妊婦の便秘薬「酸化マグネシウム系」マグラックス、マグミット、ミルマグなどの注意点や不安に答えます

便秘解消プロジェクト>自力で便秘を治す方法>

妊婦の便秘薬「酸化マグネシウム系」マグラックス、マグミット、ミルマグなどの注意点や不安に答えます

 

このページでは、妊婦さんの便秘薬として良く処方されるお薬の、「酸化マグネシウム系」のお薬についての疑問に答え、薬の詳細情報を紹介します。


まず、「酸化マグネシウム系便秘薬」の商品名について

中身は「酸化マグネシウム」なのですが、商品の名前が違うものが複数あるのでその商品名について書いていきます。

 

◆ 医療用(病院で処方)

  • 酸化マグネシウム細粒
  • マグミット錠
  • マグラックス錠
  • カマグG

 

◆ 市販薬(ドラッグストア)

  • ミルマグ
  • 3Aマグネシア
  • スラーリア

 

妊婦は酸化マグネシウムの便秘薬を飲んでも大丈夫?

基本的に産婦人科の医師が妊婦の便秘症に処方する薬ですので、妊婦が服用しても問題はない薬です。

 

しかし現在の妊娠状態によっては飲まない方が良い状況の方もいますので、詳しくは医師に相談してみましょう。

 

他の便秘薬と一緒に飲んでもいい?

整腸剤のビオフェルミンやラックビーとともに処方されることもあります。

 

プルゼニドやセンノシドのような大腸を刺激して便秘を治す薬とは一緒に処方されるのは見たことがありません。

 

基本的には便秘薬として単独で、「酸化マグネシウム」を利用するケースが多いでしょう。

 

酸化マグネシウムの便秘薬を飲んでも効かないのですが。

無理に排泄するタイプの薬ではなく、便を軟らかくする薬なので、効き目は比較的マイルドです。

 

腸の状態によって効き目はそれぞれですが、数日間飲んでみて便秘が改善しないようであれば、医師に相談してみましょう。

 

私見で申し訳ないのですが、妊娠中のひどい便秘でも、一日量2グラムを3日間連続して飲めばある程度の便秘改善効果は期待できる薬だと思います。

 

酸化マグネシウム系の便秘薬は妊婦の便秘におすすめですか?

私が考える妊婦の便秘対策としては非常におすすめの処方です。

 

便を軟らかくする酸化マグネシウムとともに、整腸剤や乳酸菌サプリなどで善玉菌で腸内を整えるのが一番体には優しい便秘対策だと思います。

 

酸化マグネシウムを飲むタイミングや量はどのくらいがいいですか?

病院で処方された酸化マグネシウムであれば病院の指示通り飲むことがベストです。

 

市販の場合自己調整できると思いますので、一日三回で分けて飲むこともできますし、寝る前一回で飲むこともできます。

 

めんどくさい方は寝る前に飲むといいのではないでしょうか。

 

 

一日の上限量は2グラムまでですので、錠剤タイプの酸化マグネシウムの薬の場合、1錠○○○mgと書かれたものの足し算をして上限量を確認しましょう。

 

  • 500mg錠:4錠まで
  • 330mg錠:6錠まで
  • 250mg錠:8錠まで

 

となり、一気に飲むには結構大変な量になります。

 

初めての方は上限マックスでは飲まず、半分量の1000mg(1グラム)くらいから始めると良いでしょう。

 

この量で効かなければ量をすこし増やして調整したり、効果が出すぎたら量を減らしたり、飲むのを休憩したりしながら利用します。

 

妊婦が酸化マグネシウムの便秘薬を飲む時の、副作用など注意すべきことは?

妊婦に限らずの話になりますが、腎臓にすこし負担がかかりやすい薬ですので、過去腎臓疾患や腎機能値の検査で引っ掛かってドクターから注意があった人などは飲む注意が必要です。

 

2グラムの上限量以上を飲むことで高マグネシウム血症などになる恐れもあるので、効果が無いからといってやみくもに大量に飲むことはやめましょう。

 

吐き気、脈が低くなる、筋肉に力が入らなくなるようなことがある場合は直ちに飲むのをやめ、医師にすぐに見てもらってください。

 

 

便が柔らかくなる薬ですので、効きすぎると当然下痢になってしまいます。

 

現在の便の状況によって、同じ量を飲んでも下痢になったり、効果が無かったりと効果に変化がある薬ですので、ご自身の体の状況によって調節しながら服用してください。

 

酸化マグネシウムはどのくらいの時間で効果がありますか?

夜寝る前に飲めば朝に排便効果が期待できる薬です。

 

しかし、効果がでる時間帯がずれることもあるので前日の夜に飲んで翌日のお昼あたりに便意を催すこともあります。

 

初めて飲む際、会社や学校で便意があると困る方は一度休みの日の前に飲んでみると良いでしょう。

 

 

私が飲んだ時の状況は、センナ系などの大腸を刺激するタイプのお腹が激しく痛くなるような薬とは違い、便意が普通に起こるような薬です。

 

効き目がマイルドなので朝に便意が無く、すこし効果がずれてAM10時くらいいに激しい便意を催すこともあります。

 

 

あと、便が柔らかく下痢便のような状態ですので、排便前のおならは非常に臭いことが多いです。

 

会社などで、おならがしたくなったらトイレにいくなどちょっと注意をすべきことですね。

 

 

 

我が家の妻の便秘対策を紹介します。

妊婦の便秘解消法はこちら

 


朝の悩みに!強力サポート



関連ページ

妊婦の便秘解消法の「基礎知識」
基本の便秘解消方法のまとめです。妊娠中の便秘解消する基礎情報を知ろう。
妊娠初期の便秘解消方法は安全重視!便秘薬はNG
妊娠初期は不安がいっぱい。妊婦さんが安心してできる妊娠初期からの便秘対策について食べ物や便秘薬の使用について注意
妊娠中の便秘も乳酸菌で便秘解消!ヨーグルトやヤクルトで毎日スッキリ
妊婦の便秘対策としてヨーグルトや乳酸菌補助のヤクルトを取ると良いと言われるがその理由と内容について。
薬剤師が教える。妊婦の便秘解消「便秘効くお茶」は安全?危険?
妊娠中の便秘を便秘茶で解消することについての注意点や危険性を薬剤師が紹介します。効き目の強いセンナ茶は、妊婦さんにはリスクをもたらすかもしれません!
妊婦の便秘薬「ラキソベロン」の安全性、飲み方や注意点
妊婦の便秘症状に処方されることも多い「ラキソベロン」。その安全性、飲み方、注意点など、気になるポイントを薬剤師が解説します。
体操とストレッチで解決!妊婦さんの便秘解消方法は腰をねじる運動が安心
妊婦さんが安心安全に便秘解消ができる体操やストレッチを紹介します。
薬剤師が解説!即効性のある妊婦便秘対策!薬を使う方法と食事の改善プラン
妊娠中のひどい便秘に対する、即効性のある対処方法とその注意点、安全に便秘を解消するプランなどを薬剤師の立場から紹介します。
妊婦の便秘薬「プルゼニド」「センノシド」「センノサイド」の使用の注意と効き目について
妊婦の便秘症状に処方されることもある「プルゼニド」「センノシド」「センノサイド」などのセンノシド系便秘薬についての気になる効果や副作用、使用上の注意点などを薬剤師が解説します。
妊婦の便秘におすすめな食材や食べ物の紹介と便秘解消の効果
妊婦の便秘にお勧めなリンゴ、ばなな、わかめなどを使った水溶性食物繊維を多く取る方法について
薬剤師が解説!一週間くらい出ない・・・妊婦のひどい便秘の解消法は病院の便秘薬と生活習慣を見直すこと!
妊娠中のひどい便秘への対処方法や注意点について薬剤師が解説します。産婦人科で処方された便秘薬や生活習慣の見直しで、安心安全に便秘解消をしましょう!
妊婦の便秘におすすめ!ビオフェルミンなどの整腸剤の効果と飲み方
「妊娠中でも大丈夫?」「飲み合わせは?」「副作用はないの?」などの、妊婦さんがビオフェルミンなどの整腸剤を利用するにあたっての質問や疑問に薬剤師が答えます。
妊婦の「切れ痔」「いぼ痔」「出血」などの対処方法を肛門科の看護師が紹介
妊娠中の痔の症状の解説と便通改善による予防や、生活習慣について看護師さんから解説していもらいます。
水分、我慢していませんか?妊婦の便秘解消に水分補給が欠かせない理由
妊娠中の便秘対策として水分摂取が重要です。妊婦の水分の取り方について詳しく解説します。
妊婦の腹痛原因とは?安心できる腹痛と危険な腹痛
妊婦の腹痛の原因は便秘や流産など腹痛の種類といろいろ。病院に言った方がいい場合とその他の場合などを紹介。
妊婦の便秘時いきむのって...トイレで力んで、ふんばるの大丈夫!?
いきんだり、踏ん張ったりと妊婦の便秘症でトイレに行った時にお腹に力が入りすぎるのが怖い人へ
妊婦の便秘解消に青汁を考えている方に、おすすめは国産品・農薬不使用
妊婦が飲んでもいい便秘対策の青汁について。選び方と内容成分についての見方を薬剤師が解説します。
アトピー妊婦さんが子供への遺伝をさせないための乳酸菌摂取、腸内フローラの話
アトピーがご自身のお子さんに遺伝するのではないかなど妊娠中は心配は尽きません。乳酸菌を取ることでアトピーを軽くするデータを紹介します。