妊娠中の便秘も乳酸菌で便秘解消!ヨーグルトやヤクルトで毎日スッキリ

便秘解消プロジェクト>自力で便秘を治す方法>

妊娠中の便秘も乳酸菌で便秘解消!ヨーグルトやヤクルトで毎日スッキリ

 

 

 

 

こんにちは!はるくんママです。

 

妊娠中の便秘・・・突然の悪化で苦しくて大変ですよね。

 

私自身、トイレに籠もりながら
「どこまで力んで大丈夫なの?」
「ずっと同じ姿勢で大丈夫なの?」
「下半身が冷えてきたけど、これって大丈夫なのかな?」
なんて心配をしていました。

 

便秘と言えばまず思い浮かぶのが、ヨーグルトやヤクルトなどに含まれる乳酸菌です。

 

私たちの腸内には、健康に悪影響を与える悪玉菌と、健康に有効な善玉菌が存在しています。

 

乳酸菌を摂取することによって善玉菌を優勢にし、腸内環境を整えることができます。

 

つまり、便秘にも乳酸菌は効果的!ということなんですね。

 

今回は乳酸菌についていろいろ調べてみました。


 

乳酸菌って何?

乳酸菌は、オリゴ糖などの糖を利用し乳酸などの酸を作り出す細菌の総称です。

 

乳酸菌の種類はひとつではなく200種類以上。

 

乳酸菌は、自然界に多く存在している微生物(細菌)なんですね。

 

そんな乳酸菌が存在している場所と言えば、先ほど書いたように私たち人間や動物の腸内、他には牛乳や乳製品、漬物などの発酵食品にも存在しています。

 

動物の腸内にも居て、漬物にも存在している・・・そう考えるとすごく不思議に思えてきますよね、乳酸菌。
興味もわいてきます。

 

 

注目度の高い乳酸菌って??

そんな乳酸菌の中で注目度が高い乳酸菌を紹介したいと思います。

 

乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌)

正式名称は、ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株。
強化培養された乳酸菌 シロタ株は、耐酸性であるため胃液や胆汁などの強い消化液に耐えて生きたまま腸内に到達します。
「便秘の予防と改善」「免疫力強化」「大腸がん予防」などの効果が期待できる乳酸菌です。

KW乳酸菌(乳酸菌KW3100株)

正式名称はラクトバチルス属パラカゼイ菌 KW3100株。キリングループが発見した乳酸菌です。
アレルギーの改善や、免疫力を高める効果が期待できます。このKW乳酸菌は強い酸に耐える強い力があるため、胃酸で死滅せずに生きたまま腸に届きます。

EF-2001株

正式名称は、エンテロコッカス・フェカリス・EF-2001株。免疫増強作用の強い乳酸菌です。
花粉症やアレルギーに効果があるとして今注目されています。

ガセリ菌SP株

正式名称は、ラクトバチルス属ガセリ菌SBT2055株。
雪印メグミルクが発見した乳酸菌で、生きたまま腸まで届くだけでなく長く留まることが実証されています。

 

おすすめの乳酸菌は・・・コレ!

個人的におすすめなのがヤクルト400です。

 

通常のヤクルトが乳酸菌200億個なのに対し、400にはナント400億個もの乳酸菌が入っているんです。
200億個でもなんだかすごい数なのに400億って・・・って感じですよね(笑)。

 

ただ、飲みすぎには注意が必要です。
1日1本、毎日飲み続けることをおすすめします。

 

 

 

薬剤師から
乳酸菌飲料は一度にたくさん飲むことよりも、定期的に飲むことで腸の環境が良くなりますので、ご自身が手に入れやすい商品を、定期的に飲んでくださいね。

 

妊娠中に乳酸菌を摂取することは、便秘解消のためだけでなく、生まれてくる赤ちゃんのアレルギーの遺伝抑制や免疫力の向上にも役立ちます。


 

乳酸菌はドイツの医学報告では、「胎児のアレルギーは妊娠中のお母さんの食事内容よりも腸内環境に強く関係している」と言われているほどなんだとか。

 

どんな栄養でももちろん摂りすぎはよくありませんが、適度に乳酸菌を摂取し、適度な運動もして・・・

 

少しでも安心できる状態で出産に臨めるように体調を(腸内環境も)整えておきましょう。

 

 

 

 

実は、産後は産後で便秘になることもあるんですよ。

 

それなので、出産前に腸内環境をよいものにしておいて損はないはずです。

 

乳酸菌は基本的においしく摂れるものが多いので・・・楽しみながら毎日摂取しましょう!

 


 

 

 

我が家の妻の便秘対策を紹介します。

妊婦の便秘解消法はこちら

 


朝の悩みに!強力サポート



関連ページ

妊婦の便秘解消法の「基礎知識」
基本の便秘解消方法のまとめです。妊娠中の便秘解消する基礎情報を知ろう。
妊娠初期の便秘解消方法は安全重視!便秘薬はNG
妊娠初期は不安がいっぱい。妊婦さんが安心してできる妊娠初期からの便秘対策について食べ物や便秘薬の使用について注意
薬剤師が教える。妊婦の便秘解消「便秘効くお茶」は安全?危険?
妊娠中の便秘を便秘茶で解消することについての注意点や危険性を薬剤師が紹介します。効き目の強いセンナ茶は、妊婦さんにはリスクをもたらすかもしれません!
妊婦の便秘薬「ラキソベロン」の安全性、飲み方や注意点
妊婦の便秘症状に処方されることも多い「ラキソベロン」。その安全性、飲み方、注意点など、気になるポイントを薬剤師が解説します。
体操とストレッチで解決!妊婦さんの便秘解消方法は腰をねじる運動が安心
妊婦さんが安心安全に便秘解消ができる体操やストレッチを紹介します。
妊婦の便秘薬「酸化マグネシウム系」マグラックス、マグミット、ミルマグなどの注意点や不安に答えます
妊婦の便秘症状に対してよく処方される「マグラックス」「マグミット」「ミルマグ」などの「酸化マグネシウム系便秘薬」の効果や副作用などの疑問点に薬剤師が答えます。
薬剤師が解説!即効性のある妊婦便秘対策!薬を使う方法と食事の改善プラン
妊娠中のひどい便秘に対する、即効性のある対処方法とその注意点、安全に便秘を解消するプランなどを薬剤師の立場から紹介します。
妊婦の便秘薬「プルゼニド」「センノシド」「センノサイド」の使用の注意と効き目について
妊婦の便秘症状に処方されることもある「プルゼニド」「センノシド」「センノサイド」などのセンノシド系便秘薬についての気になる効果や副作用、使用上の注意点などを薬剤師が解説します。
妊婦の便秘におすすめな食材や食べ物の紹介と便秘解消の効果
妊婦の便秘にお勧めなリンゴ、ばなな、わかめなどを使った水溶性食物繊維を多く取る方法について
薬剤師が解説!一週間くらい出ない・・・妊婦のひどい便秘の解消法は病院の便秘薬と生活習慣を見直すこと!
妊娠中のひどい便秘への対処方法や注意点について薬剤師が解説します。産婦人科で処方された便秘薬や生活習慣の見直しで、安心安全に便秘解消をしましょう!
妊婦の便秘におすすめ!ビオフェルミンなどの整腸剤の効果と飲み方
「妊娠中でも大丈夫?」「飲み合わせは?」「副作用はないの?」などの、妊婦さんがビオフェルミンなどの整腸剤を利用するにあたっての質問や疑問に薬剤師が答えます。
妊婦の「切れ痔」「いぼ痔」「出血」などの対処方法を肛門科の看護師が紹介
妊娠中の痔の症状の解説と便通改善による予防や、生活習慣について看護師さんから解説していもらいます。
水分、我慢していませんか?妊婦の便秘解消に水分補給が欠かせない理由
妊娠中の便秘対策として水分摂取が重要です。妊婦の水分の取り方について詳しく解説します。
妊婦の腹痛原因とは?安心できる腹痛と危険な腹痛
妊婦の腹痛の原因は便秘や流産など腹痛の種類といろいろ。病院に言った方がいい場合とその他の場合などを紹介。
妊婦の便秘時いきむのって...トイレで力んで、ふんばるの大丈夫!?
いきんだり、踏ん張ったりと妊婦の便秘症でトイレに行った時にお腹に力が入りすぎるのが怖い人へ
妊婦の便秘解消に青汁を考えている方に、おすすめは国産品・農薬不使用
妊婦が飲んでもいい便秘対策の青汁について。選び方と内容成分についての見方を薬剤師が解説します。
アトピー妊婦さんが子供への遺伝をさせないための乳酸菌摂取、腸内フローラの話
アトピーがご自身のお子さんに遺伝するのではないかなど妊娠中は心配は尽きません。乳酸菌を取ることでアトピーを軽くするデータを紹介します。