便秘解消効果のある入浴方法!基本はぬるま湯でリラックス

便秘解消プロジェクト>薬剤師が教える!下剤なし、自力で便秘を治す方法>

便秘解消効果のある入浴方法!基本はぬるま湯でリラックス

 

 

 

入浴方法で便秘解消を目指している方におすすめの方法を紹介します。

 

リラックスタイムをしっかりと作り、お通じに良い生活リズムの一つにお役立てください。

 

入浴は水圧がかかって血液やリンパの流れが良くなり、腸の動きも活発になります。

 

これから紹介する、便秘を解消するための入浴法を試してみましょう。


 

基本の入浴方法

便秘の方に効果的な基本の入浴方法は、すこしぬるめのお湯38〜40度くらいのご自身がゆったりとした気分で入れる温度に調整し、つかることです。

 

リラックスした気分は副交感神経を活発にさせ、腸の動きが良くなります。

 

腸の動きが良くなれば便の流れも良くなるため、便通改善の効果があります。

 

入浴中にお腹をのの字マッサージするなど、腸の動きを助けるマッサージを追加するのも良いでしょう。

 

アロマや入浴剤、ヒーリング音楽、キャンドルなど、ご自身がリラックスできる空間作りの工夫もよいですよ。

 

基本はゆったりと入浴することを心がけます。

 

ドローイン入浴

運動不足で筋力が落ちている方におすすめの入浴方法をご紹介します。

 

便秘になる原因の一つに腹筋力の衰えがありますが、おへそを意識してお腹をへこませたりふくらませたりすることで筋肉がつきます。

 

慣れてくると、おへそをこれ以上無理というところまでギューとしぼり、その状態をしばらくキープして息を吐きます。

 

この方法を湯船に中でおこなえば水圧がかかり、普通におこなうより効果があります。

 

わざわざ腹筋のための時間を取らずにインナーマッスルが鍛えられます。

 

温冷入浴

この入浴方法はダイエットを意識している方におすすめですが、過度にストレスがかかるようであれば交感神経が優位になり、腸が動かなくなるので逆効果になります。

 

温冷入浴は体質にあった人だけ行ってください。

 

熱いお湯と冷たい水のシャワーを2〜3回繰り返すと、全身の血液の循環が良くなり細胞の新陳代謝が活発になります。

 

この温冷シャワーを習慣にすることでと血行が良くなり、平熱が上がります。

 

便秘がちの人は体温が低い人が多いので、便秘を解消するには体温を上げる必要があります。

 

この方温熱入浴法は、新陳代謝を高めて体にたまった疲労物質や老廃物を体の外に出す効果的な入浴法です。

 

少し熱めのお湯につかると交感神経が活発になり、脂肪が燃えやすくなります。

 

また、ぬるめのお湯につかると副交感神経が働いて、気持ちがリラックスできます。

 

心の緊張状態がゆるむと、内臓も元気になり肩こりや腰痛なども改善されます。

 

腸の血流も良くなるので、老廃物や毒素が排出されやすくなります。

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたか?

 

入浴方法はいろいろとありますが、基本はリラックスタイムを作ることです。

 

毎日のお風呂タイムを有効に活用し、自分に合った入浴方法で便秘の解消に役立てましょう。


【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘



関連ページ

便秘解消に良いアロマの使用方法
便秘解消に良いアロマテラピーについて、妊婦や産後の女性を中心に施術を行うアロマセラピストが紹介。使い方からおすすめのアロマ、マッサージ法など、気になるポイントを詳しく解説します!