性別・年齢別の便秘解消法。男性・女性・妊娠中・子供などの解決に

便秘解消プロジェクト>自力で便秘を治す方法>
 

性別・年齢別の便秘解消法。自分のステージに合った解決法を見つけよう!

 

便秘は性別や年齢によりいろいろな便秘原因が潜んでいます。

 

それぞれの状況において解決方法を考えることで、間違いなく便秘の対策をすることができるので、このページでは性別、年齢で分けて便秘解消方法を考えていきましょう。


 

性別/年齢別の便秘解消法


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘

 

 

これらの6つのカテゴリーに分けて、それぞれに起こりがちな便秘の原因と対策について見ていきたいと思います。

 

赤ちゃんの便秘原因

赤ちゃんのお腹の中にはたくさんの乳酸菌、ビフィズス菌がすんでいます。

 

善玉菌の数値は、成人が10だとすると赤ちゃんは99もあることになり、乳酸菌不足による便秘はないと考えられています。

 

 

赤ちゃんの便秘原因はお腹の筋力が弱く、便を押し出す力が弱いため、便の水分量が減ることで便秘になりやすくなります。

 

また、離乳食が始まると母乳やミルクの量が以前と比べると減るため水分不足となり、便が硬くなることで便秘になることがあります。

 

 

薄めのミルクや麦茶で十分に水分を与えることと、お腹のマッサージ、肛門への綿棒刺激などを行ってみましょう。

子供の便秘対策

子供の時期の便秘原因は精神的な影響が大きいのが特徴です。

 

学校で恥ずかしくてトイレにいけないなどの便意を我慢してしまうことで便秘が悪化します。

 

また学校や人間関係、親子関係などでストレスがたまり、緊張状態が便秘症状の悪化を招きます。

 

便秘するのを心配し過ぎて、お母さんが毎日「今日はうんちでは?昨日も出てないの?」などとプレッシャーを与えすぎるのも良くないでしょう。

 

子供の便秘はこちら

妊婦の便秘対策

妊娠中はホルモンの変化や食生活の変化、ストレスなどで便秘症状に悩む方が急増します。

 

しかも、ただの便秘症状なだけでなくお腹に大切な赤ちゃんがいるため、便秘対策も慎重に行うべきです。

 

間違っても市販の下剤などをつかってはいけません!

 

安心安全に便秘対策をするために、どうすべきかを薬剤師が考え、妻が実際に妊娠中に行った便秘対策について体験談形式で紹介します。

 

実際に治った妊婦の便秘体験談!

妊婦の便秘はこちら

女性の便秘原因

女性は生理周期で便秘になりやすい特徴があります。

 

生理前に女性ホルモンが分泌され腸の動きが少なくなり便秘状態になります。

 

また、学校や勤務先で大便をすることが恥ずかしいなどで便意を我慢することで直腸性便秘にもなりやすいです。

 

両方を併発して、ひどい便秘症状に陥る方も中にはいるので早めの対策をしましょう。

 

女性の便秘はこちら

男性の便秘原因

男性の便秘の原因は仕事によるストレスなどで交感神経が優位となり腸の動きが減り便秘になるケースがあります。

 

男性は女性より、ショックに対しうたれ弱かったり、必要以上に悩んでしまったりするケースがあります。

 

どうしても解決できないような大事件は、開き直ってしまっても便秘のためにはよいでしょう。

 

仕事が忙しすぎて運動不足からくる便秘もあります。

 

また、アルコールを大量に飲み、好きなものだけを食べ、食物繊維不足になるなど食事の偏りが問題になることがあります。

 

男性の便秘はこちら

60代からの便秘原因

加齢による筋肉の衰えが大きな原因です。

 

腹筋が弱くなることによる、便を排泄する筋肉の衰え。

 

腸管自体の平滑筋の筋力不足による、便の輸送能力の低下。

 

これらが合わさり、頑固な便秘になるケースがあります。

 

また食が細くなり、水分も多く摂らなくなることによる、便の量の減少と水分量の減少が便秘につながるケースがあります。

 

 

基礎疾患として病気にかかることによる、常用薬の増量腸の病気などもあります。

 

たくさんの薬を飲んでいる場合は、便秘の相談を主治医に相談してください。

 

 

朝の悩みに!強力サポート