便秘が原因でひどいニキビに?!ニキビができる理由と便秘の対策まとめ

便秘が原因でニキビに?

便秘が原因でニキビの画像

 

 

ニキビなどの肌トラブルと便秘は一見関係がないように思えますが、実は密接に関係しています。

 

そこで今回はニキビができる原因と便秘との関連性、そして便秘の解消法についてご紹介させていただきます!

 


便秘になるとニキビができる原因とは?

便秘になると腸内環境が悪化します。

 

便秘状態がひどくなると腸内に老廃物が溜まり、腸の中がアルカリ性になることで悪玉菌が増殖し善玉菌が減ります。

 

腸内環境が悪化、その結果「肌の免疫力の低下」「活性酸素の過剰生成」「代謝機能の低下」などの症状を呈することになります。

 

肌の免疫力が低下するとニキビや吹き出物が生じやすくなりますし、活性酸素の生成が過剰になれば皮脂を酸化させてしまいますので、同じくニキビができやすい環境になります。

 

加えて、代謝が低下することによって肌のターンオーバーの周期も不規則になりますので、この場合はニキビだけでなく、肌再生も上手くいかなくなり、ニキビ跡ができてしまうリスクも向上します。

 

また、悪玉菌は腸の中の老廃物にあるたんぱく質をエサとして増殖し、有毒なガスを発生させます。

 

ひどい便秘の時のおならが臭いのはこれらのガスが体外にでるからです。

 

おならとして外に出てしまえば臭いだけで体内への悪さはしないのですが、これらのガスが血管を通じて体内に入り込むことで様々な体調悪化を招きます。

 

有毒なガスの成分が肌に到達すると『にきび』の原因となります。

 

ニキビの原因は様々で、便秘だけが原因とは言い切れません。

 

例えば、皮脂が過剰に分泌されるために起こる思春期のニキビや、ストレス、睡眠不足、生理の周期でホルモン分泌がおきニキビになるなどです。

 

これらのが原因でニキビになるということが言えますが、ひどいニキビの場合はさまざまな愛条件が重なり肌トラブルが起こっている場合が多く、一つずつ解決していかないと最終的にはニキビ跡になってしまい治すのが困難になります。

 

便秘症の方は早めに腸内フローラの改善に取り組むことをお勧めします。

 

にきびの方におすすめ!便秘の解消法

 

便秘の原因は様々なので、以下の中で自分に該当するものがあれば改善するという方法を取るしかありません。

 

一見地味ではありますが、基本の便秘対策をすることでお通じが改善しニキビも自然に良くなっていくはずです。

 

明日すぐにニキビが良くなるわけではありませんが、1カ月後にニキビが治り笑顔でいられるよう頑張ってみましょう。

 

便秘の原因「食事編」

食生活が悪いことが原因で便秘になります。
お通じ改善のためにバランスの良い食事に気をつけます。

 

食物繊維不足

野菜不足がニキビの原因

サラダや煮物、野菜炒めなど不溶性食物繊維を取ることは便秘対策として重要です。

 

しかし、多くの人がこういった野菜(食物繊維)の摂り方をしていますが、水溶性食物繊維不足になっている方がいます。

 

水溶性食物繊維は便の水分量を多くし、軟らかくするため硬い便の方や、慢性便秘の方の対策としてとても有効です。

 

水溶性食物繊維が多い食材はネバネバした食品が多く、オクラ、きのこ、海藻、納豆、こんにゃくなどに含まれます。

 

海藻は比較的摂りやすくなんでも合う食材なので、たくさんの海藻を取ってみましょう。

 

発酵食品不足

ヨーグルトがニキビ対策になる

ニキビの原因として腸内フローラの悪化で、悪玉菌の増殖があります。

 

善玉菌をたくさん摂ることで、腸の中の勢力図が変わりますので、直接善玉菌を取ることをお勧めします。

 

ビフィズス菌が大腸には効くのでビフィズス菌入りのヨーグルトを毎日食べましょう。

 

便秘の原因「運動編」

運動もニキビ対策になる

運動不足は便秘の原因です。

 

激しい筋トレなどは不要なので、リラックスした状態の有酸素運動をしてみましょう。

 

軽いジョギングや散歩、ゆったりとした水泳やヨガなどご自身が好きな運動で構いません。

 

また、お腹をねじる運動が腸に刺激を与え動きが良くなりますので、ゴルフ、テニス、卓球、バドミントンなどの体幹をねじるスポーツも良いでしょう。

 

気負わず楽しくできるスポーツを見つけると良いですね。

 

便秘の原因「睡眠編」

良質の睡眠はニキビ対策になる

お肌にダイレクトに現れる寝不足。

 

ニキビの原因も寝不足が原因で疲れとストレスがたまり悪化しますが、便秘にも自律神経の乱れがおき悪化原因なので適切な睡眠を摂るように心がけてください。

 

まとめ

 

 

以上、ニキビができる原因と便秘との関連性、解消法についてでした。

 

ニキビもさることながら、腸内環境が悪くなることでメリットが生まれることは一切ありません。

 

ニキビができた場合にはまず、体質改善を目指すことがおすすめで、最初に着手すべきは腸内フローラの改善と生活リズムの適正化です。

 

そのあとにニキビケア商品を使ってみるというのも良いでしょう。

 

元々のニキビの原因を対処せず、ニキビを抑えるクリーム等で治しても、一時的な方法にしかなりません。

 

多少、時間はかかっても腸内環境の改善を図った方が効果が高いでしょう。

 

当サイト、下部のリンク先は便秘対策グッズがたくさんあります。

 

健康食品を利用して健康的にニキビを治すプランも検討しながら普段の生活を見直してください。

 


【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘



関連ページ

便秘でお腹が張って辛い方の原因と対策について
便秘症状でお腹がガスで張ってしまい気持ち悪いときの即効性のある対処方法から予防するための食事などを紹介
便秘の太る理由とは?太り体質から抜け出す方法について
便秘になると痩せにくくなる体質と言われるが、便秘が太る原因となる理由について紹介します。
どうして便秘になると肌荒れになるのか?その原因とメカニズム
便秘になると肌荒れを起こす女性、血行不良からくる肌のターンオーバーの遅れが肌荒れの原因です。
下剤依存症を克服するためには病院で治療が一番
薬剤師の便秘解消方法としてどのような便秘薬を選ぶべきかについて話をしていきます。ひどい便秘の際の薬はなにを飲めば良いのか?
便秘1〜2日目は、食物繊維と水分摂取など食事で対策!
便秘症状の初期段階である一日目・二日目の対処方法について紹介。食事の工夫やマッサージなどの方法で、薬に頼らず悪化を食い止めましょう!
便秘3〜4日目は、運動・食事・トイレ・サプリの4つの対策で排便を促す!
辛い症状が出始める3〜4日目の便秘症状の対処方法について紹介。運動・食事・トイレ・サプリの4本柱で便意を積極促進しましょう!
便秘5〜7日目は、便秘薬や下剤を使いながら腸内環境を整える!
5〜7日目の頑固な便秘症状の対処法として、便秘薬・下剤の種類や効果を薬剤師が解説。使うならなるべく体にやさしい薬を!
便秘一週間以上のつらくひどい便秘の方の対処方法、薬と病院の選び方
一週間を越える便秘症状への対処方法や病院の選び方、根本治療へ向けてのアドバイスなどを薬剤師が紹介。便秘はれっきとした病気です。無理せず病院へ!
便秘が原因で痔の悪化がある方へ。痔の予防は便秘解消から
自分で治したい痔!肛門科にいかずに痔を治すには便秘を改善することが先決です。
踏ん張っても便が出ない
いきんでも出ない直腸性便秘の際の原因となる筋肉の骨盤底筋の緊張緩和とその方法について詳しく聞いてきました。
毎日うんちが出なくてよいですか?
薬剤師の便秘解消方法を伝授!毎日うんちが出なくて気持ちが悪く、お腹の痛みや張りが気になる方へ排便するための日数について
運動しても食事を改善しても便秘が治りません
運動療法や食事療法を行っても便秘解消ができない方へのアドバイスを薬剤師がします。
便秘薬がないと出ない
薬剤師の便秘解消方法を伝授!便秘薬なしでは排便できない方へ便通改善のアドバイスをします!
禁煙したら便秘になりコーラックなど便秘薬を飲んでいます。何か良い方法は?
禁煙することで便秘になる方は多いです。便秘薬を使わず毎朝排便することが一番ですので、その方法について伝授します。
産後に体質が変わり便秘症になってしまった
産後体質変化があり便秘症になったり腸の動きが悪くなったりする方の便通改善のアドバイスをします。