妊娠中の便秘対策!薬剤師が教える、妊婦の便秘解消方法

便秘解消プロジェクト>自力で便秘を治す方法>

我が家の妊娠中の便秘対策

 

これからお伝えする内容は、私の妻が妊娠中に行った便秘対策です。

 

私の妻は2015年夏に妊娠し、その後便秘になってしまいました。

 

妻の様子は、便秘でモヤモヤと気分が悪く、「3日出ていない」「5日も出ない...」など悩んでいました。

 

いろいろ話を聞いているうちに、薬剤師の知恵をしぼり、なんとか状態を解決できないか考えるようになりました。

 

とはいうものの、最初の妻へのアドバイスは
「専門家である産婦人科の医師に相談するといいんじゃない?」
と伝えました。

 

その結果、普通の便秘薬(センノシド系の薬)が処方されるだけで、薬を飲んでも一時的な便秘解決にしかならず、すぐに元の便秘状態に戻ってしましました。

 

長い妊婦期間を快適にすごしてほしいので、妊婦の便秘についていろいろと調べ、対処方法を考えてみました。

 

現在はこの方法で妻の便秘は改善しているので、ひとまず安心しているところです。

 

それでは私の考えた「妊婦の便秘対策」について具体的にお話ししていきます。

 

※注意
我が家ではこのようにしたという参考意見としてご覧いただければ幸いです。
妊婦の便秘はまず主治医に指示を仰ぐことが最も安心です。


妊婦の便秘解消の「基本」

 

 

便秘対策の「基本」は重要ですね!

 

知っている方も多いと思いますが、一度を確認しておくと良いでしょう。

 

便秘解消の基本情報の食事、生活習慣の改善法などは別のページにまとめましたのでこちらをご覧ください。


基本の便秘対策を行っても「改善しなかった・・・」

一般的な便秘と比べ、妊婦の便秘は女性ホルモンの変化、運動不足、食生活の変化、ストレスなどの原因が複数に絡み合い、改善がより難しいことが考えられます。

 

うちの妻の場合も、一般的な方法を行ってもなかなか改善しませんでした。

 

そこで、ほかになにか良い案はないかと考えていたところ"ふと"アイデアが浮かびました。

 

便秘の状態というのは、腸内が悪玉菌優位になっており
腸内細菌のバランスが崩れ、さらに便秘を悪化させています

 

崩れた腸内細菌バランスをしっかりとコントロールし、整えることができれば、いまより腸の動きがよくなり、自然排便がスムーズできるはずです。

 

このような仮説を立てるものの、妊婦と腸内細菌の関係性をしっかりと調べてからでなくては、気持ちが悪いですよね。

 

そこでいろいろと調べていくと、とても興味深いことがわかってきました

 

妊婦が腸内細菌を整えると良い4つの情報

 

乳酸菌と妊婦について、調べれば調べるほど妊娠中から腸内環境を整えた方が良いという情報を目の当たりにすることになりました。

 

中でも興味深かった4つのことを簡単に要約して紹介していきます。

 

腸内細菌は赤ちゃんの発達障害に影響するという実験

 

母親の腸内細菌の乱れと、赤ちゃんの発達障害の関連性を福井大学のチームが突き止める。

 

妊娠中の便秘対策!薬剤師が教える、妊婦の便秘解消方法

 

※マウス実験

【妊娠中】腸内細菌のバランスが良い母マウスの子 :体重正常
【妊娠中】腸内細菌のバランスが悪い母マウスの子:体重が少ない、異常行動あり
【出産後】腸内細菌のバランスが良い母マウスの子 :正常
【出産後】腸内細菌のバランスが悪い母マウスの子 :異常行動あり

 

コメント
上記の実験はマウスの話ですが、人間の赤ちゃんの場合、産前、産後ともに、母体の腸内細菌のバランスが脳に影響がでる可能性があるという情報も書いてあります。

 

知ってしまうとすこし怖い情報ですね・・・

 

要約情報のソース元(J-CAST)
http://www.j-cast.com/healthcare/2016/01/25256531.html

 

赤ちゃんの腸内細菌はお母さんからの最初のプレゼント

 

妊娠中の便秘対策!薬剤師が教える、妊婦の便秘解消方法

 

お腹の中にいる赤ちゃんは、無菌状態
生まれてくる際、産道で初めて菌と接触し赤ちゃんの腸内細菌となる。

 

妊婦が乳酸菌やビフィズス菌を接種しておくことで
膣(産道)に病原菌が侵入するのを防ぐことができる。

 

また、妊婦が乳酸菌を取ることで、生まれた後の赤ちゃんの腸内に良い乳酸菌、ビフィズス菌などを与えることができる。

 

良い乳酸菌を得た赤ちゃんは免疫系が安定し、アレルギー発症が抑えられる

 

要約情報のソース元(米国ハーバード大学医学部博士研究員 福岡 伸一氏)
http://goo.gl/ZcBPF3

 

コメント
赤ちゃんへお母さんから初めてのプレゼントが腸内細菌と書かれているところにとても感じるものがありました。
我々人間は100兆個の腸内細菌が共存してくれているので自身の健康を保つことができます。
その最初の生まれたての腸の状態を良い環境が作れるのであれば、乳酸菌、ビフィズス菌をしっかりと摂りたいと思える記事です。

 

お母さんの乳酸菌摂取で子供のアレルギーを防ぐ

妊娠中の便秘対策!薬剤師が教える、妊婦の便秘解消方法

 

母乳で赤ちゃんを育てる際、お母さんの腸内環境を整えると赤ちゃんの免疫力が上がり病気への抵抗力がつき子供のアレルギーを防ぐことができる。

 

要約情報のソース元(ビーンスターク・スノー株式会社)
http://www.mamecomi.jp/allergy/allergy07

 

コメント
薬剤師として働いていると、お子さんのアレルギーで悩んでくるご両親を見る機会がとても多いです。
昔のデータと比べると、ハウスダストや花粉症などになる子供の数が多く、除菌しすぎ、きれいにしすぎなのが菌との共生を阻み、外部のアレルゲンにも過剰に反応するのではないかな?と個人的に思うことがあるので上記の乳酸菌を摂ると子供のアレルギーが減るというデータはとても参考になります。
やることもとても簡単で、母親が乳酸菌を摂るだけで子供のアレルギーを防ぐことができるのであればとても良いのではないでしょうか。

 

アレルギーの遺伝が半減

妊娠中の便秘対策!薬剤師が教える、妊婦の便秘解消方法

 

アトピー症状のある妊婦に乳酸菌を飲んでもらい、子供のアトピー発症率を計測。

 

乳酸菌を飲まない妊婦と比べ、乳酸菌を飲んだ母親の子供のアトピーの発症率が半減との研究結果。

 

要約情報のソース元 (オムロン)
http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/146.html

コメント
先ほどの記事にも似ていますが、やはり妊婦の腸内環境が産まれてくる子供のへ影響があるのではないかと考えられる記事です。

 

ますます母体の腸内フローラを改善すると悪いことはなさそうだということが考えられます。

 

上記を簡単に整理すると妊婦さんが乳酸菌を取ることで4つのメリットが考えられます。

  • 赤ちゃんの異常行動が減る可能性
  • 赤ちゃんの免疫力が上がる可能性
  • 赤ちゃんのアレルギーを減らせる可能性
  • 親からのアレルギー遺伝を減らせる可能性

 

当初、妊娠中の便秘解消の目的に乳酸菌の働きを調べていたのですが、
便秘解消以外にも乳酸菌を取るメリットが大きいと判断できます。

 

では、乳酸菌はどう取るのがよいか?

妊娠中の便秘対策!薬剤師が教える、妊婦の便秘解消方法

 

そこで良質な乳酸菌定期的にとるには、どの方法が良いかを考えることにしました。

 

動物性乳酸菌

動物性乳酸菌ヨーグルトチーズに多く含まれています。

 

これらの食品には脂肪分が多く含まれ、カロリーコントロール中の妻には「たくさん食べるように!」とは言えないので、適量を食事で取るように伝えました。

 

動物性乳酸菌(ヨーグルトなど)は胃酸や胆汁酸で乳酸菌が死滅するため、生きて腸に届く確率がかなり低くなります。 

 

「乳酸菌は生きて腸に届いた方がいい」「乳酸菌は死んでも効果がある」などの論争は、販売元に問い合わせをしても各会社の主張はまちまちです。

 

私のスタンスとして死菌でも効果はあるが、生きた菌を腸に届けた方がより良いのではないかと考えることにしています。

 

どちらにしても「ヨーグルト」は積極的に摂りたい食品ですね。

植物性乳酸菌

植物性乳酸菌はぬか漬け、しょうゆ、味噌などに多く含まれています。

 

植物性乳酸菌は胃酸で死滅しずらい特徴がありますが、
塩分が多く妊娠高血圧となることが心配なので積極的に進めることができません。

 

ほどほどに摂るというのがよいのではないでしょうか。

 

植物性乳酸菌は日本人は古来から食べてきている相性のいい菌なので、和食をメインにしてすこしずつ摂りたいですね。

 

乳酸菌食品は食事で摂取することが可能ですが、十分に注意しながら取るようにしましょう。

 

乳酸菌サプリの検討

継続的に良質の乳酸菌を取る方法として「乳酸菌サプリ」の選択肢を考えてみることにしました。

 

どんな乳酸菌サプリが良いのか?

 

数種類の乳酸菌サプリの内容成分と商品の特徴を確認しました。

 

「森下仁丹のビフィーナS」
「ライオンのラクトフェリン+ラブレ」
「久光製薬の乳酸菌EC-12」
「ふじっこの善玉菌のチカラ」

 

こららのサプリの内容成分を見て、どれを選ぶべきか検討した結果、この中のある一つが便通にも効果のあるデータがあったため良いのでは?という結論になりました。

 

商品については後述します。 どんな便通改善があったのかの効果を先に見てみましょう。

 

早速、乳酸菌サプリを注文してみました。

 

妊娠中の便秘対策!薬剤師が教える、妊婦の便秘解消方法
では妊娠時の便秘にどのような効果があるのかを、妻の便の記録で見ていきましょう。

 

サプリを購入すると、サプリを飲んだかどうか、便の状態、スッキリ感、食物繊維、運動などを記入するチェックシートが付いてきます。

 

乳酸菌サプリの便通効果

妊娠中の便秘対策!薬剤師が教える、妊婦の便秘解消方法

 

最初の一週間

妊娠中の便秘対策!薬剤師が教える、妊婦の便秘解消方法
飲み始めの3日間スッキリ感もなく、便が出ないか、出たとしてもコロコロの硬い状態で、改善されていません。

 

4日目ベストな便が出ています。

 

その後はなぜか下痢になり、一時サプリを自己調整しています。

 

二週間目

妊娠中の便秘対策!薬剤師が教える、妊婦の便秘解消方法
二週間目からは毎日の自然排便か、2日に一回の自然排便があり、スッキリ感も出てきています。

 

腸内環境が良い状態になってきていると想像できます。

 

三週間目

妊娠中の便秘対策!薬剤師が教える、妊婦の便秘解消方法
二週目後半から三週目前半にかけて、乳酸菌サプリに慣れてきたのか、便の調子が良いのか飲むのを忘れています

 

忘れず飲むように言ったのですが...

 

飲み忘れるとすっきり感の欄に「×」が増え、便通が悪くなるようですね。

 

途中から飲み忘れに気付き、再度飲み始めるとベストな排便状態に戻っています。

 

妻に、サプリを飲んでみて調子はどうか聞いてみたところ
「かなり調子がいいよ!」という返答があったので一安心です。

 

 

このように一つの例ですが、「乳酸菌サプリ」を飲むと便通に効果があるということが分かったので、我が家では選択肢として良かったのでないかと考えています。

 

乳酸菌は便通効果だけでなく、赤ちゃんへの好影響もあり、産前、産後とも妊婦さんに多く摂ってもらい食材の一つです。

 

サプリだけではなく、ヨーグルトやチーズ、ぬか漬けや納豆、その他の発酵食品もバランスよく食べることで健康で元気な赤ちゃんが産まれるよう食事に注意していきましょうね。


 

サプリの効果と選び方を解説します!

乳酸菌サプリのおすすめの選び方

妊婦の便秘に安心のオリゴ糖のおすすめ

も合わせて見てみよう!

 

最後に

ご紹介した我が家の便秘解消方法は、食事改善などの基本的な便秘解消方法も併用して行っております。

 

サプリだけを飲めば便秘は良くなるということでないので注意をしてください。

 

妊娠時の便秘で苦しい状態をできるだけ緩和し、快適な妊婦ライフ元気な赤ちゃんを出産していただくための一つのアイデアとなれば幸いです。

 

※当サイトのコンテンツは便秘解消の効果を保証しているわけではありません。

 

妊婦、胎児の健康に関しては十分に注意をしていただき、専門医に相談の上便秘対策を行ってください。

朝の悩みに!強力サポート

妊娠中の便秘対策!薬剤師が教える、妊婦の便秘解消方法エントリー一覧

妊婦の便秘解消法の「基礎知識」

なにをするにも、基本は重要ですよね!便秘解消法の基本情報を確認していきましょう。朝一番の一杯の水が効果的!朝起きてすぐにコップ一杯の水を飲みましょう。水を飲むことで、胃腸の反射が起き、腸が動き始め、便通改善効果がありますよ。起きた直後の口の中は雑菌がたくさんいるので、一度口の中をゆすいでから水分をと...

続きを読む

妊娠初期の便秘解消方法は安全重視!便秘薬はNG

妊娠初期は女性ホルモンによる影響を強く受けるため、便秘になりやすいと言われています。女性ホルモンの分泌は一定周期で行われているのですが、妊娠初期は特にその影響が強く出ることがわかっています。正確には女性ホルモンの一つである「黄体ホルモン」による作用が便秘に関わっていることも判明しています。今回はそう...

続きを読む

妊娠中の便秘も乳酸菌で便秘解消!ヨーグルトやヤクルトで毎日スッキリ

こんにちは!はるくんママです。妊娠中の便秘・・・突然の悪化で苦しくて大変ですよね。私自身、トイレに籠もりながら「どこまで力んで大丈夫なの?」「ずっと同じ姿勢で大丈夫なの?」「下半身が冷えてきたけど、これって大丈夫なのかな?」なんて心配をしていました。便秘と言えばまず思い浮かぶのが、ヨーグルトやヤクル...

続きを読む

薬剤師が教える。妊婦の便秘解消「便秘効くお茶」は安全?危険?

妊娠中の便秘がつらく、お茶で便秘解消ができないかな?とお考えの妊婦さんに、薬剤師として注意してほしいことを解説していきますね。妊婦さんは飲んではダメ!危険な成分ネット検索するといろいろなお茶がヒットするため、妊婦にはどれが安全でどれが危険かというのがよくわからない方も多いのでしょうか?最初に知ってお...

続きを読む

妊婦の便秘薬「ラキソベロン」の安全性、飲み方や注意点

妊婦さんの便秘薬として病院で処方されることのある便秘薬「ラキソベロン」について詳しく書いていきますね。妊婦は「ラキソベロン」を飲んでも大丈夫?添付文章という薬の説明書きには禁忌の欄に妊婦がありませんので、その他の大腸刺激系の便秘薬と比べると安全性の高い薬ですね。(参考:http://database...

続きを読む

体操とストレッチで解決!妊婦さんの便秘解消方法は腰をねじる運動が安心

女性は妊娠するとホルモンの変化がおこり便秘になりやすくなります。また「つわり」を始めとした様々な体調変化がおこり、総合的に便秘になるやすくなります。しかし、妊婦さんは赤ちゃんのことが心配で、気軽に便秘対策をすることができない人が多いでしょう。そこで、今回は妊婦さんの便秘解消方法として有効で安全性の高...

続きを読む

妊婦の便秘薬「酸化マグネシウム系」マグラックス、マグミット、ミルマグなどの注意点...

このページでは、妊婦さんの便秘薬として良く処方されるお薬の、「酸化マグネシウム系」のお薬についての疑問に答え、薬の詳細情報を紹介します。まず、「酸化マグネシウム系便秘薬」の商品名について中身は「酸化マグネシウム」なのですが、商品の名前が違うものが複数あるのでその商品名について書いていきます。◆ 医療...

続きを読む

薬剤師が解説!即効性のある妊婦便秘対策!薬を使う方法と食事の改善プラン

このページでは、即効性のある妊婦さんへの便秘対策についての考え方を、薬剤師としての観点で書いていこうと思います。「即効性」というキーワードでネット検索してこちらにたどり着いた方は、現在便秘症状がつらくてどうにかしたい!と思っている方が多いのではないでしょうか。【最速パターン】どうしても即効性のある方...

続きを読む

妊婦の便秘薬「プルゼニド」「センノシド」「センノサイド」の使用の注意と効き目につ...

妊婦さんの辛い便秘対策として処方されることもある、「センノシド系便秘薬」についてこちらでまとめていきます。「センノシド系便秘薬」の種類について同じ成分でも薬の商品がたくさんあり、名前が別々なのでここでは「センノシド系便秘薬」と呼ぶことにします。プルゼニドセンノシドセンナリドソルダナフォルセニッドなど...

続きを読む

妊婦の便秘におすすめな食材や食べ物の紹介と便秘解消の効果

こんにちは、はるくんママです。妊娠中、便秘が続くと「赤ちゃんになにか影響はないのかな?」なんて不安になりますよね。私はよく「赤ちゃんの居る場所が狭くならないのかな?」なんて考えたりしていました。実際に、妊娠中便秘をしてもお腹の中の赤ちゃんに与える影響はほとんどないようです。が、しかし・・・そこで安心...

続きを読む

薬剤師が解説!一週間くらい出ない・・・妊婦のひどい便秘の解消法は病院の便秘薬と生...

妊娠中の便秘はつらいですよね。しかも赤ちゃんのことが心配なので、初めての薬にチャレンジするのも不安がつきまとうことでしょう。しかし、一週間近く便が出ない状態でお腹が苦しい場合、何らかの対策を打たないと辛すぎて大変です。そこで、妊娠中のひどい便秘の対策についてここで紹介していきます。一週間以上便秘の妊...

続きを読む

妊婦の便秘におすすめ!ビオフェルミンなどの整腸剤の効果と飲み方

こんにちは。薬剤師のタカラです。こちらでは妊婦さんの便秘対策としてビオフェルミンなどの整腸剤の利用について書いていきますね。最初に:妊婦はビオフェルミンを妊婦が飲んでも良いかどうか?はい。ビオフェルミンは妊婦服用が可能です。妊娠中だけでなく、授乳中でも問題なく服用することができます。人間の腸の中に住...

続きを読む

妊婦の「切れ痔」「いぼ痔」「出血」などの対処方法を肛門科の看護師が紹介

妊娠すると、痔になりやすくなるってご存知ですか?出産の時のいきみがきっかけで痔になるというパターンだけではなく、妊娠中から痔のリスクはあるのです。妊娠と痔、切りたくても切れないこの関係。そこで、今回は妊娠中の痔についてその原因や症状をまとめ、改善方法をお知らせします。妊娠中になりやすい痔ってどんなも...

続きを読む

水分、我慢していませんか?妊婦の便秘解消に水分補給が欠かせない理由

こんにちは、はるくんママです。毎日きちんと水分を摂っていますか?むくみが気になるから、体重増加が気になるから、トイレが近くなるから、と言って水分を摂る量を減らしていませんか?実は妊婦さんって普段よりも水分補給が必要なんです。水分は、血液の流れをよくしてくれたり、身体の老廃物を流し新陳代謝をよくしてく...

続きを読む

妊婦の腹痛原因とは?安心できる腹痛と危険な腹痛

ライターのはるくんママです。37歳目前にして出産し、今は元気元気な2歳児を育てています(イヤイヤ期真っ最中です・・・)。妊娠中は不安がつきもの。お腹が痛くなったりお腹に張りを感じるとなおさらです。そうは言っても、お腹が張る度に病院へ、というわけにもいきません。妊娠中の腹痛の種類についていろいろ調べて...

続きを読む

妊婦の便秘時いきむのって...トイレで力んで、ふんばるの大丈夫!?

妊婦の便秘時いきむのって...トイレで力んで、ふんばるの大丈夫!?こんにちは!はるくんママです。妊娠と同時に起こりやすくなる便秘。もちろん妊娠前だったらお腹に思いっきり力を入れていきむ・・・頑張りますよね?でも妊娠すると、「どこまで力を入れてふんばっていいの?」なんて不安になるものです。あまりにもい...

続きを読む

妊婦の便秘解消に青汁を考えている方に、おすすめは国産品・農薬不使用

こんにちは!ライターのはるくんママです。妊娠中の便秘、ツライですよね。私も経験しました。できれば産婦人科で処方される薬よりも、自然に便秘を解消したいもの。実は青汁は便秘にいいんですよ。青汁なら薬よりも断然良さそうですよね。青汁が便秘によい理由、また青汁の選び方について今日はまとめてみようと思います。...

続きを読む

アトピー妊婦さんが子供への遺伝をさせないための乳酸菌摂取、腸内フローラの話

アトピー症状をお持ちのお母さんが妊娠している時の悩みとして「子供にアトピーの遺伝がなければよいが・・・」と思う、お母さんが多いのではないでしょうか?何もしないでいるよりは遺伝の可能性を少なくする方法についていろいろと調査した結果、興味深い結果が見えてきましたのでこちらのページで紹介していきます。結果...

続きを読む