便秘に効く温罨法(おんあんぽう)の手順と方法について

便秘に効く温罨法(おんあんぽう)のやり方

便秘に効果的と言われている温罨法(おんあんぽう)について

 

一般の方はあまり聞いたことがないという方がほとんどだと思いますので、まず罨法という言葉から簡単に説明させていただきます。

 

罨法(あんぽう)とは

 

罨法というのは患部の症状を和らげるために、温熱や寒冷刺激を与える看護技術のことを指しており、温罨法というのは温めることによって、症状を緩和しようとする試みと考えていいでしょう。

 

今回はそんな温罨法の方法などをご紹介させていただきます。

 

温罨法の方法について

 

温罨法が温めることで症状を緩和するというのは前述の通りです。

 

では、どのような方法で温めればいいのかが気になるところだと思いますので、やり方をご紹介していきます。

 

まず、用意する物からですが、「フェイスタオル」「ゴム手袋」「お湯」「お湯を張るためのベースン(桶でも可)」「バスタオルやビニール布」が必要になります。

 

ベースンというのは金属製の洗面器の事です。
これらを用意したら準備OKです。

 

温罨法の手順

  • 1:腰の背部を十分に露出させてバスタオルで覆う
  • 2:ベースンや桶に70℃前後のお湯を張る
  • 3:フェイスタオルを数枚重ねてセンス折りにして、タオルをお湯に漬けてきつく絞る
  • 4: 第4〜5腰椎を中心にタオルを当てる
  • 5: ビニール布でフェイスタオルを覆ってその上からバスタオルで覆い、手のひらで数秒程押さえる(保温の為)
  • 6: 10分程度貼り付けておく

 

このような6つの流れになります。
貼りつけた後の事ですが、乾いたタオルで湿気を取り除くのを忘れないようにしてください。

 

それから、火傷がないかどうか見ておくのも大事です。

 

温罨法はなぜ便秘に効果があるのか?

温罨法は幹部が温められる事により、血行が良くなりリラックスする効果があります。

 

緊張状態の交感神経優位の状況は腸にとっては動きが良くない状況です。

 

逆にリラックス状態の副交感神経優位の状況は腸が良く動く状況です。

 

このように自律神経が支配している腸の動きを温罨法のリラックス効果を利用することで排泄をスムーズにするというわけです。

 

温罨法の禁忌、行ってはいけない人は?

 

温罨法を行う際の禁忌として挙げられるのは急性炎症、悪性腫瘍、出血傾向、血小板凝集抑制剤などを飲んでいる方、血栓の疑いがある方です。

 

温罨法はその性質上、体温が上昇し、血管の拡張、代謝の向上といった変化が生じることがわかっています。

 

体調に問題がない方ならばいいのですが、急性炎症は血管が拡張することで起こる症状です。

 

温罨法による血管の拡張は症状が悪化する原因になってしまいますし、悪性腫瘍だと血流が増加することで腫瘍の増大を招いてしまう可能性あります。

 

加えて、血栓がある場合や出血傾向のある場合も原則、温罨法は避けてください。

 

特に老人の便秘でこの方法を行う際には、上記の疾患には十分注意して行うようにしましょう。

 

温罨法を行う際の温度についても気を付けておくとより安全に行うことができるでしょう。

 

人によって適温は変わってきますから、先程70℃前後と言いましたが、熱すぎる場合に注意です。

 

患者さんや処置を行う相手の反応次第を見ながら熱すぎないように手を当てながら温度を確かめてみましょう。

 

どんな人に有効か?

 

便秘に悩んでいる方に効果が高い方法です。

 

原理としては腰を温めることによって腸管の運動を促進することができます。

 

腸管の運動が活発になれば、ぜん動運動を良くすることにも繋がりますから、便秘解消に効果が期待できるというわけです。

 

ただし、禁忌のところでも言いましたが、誰にでも実践が可能な方法ではないことは頭に入れておいてください。

 

まとめ

 

以上、温罨法についてでした。

 

温罨法は腸管を温めることで血行を良くし、ぜん動運動を促してくれるため、便秘解消には最適な方法の一つなのですが、同時に血行を良くすることで症状が悪化するような方に対して行うのは危険でもあります。

 

ですので、行う際には必ず体調に問題がないかどうかを確認してから行うようにしてください。

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘



関連ページ

【栄養士が教える】すぐに便秘解消の食べ物/即効性ランキング
便秘解消を今すぐしたい人に向けて栄養士が便秘対策の食事や食材の選び方。レシピに関しておすすめランキングを紹介します。
【注意】すぐ便秘を治したい時のお茶選びの注意点※センナ茶が即効効果だが
ドラッグストアで手に入る「便秘茶」について紹介。センナ茶の効き方や、成分、即効性などを薬剤師の立場から解説します。
【写真つき】便秘解消の手のツボ、足のツボで今すぐ便秘対策!
今すぐ便秘解消効果のあるツボを知りたい方に、便秘改善のツボの場所を紹介。 手のひら、足のツボなどいろいろあります。
【薬剤師解説】今すぐ便秘解消のサプリメントで即効治したい方へ
即効効果のある便秘サプリとは?薬剤師が解説する便秘薬とサプリメントの選び方、使用の仕方について解説します。
すぐ効く便秘薬の選び方※薬剤師が解説
すぐに効果がある便秘薬を使いたい!どうすればいい?という方に辛い便秘症状をすぐに治す便秘薬の利用方法についてまとめていきます。
今すぐ効果がほしい方!朝食にスムージーで便秘解消
スムージーの食物繊維が意外にすごい!朝食をスムージーにすることで即効性のある簡単な便秘対策になります。
簡単!今すぐできる便秘対策!コンビニの食べ物・飲み物を調査
コンビニで購入できる便秘解消の食材、飲み物について解説していきます。いますぐ便秘対策をしたいが、忙しい人向けにコンビニ飯の選び方。
今すぐ便秘解消※食物繊維たっぷりの野菜の摂り方とは?
いますぐ便秘を治すための野菜いの摂取方法を工夫しよう!明日には便秘が治る正しい食物繊維の摂り方と野菜の種類について
【動画あり】2分で便秘に即効で効く落下腸マッサージをレビュー
テレビで紹介された【落下腸マッサージ】やり方をマスターして今すぐ便秘解消をしよう!
「金スマ」小林弘幸医師の今すぐ便秘解消法※腸活の動画とやり方を解説
テレビで有名になった「金スマ」小林弘幸医師の便秘解消方法を紹介!今すぐ効果がある便秘外来の医師が教える便通治療方法
寝る方法を変えるだけで即効で効果!便秘解消の3つの寝方
睡眠中に便秘解消ができる!便秘に効く寝方について紹介します。今日からいますぐできる便秘解消方法ですね。
すぐに効く?オリゴ糖で便秘対策は即効で効果があるのか?
便秘解消食材で有名なオリゴ糖はすぐに便秘を治す効果があるのかを調査!お通じ対策にオリゴ糖が効果があるまでの時間、期間を知ろう!
すぐに便秘解消するには、どのヨーグルトが即効性ある?
今すぐ便秘に効くヨーグルトを選びたい!どのヨーグルトなら即効で便秘に効くの?という方に便秘の方向けヨーグルト選びを調査!
すぐに効く便秘解消の青汁の選び方※即効性重視
便秘解消効果がある青汁のおすすめな選び方について紹介します。即効性があってできれば安いものを選びましょう。
※画像あり【瓜田医師推奨】1日10分のうつ伏せ寝が便秘に効く!その方法
瓜田純久医師がおすすめのうつ伏せ寝の便秘に効果的な理由について解説。お通じ対策にうつ伏せは本当に効果があるのかとそのやり方について写真を交えて解説します。
※キケン※温水シャワートイレ【ウォシュレット】で便秘解消は危険です
トイレの刺激で便秘対策!ウォシュレットを肛門に当てることで便秘対策になるのか?その危険性や注意点について
【良質なオイル】今すぐ便秘解消!オリーブオイルvsえごま油vs亜麻仁油
便秘に効果的な油分としてオリーブオイルやえごま油、亜麻仁油などが知られてします。オレイン酸、αリノレン酸などの脂肪酸が便秘に効く
【※即効効果】便秘に効く炭酸水の選び方でいますぐスッキリ!
炭酸水で便秘解消!お通じに効果的な炭酸水の選び方と飲み方について解説します。
今すぐ便秘解消したい人の朝食フルーツ(果物)全まとめ
フルーツを朝食に食べて便秘解消する健康的な対策を紹介します。どのフルーツを食べると便通に効果があるのかをまとめます
2.4キロ自然に痩せた!便秘に効く腸内フローラジュースのレシピ作り方してたら痩せ体質になった話
便秘対策の腸内フローラジュースのレシピを作っていたら、自然と体重が軽くなりダイエット効果を感じた件と腸内フローラジュースの便秘解消効果について紹介します。