子供の便秘解消は原因は「ストレス」や「精神的な理由」が多い

便秘解消プロジェクト>自力で便秘を治す方法>

子供の便秘解消は原因は「ストレス」や「精神的な理由」が多い

 

 

体が成長途上にある子供は、便を押し出す腹筋の力がまだ弱く、また便意を感じる肛門括約筋も未発達です。

 

そのため、便を出すタイミングを逸してしまい、便をお腹に溜め込みがちです。

 

こうした便のトラブルは、子供にはよくあることで、それほど心配することはありません。

 

しかし、このようなトラブルから、子供が排便そのものにストレスがあり嫌がり、それが慢性的な便秘につながってしまう、ということがあります。

 

ここでは、ストレスや精神的な問題が原因となる子供の便秘について記していきます。


 

親のプレッシャーによるストレス

プレッシャーによる便秘

子育てに熱心な家庭ほどよく見られる子供の便秘のパターンです。

 

なかなか上手くうんちが出来ない子供を心配して、頻繁にトイレへ連れて行ったり、トイレの度に「うんち出た?」と聞いたり。

 

このような、排便への過度な心配は、子供にとっては大きなプレッシャーとなってしまいます。

 

過度な排便へのプレッシャーはストレスとなり、副交感神経が優位な状態をつくれず、腸の働きの妨げとなります。

 

また、「大好きなお父さん・お母さんの期待に応えられない」と感じた子供は自信を失い、排便行為そのものがストレスとなってしまうケースもあります。

 

子供のうちは食べる量が少なく、また食事も消化に良い物が中心なため、大人と比べて排便の回数は少なくなります。

 

実際、子供の便秘の目安は「3日以上うんちが出ていないこと」となっており、大人の感覚で「しばらくうんちが出てないな」と感じても、実はそれほど心配することはないのです。

 

心配しすぎない

心配からあれこれ手を尽くしたくなってしまう気持ちもわかるのですが、親の不安に子供はとても敏感です。

 

子供自身がお腹の痛みなどを訴えない限りは、おおらかな気持ちで見守るくらいが子供の便秘にとっては一番の薬となります。

 

排泄行為そのものを嫌がる場合

トイレを嫌がる子供

 

前述の通り、子供は排便に使われる筋肉の未熟さから、ちょっとしたことで排便トラブルに見舞われ、お腹に便を溜め込みがちです。

 

この溜め込まれた便を無理に排泄しようとして肛門を切るなどの痛い思いをし、「うんちをすると痛い」というネガティブな印象を持ってしまう子供がよく見られます。

 

子供のうちは便意も薄いこともあり、「痛いから嫌だ」とトイレを我慢すると、それが日常となってしまい、そのまま慢性の便秘につながってしまいます。

 

この悪循環から脱するには、正常な「痛くない」排便の経験を子供にさせてあげることが鍵となってきます。

 

食事で対策!

水溶性食物繊維オリーブオイルなどの食事や適度な運動などで正常な排便を促し、
「うんちをしても痛くない」ことと「うんちをするとお腹がスッキリする」というポジティブな印象で上書きされれば、自然な排便習慣が身に付きます。

 

症状がひどくお腹に固い便がたまっている状態の場合は、小児科で便をやわらかくする薬を処方してもらい、一度お腹の状態をリセットすることも考えてみましょう。

 

トイレという場所を嫌がる場合

トイレが怖い子供

 

排便トラブルやストレスなどの要因から、トイレという場所そのものに恐怖を覚えてしまう子供も多くいます。

 

理由を聞いてみると実にさまざま答えが返ってきます。

 

「静かで暗いから怖い」というものから「明かり窓が目みたいで怖い」や、「壁の模様が怖い」「トイレの壁に貼られてるカレンダーの絵が怖い」といったものまで、大人からすると想像もつかないような理由である場合がほとんどです。

 

子供がトイレに恐怖感を持つのはストレスや排便トラブルの経験と結びついている場合が多く、「怖くないから大丈夫」と諭すだけでは不十分であることがほとんどです。

 

耳を傾ける

注意深く子供の話に耳を傾けて、何が怖いかということに理解を示してあげることが大切です。

 

また、トイレにぬいぐるみや絵本などを置くなどし、子供にとってトイレが居心地の良い場所にする、というのもよいでしょう。

 

健康食品で子供の便秘対策

 

 

お通じの改善に健康食品で対策するのは「便秘薬」よりも安心ですね。

 

では、どのような商品を選べばよいのかについて考えていきましょう。

 

おすすめ@は「乳酸菌サプリ」です。

 

え?子供にサプリ?!と思われる方もいるかもしれませんが、味もおいしく、効果も高いですし、生きて腸に届ける技術が最近のサプリはすごいんです!

 

 

乳酸菌サプリは腸内細菌を直接整えることで自然なお通じをすることができるので、お子さんのお通じ改善にもおすすめですよ。

 

ビフィーナSという乳酸菌サプリが一番効果が期待できますが、1ミリくらいのカプセルをかまずに飲まないといけません。

 

これが厳しい子にはお菓子のように噛んで食べられる乳酸菌EC-12が良いでしょう。

 

飲むのに問題のない子であればヨーグルトなどに混ぜて飲んでもいいですし、好きなジュースに混ぜても良いでしょう。

 

乳酸菌サプリは基本的にレモン味やヨーグルト味などがついていて、とてもおいしいので「お菓子みたい!」とお子さんにも人気です!

 

乳酸菌サプリの選び方についてはこちらから

 

 

おすすめAは「青汁」です。

 

お子さんに青汁の味が問題なのでは?と思う方もいるかもしれませんが、最近の青汁は非常に味がよい商品が多いですよ。

 

野菜嫌いのお子さんにも野菜の栄養も一度で摂れるため一石二鳥です。

 

商品的には乳酸菌と食物繊維のバランスが良い「世田谷自然食品の青汁」がおすすめです。

 

牛乳や豆乳に混ぜて飲むと抹茶ミルクのような味わいになりお子さんにもおすすめですよ。

 

青汁の選び方についてはこちらから

 

普段の食事から発酵食品や野菜の食物繊維を摂ることが重要ですが、上記のような健康食品で補助してあげるのも良い方法でしょう。


朝の悩みに!強力サポート

子供の便秘解消は原因は「ストレス」や「精神的な理由」が多いエントリー一覧

子供の便秘に効果的な食べ物の食材一覧を知ろう!

便秘対策には、日々の食事が重要な位置を占めます。しかし、生活習慣の乱れなどからくる腸内環境の悪化やストレスが原因の大人の便秘と、排便に使う筋肉の未熟さが主な原因である子供の便秘とでは、対策のアプローチの仕方が少し違ってきます。では、子供の便秘対策に良い食べ物とはどんなものになるのでしょう?便秘気味の...

続きを読む

子供の便秘で「お尻が痛い」「腹痛」などの痛みの対処法

排便に使う腹筋や便意を感じる肛門括約筋が未発達な子供のうちは、ひんぱんに排便トラブルに見舞われます。子供期の排便トラブルや便秘には、痛みや苦痛を伴うものもあります。それらの多くが、外から見ただけでは原因わからないもので、子供が痛みを訴える(あるいは泣きやまない)状況に直面した際、親が慌ててしまい、適...

続きを読む

子供の便秘にオリーブオイルが効果的!辛くないように排便させよう!

子供の便秘や排便トラブルの原因の多くは、上手に排便のタイミングをつかめず、便をお腹に溜め込んでしまうことによります。長くお腹に留まり固く大きくなった便は、特に腹筋の未発達な子供にとっては排出しづらく、また無理に排出しようとすると肛門を傷つけてしまうこともあります。このような子供の便秘や排便トラブルに...

続きを読む

子供の食べ物アレルギーやハウスダストなどの改善には腸内細菌が関係している?

調剤薬局で働いていると、非常に多くのお子さんのアレルギー症状での受診を目にします。花粉やハウスダストはもとより、卵、大豆、そば、牛乳、甲殻類と、アレルギー検査で複数の反応が出てしまい困惑するお母さん。病院で処方される薬の多くは抗アレルギー薬のみで対症療法となります。しかし私は働いていてこの状況に疑問...

続きを読む