妊婦の便秘解消に青汁を考えている方に、おすすめは国産品・農薬不使用

便秘解消プロジェクト>自力で便秘を治す方法>

妊婦の便秘解消に青汁を考えている方に、おすすめは国産品・農薬不使用

 

 

 

こんにちは!ライターのはるくんママです。
妊娠中の便秘、ツライですよね。
私も経験しました。

 

できれば産婦人科で処方される薬よりも、自然に便秘を解消したいもの。

 

実は青汁は便秘にいいんですよ。
青汁なら薬よりも断然良さそうですよね。

 

青汁が便秘によい理由、また青汁の選び方について今日はまとめてみようと思います。
読んだ方のお役に立てれば幸いです。


 

なぜ青汁が便秘にいいの?

  • 少ない量でも食物繊維がいっぱい!
  • 便秘薬ではなく健康食品だから安心
  • 適度な水分補給が便秘の解消に繋がる!
  • 食べるのがツライつわりの時でも飲みやすい

 

「ツワリで水すら気持ちが悪い!」
こんな方もいますよね。
味が付いているなら何とか飲めるなんてもことも。

 

妊娠中の便秘の原因のひとつとして、水分不足が挙げられます。

 

もちろん妊娠中以外でも水分不足が原因で便秘が起こることはありますが、妊娠期間中は特に水分不足による便秘になりやすいですよね。

 

その理由は、まずひとつめに胎児に水分や栄養を確保するため。

 

ふたつめの理由は、つわりによる嘔吐がある場合。

 

嘔吐が繰り返されるとどうしても水分が不足してしまうのです。

 

最低2リットルは水分は摂りたいものです。

 

便に適度な水分が含まれていない場合、便が硬くなってしまうため肛門からスムーズに排出されなくなってしまいます。

 

しかも、水分不足が続くと、便が硬くなり、腸の機能自体が低下してしまい、ますます便秘がひどくなってしまいます。

 

適度な水分とともに食物繊維が摂れる青汁はおすすめですよ。

 

食物繊維の種類について

 

便秘には食物繊維がいい・・・

 

たしかに間違っていないのですが、実は食物繊維には種類があるのです。
大きく分けて2種類、不溶性(非水溶性)食物繊維と水溶性食物繊維です。

不溶性食物繊維

水に溶けにくい繊維質で、水分を保持し、便のかさを増やして排便を促すのが特徴です。腸内で水分を含むことで効果を発揮します。

 

 *セルロース・・・大豆、ごぼう、小麦ふすま、穀類など

 

 *ヘミセルロース・・・小麦ふすま、大豆、穀類、野菜類など

 

 *リグニン・・・小麦ふすま、穀類、完熟野菜類など

水溶性食物繊維

ヌルヌル、ネバネバとした粘性と、保水性が高いのが特徴です。ゆっくりと腸内を移動するため食べすぎが防げます。

 

 *ペクチン・・・りんご、みかん等の果物、芋類、 キャベツや大根等の野菜類

 

 *ミセルロース・・・こんぶやわかめなどの海藻類等

 

 *ガム質・・・大豆やカラス麦等の麦類、海藻類等

 

不溶性:水溶性=2:1が理想です。
双方をバランスよく摂ること、それが大事なんですね。

 

多くの青汁には水溶性食物繊維が含まれています。

 

中には水溶性だけでなく製法を工夫することにより不溶性食物繊維を取り込んだ青汁もありますけどね。

 

成分表示をよくチェックして選ぶことをおすすめします。

 

安心・安全な青汁を選ぼう!

 

 

食事等で摂取した栄養は、胎盤を通じ赤ちゃんへと届けられます。

 

だからこそ安心、安全な国産、農薬不使用の青汁を選びましょう。

 

特に出荷前に残留農薬の検査をしっかり行っているメーカーの青汁を選ぶと安心ですね。

 

あと、私個人として・・・なのですが、ゴーヤ入りの青汁はあまりおすすめできません。

 

その理由は、キニーネ。キニーネは子宮収縮を助長し、流産の原因になると言われています。(過剰摂取した場合)

 

ただ、沖縄の方(妊婦さん)は、気にせずにゴーヤを毎日食べている、という説もあるので、気にしすぎる必要はないかもしれませんが、気になる方はやめておいたほうが無難でしょう。

 

妊娠期間は、「短いようで長い」もの。

 

だからこそ飲む前にしっかり調べてから飲むこと、それが大事です。

 

後先考えずに飲んで、その後ずっと不安、では辛すぎますから。

 

しっかり選んで、しっかり飲んで、毎日スッキリできるとよいですね。


 

 

薬剤師よりキニーネについて

ゴーヤを調理して普通に量を食べるのなら問題はないですが、青汁のように濃縮されているとキニーネ含有量が多いのと、粉末になっていると食材そのものよりも吸収はしやすいので、ゴーヤ入りの青汁は控えておいたほうが良いですね。

 

 

 

我が家の妻の便秘対策を紹介します。

妊婦の便秘解消法はこちら

 


朝の悩みに!強力サポート



関連ページ

妊婦の便秘解消法の「基礎知識」
基本の便秘解消方法のまとめです。妊娠中の便秘解消する基礎情報を知ろう。
妊娠初期の便秘解消方法は安全重視!便秘薬はNG
妊娠初期は不安がいっぱい。妊婦さんが安心してできる妊娠初期からの便秘対策について食べ物や便秘薬の使用について注意
妊娠中の便秘も乳酸菌で便秘解消!ヨーグルトやヤクルトで毎日スッキリ
妊婦の便秘対策としてヨーグルトや乳酸菌補助のヤクルトを取ると良いと言われるがその理由と内容について。
薬剤師が教える。妊婦の便秘解消「便秘効くお茶」は安全?危険?
妊娠中の便秘を便秘茶で解消することについての注意点や危険性を薬剤師が紹介します。効き目の強いセンナ茶は、妊婦さんにはリスクをもたらすかもしれません!
妊婦の便秘薬「ラキソベロン」の安全性、飲み方や注意点
妊婦の便秘症状に処方されることも多い「ラキソベロン」。その安全性、飲み方、注意点など、気になるポイントを薬剤師が解説します。
体操とストレッチで解決!妊婦さんの便秘解消方法は腰をねじる運動が安心
妊婦さんが安心安全に便秘解消ができる体操やストレッチを紹介します。
妊婦の便秘薬「酸化マグネシウム系」マグラックス、マグミット、ミルマグなどの注意点や不安に答えます
妊婦の便秘症状に対してよく処方される「マグラックス」「マグミット」「ミルマグ」などの「酸化マグネシウム系便秘薬」の効果や副作用などの疑問点に薬剤師が答えます。
薬剤師が解説!即効性のある妊婦便秘対策!薬を使う方法と食事の改善プラン
妊娠中のひどい便秘に対する、即効性のある対処方法とその注意点、安全に便秘を解消するプランなどを薬剤師の立場から紹介します。
妊婦の便秘薬「プルゼニド」「センノシド」「センノサイド」の使用の注意と効き目について
妊婦の便秘症状に処方されることもある「プルゼニド」「センノシド」「センノサイド」などのセンノシド系便秘薬についての気になる効果や副作用、使用上の注意点などを薬剤師が解説します。
妊婦の便秘におすすめな食材や食べ物の紹介と便秘解消の効果
妊婦の便秘にお勧めなリンゴ、ばなな、わかめなどを使った水溶性食物繊維を多く取る方法について
薬剤師が解説!一週間くらい出ない・・・妊婦のひどい便秘の解消法は病院の便秘薬と生活習慣を見直すこと!
妊娠中のひどい便秘への対処方法や注意点について薬剤師が解説します。産婦人科で処方された便秘薬や生活習慣の見直しで、安心安全に便秘解消をしましょう!
妊婦の便秘におすすめ!ビオフェルミンなどの整腸剤の効果と飲み方
「妊娠中でも大丈夫?」「飲み合わせは?」「副作用はないの?」などの、妊婦さんがビオフェルミンなどの整腸剤を利用するにあたっての質問や疑問に薬剤師が答えます。
妊婦の「切れ痔」「いぼ痔」「出血」などの対処方法を肛門科の看護師が紹介
妊娠中の痔の症状の解説と便通改善による予防や、生活習慣について看護師さんから解説していもらいます。
水分、我慢していませんか?妊婦の便秘解消に水分補給が欠かせない理由
妊娠中の便秘対策として水分摂取が重要です。妊婦の水分の取り方について詳しく解説します。
妊婦の腹痛原因とは?安心できる腹痛と危険な腹痛
妊婦の腹痛の原因は便秘や流産など腹痛の種類といろいろ。病院に言った方がいい場合とその他の場合などを紹介。
妊婦の便秘時いきむのって...トイレで力んで、ふんばるの大丈夫!?
いきんだり、踏ん張ったりと妊婦の便秘症でトイレに行った時にお腹に力が入りすぎるのが怖い人へ
アトピー妊婦さんが子供への遺伝をさせないための乳酸菌摂取、腸内フローラの話
アトピーがご自身のお子さんに遺伝するのではないかなど妊娠中は心配は尽きません。乳酸菌を取ることでアトピーを軽くするデータを紹介します。