消え、悩みがなくなり性格も明るくなってくるはずです。

 

ぜひ、この機会にがんばってみましょう!


▲メニューに戻る

さまざまな便秘解消法について解説

ここまでお伝えしてきた方法が、私が考える最も効果的な便秘解消法です。

 

ここからは補足として、便秘Q&Aやその他の便秘解消法などについての解説をしていきます。

 

上記のもの以外の方法についても確認をしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

▲ページTOPへ戻る

 

便秘解消法Q&A

 

坐薬タイプの便秘薬はすぐに効果があるので、辛い時に使うと良いと聞きました。

どんな坐薬の便秘薬を使うべきでしょうか?
また注意点などはありますか?

坐薬タイプの便秘薬に関しては、たしかに即効性のある薬が多いです。

 

薬の名前で言うと「コーラック坐薬タイプ」「新レシカルボン坐剤S 」「ツージーQ(製造中止)」などです。

 

 

「コーラック坐薬タイプ」「新レシカルボン坐剤S 」は、肛門から坐薬を入れると炭酸ガスが発生し、ガスが腸を刺激することで便意が起こる、という効果をもたらす薬です。

 

効果の早さは10分から30分程度と、すぐに効くタイプです。

 

このタイプの坐薬のメリットは、排便したい時間に排便することができるところです。

 

しかし、薬を直腸に入れるとガスが発生するため、排便した後もおならが出やすくなります。

 

私が新レシカルボン坐剤Sを使用してみた時は、半日ほどおならが断続的に出る状態になりました。

 

坐薬を使用した後におならを我慢しなくてはいけない場所に行く場合は注意をしてください。

 

 

「ツージーQ」という坐薬は、内容成分にビサコジルという大腸刺激性の薬が入っており、この成分が腸管を動かすことで排便させる薬です。

 

「コーラック坐薬タイプ」「新レシカルボン坐剤S 」と比べると即効性では劣りますが、排便効果の高いお薬です。

 

 

坐薬タイプの便秘薬は利点も多いですが注意点もありますので、特性を理解した上で状況に応じて使用してみてください。

 

また、連用や常用をおすすめできる薬ではないため、使用は本当に辛い時だけにとどめる必要があります。

 

 

漢方薬の防風通聖散という薬が便秘によく効くと聞いたのですが、この薬の注意点について教えてください。

漢方の便秘薬にはいろいろな種類があり、代表的なものは「センナ」「大黄」という成分です。

 

これらは漢方の成分が腸を刺激し排便を促すタイプの薬なので、特に「センナ」が主成分のものは続けて使用することをおすすめしません。

 

防風通聖散の成分にも「大黄」という、アントラキノンを遊離し大腸を動かす刺激を持つ成分が入っているので、体質に合わない場合は無理に飲まない方がいいでしょう。

 

防風通聖散は病院でも処方するタイプの薬で、定期的に飲むことが多い漢方薬です。

 

漢方が処方される前には、その人それぞれの「証(しょう)」というものを見て、体質に合うかどうかの診断があります。

 

この診断を漢方を勉強した医師、あるいは漢方薬剤師が行うことで、体質にピッタリと合ったものを飲むことができます。

 

市販でも防風通聖散を購入することはできますが、心配であれば専門家に話を聞くと良いでしょう。

 

また、市販の防風通聖散を飲んでみて違和感を覚えたり効果が現れない場合は、すぐにやめるべきです。

 

 

防風通聖散の排便効果は翌日や翌々日に体感できることが多く、腹痛や下痢、効果不十分など体調をみながら飲んでみましょう。

 

▲メニューに戻る

オリーブオイルが便秘に効果があると聞きましたが、すぐに便秘を治す効果はあるのでしょうか?

オリーブオイルは小腸で吸収されづらく、そのまま大腸まで到達することで便の潤滑油のような役割を果たします。

 

お通じをツルンと出すのに良い効果を発揮するため、カチカチ、ゴロゴロといった硬い便で悩まされている方におすすめです。

 

オリーブオイルに即効性があるのかはその方の腸内の状態によりますが、便秘の方にオリーブオイルは非常におすすめできます。

 

オリーブオイルの中でも少々値段が張りますが、エキストラバージンオイルを生でスプーン1杯〜2杯飲むことをおすすめします。

 

そのままオリーブオイルを飲むことに抵抗がある場合は、味噌汁やスープ、パンやお惣菜にかけて食べるなど、摂りやすい工夫をすると良いでしょう。

 

オリーブオイルは続けることで効果があるので、1日のみやってみるのではなく、1週間くらい続けてみてください。

 

油をそのまま飲むのはカロリーが気になるという方も中にはいるかと思いますが、小さじ1杯であれば37kcalなので、そこまで気にしなくても良いと思います。

 

▲メニューに戻る

1日出ないと便秘になっている気がしてしまいすぐに便秘薬などを使いたくなるのですが、便秘薬を使うタイミングとしては早いでしょうか?

便秘の定義は「日本内科学会」「日本消化器病学会」など学会によっても変わるため明確な定義がありませんが、すべての学会の定義を加味した上で言えるのは『3日以上排便がなければ便秘であると言える』ということです。

 

定義で便秘とはいうものの、本人の自覚によっては数日出なくても気にならない方もいれば、1日排便がないだけで不快に思う方もいます。

 

私個人は、たとえ毎日排便があっても、スッキリ感がなく不快な状態であればそれは便秘気味である、と考えています。

 

しかし、不快であるからといって毎日便秘薬(下剤)や浣腸などのすぐに便秘が解消する薬を飲むことはおすすめできません。

 

過度に刺激系便秘薬を連用しすぎると、腸が刺激に慣れてしまい、薬がないと排便できない体になりかねません。

 

それどころか、腸内が黒く変色する「大腸メラノーシス」という状態にもなってしまいます。

 

不快な便秘の症状ですが、薬の力を使わずに自力でスッキリと大きなウンチをすることで、気分は改善するはずです。

 

そのために、できる限り便秘薬に頼らず、当ページでご紹介した方法に基づいて便秘対策を行い、便秘にならない体質を作っていくことをおすすめします。

 

便秘薬を否定するつもりはありませんが、できれば酸化マグネシウム系のお通じを軟らかくするタイプの便秘薬を上手に使いながら、自然な排便習慣をつけていきましょう。

 

▲メニューに戻る

私の母は毎日便秘茶の「モリモリスリム」という商品を飲んでいます。

母は「調子が良くてすごくいい」と言っているのですが、こういう便秘のお茶は安全なのでしょうか?

便秘茶はインターネットやドラッグストアなどで購入可能な、入手しやすい便秘対策商品ですね。

 

しかし、便秘茶を飲む際に注意してほしいのは、その内容成分です。

 

詳しくはこちらの便秘茶のページに記載してありますが、便秘茶には大きく分けて、「食物繊維のお茶」と「キャンドルブッシュ系のお茶」の2つがあります。

 

食物繊維のお茶であれば、体調を見ながら毎日飲んでもらって構いません。

 

ですが、キャンドルブッシュ系のお茶に関しては扱いに注意しなくてはなりません。

 

キャンドルブッシュには、医薬品の便秘薬に配合されている『センノシド』という下剤成分が含まれている、という報告がされています。

 

医療の現場では、老人以外の方に下剤を毎日飲むように医師からの指示が出ることは極めて稀です。

 

しかし、このことを知らない消費者が「お茶なら安心して飲める」という先入観から、毎日便秘に効くお茶を飲んでしまう可能性があります。

 

刺激性の下剤を毎日飲むと腸が刺激に慣れてしまい、やがて同じ量では効果が出づらくなってしまうこともあり、おすすめできません。

 

 

ご質問内容にある「モリモリスリム」の中身を調べてみたところ『ゴールデンキャンドル』というキャンドルブッシュの別名の同成分が入っていることが確認できました。

 

よって、この商品を毎日習慣的に飲むことはおすすめできません。

 

これらの商品に悪意があるのかないのかは不明ですが、消費者が商品についてしっかりと知る機会がないことは問題があると感じます。

 

もしどうしても便秘茶を飲みたいという場合は、ドラッグストアの薬剤師に聞きながら商品を選ぶと良いでしょう。

▲メニューに戻る

便秘薬

今すぐ便秘解消をしたい方に向け、便秘薬の効果が出るまでの速度について解説します。
即効性の便秘薬を使用する際の注意点についても紹介しています。
すぐに効果が出る、浣腸、坐薬、下剤などの使用上の注意もこちらから。
すぐ効く便秘薬の選び方※薬剤師が解説

 

健康食品

 

▼青汁

便秘解消のためにおすすめな青汁の選び方について解説します。
青汁の成分として乳酸菌と食物繊維が入っている商品があり、お通じの改善に役立つものもあります。
青汁の選び方を知りたい方はこちらからどうぞ。
すぐに効く便秘解消の青汁の選び方※即効性重視

 

▼センナ茶

便秘解消にすぐ効果があるお茶として有名なセンナ茶。
センナ茶の便秘解消効果や注意点などについて薬剤師が解説します。
ただちに便秘を治したい時のお茶の選び方!すぐ効果があるのはセンナ茶?

 

▼サプリメント

腸内環境を整えるサプリメントについて解説します。
便秘に効くサプリの使い方も重要ですが、便秘薬の選び方についても紹介し、総合的な解決ができるように解説します。
乳酸菌サプリと便秘薬についてなど↓
今すぐ便秘解消サプリメント!即座に効く使い方とは?

 

▼オリゴ糖

便秘対策で有名なオリゴ糖ですが、すぐに便秘解消効果があるのかについて紹介します。
オリゴ糖自体は、腸内フローラ改善による便通改善の効果があります。
トクホ商品もありますので、選び方や効果的な飲み方について知りましょう。
すぐに効く?オリゴ糖で便秘対策は即効性があるのか?(

▲メニューに戻る

・食べ物

▼朝食で腸内フローラジュース

朝食を変更することですぐに便秘が解消される方法を紹介します。
かなりの便秘解消効果に加え、すぐに痩せ体質にもなれるという一石二鳥の方法です。
2.4キロ自然に痩せた!便秘に効く腸内フローラジュースのレシピ作り方してたら痩せ体質になった話

 

▼栄養士

明日すぐに便秘が治るかもしれない?!
栄養士が教えてくれる、便秘にすぐに効く食材についてまとめてあります。
食物繊維の種類も水溶性・不溶性と分けて考える、専門的な記事です。
プルーン、キムチ、キウイフルーツなど↓
【栄養士が教える】便秘解消の即効解決の食べ物レシピランキング

 

▼オイルで解消

オリーブオイルや亜麻仁油、えごま油など、油分で便を軟らかくし便秘解消する方法について解説します。
オイルの摂り方だけで便秘対策ができるため、すぐにでも始められます。
エキストラバージンオイルが便秘に効くなど↓
【良質なオイル】今すぐ便秘解消!オリーブオイルvsえごま油vs亜麻仁油

 

▼コンビニ食でも便秘解消!

昼食はコンビニで購入する方も多いでしょう。
「仕事をしているから、ランチで便秘対策は難しい」と考える社会人に向けて、今日からできるコンビニ弁当やお惣菜、飲み物の選び方による便秘対策を紹介します。
今すぐできる便秘対策!コンビニの食べ物・飲み物を調査

 

 

▼朝食フルーツで便秘解消!

朝食にフルーツを摂ることが体にいいことは知られていますが、便秘対策としても良い働きがあります。
どんな種類のフルーツを朝食べると便秘に効果があるのか、詳細情報をこちらに記載します。
キウイ、バナナ、プルーン、リンゴ、パイナップルなどなど、たくさんのお通じ対策フルーツが登場します。
今すぐ便秘解消したい方の朝食フルーツ(果物)全まとめ

 

▼海外製の炭酸水で便秘解消!

マグネシウムやカルシウムなどを含む海外製の硬水・炭酸水は、実はとても便秘に対して効果が高い商品です。
マグネシウムが便を軟らかくし、スムーズな排便を促します。
味は無味で、カロリーも気にすることはありません。
朝一番に冷えた状態で飲むと、胃・結腸反射があり、お通じに効果的です。
【※即時効果】便秘に効く炭酸水の選び方でいますぐスッキリ!

 

▼朝食スムージで便秘解消!

朝食をスムージーに変更するだけで、食物繊維を効率的に摂ることができます。
非常に効果的で、しかもすぐにできる便秘対策としておすすめします。
サラダ、野菜炒め、温野菜などで対策するのも良いですが、朝食を切り替えるだけなら簡単ですね。
今すぐ効果がほしい方!朝食にスムージーで便秘解消

 

▼野菜で便秘対策!

便秘がひどい時に野菜を食べ過ぎると危険!?
そうなんです!野菜の種類によっては、便秘予防で食べるべき野菜と、ひどい時には食べてはいけない野菜があるんです。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の便秘に対する効果や、それらを含む野菜の種類について知りましょう。
食物繊維たっぷりの野菜の摂り方とは?

 

 

▼ヨーグルトで効果的に便秘解消できる商品はどれ?

お通じ対策としてヨーグルトを毎日摂っている方も多いことでしょう。
しかし、ヨーグルトは含まれる乳酸菌の種類によって効果が違うのです。
便秘対策に優れたヨーグルトの選び方を知りたい方に向けて、以下の記事で紹介します。
便秘解消に即効性があるのはどのヨーグルトなのか?

▲メニューに戻る

便秘解消方法

 

▼お腹のツボを押して便秘解消

便秘に効くツボの場所を紹介します。
ツボであればすぐに押すことができるので、排便したいタイミングでツボを押してみましょう。
便秘解消のツボを紹介!即座に効くお通じのツボ

 

▼うつ伏せ寝をするだけで便秘は治る

ただゴロゴロと寝るだけで便秘が治るのであれば、こんなに嬉しいことはありません。
腸の専門医の瓜田医師考案、うつ伏せ寝で便秘解消する方法を画像を交えて紹介します。
便秘にうつ伏せが効くってホント?その方法と効果は?

 

▼温罨法(おんあんぽう)で便秘解消

温罨法とは、温めることで血液やリンパの流れ、新陳代謝を促進させる手法です。腸を温めることで、便秘の解消にも効果があります。
寝たきりの方や高齢者に向けて、病院で看護師が行う便秘解消法としても知られています。
ひどい便秘の方も、これで解消する可能性がありますね。
便秘に効く温罨法のやり方

 

▼シャワートイレでの便秘対策はキケン?!

ウォシュレットの水圧を利用して便意を起こす方法は、即効性があるものの、使い方を間違えると危険です。
その理由などについて、以下で紹介していきます。
温水シャワートイレ、ウォシュレットは便秘に効く?注意点は?

▲メニューに戻る

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ




【薬剤師が教える便秘解消法】今すぐ即効性のある方法から安全な体質改善の流れエントリー一覧

【栄養士が教える】すぐに便秘解消の食べ物/即効性ランキング

便秘で悩んでいるときは、本当に苦しいですよね。今話題となっている腸内環境を良くする食材など取り入れてみたりされていると思います。でも正直薬ではないので即効性はあまりないですよね・・・中には早い人もいるかもしれませんが、1週間、2週間、1ヶ月と時間はかかります。腸内に善玉菌が届いても、増えるまでに時間...

続きを読む

【注意】すぐ便秘を治したい時のお茶選びの注意点※センナ茶が即効効果だが

お茶で便秘が治ってスッキリしたらいいなードラッグストアに売っている便秘茶なら下剤と違って安心して利用できるんでしょ?と、お考えの人にお茶の効き方と、注意点についてこちらのページで紹介します。実は、便秘茶には利用する際の問題点、効果について知っておいてほしいことがあります。安易に購入して失敗しないよう...

続きを読む

【写真つき】便秘解消の手のツボ、足のツボで今すぐ便秘対策!

ツボを押すだけで便秘が少しでも楽になるのであれば、押しておいて損はありません。お風呂に入りながらや、テレビを見ながらで結構ですので、便通改善のツボを刺激してみましょう。写真付きで解説していきます。便秘対策のツボを押す前の注意点ツボを押すときに気をつけたいことは、次のようなことです。妊娠中、特に安定期...

続きを読む

【薬剤師解説】今すぐ便秘解消のサプリメントで即効治したい方へ

こんにちは薬剤師のタカラです。便秘が辛いとお腹のモヤモヤ気持ち悪さ精神的な落ち込みなどがありいますぐ腸の中を空っぽにしたーい!!このように思うこともあるでしょう。そんな方に向けて便秘対策のサプリメントのおすすめや、使い方について紹介していきます。いますぐ即効効果のある便秘解消サプリとは?最初に、サプ...

続きを読む

すぐ効く便秘薬の選び方※薬剤師が解説

便秘薬でいますぐ何とかしたい!腸のなかをすっからかんにしたい!辛い状態で急ぎ対策を考えている方に、どんな便秘薬を利用すべきかについて紹介していきます。便秘関連商品・便秘薬の効果までのスピード浣腸:3〜10分坐薬:15分〜20分便秘薬・下剤:8時間前後整腸剤・乳酸菌サプリ:人により違いあり便秘薬といっ...

続きを読む

今すぐ効果がほしい方!朝食にスムージーで便秘解消

みなさん朝食はなにを食べていますか?パン?ごはん?グラノーラ?朝食をスムージーにしただけで即効で便秘が治った!という人がいるくらい、いまスムージーに人気が出ています。スムージーの便秘解消効果について調査した、私の驚きの感想をこちらでお伝えします。当初、私はスムージーがそこまで効果的な便秘対策だとは思...

続きを読む

簡単!今すぐできる便秘対策!コンビニの食べ物・飲み物を調査

昼食、夕食をコンビニですますという方も多いですよね。便秘対策メニューの多くは、手作りの野菜料理や果物などをたくさん摂る方法が紹介されています。ところが、忙しい人は手作りの便秘対策メニューを毎回食べることは難しいです。そこで、コンビニで手に入る、お惣菜、サラダ、デザート、飲み物の中で、手軽に便秘対策が...

続きを読む

今すぐ便秘解消※食物繊維たっぷりの野菜の摂り方とは?

野菜を上手にとることで、便秘症状をできるだけ早く良くするための野菜の種類と摂り方について紹介します。便秘の解消には水に溶ける性質を持つ海草類などの「水溶性食物繊維」と、繊維の多い根菜類で水に溶けにくい「不溶性食物繊維」の2種類があります。便秘を予防改善するに2種類の食物繊維をバランスよくとることが大...

続きを読む

【動画あり】2分で便秘に即効で効く落下腸マッサージをレビュー

水上先生がテレビ番組で紹介した、即効性のある便秘のマッサージ法「落下腸マッサージ」の方法について解説と薬剤師の考えをコメントしていきます。落下腸マッサージの方法二つのマッサージと、一つの姿勢をするだけで1日たった2分でできるという便秘解消エクササイズです。腸を押しあがるマッサージ仰向けに寝そべり、両...

続きを読む

「金スマ」小林弘幸医師の今すぐ便秘解消法※腸活の動画とやり方を解説

テレビ番組「金スマ」で紹介されていた便秘解消法の方法をこちらのサイトでも紹介します。非常に分かりやすく、簡単ですぐに効果がある便秘対策なのでぜひ皆さんも行ってください。金スマ「腸活」@朝一杯の水の摂取朝起きてすぐに、コップ一杯の水を飲みます。できれば一気に飲んでください。一気に飲むことによって胃が重...

続きを読む

寝る方法を変えるだけで即効で効果!便秘解消の3つの寝方

便秘の解消には野菜などの食物繊維や乳酸菌の摂取、適度な運動、良質な睡眠など様々な方法がありますが、寝る姿勢によっても便秘が解消されます。うつ伏せ寝の効果うつ伏せに寝ると腸全体に体重がかかり、自分の体重で腸を圧迫しマッサージすることができ、いつもしない姿勢になることで、腸の位置が変わりガスが抜けやすく...

続きを読む

すぐに効く?オリゴ糖で便秘対策は即効で効果があるのか?

オリゴ糖は、ビフィズス菌などの腸内細菌の栄養素 となって、腸内の有益菌の繁殖を促します。腸内には、善玉菌と悪玉菌がすんでいますが、悪玉菌が増えると腸の機能が低下し、便秘や肌荒れ、冷え性などを招いてしまいます。一方、善玉菌(ビフィズス菌)が優勢だと免疫が上がり、便秘が解消され体調がよくなります。オリゴ...

続きを読む

すぐに便秘解消するには、どのヨーグルトが即効性ある?

便秘の解消にはヨーグルトが効くとよく言われていますが、市販されているヨーグルトの数も多く、どのヨーグルトを選べばよいか迷ってしまいます。特に最近は腸内フローラ改善が流行り、ヨーグルトと健康への認知が高まり、スーパーに行くとたくさんの種類のヨーグルトが売っており迷ってしまいますよね。一般的にはビフィズ...

続きを読む

すぐに効く便秘解消の青汁の選び方※即効性重視

青汁には食物繊維が多く含まれていますが、便秘解消には乳酸菌が含まれているものを選ぶと、さらに便秘解消効果が得られます。便秘の解消に即効効果を求めるなら、いつでもどこでも食べることができるジュレタイプの青汁もあります。青汁の便秘解消効果について 成人が1日に必要な野菜は350gと言われています。350...

続きを読む

※画像あり【瓜田医師推奨】1日10分のうつ伏せ寝が便秘に効く!その方法

運動ぜずに簡単に便秘解消ができればそれに越したことはないです。簡単にできる便秘解消法としておすすめなのがうつ伏せ寝です。この方法を提唱しているのが、瓜田純久医師です。瓜田先生は、便秘解消のテレビにでるような有名なお医者さんです。うつ伏せになるだけなら手間もかかりませんし、それだけで効果が得られるので...

続きを読む

※キケン※温水シャワートイレ【ウォシュレット】で便秘解消は危険です

「ウォシュレットで便秘対策をしているのですが大丈夫でしょうか?なにか問題がありますか?」以前このような問い合わせをいただいたことがありました。ウォシュレットを利用した便秘解消方法は危険度が高く、おすすめすることができません。その理由についてこちらに記載していこうと思います。シャワートイレ、ウォシュレ...

続きを読む

便秘に効く温罨法(おんあんぽう)の手順と方法について

便秘に効果的と言われている温罨法(おんあんぽう)について一般の方はあまり聞いたことがないという方がほとんどだと思いますので、まず罨法という言葉から簡単に説明させていただきます。罨法(あんぽう)とは罨法というのは患部の症状を和らげるために、温熱や寒冷刺激を与える看護技術のことを指しており、温罨法という...

続きを読む

【良質なオイル】今すぐ便秘解消!オリーブオイルvsえごま油vs亜麻仁油

こんにちは薬剤師のタカラです。便秘に良い食材としてオリーブオイルやえごま油など天然の良質な油が効果的という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?そこで、便秘によいオイル(油分)の摂り方についてこちらでは解説していきます。とって良いオイルと悪いオイルの種類とは?オイルの種類動物性オイル:ラ...

続きを読む

【※即効効果】便秘に効く炭酸水の選び方でいますぐスッキリ!

こんにちは薬剤師のタカラです。「飲むだけで便秘にすぐ効く良い方法ないかなー」便秘が辛いとこんなことを思うこともあるでしょう。はい。そんな簡単な便秘対策があります。 炭酸水を使って便秘対策をしましょう。炭酸水というと味もしないし、なんだかそれだけで飲むのは・・・・と思う方もいるかもしれません。しかし、...

続きを読む

今すぐ便秘解消したい人の朝食フルーツ(果物)全まとめ

便秘解消に効果がある食品の成分とは言い換えれば「食物繊維」が豊富なことが条件ですよね。食物繊維が豊富な食材は野菜だけでなく、フルーツなどの果物も多く含まれます。朝食に追加することで便秘対策ができるフルーツについてこちらで紹介していきます。ぜひ取り入れてすぐにできる便秘対策としてご利用ください。便秘に...

続きを読む

2.4キロ自然に痩せた!便秘に効く腸内フローラジュースのレシピ作り方してたら痩せ...

こんにちは薬剤師のタカラです。世の中には腸内フローラの改善で便秘対策ができる食材がたくさんあります。しかし、これらの食材を使い毎日対策することは大変なことです。また、効果的な食材の組み合わせの実証実験をしている人をあまり見かけません。そこで今回は朝食の工夫でできる腸内フローラドリンクを考えてみました...

続きを読む