生理前、生理中に便秘になる理由と対策について薬剤師からアドバイス

便秘解消プロジェクト>自力で便秘を治す方法>

生理前の便秘と、生理中の便秘について

 

このページでは、生理のタイミングで起こる便秘の原因とその対策について解説していきます。


基礎情報:生理前に便秘になる理由とは?

生理前の便秘は、女性ホルモンが原因となり起こります。

 

くわしく説明すると、生理前の女性は体内でエストロゲンとプロゲステロンという二種類の女性ホルモンが交互に分泌されます。

 

その二種類の女性ホルモンうちの一つ、プロゲステロン便秘の原因となるのです。

 

 

生理前は、妊娠に備え子宮で赤ちゃんのベッドを作るように女性の体は変化します。

 

その際に、必要な栄養水分を体の中に溜め込もうとします。

 

体に栄養を溜め込む過程では体内の代謝が低下し、腸の動きが普段より悪くなり蠕動運動が抑制されます。

 

便を排出するための腸の動きである蠕動運動の鈍化により、普段よりも便が肛門のほうへ運ばれづらくなるため、便秘が起きやすい状況になるのです。

 

加えて、体が水分を体内に溜めるように働くため、普段よりも便の水分量が減り、便が硬くなります。

 

この二つの便通を取り巻く状況の悪化により、生理前は便秘が起こりやすい状況になります。

 

 

生理中に便秘になりやすい方の理由

生理周期が狂いやすい方は、生理中にもプロゲステロンなどの女性ホルモンが分泌しやすい状況となり、生理前同様に便秘になりやすい状況となります。

 

 

生理周期が乱れには、ストレスが大きく関与します。

 

生活環境の変化や外部環境など、ストレスとなっていることに思い当たることはありませんか?

 

入浴や軽い運動をするなど、ご自身にあったリラックスタイムをとるように心がけましょう。

 

リラックスタイム中は副交感神経が優位になり腸の動きが改善するため、便通改善の良いきっかけになりますよ!

 

生理前、生理中に便秘になりやすい方の解決方法

生理前・生理中のタイミングで便秘になるということをご自身でわかっているのであれば、逆に対策を取りやすいというのもこのタイプの便秘の特徴です。

 

生理のタイミングよりも一週間前から、腸内環境を改善するための便通を意識した生活リズムに切り替えることで、つらい便秘を解決することができるのです。

 

  • @ 食物繊維をしっかりと取る
  • A 乳酸菌などの善玉菌を取る
  • B 腸のマッサージなどをして、普段から滞りをなくす
  • C リラックスタイムをしっかりと取る

 

食物繊維をとるには、ただひたすら野菜を食べておけばOK!と思いがちですが、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく1:2の割合で取るということが大事です。

 

 

また、発酵食品などで善玉菌を取ることも重要です。

 

納豆・漬物など、和食を中心にヨーグルトなど織り交ぜた食生活にしていくとよいでしょう。

 

普段から不調になりやすい方は、運動や腸のマッサージを取り入れ外部から刺激をすることも効果的です。

 

 

 

生理のタイミングで便秘になりやすい方は、このような事前の準備をすることで、便秘薬に頼らずに便通を改善することができます。

 

コーラックのようなセンナ成分の刺激系便秘薬は一時的な効果はありますが、使いすぎると効果が効きづらくなる側面もあります。

 

なるべく自力で便通の改善をできるよう、しっかりと対策を取り、すっきりした毎日を送れるようにしてくださいね。


 

 

生理前、生理中の便秘にお悩みの方へ⇒「便秘解消プロジェクト」

朝の悩みに!強力サポート