善玉菌と悪玉菌の派閥争い!善玉菌を増やすメリットとは

便秘解消プロジェクト>薬剤師が教える!下剤なし、自力で便秘を治す方法>

善玉菌を増やすメリット

 

腸の中で良い動きをするのは善玉菌です。

 

腸内で悪さをするのが悪玉菌

 

そして、状況によって善玉・悪玉どちらの味方もするのが日和見菌です。

 

これら腸内細菌のせめぎあいについてと、腸内環境を整える方法について知りましょう!

 

※現在では悪玉菌の中にも良い働きがある菌がいるとされていますが、ここでは分かりやすく説明するためこのまま説明します。


 

善玉菌と悪玉菌は腸の中で常に派閥争いをしています。

 

そして、日和見菌はその派閥争いの優勢な方の味方をします。

 

善玉菌優位の状況は便秘解消効果があるため、腸内の派閥争いにぜひとも勝たせなくてはいけません。

 

腸内細菌はどこから来る?

 

そもそも腸内細菌はどこから来るのでしょう?

 

細菌は、食事などで口から摂取したとしても、胃酸でそのほとんどが死滅します。

 

胃酸はステーキなど大きな肉の塊を食べても分解するほどの強酸で、空腹の時でPHは1〜1.5と言われています。

 

このような過酷な環境を潜り抜けたわずかな細菌が大腸まで到達し、腸内細菌として繁殖、「腸内フローラ」を形成します。

 

最近ではCMなどでこの「腸内フローラ」という言葉を聞く機会が増えてきましたが、腸内フローラとは腸内細菌の集団のことで、別名「腸内細菌叢(-サイキンソウ)」ともいいます。

 

ここからは、その腸内フローラについて詳しく紹介していきます!

 

腸内フローラ・腸内細菌の種類

 

腸内フローラを形成する細菌は、

  • 善玉菌:乳酸菌(ビフィズス菌、ヤクルト菌、ブルガリア菌、アシドフィス菌など)
  • 悪玉菌:大腸菌(毒性株)、ウェルッシュ菌など
  • 日和見菌:大腸菌、ブドウ球菌、マイコプラズマなど

と、大きく分けてこの三種類に分類できます。

 

善玉菌の働きを知る

 

ビフィズス菌をはじめとする善玉菌は、体に重要なビタミンを合成します。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンK

善玉菌はさまざまなビタミンを作り出し、便秘以外にも体調に関わるとても大きな影響力を持っています。

 

善玉菌の優勢な状態が続くと

  • 免疫力の向上
  • 感染予防
  • 生活習慣病の予防
  • 老化防止
  • 消化吸収の補助
  • カルシウム吸収効率の増加

などの、体に良い効果を発揮します。

 

また、善玉菌優勢の状況では、腸内が弱酸性に保たれることで悪玉菌の繁殖が抑制されます。

 

同時に病原菌などの発生も抑えられ、免疫力が上がり感染予防にも役立ちます。

 

また、カルシウムの吸収が促進されるため、骨粗鬆症に悩む女性や、更年期やすぐにイライラしてしまう方の気持ちを穏やかにすることも期待できます。

 

 

善玉菌優位は便秘解消にも有効!

 

善玉菌優位の状態がもたらす便秘解消効果としては、腸の動き(蠕動運動)を活発化させ、排泄がスムーズに行いやすくなるという働きが挙げられます。

 

では、「善玉菌を増やし悪玉菌を減らすにはどうすればいいか?」ということについて押さえていきましょう!

 

 

善玉菌を増やすための食事や生活について

  • 善玉菌を摂取する:サプリヨーグルト、乳酸菌飲料を取る
  • 善玉菌のエサを摂取する:オリゴ糖を食べる
  • 脂肪やたんぱく質を取りすぎない
  • アルコールを取りすぎない
  • 規則正しい生活をおくる
  • 食事・睡眠の時間を一定に保つ
  • リラックス状態をできるだけ保つ

 

善玉菌をサプリや薬・健康食品などから摂取することと、善玉菌の餌となるオリゴ糖を取ることで、善玉菌を応援していきましょう!

 

善玉菌が減ってしまう原因

  • 運動不足
  • ストレスが多い
  • 食物繊維が不足している
  • 加齢

 

適度な運動をして、体を動かすことでストレス発散することをおすすめします。
ご自身の好きな運動を選んで実行してみましょう。

 

好きな運動方法を思いつかなかった人には、ウォーキングをお勧めします。
ウォーキングには姿勢改善効果があり、腸の動きを正常に戻すはたらきも期待できます。

 

 

善玉菌を増やすメリットまとめ

 

腸内では常に善玉菌と悪玉菌の派閥争いが行われています。

 

便秘解消の味方、善玉菌が勝てるように、食事のコントロールをしましょう!

 

アルコール・脂肪・タンパク質の過剰摂取は控え、食物繊維の多い食事をすることがおすすめです。
ヨーグルトや乳酸菌サプリ・オリゴ糖などの積極的な摂取で、善玉菌の支援も忘れずに!

 

同時に、悪玉菌が増えないように、適度な運動と規則正しい生活を心がけてくださいね。


 

 

腸内細菌の善玉菌と悪玉菌ついて理解できたら!⇒「便秘解消プロジェクト」をチェック!

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘