妊娠初期の便秘解消方法は安全重視!便秘薬はNG

便秘解消プロジェクト>自力で便秘を治す方法>

妊娠初期の便秘解消方法とは

 

 

妊娠初期は女性ホルモンによる影響を強く受けるため、便秘になりやすいと言われています。

 

女性ホルモンの分泌は一定周期で行われているのですが、妊娠初期は特にその影響が強く出ることがわかっています。

 

正確には女性ホルモンの一つである「黄体ホルモン」による作用が便秘に関わっていることも判明しています。

 

今回はそうした妊娠初期の便秘が起きやすい理由と解決策についてご紹介していきたいと思います。

 


 

妊娠初期に便秘が起こりやすい理由とは?

 

妊娠初期に便秘が起こりやすいのは先程触れたように黄体ホルモンが深くかかわっています。

 

黄体ホルモンは妊娠に適した身体にしてくれると同時に妊娠を継続する作用を持っていますので、女性にはなくてはならない働きです。

 

生理の際、妊娠を継続するために必要な水分を腸から吸収してしまうため、腸内の水分の不足を招き、便秘になるというわけです。

 

結論としては二次的な作用として便秘になるという捉え方でいいでしょう。

 

黄体ホルモンの様に必要不可欠な役割を果たしてくれるものですが、便秘になりやすくなることも合わせて覚えておいてください。

 

妊娠初期に便秘薬の使用はNG!

 

妊娠初期の場合にはえ、流産の危険も伴いますので、便秘薬の独自判断での利用は避けてください。

 

元々便秘症の方は、うちに「コーラック」「タケダ漢方便秘薬」「スルーラック」など有名どころの便秘薬が自宅にあるかと思いますが、これらは妊婦の服用は基本的に禁止の薬です。

 

便秘薬には子宮を収縮する効果が含まれるため、最悪、流産になる可能性もあり、取り返しのつかない事態を招きかねません。

 

いま自宅にある薬で飲んでいいのか不明の場合、便秘薬の箱や中の説明書きに妊婦への注意書きがありますのでご確認ください。

 

基本的には妊娠中の便秘薬は専門医の診断をうけ、適正な処方薬で対処することがベストです。

 

妊娠初期の便秘解消方法について

 

以上の危険性などを踏まえた上で安全性も高く、便秘解消に効果的なのは黄体ホルモンの作用を考えると水分補給や水溶性の食物繊維を摂るようにする食生活の改善から始めましょう。

 

繊維質

水溶性の食物繊維には便を柔らかくする効果がありますので、水分不足が原因となる便秘には効果が高いですし、水分を摂るようにするのも原因に直接働きかける意味で効果が期待できます。

 

水溶性食物繊維の多い食材はこちらから確認しましょう。

 

ヨーグルト

その他の食材はヨーグルトを食べるのもいいですね
ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますから、腸内環境の改善にも繋がるので結果的に便秘解消にも良い影響を与えてくれるでしょう。

 

つわり中で味が嫌な場合は、ヤクルトなどの乳酸菌飲料もおすすめですよ。

 

それでもダメな場合はビオフェルミンなどの整腸剤を病院で処方してもらい定期的に飲むか、ドラッグストアで新ビオフェルミンSを飲むのも良いでしょう。

 

オリゴ糖

妊婦の便秘対策として有名なのがオリゴ糖です。

 

妊娠中にも安心して利用できる便秘対策として安心できる商品で人気があります。

 

オリゴ糖の作用は善玉菌を増やすのを手伝う作用があり、腸内細菌のバランスを整えてくれます。

 

腸内最近のバランスが良い状態は、自然排便につながりますので、妊娠初期から対策として利用するのも良いでしょう。

 

オリゴ糖の選び方はこちらから

 

運動

あまり激しい運動は逆効果ですが、リラックスできるゆったりとした運動は便秘改善に役立ちます。

 

マナニティーヨガなどの優しいヨガはリラックスでき、体のねじる動作なども便通改善効果があるのでおすすめです。

 

無理をしない程度、体を動かす努力をしてみましょうね。

 

妊娠初期でどのくらいトイレでいきんでいいか不安

といれでいきむと流産するのでは?と不安になる方も多いのではないでしょうか。

 

基本的にはトイレでのイキミは胎児には影響がありません。

 

しかし、長い時間トイレにいるのは肛門に良くありませんよ。

 

便秘でトイレに座る時間が長くなりがちですが、むやみに長い時間トイレにこもっても肛門部への負担が多く痔になってしまう方もいますので、トイレの外で体をよじる体操などをして便意を感じるようになってからトイレに行くとよいでしょう。

 

まとめ

 

 

以上、妊娠初期の便秘解消方法についてとなります。

 

普段通り便秘になった時に便秘薬を使うのはいつもなら問題ありませんが、妊娠初期にはリスクが高すぎるので利用を避けるようにしてください。

 

どうしても苦しい時は、医師に相談してみましょう。

 

妊娠初期の便秘解消法の基本はリスクを最大限減らしつつ、安心の便秘対策を行うことです。

 

水分補給や水溶性の食物繊維、乳酸菌入りの食品を利用したリスクの少ない方法から始めてみましょう。

 


 

 

 

我が家の妻の便秘対策を紹介します。

妊婦の便秘解消法はこちら

 


朝の悩みに!強力サポート



関連ページ

妊婦の便秘解消法の「基礎知識」
基本の便秘解消方法のまとめです。妊娠中の便秘解消する基礎情報を知ろう。
妊娠中の便秘も乳酸菌で便秘解消!ヨーグルトやヤクルトで毎日スッキリ
妊婦の便秘対策としてヨーグルトや乳酸菌補助のヤクルトを取ると良いと言われるがその理由と内容について。
薬剤師が教える。妊婦の便秘解消「便秘効くお茶」は安全?危険?
妊娠中の便秘を便秘茶で解消することについての注意点や危険性を薬剤師が紹介します。効き目の強いセンナ茶は、妊婦さんにはリスクをもたらすかもしれません!
妊婦の便秘薬「ラキソベロン」の安全性、飲み方や注意点
妊婦の便秘症状に処方されることも多い「ラキソベロン」。その安全性、飲み方、注意点など、気になるポイントを薬剤師が解説します。
体操とストレッチで解決!妊婦さんの便秘解消方法は腰をねじる運動が安心
妊婦さんが安心安全に便秘解消ができる体操やストレッチを紹介します。
妊婦の便秘薬「酸化マグネシウム系」マグラックス、マグミット、ミルマグなどの注意点や不安に答えます
妊婦の便秘症状に対してよく処方される「マグラックス」「マグミット」「ミルマグ」などの「酸化マグネシウム系便秘薬」の効果や副作用などの疑問点に薬剤師が答えます。
薬剤師が解説!即効性のある妊婦便秘対策!薬を使う方法と食事の改善プラン
妊娠中のひどい便秘に対する、即効性のある対処方法とその注意点、安全に便秘を解消するプランなどを薬剤師の立場から紹介します。
妊婦の便秘薬「プルゼニド」「センノシド」「センノサイド」の使用の注意と効き目について
妊婦の便秘症状に処方されることもある「プルゼニド」「センノシド」「センノサイド」などのセンノシド系便秘薬についての気になる効果や副作用、使用上の注意点などを薬剤師が解説します。
妊婦の便秘におすすめな食材や食べ物の紹介と便秘解消の効果
妊婦の便秘にお勧めなリンゴ、ばなな、わかめなどを使った水溶性食物繊維を多く取る方法について
薬剤師が解説!一週間くらい出ない・・・妊婦のひどい便秘の解消法は病院の便秘薬と生活習慣を見直すこと!
妊娠中のひどい便秘への対処方法や注意点について薬剤師が解説します。産婦人科で処方された便秘薬や生活習慣の見直しで、安心安全に便秘解消をしましょう!
妊婦の便秘におすすめ!ビオフェルミンなどの整腸剤の効果と飲み方
「妊娠中でも大丈夫?」「飲み合わせは?」「副作用はないの?」などの、妊婦さんがビオフェルミンなどの整腸剤を利用するにあたっての質問や疑問に薬剤師が答えます。
妊婦の「切れ痔」「いぼ痔」「出血」などの対処方法を肛門科の看護師が紹介
妊娠中の痔の症状の解説と便通改善による予防や、生活習慣について看護師さんから解説していもらいます。
水分、我慢していませんか?妊婦の便秘解消に水分補給が欠かせない理由
妊娠中の便秘対策として水分摂取が重要です。妊婦の水分の取り方について詳しく解説します。
妊婦の腹痛原因とは?安心できる腹痛と危険な腹痛
妊婦の腹痛の原因は便秘や流産など腹痛の種類といろいろ。病院に言った方がいい場合とその他の場合などを紹介。
妊婦の便秘時いきむのって...トイレで力んで、ふんばるの大丈夫!?
いきんだり、踏ん張ったりと妊婦の便秘症でトイレに行った時にお腹に力が入りすぎるのが怖い人へ
妊婦の便秘解消に青汁を考えている方に、おすすめは国産品・農薬不使用
妊婦が飲んでもいい便秘対策の青汁について。選び方と内容成分についての見方を薬剤師が解説します。
アトピー妊婦さんが子供への遺伝をさせないための乳酸菌摂取、腸内フローラの話
アトピーがご自身のお子さんに遺伝するのではないかなど妊娠中は心配は尽きません。乳酸菌を取ることでアトピーを軽くするデータを紹介します。